ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品
お盆期間の弊社業務について
8月12日~15日の期間は夏季休業のため、商品のお届け・お問い合わせへの返信に、通常より日数を頂戴しております。ご注意くださいませ。

●8月10日(水) 13 時~8月 16日(火) 13 時のご注文は、8月17日(水)以降順次出荷いたします。

●休業中につき、8月11日(木) 17時~8月 15日(月)までのお問い合わせは、8月16日(火)以降のご対応となります。

ダオDaou

ダオ・ヴィンヤーズ

ダオ・ヴィンヤーズの早わかりポイント

  • 内戦下レバノン出身のダオ兄弟が掴んだアメリカン・ドリーム
  • ワイナリーはかつてアンドレチェリチェフがコンサルタントを務めた歴史的ワイナリー跡地
  • フラグシップは、現在までに、ワイン・アドヴォケイト95点以上を9回獲得する“ソウル・オブ・ライオン”
  • ソウル・オブ・ライオン2017は米・富裕層向け雑誌“Robb Report ”が『2020年 世界のベストワイン16選』に選出
  • リザーヴ・シャルドネ2018はWine Enthusiastが“世界のトップシャルドネ9選”に選出

世界で評価されるパソ・ロブレス発プレミアムワイン

ダオのワイン

ダオ・ヴィンヤーズは、レバノン出身のダオ兄弟が営むカリフォルニアのプレミアムワイナリー。内戦下のレバノンから逃れ、アメリカで成功を収めたダオ兄弟が、昔からの夢である『ワイン造り』のために2007年に設立しました。

ダオ・ヴィンヤーズがあるのはカリフォルニアのほぼ真ん中に位置するパソ・ロブレス。日本ではまだ知名度が低いパソ・ロブレスですが、近年はカリフォルニアの次世代の銘醸地として、頭角を現しています。

中でも、ダオ・ヴィンヤーズの手がけるワインは世界的に高い評価を獲得。フラッグシップのソウル・オブ・ライオンは、初リリースからワイン・アドヴォケイト誌96点の高得点を叩き出し、2022年現在設立からわずか13年の間にワイン・アドヴォケイト95点以上を9回も獲得。また、リザーヴ・シャルドネはWine Enthusiastが“世界のトップシャルドネ9選”に選出されるなど、ナパの高級ワインにも引けを取らない実力を発揮し続けています。

アメリカン・ドリームを叶えた兄弟が追いかける“ワイン造りの夢”

ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟

ワイナリーを創設したジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟は、最初からワインに関係する仕事をしていた訳ではありません。

レバノン出身のダオ兄弟は、1980年代初頭、アメリカンドリームを求めてカリフォルニアに移住。カリフォルニア大学サンディエゴ校に入学すると、兄ジョルジュは電気工学を、弟ダニエルはコンピュータ工学を学びました。

1989年、勤勉で成功への意欲にあふれた青年だったダオ兄弟は、自分たちの父がかつてレバノンで家業を起こしたように、“ダオ・システムズ”を設立。“ダオ・システムズ”は、病院のコンピューターシステムに変革をもたらすネットワーク技術企業として大成功を収め、1997年にはナスダックに上場を果たします。

アメリカンドリームを掴み、まさに順風満帆に見えたダオ兄弟。しかし1998年、彼らは会社を売却してしまいます。それは、ダオ兄弟の昔からの夢、自分たちのワイン造りにすべてを捧げるためでした。

ダオ兄弟がワイン造りを目指したきっかけ

幼少期のダオ兄弟

ダオ兄弟がワイン造りを志したきっかけは幼少期に遡ります。

ダオ兄弟は、かつて“中東のパリ”と呼ばれた豊かな都市、レバノンのベイルート育ち。祖父の持つ古いオリーブ畑で過ごす、田舎のおだやかな暮らしが大好きでした。

しかしレバノンの内戦によって、世界は一変してしまいます。当時、ダオ兄弟の父は中東で最も成功した家具会社を経営していました。しかし、家族とともに戦火を逃れるため全てを捨ててフランスへの移住を余儀なくされたのです。

