ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

ザ・ヴァイスThe Vice

ザ・ヴァイス

ザ・ヴァイスの早わかりポイント

  • ワイン業界を隅々まで経験した天才マレックが始めた夢のワイン・ブランド
  • モロッコのストリートから始まったマレックのストーリーはフォーブス誌にも掲載
  • 目指すのは決して高価すぎない最高品質かつ手の届くナパワイン
  • やり手で多趣味の創業者が挑むワイン造りという大きな道楽(=VICE)

“手の届く贅沢”を体現するナパのラグジュアリー・ワイナリー

ザ・ヴァイスのワインボトル

ザ・ヴァイスは、2016年にナパ・ヴァレーで設立されたワイン・ブランド。

ナパをはじめとする厳選した畑のブドウを使い、単一品種の中心に、少量ずつ様々なワインを手掛けています。

ザ・ヴァイスの創業者であり、チーフ・ワインメーカーを務めるのはモロッコ生まれのマレック・アマローニ。これまでにユニークなキャリアを渡り歩いてきたマレックは、マスターソムリエLevel3の資格を持ち、若くしてワイン業界を牽引してきた逸材です。

ザ・ヴァイスは、いわばマレックの限りなく個人的なブランド。

ワインへの情熱だけでなく、トライアスロンなど多くの趣味を持つマレックは、ワインブランドの名前を『背徳感のある道楽』といった意味のある“The Vice”と名付けました。

ザ・ヴァイスでは、マレック自らトラックに乗ってブドウの調達へ向かい、ワイン造りから販売に至るまで可能な限り自身の手で行っています。マレックの情熱はそれだけにとどまらず、朝起きてから夜寝るまで(ときには夢の中でさえも!)ザ・ヴァイスのアイデアを考えているそう。

ザ・ヴァイスが目指すのは、コアなワインファンにも初心者の方にも選ばれるワインです。

“世界で最も優れたワイン”が、決して“最も高価なもの”ではないと信じ、最高の品質のワインを最高の価値で提供することに力を注いでいます。

ファースト・ヴィンテージに手掛けたワインはシャルドネ1種類500ケースだけ。しかし、人気とともに徐々に生産量を増やし2020年時点では16種類を超えるワインを合計2万ケース以上生産しています。

現在ザ・ヴァイスはナパのトップ生産者の15%に入っています。なぜならナパにはたった550のワイナリーしかなく、その80%の生産者が1万ケース以下しか作っていないからです。

創業者マレックがワイン造りに挑むまで

ザ・ヴァイスの創業者マレック・アマローニ

ザ・ヴァイスのオーナーであり、チーフワインメーカーのマレック・アマローニの経歴はとってもユニーク。

その稀有な経歴は2020年8月『モロッコのストリートディーラーから高級ワインメーカーに転身』とフォーブス誌に掲載されるほど。

モロッコで生まれたマレックは、12歳でテコンドーの黒帯を取得し、16歳で飛び級により高校を卒業した文武両道を地で行くような秀才でした。

高校を卒業したマレックは、父の勧めでアフリカ・セネガルの大学で医学の道へ進みます。大学での成績は悪くはありませんでした。しかし当時のマレックは、将来、自分が医者になる想像することができなかったといいます。

そして17歳の時、ついに大学を辞め、無計画のままニューヨークへ渡米してしまいます。

ホームレス生活から始まったアメリカ暮らし

マレックは、渡米時にお金をほとんど持たず、ポケットに入っていたのはたったの現金150ドルでした。

当然、家を借りることもできなかったマレック。最初の6か月は、地下鉄の駅や路上でホームレスとして暮らしながら働いていたそう。

皿洗いなどの雑用に始まり、必死に働いた結果、数年後にはソムリエとなり、21歳になる前にはパークアヴェニューの18番街にあった高級フレンチ・ジャパニーズレストランでワインバイヤーの業務についていました。

