ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

検索結果

選択条件

  • 表示しない
並び替え
6949件中 1-20件表示
1 2 348
  • 赤ワイン

エレガンスを感じさせるシラー
レオ スティーン シラー アッパー スカラ ヴィンヤード [2014]

ソノマ・マウンテンらしい冷涼感、果実味の濃厚さに頼らない伝統的なシラー本来のエレガンスを感じさせる美しい酸味と味わい深さ、スパイシーな風味など素晴らしいクオリティを持ち、和食にも合わせられます。生産量は、極少量です。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノママウンテン
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • シラー
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,500 のところ
販売価格 ¥ 3,850 税込
  • 赤ワイン
  • WS93点

「歴史的な銘醸畑」から産み出される芳醇なカベルネ
クヴェゾン ( キュヴェゾン ) ブランドリン エステート カベルネソーヴィニヨン [2016]

2016年は完璧に近い年で、豊かさと強さを備えたワインが生まれました。ブランドリンのブドウ畑のテロワールは、ブドウの皮を自然に厚くし、深い色とタンニンを生み出すと同時に、驚くほど小さな果実を生み出します。ブラックベリー、モカ、イチジク、ナツメヤシ、濃厚なブラックカラントの香りに、イラクサ、土、クローブのニュアンスが加わった、インキーでダークな果実味と、ふくよかな口当たりが特徴です。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/マウントヴィーダー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン76%、マルベック12%、カベルネフラン7%、プティヴェルド5% おすすめカベルネソーヴィニヨンを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 13,200 のところ
販売価格 ¥ 9,240 税込
  • 赤ワイン

希少。ナパを代表するカルト・ワイン「ゴースト・ホース」の上位レンジ
ゴースト ホース スペクター カベルネソーヴィニヨン [2017]

ゴースト・ホースのカベルネ・ソーヴィニヨンには、入口なるカベルネが1種と、上位レンジに、ファントム、アパリッション、スペクター、プレモニションという名の4種のカベルネが存在しております。スペクターは、ゴースト・ホースの上位レンジのワインで、上から2番目に高額なワインとなります。

この「スペクター」は、ゴースト・ホースのファントムの持つ究極のシルキーさと、アパリションのもつ怪力を併せ持つ怪物ワインです。チェスでいう紛れもないアルティメット、キングです。生産量は、わずか288本と少量です。

余談ですが、カリフォルニア・ナパヴァレーで最も高価なカベルネのワインを、ワイン・サーチャーが発表(2021年7月23日の記事)し、スクリーミング・イーグルがトップから滑り落ち、ゴースト・ホース・ヴィンヤーズのスペクター カベルネ・ソーヴィニヨンの平均価格(複数ヴィンテージの平均価格)が、4200ドルでトップになったそうです。


■ヴィンヤードについて
ゴーストホースのヴィンヤードは、ナパ・ヴァレーの最南端、東部のクームスヴィル地区(Coombsville)。葡萄の生育・成熟期間がナパ・ヴァレーで最長のエリア環境下にあり、非常にゆっくりと成熟を迎えることから強靭な葡萄が多く育つ地域として生産者に知られています。

ゴーストホースの畑は、たったの3.02エーカー、そして1エーカーあたり2200本を植樹 (畝幅は1.5m、葡萄樹間のスペーシングは1.2m)というタイトスペーシングによって果皮が分厚く実が凝縮し、マイクロクライメート、朝夕の霧、土壌の複雑性など実に様々な環境が入り組んだ土地柄で育てられています。

ヴィンヤードは、標高858mのヴァカ山脈麓にあり、寒流のサンパブロ湾が東側方向に近いことから夏~秋にかけても朝には冷気に近い霧が立ち込むため、複雑かつ非常にユニークな酸を葡萄内に構成します。

ゴーストホースが手掛ける各ワインは、それぞれ違う区画の独立したキャラクターをもつ葡萄の特性を極限まで引き出され、ひと樽で数千ドルする最高級の新樽を贅沢にも2度使用して、各ロットが醸造されてます(ダブル・オーク法)。