一家はパリに移住し、後に南仏のカンヌに移りました。ブドウ畑と何世紀にもわたるワイン造りの伝統に囲まれるこの地で、ダオ兄弟は初めてワインのある人生を夢見たのです。

その後、ダオ兄弟は大学へ進学のために渡米し、会社を興しますが、祖父のオリーブ畑やフランスのブドウ園で過ごした幼少期の思い出は、消えることはありませんでした。

ダニエルはシステム会社を経営する傍ら、何年もの間サンディエゴの田舎のガレージでワインを造り、1エーカーのブドウ畑でカベルネ・ソーヴィニヨンの手入れをし、ワイン造りの本を片っ端から読みました。

そして、自分がワインメーカーになる運命にあると信じ、それがこの瞬間なのだと立ち上がったのです。

世界中を巡りたどり着いたのは、アンドレチェリチェフも賞賛したパソロブレス

ホフマン・マウンテン・ランチのスタンリー・ホフマンとアンドレ・チェリチェフ

ワイン造りを決心したダオ兄弟は、自分たち理想とする畑を探し求め、世界各国を巡りました。600ヶ所以上のカベルネソーヴィニヨンの産地を訪れ、ついに見つけた場所こそが、ここパソ・ロブレスのアデレイダ地区にあるダオ・マウンテンだったのです。

ダオ・マウンテンの土壌は、サンテミリオン地区やボルドー右岸でよく見られる粘土石灰質土壌。そのため、カベルネ・ソーヴィニヨンをはじめとしたボルドー系品種の栽培に最適です。

さらに、標高2,200フィートというセントラルコーストエリアで最も高地にあるワイナリーでは、昼夜の寒暖差が大きく、この寒暖差がブドウの糖と酸がバランスの良の良いブドウを育てます。

ここは、かつてホフマン・マウンテン・ランチ(HMR)というパソ・ロブレスの歴史的ワイナリーがあった場所。伝説の醸造家アンドレ・チェリチェフは、この地の優れた地質、良好な微気候、高い標高といったワイン造りに適した環境を“生態系の宝庫”と賞賛しました。

実際、アンドレ・チェリチェフはホフマン・マウンテン・ランチのコンサルタントを務め、この地で造ったワインで国際ワインコンクール金賞の高評価を受けています。

パソ・ロブレスについて

パソ・ロブレス

スペイン語で“オークの路”という意味を持つパソ・ロブレス。位置するのは、カリフォルニア州の真ん中、ちょうどロサンゼルスとサンフランシスコの真ん中あたり。北隣にモントレー郡があります。

パソ・ロブレスが、AVAとして認定されたのは1983年。その頃、ワイナリーは17軒しかありませんでしたが、今では約200軒にまで増え、栽培面積は4万エーカーに上ります。

日本では、ナパやソノマほど知名度が高くないパソ・ロブレスですが、近年プレミアムワインの産地として注目されています。その証拠に2007年、有名なワイン評論家ロバート・パーカーはFood&Wine誌において、パソ・ロブレス・エリアはカリフォルニアの中でも最も大きな可能性を秘めていると語っています。

パソ・ロブレスといえばジンファンデルやローヌ系の品種をイメージするかもしれませんが、現在ではパソ・ロブレスで植えられているブドウの50%以上をカベルネソーヴィニヨンをはじめとしたボルドー系品種で占められています。

周囲の反対をよそに勝ち取った高評価

ダオのワインボトル

“パソ・ロブレスのアデレイダ地区で、ワールドクラスのカベルネ・ソーヴィニヨンとボルドー品種を造る”と決心したダオ兄弟でしたが、周りの評判は散々でした。

当時のパソ・ロブレスでは、ジンファンデルやローヌ系ブドウ品種が主流。そのため、周りからは『パソ・ロブレスででカベルネソーヴィニヨンを造る?しかも世界に通用するワインなんて!』と、異端児扱いだったそう。

そんな中でも、ダオ兄弟の父だけは違いました。
『行け、振り返るな。全速力でやれ!』

それからわずか3年後、ダオ・ヴィンヤーズのワインは初リリースと同時にワイン・アドヴォケイト誌の高得点を獲得。 ソウル・オブ・ライオンが初めて獲得した点数は、脅威の96点!ナパ産以外のカベルネ・ソーヴィニヨンの常識を覆し、パソ・ロブレス産カベルネの知名度を挙げた瞬間でした。

ワイン・アドヴォケイト誌のレビュアーを務めていたジェブ・ダナックは、2016年のワインレビューの中で『ダオ・ヴィンヤーズの品質の高さを証明するために、ナパのトップワインとのブラインドテイスティングを行った』と語っています。