これはワインの世界ではかなり早い出世であったと言えます。

自身の商才を発揮し、ワインの世界を駆け上がる

マレックは、21歳の誕生日にモエ ヘネシー ディアジオに雇われニューヨークで営業として働くことに。

彼が凄いのは、わずか4年で営業トップまで昇りつめたところ。モエ ヘネシー ディアジオで働いていた10年の間、営業成績はトップクラスだったため、周囲からも天才と謳われていました。

マレックのすごいところはこれだけではありません。彼はモエ ヘネシー ディアジオでトップ・セールスとして働く傍らで、副業として自身でワインの輸入を行っていたのです。

輸入・販売を行っていたのはウルグアイ、チリ、スペイン、イタリア、フランスといった世界中のブティックワイナリーのワイン。長期休暇を利用しては世界中にに出張し、アポ無しでワイナリーを訪問しては気に入ったワインを仕入れていたそう。

趣味への情熱が新たな道へ

ぶどう畑を歩くマレック・アマローニ

営業マン、そしてワイン輸入業として多忙な日々を送っていたマレックでしたが趣味に費やす時間も忘れてはいませんでした。

以前からナパヴァレーのワインの大ファンだったこともあり、この頃には取り憑かれたように飛行機でニューヨークとナパを行き来するようになっていました。

同僚たちには、ただ『週末はネットフリックスを見てくつろいでいたよ』とだけ伝えていましたが、実際には金曜日の朝にニューヨークを出発し、昼前にはナパへ。そして日曜の夜に赤い目でマンハッタンにもどり、月曜日には何事も無かったように仕事に戻る、という多忙な生活だったといいます。

ナパ滞在中は特に予定を決めず、ワインメーカーたちが集まりそうな場所へ行っては、たくさん話をしてネットワークを築いていきました。そうやって毎週末を過ごすうちに、知り合いがどんどん増え、直接その人たちからワイン造りを学んでいったのです。

そんな生活を続けるうちに、マレックは大好きなワイン産地“ナパ”には、日常的に楽しめる価格のワインが少ないということに気が付きました。

それと同時に、ワイン業界の様々な職業を経験したマレック自身にとって、唯一まだやった事のない仕事“ワイン造り”への気持ちが高まっていきました。

2013年、趣味として始まったザ・ヴァイス。まだニューヨークに拠点を置いていた2016年になってようやく最初のヴィンテージ2013年シャルドネをリリース。マレックの次なる夢がようやくスタートしました。

ザ・ヴァイスのワインについて

ザ・ヴァイスのワイン

手の届くワインを造りたいと考えていたザ・ヴァイスでは、ワインを造るにあたって工夫をしています。

ザ・ヴァイスでは自社畑を持っていません。

ナパヴァレー中のサブAVA(ネステッドAVA)から単一畑・単一品種のワインを造り出すために、使用するブドウは、各地域の栽培農家と契約して調達しているのです。

ブドウを安く譲ってもらうための条件があり、畑の場所や名前の公表はしていませんが、中には有名な生産者もいるのだとか。

また、ワインの醸造はワイン・ブランドを持ち醸造施設のあるブドウ栽培農家の設備を借りて行っています。

これは、自身で醸造設備等を整備することで必要となる経費を、ワインの価格に転嫁することを避けるため。

こうして完成したワインを、マレック自身でラベルを貼り、営業もこなしているのです。

ザ・ヴァイスのワイン

単一畑のカベルネソーヴィニヨンを熟成期間別に3種類のワインとしてリリースしたV1・V2・V3シリーズや、マレックの趣味であるトライアスロンへの寄付を目的とし、ブドウもトライアスロンと同じく3種類ブレンドした“ザ・トライブレンド”など、ナパ・ヴァレーの常識にとらわれないユニークな取り組み数多くも行っています。

ちなみに、ワイン業界でなんでもこなしてきた才能のあるマレックですが、唯一デザインセンスだけは絶望的。デザイナーで妻のトリーはマレックが描くブドウの樹の絵を見で「ヤシの木にも、マッシュルームにも見える」と言ったそう。