■ゴースト・ホースについて
地質のスペシャリスト、ジオロジストであり、ゴースト・ホースのオーナー兼ワインメーカーは、トッド・アンダーソンです。ナパヴァレーで育ち、カリフォルニア州ストックトンにあるパシフィック大学で地質学を修め、ロバート・モンダヴィ、ルイ・マルティーニ、ジョー・ハイツら友人からワイン造りを学んだそうです。

ゴースト・ホースの最初のヴィンテージは2000年でしたが、世界に、その名が知られるようになったのは、2009年12月のことでした。ニューヨークで開催された「Cult Wines against Ghost Horse」と呼ばれるダブル・ブラインド・テイスティングで、名だたるカルト・ワインを下し、トップを奪取したことで、ゴースト・ホースのワインは、世界で最も話題になっているワインのひとつとなりました。

ちなみに、このとき、対戦相手となったのは、ハーラン・エステート2003、グレース・ファミリー2005、エイブリュー2001、フトー2005、シェーファー ヒルサイド・セレクト2002、メーラス2005、レイミー ペドリガル2005、ダラヴァレ マヤ1999、アロウホ エイルーズ2002という名だたるカルト・ワインだったそうです。
通常価格 ¥ 726,000 のところ
販売価格 ¥ 726,000 税込
  • 赤ワイン

希少。ナパを代表するカルト「ゴースト・ホース」の上位レンジ
ゴースト ホース アバリッション カベルネソーヴィニヨン [2017]

ゴースト・ホースのカベルネ・ソーヴィニヨンには、入口なるカベルネが1種と、上位レンジに、ファントム、アパリッション、スペクター、プレモニションという名の順で高額となる4種のカベルネが存在しております。

この「アパリッション」は、強靭なボディーをもつ怪力ワインで、上位4種のカベルネ(ファントム、アパリッション、スペクター、プレモニション)の中では、もっとも筋骨隆々と表現される「力」の銘柄です。すべてを圧倒する力を誇ります。

チェスでいう豪胆なルークのような存在です。ゴーストホースの余韻は、全てにおいて極めて長く、ひとたび飲むと、他のカリフォルニア・ワインがチェスでいうポーンのように感じてしまうワインです。生産量は、わずか288本と少量です。


■ヴィンヤードについて
ゴーストホースのヴィンヤードは、ナパ・ヴァレーの最南端、東部のクームスヴィル地区(Coombsville)。葡萄の生育・成熟期間がナパ・ヴァレーで最長のエリア環境下にあり、非常にゆっくりと成熟を迎えることから強靭な葡萄が多く育つ地域として生産者に知られています。

ゴーストホースの畑は、たったの3.02エーカー、そして1エーカーあたり2200本を植樹 (畝幅は1.5m、葡萄樹間のスペーシングは1.2m)というタイトスペーシングによって果皮が分厚く実が凝縮し、マイクロクライメート、朝夕の霧、土壌の複雑性など実に様々な環境が入り組んだ土地柄で育てられています。

ヴィンヤードは、標高858mのヴァカ山脈麓にあり、寒流のサンパブロ湾が東側方向に近いことから夏~秋にかけても朝には冷気に近い霧が立ち込むため、複雑かつ非常にユニークな酸を葡萄内に構成します。

ゴーストホースが手掛ける各ワインは、それぞれ違う区画の独立したキャラクターをもつ葡萄の特性を極限まで引き出され、ひと樽で数千ドルする最高級の新樽を贅沢にも2度使用して、各ロットが醸造されてます(ダブル・オーク法)。


■ゴースト・ホースについて
地質のスペシャリスト、ジオロジストであり、ゴースト・ホースのオーナー兼ワインメーカーは、トッド・アンダーソンです。ナパヴァレーで育ち、カリフォルニア州ストックトンにあるパシフィック大学で地質学を修め、ロバート・モンダヴィ、ルイ・マルティーニ、ジョー・ハイツら友人からワイン造りを学んだそうです。

ゴースト・ホースの最初のヴィンテージは2000年でしたが、世界に、その名が知られるようになったのは、2009年12月のことでした。ニューヨークで開催された「Cult Wines against Ghost Horse」と呼ばれるダブル・ブラインド・テイスティングで、名だたるカルト・ワインを下し、トップを奪取したことで、ゴースト・ホースのワインは、世界で最も話題になっているワインのひとつとなりました。