ダオ・ヴィンヤーズのワインとの比較に使用したのはドミナススケアクロウハンドレッドエーカーズシュレーダーなどのナパのカルトワイン揃い。もちろんどのワインもダオ・ヴィンヤーズの2倍以上する高級ワインです。

ブラインドテイスティングの結果、ダオ・ヴィンヤーズのワインはどのワインも90点超え。ナパの高級ワインと肩を並べる結果を残しました。

レビューの中でジェブはダオ・ヴィンヤーズのワインについて『私がこれまで試飲したパソ・ロブレスのカベルネ・ソーヴィニヨン100%のワインの中で最も素晴らしく、ナパの最高級品と肩を並べることができるだろう。』と絶賛しています。

ダオ兄弟の生い立ちを語る3つのワイン

ダオ・ヴィンヤーズのワインには、ダオ兄弟の生い立ちや家族を由来にしたワインが3つあります。

  • ダオ・ロゼ
    ダオ兄弟が青年時代を過ごした南フランスを思い起こす辛口ロゼワイン。ダオ・ヴィンヤーズでは、ロゼをつくる際には、プロヴァンスの製法に忠実に仕上げています。パソ・ロブレスのピュアな果実の特徴を示しながら、五感をプロヴァンスに誘うようなワインです。
  • ソウル・オブ・ア・ライオン
    ソウル・オブ・ア・ライオンはファーストヴィンテージから96点を叩き出したダオ・ヴィンヤーズの最高峰のワイン。ワインの名前はダオ兄弟の父ジョセフに由来します。このワインは、彼ら家族を内戦下から守り、勇気、信念、粘り強さを見せた父への敬意そのものなのです。
  • ボディガード(赤・白)
    ボディガードは、ダオ兄弟の母マリーへのオマージュ。マリーは、内戦という混沌下でさえ優美さを持ち、4人の子供たちへ愛と勇気をもって前途を照らし続けました。ダオ兄弟は、このワインの中に一筋の光を見出し、それが希望と決意につながることを願っています。
11件中 1-11件表示
  • 赤ワイン
  • WA97点

高得点連発!!ダオの至宝的ワイン
ダオ エステイト ソウル オブ ア ライオン パソ ロブレス [2018]

このソウル・オブ・ア・ライオンは、ダオの至宝であり、ジョルジュ&ダニエル・ダウ兄弟の父親であるジョセフ・ダオにちなんで名付けられました。ダオ・マウンテンのテロワールから比類なきカベルネ・ソーヴィニヨンを生み出すというダオの探求を象徴するものです。


2018年のソウル・オブ・ア・ライオンは、ジョルジュ&ダニエル・ダウ兄弟がダオ・マウンテンのテロワールの研究を始めたときに思い描いた、畏敬の念を抱かせる熟成に値するカベルネ・ソーヴィニヨンです。このワインは、冷涼な気候で育ったブドウの豊かさ、エレガントさ、バランスの良さをすべて表現しています。

濃い紫黒色の色調で、ライラック、スミレ、スパイスの強烈なアロマが、深く複雑なブーケの中で渦を巻いています。ブルーベリー、ボイセンベリー、プラム、バニラビーンズ、チョコレートで覆われたチェリーの豊かなフレーバーが広がり、印象的なミネラルに覆われています。

絹のように滑らかなタンニンは、信じられないほど長い余韻へと続き、ダオ・マウンテン産のパワーとフィネスの両方を感じさせます。フレンチオーク(新樽100%)で22か月熟成しています。アルコール度14.7%。

余談ですが、フラッグ・シップである、このソウル・オブ・ア・ライオンは、ワイン・アドヴォケイトにて、2010~2020ヴィンテージの間に、「95点以上を9回獲得する」など、特に高い評価を得ています。


■ダオについて
ダオは、ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟が設立したワイナリーで、初ヴィンテージは2010年です。彼らが選んだのは、南カリフォルニアを代表するワインの銘醸地「パソロブレス」。世界各国600ヶ所以上のカベルネ・ソーヴィニヨンの産地を巡り、自分達の求めるカベルネ・ソーヴィニヨンが「パソロブレス」という地に他ならないと、ここにダオを築いたそうです。

ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟は、内戦から逃れるため、レバノンを出て、フランス、そしてアメリカへと渡り、病院のコンピューターシステムに革命を起こすダオシステムを立ち上げ、1998年には、ナスダックに上場を果たします。そして会社売却。まさにアメリカンドリームの象徴のような一族は、昔からの夢だったワイン造りにすべて捧げています。