逆に、その絵がいろいろと想像させて良いのではないかと、ザ・ヴァイスのロゴの“I”部分に採用されています。

6件中 1-6件表示
  • 赤ワイン

■お取寄せ ザ ヴァイス カベルネソーヴィニヨン オークノール [2019]

華やかに香る、赤いベリー、秋のスパイス、バラのアロマが支配的。口に含むとカシスと真っ赤な砂糖漬けチェリーのジューシーな香りが大きく広がります。フィニッシュは滑らかでスパイシー、レッドホットチリペッパー、シナモン、アニスのニュアンス。
  • The Vice Cabernet Sauvignon Oak Knoll District[2019]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/オークノールディストリクト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 10,780 のところ
販売価格 ¥ 10,780 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WS93点

■お取寄せ ザ ヴァイス カベルネソーヴィニヨン オークヴィル ダブルオーク [2019]

木の香り、フルーツケーキ、シガーボックス、ブラックチェリーの香りが調和した、印象的な芳香を放ちます。カカオ、コーヒー豆、トーストしたアーモンドに加え、多くのダークフルーツのフレーバーのボリューミーな口あたりを持つワインです。オークのフレーバーは数分間続き、本当に大きなアメリカン ナパ キャブを飲んでいることを思い出させてくれます。
  • The Vice Cabernet Sauvignon Oakville Double Oak[2019]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/オークヴィル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 14,300 のところ
販売価格 ¥ 12,265 税込
(0)
  • 赤ワイン

ザ ヴァイス ムーンクレスト カベルネソーヴィニヨン スタッグス リープ ディストリクト [2019]

ナパヴァレー/スタッグス・リープ地区のカベルネソーヴィニヨンで造られたワインです。

スタッグス・リープ・ディストリクトは「渓谷の中の渓谷」とも呼ばれ、長さ4.8km、幅1.6kmの小さな地区です。スタッグス・リープ・ディストリクトのワイン生産の歴史は1800年代半ばまで遡ります。現在、スタッグス・リープ・ディストリクトを本拠地とするワイナリーは16軒のみで、ブドウ畑の面積は567ヘクタール(1400エーカー)にも及びません。

クラシックなスタイルのスタッグス・リープ・カベルネ。非常に若く、リッチで複雑。熟したスグリや ワイルドベリーの華やかな香り。口当たりは滑らかでリッチ、まるで溶けるようなチョコレート・トリュフにダークベリーのジャムを加えたような味わいがあり、さらなる次元の広がりを感じさせます。豊かな果実味は、杉とシガーボックスの影を伴う長いフィニッシュへと駆け抜けます。若いうちはデカンティングをお薦めしますが、このアメリカの宝とも言えるワインは、セラーで熟成させることが最高の投資となります。

アメリカ農務省によるオーガニック認証制度USDAの認定をうけたスタッグス・リープ地区のオーガニック畑で収穫したブドウがつかわれています。9樽のフレンチオーク樽(ミディアム・トーストの新樽を4樽、1年使用樽を5樽)で20か月間熟成しています。無濾過・無清澄。生産216ケース。アルコール度数14.8%。

ちなみに、ワイン名の副題「Moon crest(月の紋章)」には、こんな意味を込めています。
ムーンクレストには「初めて何かを達成した」という意味合いもあります。スタッグスリープ地区にあるスタッグス・リープ・ワイン・セラーズが1976年に「パリスの審判」に勝利しナパ・ヴァレーを世界的に有名にしたことへのオマージュとなっています。それから四半世紀、進歩、革新、受賞、そしてサステナビリティによって、ナパは世界一のワイン生産地のひとつとなり、ナパのカベルネは今も世界的ワイン産地として君臨しています。


■ザ・ヴァイスについて
ザ・ヴァイスは、ナパ ヴァレーの高品質なワインを小ロットで造っているブランドです。オーナーであり、チーフワインメーカーのマレック・アマローニは、16歳で高校を卒業し、医学部へ進んだ天才です。このまま医者になってもいいのか悩んだ結果、17歳の時に大学をやめニューヨークに渡ります。