ちなみに、このとき、対戦相手となったのは、ハーラン・エステート2003、グレース・ファミリー2005、エイブリュー2001、フトー2005、シェーファー ヒルサイド・セレクト2002、メーラス2005、レイミー ペドリガル2005、ダラヴァレ マヤ1999、アロウホ エイルーズ2002という名だたるカルト・ワインだったそうです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/クームスヴィル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 519,200 のところ
販売価格 ¥ 519,200 税込
  • 赤ワイン
  • WS90点

[ロスカーネロスのピノノワール」を代表する伝統的なスタイル
クヴェゾン ( キュヴェゾン ) ピノノワール エステート [2017]

[ロス・カーネロスのピノノワール」を代表する伝統的なスタイル!バラの花びら、サンザシ、野生のイチゴ、プラムのアロマ。コーラ、紅茶、甘草のほのかな香りも感じます。口中ではブラックベリーとブラックチェリーの黒系果実と素敵なジャムノート、サッサフラスの芳香が広がります。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/ロスカーネロス
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100% おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,150 のところ
販売価格 ¥ 5,005 税込
  • 赤ワイン

1000円台のおススメ!カベルネ
ランチ32 カベルネソーヴィニヨン [2019]

このカベルネソーヴィニヨンは、モントレーの南部、風を遮る地域では、この品種が素晴らしい生育を見せることを証明しています。

ブラックベリー、プラム、スグリの香りにモカとスミレのニュアンスを持ち、味わいは深みがあり、みずみずしくフルーティーで、バランスのとれた酸味と完璧に溶け込んだタンニンがあります。力強さがありながらもしなやかで、複雑なレイヤーが、風味豊かでスモーキーなオークのフィニッシュへと発展していきます。グリルしたステーキ、バーベキューした子羊やシチューとよく合うでしょう。


■ランチ32について
創設者アル・シャイドが、初めてカリフォルニア/モントレー郡の未開拓の可能性に気付いたのは、業界がまだ黎明期にあった1972年のことでした。当時は、栽培農家でそのブドウをすべて他のワイナリーに販売していましたが、現在では、自家風力発電100%で環境を守る本格的でエレガントなワインを造るファミリー・ビジネスへと発展しています。

ランチ32は、モントレーの容赦ない午後の冷たい風の通り道、アルが初めてブドウの木を植えた場所がランチ32の畑です。ランチ32は、モントレーの厳選されたAVAに位置する自社畑から最高のワインを紹介することを目的とした最強のコスト・パフォーマンスワインです。
通常価格 ¥ 1,958 のところ
販売価格 ¥ 1,739 税込
  • 赤ワイン

希少。ナパを代表するカルト・ワイン「ゴースト・ホース」の上位レンジ
ゴースト ホース ファントム カベルネソーヴィニヨン [2017]

ゴースト・ホースのカベルネ・ソーヴィニヨンには、入口なるカベルネが1種と、上位レンジに、ファントム、アパリッション、スペクター、プレモニションという名の順で高額となる4種のカベルネが存在しております。

この「ファントム」は、上位4種のカベルネ(ファントム、アパリッション、スペクター、プレモニション)の中では、最もソフトで究極のシルキーさを持つ「柔」の銘柄です。飲むほどに妖艶で強靭。脳裏に憑りつきます。チェスでいう神出鬼没のクイーンのような存在です。生産数は、わずか288本です。


■ヴィンヤードについて
ゴーストホースのヴィンヤードは、ナパ・ヴァレーの最南端、東部のクームスヴィル地区(Coombsville)。葡萄の生育・成熟期間がナパ・ヴァレーで最長のエリア環境下にあり、非常にゆっくりと成熟を迎えることから強靭な葡萄が多く育つ地域として生産者に知られています。

ゴーストホースの畑は、たったの3.02エーカー、そして1エーカーあたり2200本を植樹 (畝幅は1.5m、葡萄樹間のスペーシングは1.2m)というタイトスペーシングによって果皮が分厚く実が凝縮し、マイクロクライメート、朝夕の霧、土壌の複雑性など実に様々な環境が入り組んだ土地柄で育てられています。

ヴィンヤードは、標高858mのヴァカ山脈麓にあり、寒流のサンパブロ湾が東側方向に近いことから夏~秋にかけても朝には冷気に近い霧が立ち込むため、複雑かつ非常にユニークな酸を葡萄内に構成します。

