ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

マヒMahi

マヒ

マヒの早わかりポイント

  • 果実味を全面に押し出すのではなく目指すのは口に入れた時のバランスの良さと満足感
  • 余計なことはしない。極力自然に任せたワイン造り
  • ジャンシス・ロビンソンによりトップ4ニュージーランド・ワイナリーに選出
  • セレシン・エステートに世界的名声を与えたワインメーカー

「新しいマールボロらしさ」を表現し、確立した職人の技

マヒ・ワイナリーは、2001年にスタートしたニュージーランド・マールボロ地区のワイナリーです。

マヒ(Mahi)とは「作品」「手工芸品」といったような意味するマオリ語。ワイン造りに極力余計なことはせず、自然の良さを生かしたマールボロという場所を反映したワインにフォーカスしており、過去にジャンシス・ロビンソンの中で、トップ4ニュージーランド・ワイナリーに選出されました。

マヒのワイン全てにおいて共通することは、バランスの良さです。果実味・酸・タンニン・樽の風味など、どれか一つに突出することなく、完成されたワイン。

ワインのプロであるソムリエ達がこぞってマヒのワインを使い、一流のテイスターが好んでマヒを飲む理由がここにあります。

マヒが造り出すのは新しい『マールボロ』らしさ

マヒで使用しているブドウ畑

1990年代後半ごろのマールボロのワインは、広域のブドウを混ぜた“リージョナル・ブレンド”という作りによって、それぞれのぶどう園が持つ個性が失われていました。そして、マールボロのワイナリーは大規模化され量産。海外メディアからは「マールボロは個性を失いつつあり、ほとんどのワインは同じ味である」と酷評され始めていました。

そこで、ブライアンはマールボロの土地でもワインの個性が表現されるべきと考え、「単一畑」でのワイン造りをスタートさせました。広域から収穫されたブドウではなく、その畑がもつ特徴をワインに反映させることを試みたのです。

現在、マヒのワインには、単一畑から収穫したブドウを使用するレンジと、2007年から新しく加わったマールボロのやや広域で収穫したブドウをブレンドしたレンジがあります。

ブドウは、同じ品種でも収穫された畑の場所や向きの違いで味わいが変わります。そのため、ステンレスタンクを使用してフレッシュさを表現したり、古樽でワインに丸みを持たせたり、時には新樽で奥行きとボリュームを出したりと、それぞれの個性に合わせたワインメイキングを行っています。

マヒでのワイン造りにおける信念

マヒのワイナリー

マヒでは、可能な限りシンプルで手作業のワイン造りを行うことで、素晴らしいワインを生み出しています。

手摘みでの収穫
手摘みでの収穫作業は、収穫時にブドウをの果実を傷めないだけでなく、ワイン造りに不適切なブドウを選果できるメリットがあります。機械を使わない分、時間や労力・コストがかかりますが理想のワインを造るための職人のこだわりです。

野生酵母のみを使用した醗酵
野生酵母というのは、ブドウの育つ畑やワイナリーに自然に存在する酵母のことです。酵母はブドウを発酵させる上で必要不可欠で、たくさんの種類があります。

ブライアン氏は、「ワインはその土地・その畑から全て表現できる」という信念のもと、畑やワイナリーに存在する酵母のみを使用します。管理された酵母を使うよりも発酵がコントロールしにくく、発酵のすすみが遅いなどワインメーカーの腕を試されますが、結果としてこれがマヒのワインに味わい深さや奥行きを与えるのです。

オーガニックを推し進めるのではなく当たり前であること
素晴らしいワインはすばらしいブドウから生まれます。マヒでは、素晴らしいブドウを育てるために土を育て、出来る限りの不要な農薬を使用しない取り組みをしています。そのためにオーガニック農法でブドウを作ることは、当たり前のことなのです。大量生産のワインには出来ない、これも職人の技です。

このような一つ一つのこだわりが、結果として世界中のワインファンから選ばれる、素晴らしいワインを造ることに繋がるのです。

オーナー兼ワインメーカーのブライアン・ビックネルについて

マヒのオーナー兼ワインメーカーのブライアン・ビックネル

マヒのオーナー兼ワインメーカーのブライアン・ビックネルは、オーストラリアのローズワーシー大学でブドウの栽培を勉強した後、約15年間、世界のさまざまな地域でワイン造りを行っていました。

ハンガリーのトカイやイタリア、フランスの ボルドー地方で経験を積んだ後、今でこそチリの最大手ワイナリーとなった「エラスリス」で醸造責任者として野生酵母による醸造の基礎を築き、チーフワインメーカーとして英国への輸出量をチリワインで1番に押し上げます。

さらに1996年~2006年まではマールボロではセレシン・エステートで、ワインメーカー兼ジェネラルマネージャーとして40,000ケースを生産するワイナリーにまで仕立て上げ、名声あるワイナリーとして確立しました。

ブライアンは、2001年に彼自身のワイナリー『マヒ』を設立。そして2006年には、ワイナリーを購入。他社での仕事は完全に退き、自身のワイン造りに専念しています。

6件中 1-6件表示
  • 赤ワイン
  • WA92点

ヴォーヌロマネのような華のあるピノ
マヒ ピノ ノワール ワード ファーム シングル ヴィンヤード [2014]