ニューヨークでは、レストランで働き始め、苦労をしつつも21歳前に高級レストランでワインバイヤーの業務、21歳でディアジオ・モエ・ヘネシーで営業をする事になりました。その後ディアジオ・モエ・ヘネシーでトップクラスの営業マンとして働きながら、こっそりワインの輸入を副業し、世界の様々なワインに触れ、自分自身が個人的に好きなワインはカリフォルニアのナパワインであることに気付きます。

マレック・アマローニは26歳。ワイン業界の全ての仕事を行ったと思っていましたが、唯一まだやった事がないのがワイン造りの仕事でした。その頃、週末はニューヨークからナパに赴くようになり、ナパとのつながりをどんどん深めていきます。そんな生活を続けるうちに、どうすればワインを造る事が出来るのかを考え始めるようになりました。

最初のヴィンテージは2013年のシャルドネでした。2013年はこの1種類だけ、14年も1種類、15年と16年は3種類、17年は10種類以上、18年は15種類以上造りました。それから、どんどん生産量も増えていき、現在、ザ・ヴァイスはナパのトップ生産者の15%に入るほどに成長しています。
  • The Vice Mooncrest Cabernet Sauvignon Stag's Leap District[2019]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/スタッグスリープディストリクト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100% おすすめカベルネソーヴィニヨンを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 16,500 のところ
販売価格 ¥ 16,500 税込
(0)
  • 赤ワイン

ヴァイスを知るには、まずはこれから!
ザ ヴァイス ザ・ハウス カベルネソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2020]

ザ・ヴァイスでは毎日、最高のナパヴァレー・ワイン造りに全力を注ぎ、日常のあらゆる場面で楽しめるワインを造っています。毎月、ナパヴァレーのユニークなワインをリリースしていますが、この「ザ・ハウス」カベルネ・ソーヴィニヨンは常に一番人気のワインです。このワインは毎日を特別な日に変えてくれるのです。(オーナー兼チーフワインメーカー/マレック・アマローニ談)

熟した赤いベリーと凝縮プラムの香りをスミレ、リンゴの木、アニスの香りが支えます。口に含むと ダークフルーツのフレーバーが溢れ出し、ベルベットのような滑らかなタンニンが広がる中にカカオや甘いタバコの葉のニュアンスも感じられます。 瑞々しい果実のフレーバーは、余韻の長いフィニッシュを通じて流れ続けます。


畑は、ナパヴァレー内の3つの地区の畑がつかわれています。
●オーク・ノール・ディストリクト地区の畑
火山性土壌で、サンパブロ湾と太平洋から毎日やってくる霧の影響を受け、穏やかな気候です。霧は午前中いっぱい残り、午後には涼しい風が吹きます。このマイクロ・クライメイト(微小気候)が、完璧に熟したバランスの良いカベルネ・ソーヴィニヨンを育て、ナパ・ヴァレーの真髄とも言うべき場所になるのです。

●クームスヴィル地区の畑
オーク・ノール・ディストリクトと同様の気候で、より豊かな火山性土壌。マウント・ジョージからの火山灰が堆積した土壌。この畑のカベルネは「ザ・ハウス」カベルネの骨格となります。

●ロス・カーネロス地区の畑
ナパ・ヴァレー最南端のワイン産地。私達のヒルサイドの畑はマウント・ヴィーダーの端に位置し、年間を通じて気温が30度を超える事がほとんどない冷涼な場所です。この地のカベルネ・ソーヴィニヨンが 最後に熟し、「ザ・ハウス」に活力とエレガンスを与えています。

サステイナブル栽培と醸造。フレンチオーク90%&アメリカンオーク10%で12ヶ月間熟成(新樽30%)しています。無濾過・無清澄。アルコール度数14.6%。


■ザ・ヴァイスについて
ザ・ヴァイスは、ナパ ヴァレーの高品質なワインを小ロットで造っているブランドです。オーナーであり、チーフワインメーカーのマレック・アマローニは、16歳で高校を卒業し、医学部へ進んだ天才です。このまま医者になってもいいのか悩んだ結果、17歳の時に大学をやめニューヨークに渡ります。