手掛けるワインはどれも素晴らしいですが、中でも、ダオ自身も力を入れていることもあり、カベルネ主体のワインがファンを獲得し、批評家からも高い評価を受けています。
  • アメリカ/カリフォルニア/サンルイスオビスポ/パソロブレス
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン75%、カベルネフラン15%、プティヴェルド10%
  • 750ml
通常価格 ¥ 24,200 のところ
販売価格 ¥ 24,200 税込
  • 赤ワイン

プティヴェルドとプティシラーとのブレンドワイン
ダオ ボディーガード レッド ワイン パソ ロブレス [2019]

ボディガードは、プティヴェルドとプティシラーとのブレンドワインです。

ブルーベリー・パイ、チェリーパイプタバコ、ダークチョコレート、エスプレッソにサンダルウッド、リコリス、鉛筆の芯の香りが混じった、生き生きとして薫り高い香りで幕を開けます。その香りの下層には桑の実とトリュフの香りがあり、ブラックカラント、キルシュ、ローリエ、バニラの香りがアクセントになっています。

チェリーパイ、プラム、ブラックベリージャム、ラズベリーの贅沢なフレーバーが、シガーボックス、レザー、ブラックオリーブ、クラッシュしたセージの土っぽい香りと継ぎ目なく混ざり合っています。

熟したしなやかなタンニンが骨格とボリュームを与え、ベルベットのような口当たりで、チェリー、クランベリー、プラム、砕いた石の香りを伴うパワフルでエレガントなフィニッシュをもたらします。


■ダオについて
ダオは、ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟が設立したワイナリーで、初ヴィンテージは2010年です。彼らが選んだのは、南カリフォルニアを代表するワインの銘醸地「パソロブレス」。世界各国600ヶ所以上のカベルネ・ソーヴィニヨンの産地を巡り、自分達の求めるカベルネ・ソーヴィニヨンが「パソロブレス」という地に他ならないと、ここにダオを築いたそうです。

ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟は、内戦から逃れるため、レバノンを出て、フランス、そしてアメリカへと渡り、病院のコンピューターシステムに革命を起こすダオシステムを立ち上げ、1998年には、ナスダックに上場を果たします。そして会社売却。まさにアメリカンドリームの象徴のような一族は、昔からの夢だったワイン造りにすべて捧げています。

手掛けるワインはどれも素晴らしいですが、中でも、ダオ自身も力を入れていることもあり、カベルネ主体のワインがファンを獲得し、批評家からも高い評価を受けています。フラッグ・シップであるダオ エステイト ソウル・オブ・ア・ライオンは、ワイン・アドヴォケイトにて、2010~2020ヴィンテージの間に、95点以上を9回獲得するなど、特に高い評価を得ています。
  • アメリカ/カリフォルニア/サンルイスオビスポ/パソロブレス
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • プティヴェルド58%、プティシラー42%
  • 750ml
通常価格 ¥ 8,250 のところ
販売価格 ¥ 8,250 税込
  • 赤ワイン
  • WA92点

プティシラー主体のブレンドワイン
ダオ ペシミスト レッド ワイン パソ ロブレス [2020]

2020年のペシミストは、ブルーベリー、チェリー、プラム、ストロベリーの力強いアロマに、ラベンダーとキルシュの香りがほのかに感じられます。さらに、皮革、トリュフ、パイプタバコ、ブラックペッパー、オールスパイスの香りが重なり合います。

ボイセンベリー、ブラックベリー、カシス、プラムなどの果実味がルバーブ、ザクロ、湿った森の床のようなノートに包まれ、リッチで重みのある味わいが広がります。ブラックオリーブ、マッシュルーム、タマリンド・スパイスの繊細なニュアンスが、バランスの取れたまろやかな風味を引き立たせています。

レッドチェリーとクランベリーの香りがダークチョコレートのニュアンスで強調され、余韻は長く、エレガントなフィニッシュです。フレンチオーク(新樽50%)で10か月熟成しています。アルコール度15.2%。


■ダオについて
ダオは、ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟が設立したワイナリーで、初ヴィンテージは2010年です。彼らが選んだのは、南カリフォルニアを代表するワインの銘醸地「パソロブレス」。世界各国600ヶ所以上のカベルネ・ソーヴィニヨンの産地を巡り、自分達の求めるカベルネ・ソーヴィニヨンが「パソロブレス」という地に他ならないと、ここにダオを築いたそうです。

ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟は、内戦から逃れるため、レバノンを出て、フランス、そしてアメリカへと渡り、病院のコンピューターシステムに革命を起こすダオシステムを立ち上げ、1998年には、ナスダックに上場を果たします。そして会社売却。まさにアメリカンドリームの象徴のような一族は、昔からの夢だったワイン造りにすべて捧げています。

手掛けるワインはどれも素晴らしいですが、中でも、ダオ自身も力を入れていることもあり、カベルネ主体のワインがファンを獲得し、批評家からも高い評価を受けています。フラッグ・シップであるダオ エステイト ソウル・オブ・ア・ライオンは、ワイン・アドヴォケイトにて、2010~2020ヴィンテージの間に、95点以上を9回獲得するなど、特に高い評価を得ています。
  • アメリカ/カリフォルニア/サンルイスオビスポ/パソロブレス
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • プティシラー62%、ジンファンデル18%、シラー17%、ラグレイン3%
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,500 のところ
販売価格 ¥ 5,500 税込
  • 赤ワイン
  • WA93点

ダオ リザーブ カベルネソーヴィニヨン パソ ロブレス [2018]

ダオのリザーブ カベルネソーヴィニヨンは、パソロブレスのテロワールがよく表現され、世界トップクラスのカベルネソーヴィニヨンとして評価されています。

この素晴らしいワインの味わいは、カベルネソーヴィニヨンが持つ特性を余すところなく表現しており、ダークチョコレート、甘草、ブラックベリー、ヒマラヤ杉の香りに、フレッシュなダークベリーの果実香が重なります。瑞々しいブラックチェリー、カシス、ココアのフレーバーに加え、ブルーベリーとラズベリーの素敵なアクセントで強調されています。エレガントでシルキーな味わいは、トーストしたオーク、グラファイト、ミネラル感という 3 つのニュアンスがうまく調和しています。

熟したフルーツとエキゾチックなスパイス香が、豊かで力強い骨格がもたらす余韻と共に残り、長期熟成にも大きな期待が持てます。フレンチオーク(新樽50%)で15か月熟成しています。アルコール度14.7%。


■ダオについて
ダオは、ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟が設立したワイナリーで、初ヴィンテージは2010年です。彼らが選んだのは、南カリフォルニアを代表するワインの銘醸地「パソロブレス」。世界各国600ヶ所以上のカベルネ・ソーヴィニヨンの産地を巡り、自分達の求めるカベルネ・ソーヴィニヨンが「パソロブレス」という地に他ならないと、ここにダオを築いたそうです。

ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟は、内戦から逃れるため、レバノンを出て、フランス、そしてアメリカへと渡り、病院のコンピューターシステムに革命を起こすダオシステムを立ち上げ、1998年には、ナスダックに上場を果たします。そして会社売却。まさにアメリカンドリームの象徴のような一族は、昔からの夢だったワイン造りにすべて捧げています。

手掛けるワインはどれも素晴らしいですが、中でも、ダオ自身も力を入れていることもあり、カベルネ主体のワインがファンを獲得し、批評家からも高い評価を受けています。フラッグ・シップであるダオ エステイト ソウル・オブ・ア・ライオンは、ワイン・アドヴォケイトにて、2010~2020ヴィンテージの間に、95点以上を9回獲得するなど、特に高い評価を得ています。
  • アメリカ/カリフォルニア/サンルイスオビスポ/パソロブレス
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン77%、プティヴェルド20%、メルロー2%、カベルネフラン1% おすすめカベルネソーヴィニヨンを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 11,000 のところ
販売価格 ¥ 11,000 税込
  • 赤ワイン
  • WA92点

パワフルすぎず、バランスの良い味わい
ダオ カベルネソーヴィニヨン パソ ロブレス [2018]

黒スグリ、ブラックチェリー、杉、ユーカリなどの香りが豊かで、洗練されたカベルネ・ソーヴィニョンらしい特徴を備えています。ピュアな果実味を核とし、力強いタンニンとしなやかな骨格との調和。そんな力のあるワインにしては驚くほど上品な仕上がり。シルキーで滑らか、甘いチェリーとボイセンベリーの美しい余韻を残します。アルコール度数 14.5%。