ブラック・ベリー、レッド・チェリーなどの、やや重みのある果実味。香ばしいドライ・ハーブの複雑味や土・樹の香り。円熟したバランスの良いタンニンと、嫌味のない酸度はワイン全体のバランスを引き締めます。グラスに注いでからは、軽く空気に触れさせてください。艶やかな香りが立ち昇る、納得のピノに仕上がっています。

ブドウは、単一畑「ワード」から収穫されたものを使用します。マールボロの南端に位置するこの畑は、海に近く沖合から吹く冷涼な風がブドウ生育に非常に適しています。十分に果熟させた上で低収量、ピノノワールのクローンは「115」「777」のディジョン・クローンを使用することで、ワインに非常に深い味わいをもたらします。ブドウは除梗してから小分けにして醸し、野生酵母にて発酵。発酵後は15ヶ月フレンチオークにて熟成させます。
  • ニュージーランド/マールボロ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,050 のところ
販売価格 ¥ 6,050 税込
  • 白ワイン
  • WA93点

リッチな発酵バターの香り
マヒ シャルドネ ツイン ヴァレーズ シングル ヴィンヤード [2016]

リッチなボディをした、樽熟のシャルドネ。アプリコット・白桃の果熟した風合いに、バタースコッチのようにふくよかで、クリーミーな味わいが特徴的です。ワインの軸となる酸度も高く、全体を引き締めるため飲み飽きることを知りません。

マールボロ地区の中でも冷涼地・ワイラウヴァレーの西端に位置する畑「ツイン・ヴァレーヴィンヤード」のブドウのみを使用。川の氾濫が影響し、押し流してきた泥土・岩の多い土壌です。その結果ブドウはゆっくりと時間をかけて果熟し、ミネラル感があります。全房圧搾・果汁はそれぞれステンレスタンクと古樽に移して野生酵母による発酵、その後フレンチオークにて11ヶ月熟成させ、最終的にあらためてステンレスタンクへと戻しブレンドされます。あくまでもワインの果実味・品種の個性を活かすために樽を効かせ過ぎないことを目的としています。
  • ニュージーランド/マールボロ
  • スティル ワイン色: 白ワイン軽-重: やや重口甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,730 のところ
販売価格 ¥ 4,700 税込
  • 白ワイン

ボルドーブランを思わせる重厚な白!
マヒ ソーヴィニヨン ブラン バウンダリー ファーム シングル ヴィンヤード [2017]

桃やアプリコットのような核果実のトロピカルさ、そこにスッと鼻に抜けるハーブの清涼感が、ブドウ品種の特徴をよく表しています。樽発酵により香ばしさや樹の香り。野生酵母によるゆるやかな発酵により、ワインに複雑味を与えます。食事との相性は、焼き魚や焼き野菜(青物)など、ほのかに苦味を感じるものがおススメです。

マールボロ地区の都市ブレナムから南東の境界にある小さな丘陵地、北向きの斜面に畑があります。日当たりが良くてブドウが熟しやすく、収穫の時期もこの辺りでは最も早いです。100%手摘みのブドウを全房で圧搾後、フレンチオーク(新樽10%)で野生酵母による発酵、11ヶ月のステンレス熟成。果実味・ボリュームを感じるスタイルです。
  • ニュージーランド/マールボロ
  • スティル ワイン色: 白ワイン軽-重: やや重口甘-辛: やや辛口
  • ソーヴィニヨンブラン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,960 のところ
販売価格 ¥ 3,666 税込
  • 白ワイン

マヒ シャルドネ マールボロ [2018]

非常にバランスのとれた仕上がり。ふくよかで熟したフレーバー、フレンチ・オークで、11ヶ月熟成しています。

このシャルドネをコンセプトとする複雑味と共にフレッシュな骨格を残すことを柱にワイン造りしています。畑、果実、野生酵母そして樽の個性たちが複雑味と味わいを作り上げます。そのため最低限のマロラクティック醗酵を行います。果実は畑から生まれるというモットーとともに。
  • ニュージーランド/マールボロ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,740 のところ
販売価格 ¥ 3,190 税込
  • 赤ワイン

マヒ マールボロ ピノノワール [2018]

華やかでスパイシーな香り、チェリーやプラムの果実味に樽が絶妙に溶け込み複雑味としなやかさを備えています。フレンチオークで11ヶ月の熟成。ノンフィルター。
  • ニュージーランド/マールボロ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,400 のところ
販売価格 ¥ 3,740 税込
  • 白ワイン
  • WA90点

マヒ ソーヴィニヨンブラン マールボロ [2018]

このワインは、トロピカルな印象から柑橘系に変化し果物の様相を並べて見せます。これは醗酵による自然酵母や樽熟成から補われています。口に含むとエレガントな骨格と一緒にクリーミーさが中ほどに現れ、長い余韻が保たれる。フレンチオークの旧樽で樽醗酵させたものと、フリーランジュースを醗酵させたものを最後にブレンド。このワインは単に果実の風合いが初めに現れるよりもむしろ深みや複雑味を備えた飲み物として求められるワインとして視点をおいています。
  • ニュージーランド/マールボロ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ソーヴィニヨンブラン
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,970 のところ
販売価格 ¥ 2,673 税込
6件中 1-6件表示