ゴーストホースが手掛ける各ワインは、それぞれ違う区画の独立したキャラクターをもつ葡萄の特性を極限まで引き出され、ひと樽で数千ドルする最高級の新樽を贅沢にも2度使用して、各ロットが醸造されてます(ダブル・オーク法)。


■ゴースト・ホースについて
地質のスペシャリスト、ジオロジストであり、ゴースト・ホースのオーナー兼ワインメーカーは、トッド・アンダーソンです。ナパヴァレーで育ち、カリフォルニア州ストックトンにあるパシフィック大学で地質学を修め、ロバート・モンダヴィ、ルイ・マルティーニ、ジョー・ハイツら友人からワイン造りを学んだそうです。

ゴースト・ホースの最初のヴィンテージは2000年でしたが、世界に、その名が知られるようになったのは、2009年12月のことでした。ニューヨークで開催された「Cult Wines against Ghost Horse」と呼ばれるダブル・ブラインド・テイスティングで、名だたるカルト・ワインを下し、トップを奪取したことで、ゴースト・ホースのワインは、世界で最も話題になっているワインのひとつとなりました。

ちなみに、このとき、対戦相手となったのは、ハーラン・エステート2003、グレース・ファミリー2005、エイブリュー2001、フトー2005、シェーファー ヒルサイド・セレクト2002、メーラス2005、レイミー ペドリガル2005、ダラヴァレ マヤ1999、アロウホ エイルーズ2002という名だたるカルト・ワインだったそうです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/クームスヴィル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 311,300 のところ
販売価格 ¥ 311,300 税込
  • 白ワイン

1000円台のおススメ!ソーヴィニヨン・ブラン
ランチ32 ソーヴィニヨン ブラン [2018]

昼間の暖かさと午後のモントレー湾から吹き込む冷涼な風によって、メロンとトロピカル・フルーツのフレーバーがより高められます。微かなフローラルなノートを伴った芳しい快活なシトラスのアロマ。青りんごとグアバの心地よいフレーバーのミディアム・ボディの味わい。華やかで爽快な余韻の長いフルーツ・フィニッシュ。アペリティフとしても最適なソーヴィニヨン・ブランです。


■ランチ32について
創設者アル・シャイドが、初めてカリフォルニア/モントレー郡の未開拓の可能性に気付いたのは、業界がまだ黎明期にあった1972年のことでした。当時は、栽培農家でそのブドウをすべて他のワイナリーに販売していましたが、現在では、自家風力発電100%で環境を守る本格的でエレガントなワインを造るファミリー・ビジネスへと発展しています。

ランチ32は、モントレーの容赦ない午後の冷たい風の通り道、アルが初めてブドウの木を植えた場所がランチ32の畑です。ランチ32は、モントレーの厳選されたAVAに位置する自社畑から最高のワインを紹介することを目的とした最強のコスト・パフォーマンスワインです。
通常価格 ¥ 1,958 のところ
販売価格 ¥ 1,739 税込
  • 白ワイン

自社畑の小区画のみに植えている希少なソーヴィニヨンブラン
クヴェゾン ( キュヴェゾン ) ソーヴィニヨンブラン エステート [2018]

自社畑の小区画のみに植えている希少なソーヴィニヨン・ブラン!芳醇で生き生きとした酸味が特徴の2018年。メロン、シトラス、ライムゼストの香りが豊富で、エキゾチックでトロピカルなニュアンスが風味を際立たせます。
通常価格 ¥ 5,060 のところ
販売価格 ¥ 3,542 税込
  • 赤ワイン

希少。ナパを代表するカルト・ワイン「ゴースト・ホース」!
ゴースト ホース カベルネソーヴィニヨン [2017]

ゴースト・ホースが手掛けるワインは、どれも超がつくほど高級なワインとなっており、日本では、あまり見ることがないレアなワイン。このワインは、ゴースト・ホースの「入り口」となる希少なカベルネ・ソヴィニヨンです。