■ダオについて
ダオは、ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟が設立したワイナリーで、初ヴィンテージは2010年です。彼らが選んだのは、南カリフォルニアを代表するワインの銘醸地「パソロブレス」。世界各国600ヶ所以上のカベルネ・ソーヴィニヨンの産地を巡り、自分達の求めるカベルネ・ソーヴィニヨンが「パソロブレス」という地に他ならないと、ここにダオを築いたそうです。

ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟は、内戦から逃れるため、レバノンを出て、フランス、そしてアメリカへと渡り、病院のコンピューターシステムに革命を起こすダオシステムを立ち上げ、1998年には、ナスダックに上場を果たします。そして会社売却。まさにアメリカンドリームの象徴のような一族は、昔からの夢だったワイン造りにすべて捧げています。

手掛けるワインはどれも素晴らしいですが、中でも、ダオ自身も力を入れていることもあり、カベルネ主体のワインがファンを獲得し、批評家からも高い評価を受けています。フラッグ・シップであるダオ エステイト ソウル・オブ・ア・ライオンは、ワイン・アドヴォケイトにて、2010~2020ヴィンテージの間に、95点以上を9回獲得するなど、特に高い評価を得ています。
  • アメリカ/カリフォルニア/サンルイスオビスポ/パソロブレス
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン82%、メルロー11%、プティヴェルド6%、カベルネフラン1% おすすめカベルネソーヴィニヨンを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,280 のところ
販売価格 ¥ 5,280 税込
  • 赤ワイン

ダオ ピノノワール セントラル コースト [2019]

2019年のダオ ピノ・ノワールは、スイートチェリー、スライスしたストロベリー、ルバーブ・パイ、クランベリー・ソースの愛らしいアロマに、森床、ラベンダー、カルダモン、トリュフの土っぽい香りが加わります。 ローズヒップ、サルサパリラ、松のほのかな香りが、エレガントで複雑なレイヤーを構成しています。

ドライチェリー、ラズベリー、柿のフレーバーにキルシュ、ホワイトペッパー、ザクロ、コーラのニュアンスが加わり、ジューシーでありながら凝縮したテクスチャーが広がります。クローブ、ワイルドマッシュルーム、ブラックオリーブのアクセントが果実味の輪郭を美しく引き立てています。


■ダオについて
ダオは、ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟が設立したワイナリーで、初ヴィンテージは2010年です。彼らが選んだのは、南カリフォルニアを代表するワインの銘醸地「パソロブレス」。世界各国600ヶ所以上のカベルネ・ソーヴィニヨンの産地を巡り、自分達の求めるカベルネ・ソーヴィニヨンが「パソロブレス」という地に他ならないと、ここにダオを築いたそうです。

ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟は、内戦から逃れるため、レバノンを出て、フランス、そしてアメリカへと渡り、病院のコンピューターシステムに革命を起こすダオシステムを立ち上げ、1998年には、ナスダックに上場を果たします。そして会社売却。まさにアメリカンドリームの象徴のような一族は、昔からの夢だったワイン造りにすべて捧げています。

手掛けるワインはどれも素晴らしいですが、中でも、ダオ自身も力を入れていることもあり、カベルネ主体のワインがファンを獲得し、批評家からも高い評価を受けています。フラッグ・シップであるダオ エステイト ソウル・オブ・ア・ライオンは、ワイン・アドヴォケイトにて、2010~2020ヴィンテージの間に、95点以上を9回獲得するなど、特に高い評価を得ています。
通常価格 ¥ 5,940 のところ
販売価格 ¥ 5,940 税込
  • ロゼワイン

ダオ ロゼ パソ ロブレス [2020]

【試飲会で発見★注目のワイナリー】
カベルネで特に高い評価を受けているパソロブレスのワイナリー『ダオ』 ロゼの評判も上々です!
  • アメリカ/カリフォルニア/サンルイスオビスポ/パソロブレス
  • スティル ワイン色: ロゼワイン甘-辛: 辛口
  • グルナシュ95%、ソーヴィニヨンブラン5%
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,280 のところ
販売価格 ¥ 5,280 税込
  • 白ワイン

ダオ リザーブ シャルドネ パソ ロブレス [2019]