ニューヨークでは、レストランで働き始め、苦労をしつつも21歳前に高級レストランでワインバイヤーの業務、21歳でディアジオ・モエ・ヘネシーで営業をする事になりました。その後ディアジオ・モエ・ヘネシーでトップクラスの営業マンとして働きながら、こっそりワインの輸入を副業し、世界の様々なワインに触れ、自分自身が個人的に好きなワインはカリフォルニアのナパワインであることに気付きます。

マレック・アマローニは26歳。ワイン業界の全ての仕事を行ったと思っていましたが、唯一まだやった事がないのがワイン造りの仕事でした。その頃、週末はニューヨークからナパに赴くようになり、ナパとのつながりをどんどん深めていきます。そんな生活を続けるうちに、どうすればワインを造る事が出来るのかを考え始めるようになりました。

最初のヴィンテージは2013年のシャルドネでした。2013年はこの1種類だけ、14年も1種類、15年と16年は3種類、17年は10種類以上、18年は15種類以上造りました。それから、どんどん生産量も増えていき、現在、ザ・ヴァイスはナパのトップ生産者の15%に入るほどに成長しています。
  • The Vice The House Cabernet Sauvignon Napa Valley[2020]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100% おすすめカベルネソーヴィニヨンを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,480 のところ
販売価格 ¥ 6,490 税込
(0)
  • 白ワイン

ザ ヴァイス シャルドネ エリース ロシアン リヴァー ヴァレー [2021]

このワインは、オーナーでありチーフワインメーカーのマレック・アマローニの母で、生涯シャルドネをこよなく愛するエリースに捧げることをイメージしており、ワインラベルに副題「Elise's Batch」と記載されています。

レモンカード、ハニーデューメロン(果皮が乳白色のノーネットメロン)、洋ナシ、スパイスなど幅広いアロマ。ミディアム・ボディで、ミネラルの風味から始まり、たっぷりとしたローストアーモンドとマカデミア・ナッツのフレーバーが持続し、広がりを見せます。非常にフレッシュで高揚感のある酸をもち、長い余韻の間には繊細でエレガントな味わいが続きます。

畑は、ソノマ/ロシアン・リヴァー・ヴァレーのラグナリッジ地区にあるヒルサイド、標高91mのにある有機農法のブドウ畑。ゴールドリッジ土壌で、主に太平洋の影響を受けたマイクロ・クライメイト(微小気候)。日中は霧が多く発生します。

手摘みで収穫し、日の出前にクラッシュパッド(ブドウ破砕所)に運び入れました。除梗後、優しくプレスし、天然酵母による発酵。ワインの35%は樽でマロラクティック発酵を行いました。残りは、ステンレスタンクで温度管理しながら発酵させ、発酵終了後すぐに澱引き。その後、フレンチオーク樽(新樽35%)に移し、瓶詰めまで9ヶ月間熟成させました。アルコール度数13.9%。


■ザ・ヴァイスについて
ザ・ヴァイスは、ナパ ヴァレーの高品質なワインを小ロットで造っているブランドです。オーナーであり、チーフワインメーカーのマレック・アマローニは、16歳で高校を卒業し、医学部へ進んだ天才です。このまま医者になってもいいのか悩んだ結果、17歳の時に大学をやめニューヨークに渡ります。

ニューヨークでは、レストランで働き始め、苦労をしつつも21歳前に高級レストランでワインバイヤーの業務、21歳でディアジオ・モエ・ヘネシーで営業をする事になりました。その後ディアジオ・モエ・ヘネシーでトップクラスの営業マンとして働きながら、こっそりワインの輸入を副業し、世界の様々なワインに触れ、自分自身が個人的に好きなワインはカリフォルニアのナパワインであることに気付きます。

マレック・アマローニは26歳。ワイン業界の全ての仕事を行ったと思っていましたが、唯一まだやった事がないのがワイン造りの仕事でした。その頃、週末はニューヨークからナパに赴くようになり、ナパとのつながりをどんどん深めていきます。そんな生活を続けるうちに、どうすればワインを造る事が出来るのかを考え始めるようになりました。