ゴースト・ホースが手掛ける他を寄せ付けない圧倒的な力を今誇りつつ、且つ、数十年単位の熟成をも可能にする2面性を内在させます。生産数は、わずか576本です。

余談ですが、このワインより、上位レンジには、ファントム、アパリッション、スペクター、プレモニションという名のカベルネ・ソーヴィニヨンが存在し、このワイン以上の価格と希少価値を誇るワインとなっています。


■ゴースト・ホースについて
地質のスペシャリスト、ジオロジストであり、ゴースト・ホースのオーナー兼ワインメーカーは、トッド・アンダーソンです。ナパヴァレーで育ち、カリフォルニア州ストックトンにあるパシフィック大学で地質学を修め、ロバート・モンダヴィ、ルイ・マルティーニ、ジョー・ハイツら友人からワイン造りを学んだそうです。

ゴースト・ホースの最初のヴィンテージは2000年でしたが、世界に、その名が知られるようになったのは、2009年12月のことでした。ニューヨークで開催された「Cult Wines against Ghost Horse」と呼ばれるダブル・ブラインド・テイスティングで、名だたるカルト・ワインを下し、トップを奪取したことで、ゴースト・ホースのワインは、世界で最も話題になっているワインのひとつとなりました。

ちなみに、このとき、対戦相手となったのは、ハーラン・エステート2003、グレース・ファミリー2005、エイブリュー2001、フトー2005、シェーファー ヒルサイド・セレクト2002、メーラス2005、レイミー ペドリガル2005、ダラヴァレ マヤ1999、アロウホ エイルーズ2002という名だたるカルト・ワインだったそうです。

また、カリフォルニア・ナパヴァレーで最も高価なカベルネのワインを、ワイン・サーチャーが発表(2021年7月23日の記事)し、スクリーミング・イーグルがトップから滑り落ち、ゴースト・ホース・ヴィンヤーズのスペクター カベルネ・ソーヴィニヨン(Ghost Horse Vineyards Spectre Cabernet Sauvignon)が4200ドルでトップになっています。
通常価格 ¥ 209,000 のところ
販売価格 ¥ 209,000 税込
  • 白ワイン

ワシントン州を代表する生産者のシャルドネ
シャトー サン ミッシェル シャルドネ コロンビア ヴァレー [2019]

アメリカ/ワシントン州のコロンビア・ヴァレーの特長を表現しながら、デイリーに楽しめる気軽さと、幅広い料理との相性も良いスタンダード・シリーズです。

マロラクティック発酵により、リッチで複雑な味わいが表現されます。楽しみやすく、料理と合わせやすいスタイルのシャルドネです。明るい酸味と、かすかなスパイス、 オークのバランスが取れています。


■シャトー・サン・ミッシェルについて
20世紀前半からワイン造りを続け、1967年より、ワシントンにおける近代的ワイン産業のリーダーとして名を馳せるシャトー・サン・ミッシェル。管理する畑(総面積約1420ha)では、サステイナブル(持続可能)な手法によるブドウ栽培を実践しています。ワシントン州の豊かな自然との共存を図りながら、健全なブドウから品質の高いワインを生み出しています。

2017年には、全米の食品店で最も売れたプレミアムワイン・ブランドの座を獲得。地元ワシントン州での信頼も厚く、地元経済誌「Puget Sound BusinessJournal」の読者投票では、あの世界的企業スターバックスやマイクロソフトを抜いて「ワシントンで最も尊敬されているブランド」に選出されたワシントンを代表するワイナリーです。
通常価格 ¥ 2,365 のところ
販売価格 ¥ 1,892 税込
  • 白ワイン

一押し!人気生産者ジョエル・ゴットの父が造るワイン
ロウアー ヴィオニエ ベッツィーズ ヴィンヤード [2018]

大人気生産者ジョエル・ゴットの父が造るヴィオニエ。オレンジ・マーマレード、ネクタリン、シトラスのフレッシュな香り。フレーバーは、ピーチとレモンの皮を連想させ、フィニッシュにはキリッとした明るいミネラルが感じられます。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ナイツヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • ヴィオニエ
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,620 のところ
販売価格 ¥ 3,003 税込
  • 赤ワイン

ワシントン州を代表する生産者のシラー
シャトー サン ミッシェル シラー コロンビア ヴァレー [2017]