このゴージャスなシャルドネは、トロピカルな香りと共に、熟したルビーレッドのグレープフルーツ、白桃、アプリコットの香りが感じられます。豊かな果実味と共に、フレンチ・オーク樽からくる香りも感じられます。口に含むと、果実味とオーク樽のバランスがより明確になるような、独特のリッチさがあります。このワインの豊かな品質は、様々な料理との素晴らしい相性を想像させます。フレンチオーク(新樽50%)で11か月間熟成しています。アルコール度14.2%。


■ダオについて
ダオは、ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟が設立したワイナリーで、初ヴィンテージは2010年です。彼らが選んだのは、南カリフォルニアを代表するワインの銘醸地「パソロブレス」。世界各国600ヶ所以上のカベルネ・ソーヴィニヨンの産地を巡り、自分達の求めるカベルネ・ソーヴィニヨンが「パソロブレス」という地に他ならないと、ここにダオを築いたそうです。

ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟は、内戦から逃れるため、レバノンを出て、フランス、そしてアメリカへと渡り、病院のコンピューターシステムに革命を起こすダオシステムを立ち上げ、1998年には、ナスダックに上場を果たします。そして会社売却。まさにアメリカンドリームの象徴のような一族は、昔からの夢だったワイン造りにすべて捧げています。

手掛けるワインはどれも素晴らしいですが、中でも、ダオ自身も力を入れていることもあり、カベルネ主体のワインがファンを獲得し、批評家からも高い評価を受けています。フラッグ・シップであるダオ エステイト ソウル・オブ・ア・ライオンは、ワイン・アドヴォケイトにて、2010~2020ヴィンテージの間に、95点以上を9回獲得するなど、特に高い評価を得ています。
  • アメリカ/カリフォルニア/サンルイスオビスポ/パソロブレス
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 8,800 のところ
販売価格 ¥ 8,000 税込
  • 白ワイン

ダオ ボディーガード シャルドネ サンタ バーバラ [2020]

ボディガード シャルドネは、カリフォルニアのシャルドネの典型的なスタイルである、熟した果実、バニラが混じったオークの香り、そして全体的にリッチでバターのような口当たりが感じられます。

2020ヴィンテージは、ゴールデン・アップル、バタートースト、ハチミツ、ライラックの香り高いアロマが特徴です。洋ナシ、スターフルーツ、ハイビスカス、ナツメグの繊細な香りに、エレガントでフローラルなブーケが続きます。

スパイスの効いた洋ナシ、アップル、ゴールデンキウイ、ハニーサックルの魅力的なフレーバーが口いっぱいに広がり、口当たりのよいミネラルが下支えする、なめらかでシルキーなテクスチャーです。 さらに、白桃、トースティなオーク香、ヘーゼルナッツ、ハニーデュー・メロン、シトラスの皮のニュアンスも感じられます。後味はすっきりとしており、レモンカードとパイナップルの余韻が長く続きます。

シャルドネは、太平洋に近いサンタ・バーバラで収穫されたブドウを使用しています。アロマティックさを維持するために低温発酵を行い、フレンチオークとアメリカンオークの組み合わせでクリーミーでバターのような口当たりを実現しています。オーク樽(フレンチオーク新樽30%、アメリカンオーク新樽30%、フレンチオーク古樽40%)にて、10か月間熟成しています。アルコール度14.5%。


■ダオについて
ダオは、ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟が設立したワイナリーで、初ヴィンテージは2010年です。彼らが選んだのは、南カリフォルニアを代表するワインの銘醸地「パソロブレス」。世界各国600ヶ所以上のカベルネ・ソーヴィニヨンの産地を巡り、自分達の求めるカベルネ・ソーヴィニヨンが「パソロブレス」という地に他ならないと、ここにダオを築いたそうです。

ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟は、内戦から逃れるため、レバノンを出て、フランス、そしてアメリカへと渡り、病院のコンピューターシステムに革命を起こすダオシステムを立ち上げ、1998年には、ナスダックに上場を果たします。そして会社売却。まさにアメリカンドリームの象徴のような一族は、昔からの夢だったワイン造りにすべて捧げています。

手掛けるワインはどれも素晴らしいですが、中でも、ダオ自身も力を入れていることもあり、カベルネ主体のワインがファンを獲得し、批評家からも高い評価を受けています。フラッグ・シップであるダオ エステイト ソウル・オブ・ア・ライオンは、ワイン・アドヴォケイトにて、2010~2020ヴィンテージの間に、95点以上を9回獲得するなど、特に高い評価を得ています。
通常価格 ¥ 8,250 のところ
販売価格 ¥ 8,250 税込
  • 白ワイン