最初のヴィンテージは2013年のシャルドネでした。2013年はこの1種類だけ、14年も1種類、15年と16年は3種類、17年は10種類以上、18年は15種類以上造りました。それから、どんどん生産量も増えていき、現在、ザ・ヴァイスはナパのトップ生産者の15%に入るほどに成長しています。
  • The Vice Chardonnay Elise's Russian River Valley[2021]
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ロシアンリヴァーヴァレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,600 のところ
販売価格 ¥ 6,600 税込
(0)
  • オレンジワイン

ナパ/ロス・カーネロスのオレンジワイン
ザ ヴァイス オレンジ オブ ゲヴュルツトラミネール [2021]

ナパヴァレー南部の冷涼地ロスカーネロス地区のゲヴュルツトラミネールから造られるオレンジ・ワインです。

このワインは完全に辛口まで発酵させたので、ワインに残糖は残っていません。しかし、香りはみかんやグアバ、ライチ、パッションフルーツの甘い芳香が際立ちます。フレッシュでクリーンな味わいは、ミディアムボディで酸味とのバランスが良く、トロピカルフルーツの香りが印象的です。

このワインのオレンジ色は、ゲヴュルツトラミネール種の発酵中に行われるスキンコンタクトとスキンマセラシオンに由来しています。(赤ワインに色とタンニンを与え、その風味に深みを与えるのと同じプロセスです。)

ゲヴュルツトラミネールは、16世紀からドイツで成功を収めた品種で、直訳すると「スパイスのトラミネール」または「香水のトラミネール」という意味です。今日、ゲヴュルツトラミネールは希少である以上に、非常にユニークな品種であり、カーネロスの湾岸の畑のような冷涼な気候で育ちます。花やトロピカルなフレーバーとスパイスの風味が特徴です。

アメリカ農務省によるオーガニック認証制度USDAの認定をうけたオーガニック畑で収穫したブドウがつかわれています。エッグ型コンクリートタンクで8か月熟成しています。無濾過。アルコール度数12.5%。


■ザ・ヴァイスについて
ザ・ヴァイスは、ナパ ヴァレーの高品質なワインを小ロットで造っているブランドです。オーナーであり、チーフワインメーカーのマレック・アマローニは、16歳で高校を卒業し、医学部へ進んだ天才です。このまま医者になってもいいのか悩んだ結果、17歳の時に大学をやめニューヨークに渡ります。

ニューヨークでは、レストランで働き始め、苦労をしつつも21歳前に高級レストランでワインバイヤーの業務、21歳でディアジオ・モエ・ヘネシーで営業をする事になりました。その後ディアジオ・モエ・ヘネシーでトップクラスの営業マンとして働きながら、こっそりワインの輸入を副業し、世界の様々なワインに触れ、自分自身が個人的に好きなワインはカリフォルニアのナパワインであることに気付きます。

マレック・アマローニは26歳。ワイン業界の全ての仕事を行ったと思っていましたが、唯一まだやった事がないのがワイン造りの仕事でした。その頃、週末はニューヨークからナパに赴くようになり、ナパとのつながりをどんどん深めていきます。そんな生活を続けるうちに、どうすればワインを造る事が出来るのかを考え始めるようになりました。

最初のヴィンテージは2013年のシャルドネでした。2013年はこの1種類だけ、14年も1種類、15年と16年は3種類、17年は10種類以上、18年は15種類以上造りました。それから、どんどん生産量も増えていき、現在、ザ・ヴァイスはナパのトップ生産者の15%に入るほどに成長しています。
  • The Vice Orange of Gewurztraminer[2021]
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/ロスカーネロス
  • スティル ワイン色: オレンジワイン甘-辛: 辛口
  • ゲヴェルツトラミネール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,720 のところ
販売価格 ¥ 4,950 税込
4.00
(1)
6件中 1-6件表示