アメリカ/ワシントン州のコロンビア・ヴァレーの特長を表現しながら、デイリーに楽しめる気軽さと、幅広い料理との相性も良いスタンダード・シリーズです。

口当たりが柔らかく、熟した果実の味わいが豊かで果実味が前面に出たスタイルの親しみやすいシラーです。


■シャトー・サン・ミッシェルについて
20世紀前半からワイン造りを続け、1967年より、ワシントンにおける近代的ワイン産業のリーダーとして名を馳せるシャトー・サン・ミッシェル。管理する畑(総面積約1420ha)では、サステイナブル(持続可能)な手法によるブドウ栽培を実践しています。ワシントン州の豊かな自然との共存を図りながら、健全なブドウから品質の高いワインを生み出しています。

2017年には、全米の食品店で最も売れたプレミアムワイン・ブランドの座を獲得。地元ワシントン州での信頼も厚く、地元経済誌「Puget Sound BusinessJournal」の読者投票では、あの世界的企業スターバックスやマイクロソフトを抜いて「ワシントンで最も尊敬されているブランド」に選出されたワシントンを代表するワイナリーです。
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • シラー98%、ヴィオニエ2%
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,937 のところ
販売価格 ¥ 2,464 税込
  • 赤ワイン

ワシントン州を代表する生産者のレッドブレンド
シャトー サン ミッシェル レッド ブレンド コロンビア ヴァレー [2017]

アメリカ/ワシントン州のコロンビア・ヴァレーの特長を表現しながら、デイリーに楽しめる気軽さと、幅広い料理との相性も良いスタンダード・シリーズです。

発酵中の優しいパンプオーバーにより色合い、 アロマ、タンニンの抽出が行われます。アメリカン・チェリーにバニラ・クリームのヒント。味わいは黒系果実と、わずかにスペアミントを感じ、フルボディながらフィニッシュは柔らかさとエレガントさを兼ね備えます。


■シャトー・サン・ミッシェルについて
20世紀前半からワイン造りを続け、1967年より、ワシントンにおける近代的ワイン産業のリーダーとして名を馳せるシャトー・サン・ミッシェル。管理する畑(総面積約1420ha)では、サステイナブル(持続可能)な手法によるブドウ栽培を実践しています。ワシントン州の豊かな自然との共存を図りながら、健全なブドウから品質の高いワインを生み出しています。

2017年には、全米の食品店で最も売れたプレミアムワイン・ブランドの座を獲得。地元ワシントン州での信頼も厚く、地元経済誌「Puget Sound BusinessJournal」の読者投票では、あの世界的企業スターバックスやマイクロソフトを抜いて「ワシントンで最も尊敬されているブランド」に選出されたワシントンを代表するワイナリーです。
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • メルロ48%、カベルネソーヴィニヨン47%、シラー5%
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,937 のところ
販売価格 ¥ 2,350 税込
  • 白ワイン

プロフェッツ ロック ピノグリ [2019]

完熟したりんご、梨、スイカズラの力強いアロマとフレーバーが特徴的です。シーフードから白身の肉まで様々な料理にマッチし、またスパイスや強い風味の料理にも合わせることができます。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ピノグリ
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,390 のところ
販売価格 ¥ 3,773 税込
  • 赤ワイン

ワシントン州を代表する生産者のメルロー
シャトー サン ミッシェル メルロー コロンビア ヴァレー [2016]

アメリカ/ワシントン州のコロンビア・ヴァレーの特長を表現しながら、デイリーに楽しめる気軽さと、幅広い料理との相性も良いスタンダード・シリーズです。

醗酵中は優しくパンプオーバーがなされ、やわらかく、たっぷりしたタンニンを表現。複雑味がありながら、楽しみやすいメルローです。 色濃い果実を思わせるフレーバーやアロマに、滑らかで甘い余韻。シラーがジャミーな果実味を加えています。


■シャトー・サン・ミッシェルについて
20世紀前半からワイン造りを続け、1967年より、ワシントンにおける近代的ワイン産業のリーダーとして名を馳せるシャトー・サン・ミッシェル。管理する畑(総面積約1420ha)では、サステイナブル(持続可能)な手法によるブドウ栽培を実践しています。ワシントン州の豊かな自然との共存を図りながら、健全なブドウから品質の高いワインを生み出しています。