ダオ シャルドネ パソ ロブレス [2020]

2020年のシャルドネ パソロブレスは、パイナップル、洋ナシ、アップルの甘美なアロマに、レモン・シフォン、ネクタリン、ハニーサックルの魅力的な香りが感じられます。さらに、ジャスミン、ナツメグ、バニラ・ビーンズの香りが広がります。

口に含むと、桃、マンゴー、キウイ、新鮮なメロンなどの口当たりの良い優雅な風味が広がります。豊かな果実味は、レモンの皮とベーキング・スパイスのニュアンスによって完璧に補完され、官能的なフィニッシュは、パイナップル、グアバ、ヘーゼルナッツの香りが長く残ります。

フレンチオーク(新樽30%)にて5か月間熟成しています。アルコール度14.5%。


■ダオについて
ダオは、ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟が設立したワイナリーで、初ヴィンテージは2010年です。彼らが選んだのは、南カリフォルニアを代表するワインの銘醸地「パソロブレス」。世界各国600ヶ所以上のカベルネ・ソーヴィニヨンの産地を巡り、自分達の求めるカベルネ・ソーヴィニヨンが「パソロブレス」という地に他ならないと、ここにダオを築いたそうです。

ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟は、内戦から逃れるため、レバノンを出て、フランス、そしてアメリカへと渡り、病院のコンピューターシステムに革命を起こすダオシステムを立ち上げ、1998年には、ナスダックに上場を果たします。そして会社売却。まさにアメリカンドリームの象徴のような一族は、昔からの夢だったワイン造りにすべて捧げています。

手掛けるワインはどれも素晴らしいですが、中でも、ダオ自身も力を入れていることもあり、カベルネ主体のワインがファンを獲得し、批評家からも高い評価を受けています。フラッグ・シップであるダオ エステイト ソウル・オブ・ア・ライオンは、ワイン・アドヴォケイトにて、2010~2020ヴィンテージの間に、95点以上を9回獲得するなど、特に高い評価を得ています。
  • アメリカ/カリフォルニア/サンルイスオビスポ/パソロブレス
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,180 のところ
販売価格 ¥ 4,100 税込
  • 白ワイン

ダオ ソーヴィニヨンブラン パソ ロブレス [2020]

南カリフォルニア/パソロブレスで造られるリッチで魅力的なソーヴィニヨン・ブラン!!

グーズベリーとレモングラスの香りに続き、パイナップル、キウイ、グレープフルーツの魅力的な香りが感じられます。 ライムの皮、カリン、アカシアの花の香りがアロマの輪郭を引き締めます。

口に含むと、ジューシーなパイナップル、グリーンアップル、キウイ、メロンなどの食欲をそそるフレーバーが広がり、クリーンで生き生きとしたエレガントな味わいが広がります。キーライム、白桃、ドラゴンフルーツ、シトラスの余韻が長く美しいフィニッシュへと続きます。アルコール度13.7%。


■ダオについて
ダオは、ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟が設立したワイナリーで、初ヴィンテージは2010年です。彼らが選んだのは、南カリフォルニアを代表するワインの銘醸地「パソロブレス」。世界各国600ヶ所以上のカベルネ・ソーヴィニヨンの産地を巡り、自分達の求めるカベルネ・ソーヴィニヨンが「パソロブレス」という地に他ならないと、ここにダオを築いたそうです。

ジョルジュ&ダニエル・ダオ兄弟は、内戦から逃れるため、レバノンを出て、フランス、そしてアメリカへと渡り、病院のコンピューターシステムに革命を起こすダオシステムを立ち上げ、1998年には、ナスダックに上場を果たします。そして会社売却。まさにアメリカンドリームの象徴のような一族は、昔からの夢だったワイン造りにすべて捧げています。

手掛けるワインはどれも素晴らしいですが、中でも、ダオ自身も力を入れていることもあり、カベルネ主体のワインがファンを獲得し、批評家からも高い評価を受けています。フラッグ・シップであるダオ エステイト ソウル・オブ・ア・ライオンは、ワイン・アドヴォケイトにて、2010~2020ヴィンテージの間に、95点以上を9回獲得するなど、特に高い評価を得ています。
通常価格 ¥ 4,180 のところ
販売価格 ¥ 4,180 税込
11件中 1-11件表示