2017年には、全米の食品店で最も売れたプレミアムワイン・ブランドの座を獲得。地元ワシントン州での信頼も厚く、地元経済誌「Puget Sound BusinessJournal」の読者投票では、あの世界的企業スターバックスやマイクロソフトを抜いて「ワシントンで最も尊敬されているブランド」に選出されたワシントンを代表するワイナリーです。
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • メルロ85%、シラー10%、カベルネソーヴィニヨン5%
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,937 のところ
販売価格 ¥ 2,350 税込
  • スパークリング

ワシントン州を代表する生産者の泡
ドメーヌ サン ミッシェル ミッシェル ブリュット [NV]

ドメーヌ・サン ミッシェル・ミッシェルは、1970年代より、アメリカ/ワシントン州のワインの先駆者として名実ともにアメリカでも屈指のワイン生産者となった「シャトー・サン・ミッシェルが造り出すスパークリング部門」です。
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スパークリング ワイン色: 白甘-辛: 辛口
  • シャルドネ、ピノノワール、ムニエ
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,739 のところ
販売価格 ¥ 2,060 税込
  • 赤ワイン

プロフェッツ ロック ロッキー ポイント ピノ ノワール [2019]

【時間をかけて飲んでほしいピノ】
すみれの花や熟したラズベリーにミントの香り。円みある酸と、発酵度の高い紅茶のような奥深いタンニンがあります。
通常価格 ¥ 5,500 のところ
販売価格 ¥ 3,850 税込
  • 白ワイン

エロイカ ゴールド リースリング [2013]

ドイツ モーゼルの優良生産者、ドクターローゼン醸造所と、歴史的にワシントン リースリングのパイオニアとして走り続けてきたシャトー サン ミッシェルによるコラボレーション・ワイン。
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 甘口
  • リースリング100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,269 のところ
販売価格 ¥ 3,688 税込
  • 赤ワイン

珍しい!プティシラー&プティヴェルドのブレンド
オッド ロット レッド ブレンド [2019]

ボトルのラベルが、コミック調でとても印象的ですが、このワインはプティ・シラーとプティ・ヴェルドの型破りなブレンドが絶妙です!!

ブラックベリー、熟したプラム、ジューシーなイチジク、甘いバニラ、スモーキーなオークの魅惑的な香りが感じられます。味わいは、フルボディで、柔らかなタンニンとブラック・フルーツの余韻が長く続くフィニッシュが特徴です。このオッドロット・プティ&プティは、どんな場面にもぴったりです。牛肉のショートリブ、ラムチョップ、焼きナス、熟成したマンチェゴチーズなどと相性が良いです。

オッドロット レッド ブレンドは、プティ・シラーとプティ・ヴェルドの型破りなブレンドです。ラベルは、カラフルですが、ワインは決してコミカルではありません。オッド・ロットのワイン造りの姿勢は、真面目さに好奇心と探求心を加えたもので、美味しいものを造るという目的に導かれています。オッドロットが獲得した賞やメダル、ポイントを誇りに思う一方で、ただ、オッドロットをブレンドし、「普通」とは違う、大胆だけど親しみやすいワインを造ることに喜びを感じているそうです。


■オッド・ロットについて
オッド・ロットは、シャイド・ヴィンヤードがプロデュースするワイン・ブランドです。

ワイナリー用語でいうところの「オッドロット」とは、まだ落ち着き先が決まっていないワインのことです。「オッドロット」は、100万年以上も前からワイン界を支配してきた、堅苦しいルールや伝統から脱却するチャンスでもあります。最初にデビューした「オッドロット Petite&Petit」は、プティ・シラーとプティ・ヴェルドの異例のブレンドで、大きな反響を呼びました。

まるでマットとジェフ(米国の新聞連載漫画の主人公)のように、ミスマッチな、はみだしものを組み合わせでですが、楽しく、親しみやすく、驚くほど相性が良いのです。ワインは政治と同じように、ときに奇妙な相棒を作ることがあるということを改めて証明しています。
  • アメリカ/カリフォルニア/モントレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • プティットシラー80%、プティヴェルド20%
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,970 のところ
販売価格 ¥ 2,571 税込
並び替え
6949件中 1-20件表示
1 2 348