ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

フランシス フォード コッポラ ワイナリーFrancis Ford Coppola Winery

フランシス フォード コッポラ ワイナリー

フランシス フォード コッポラ ワイナリー早わかりポイント

  • アカデミー賞受賞6回の名映画監督フランシス・フォード・コッポラ設立のワイナリー
  • 2003年ワイン スペクテイター誌功労賞を受賞するほどのワイン愛
  • ワインに込められるのは映画・ワインを愛するコッポラ監督のオリジナルストーリー
  • フラッグシップは全米11ドル~15ドル部門売上トップ3のダイヤモンド・コレクション・シリーズ
  • ダイヤモンド・コレクション・クラレットは全米15ドル以上カベルネソーヴィニヨン部門売上トップ3

映画監督コッポラの“好き”を詰め込んだ全米人気ワイナリー

フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーの人気ワイン、クラレット

フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーはカリフォルニア州ソノマ・カウンティのガイザーヴィルに位置するワイナリー。

その名前からわかるように『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』で有名な映画監督フランシス・フォード・コッポラ監督が設立したワイナリーです。

コッポラ監督が生涯にわたって情熱を注いでいるのは映画製作。ですが、それに次いでワイン造りにも心酔しており、有に30年以上ワインビジネスに携わっています。

フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーは、「全てのシーンに寄り添い、飲む人の人生に喜びをもたらすワインを届けたい」という想いから立ち上げられました。

普段飲み用のデイリーワインからプレミアムワインまで、映画とワインを愛するコッポラ監督らしく人生の様々なシーンに寄り添うワインを取り揃えています。

中でもフラッグシップのダイヤモンド・コレクション・シリーズは、アメリカにおける11ドル~15ドル部門の販売金額トップ3を誇り、本国アメリカで多くの人々に愛されているワインです。

※IRI調べ“US Multi-Outlet + Convenience, 52 weeks ending11/6/22

2021年、フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーはアメリカのワイングループ大手のデリカート・ファミリーの一員に。しかしながら、コッポラ監督はデリカート・ファミリー取締役に就任するためワイナリーとの関係性は変わらず、長年ワイン造りを担ってきたチーフ・ワインメーカーも続投しています。

大手傘下となったこれからも、今後の展開が楽しみなワイナリーです。

映画監督がワインビジネスに進むきっかけ

コッポラ監督

イタリアにルーツを持つコッポラ監督には、ワイン造りに対する特別な感情がありました。

コッポラ家にとってワイン造りは生活の一部でした。それは数世代前のイタリア時代からアメリカ移住後も変わらず、コッポラ監督の祖父アゴスティーノはニューヨークの自宅の地下で自家製のコンクリート発酵槽を使って日常消費用ワインを造っていたといいます。

コッポラ監督が、ワインビジネスに深く関わることになったのは1975年。

映画『ゴッドファーザー』で成功を収めたコッポラ監督は、プライベート用に少しばかりワインが造れるような別荘を探していました。そのとき見つけたのがグスタフ・ニーバム氏の大邸宅でした。

グスタフ・ニーバム邸といえば、ナパの伝説的ワイナリー“イングルヌック・エステート”として名を馳せた場所。当時のイングルヌックは、経済的事情からその輝きを失っていましたが、趣味のワイン造りで終わらせるにはもったいないこの場所で、コッポラ監督は本格的にワインメイキングに携わるようになるのです。

ちなみに、当初はイングルヌックの一部のぶどう畑だけを購入したコッポラ監督でしたが、数十年かけてすべての地所と商標権を取得。現在では、オーパス・ワンドミナスなどと並ぶラグジュアリーワイナリーとして再建を果たしています。

コッポラ監督の映画とワインへの想いが詰まった夢のワイナリー設立

ワイナリー内に展示されている1948年製のタッカー・セダン

そんなコッポラ監督がソノマ・カウンティにオープンしたのがフランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーです。2006年にソノマ・カウンティのシャトー・スーヴェランの土地を購入したことから、コッポラ氏の新プロジェクトが始まりました。

この場所は「人生」をテーマにした、大人から子供まで楽しめる”ワインワンダーランド”というコッポラ監督の構想をもとに改装を加え、2010年にフランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーとしてスタートしました。

ここは、コペンハーゲンのチボリ公園をお手本に、テイスティングルーム、レストラン、プールなど家族で楽しめるテーマパークのような場所。

当然ながら、そこにはコッポラ監督の作品に関するギャラリーも併設されており、『ゴッドファーザー』のヴィトー・コルレオーネの机や、『タッカー/男と夢』で使用された1948年製のタッカー・セダンの復元、さらにはオスカー像まで展示されています。

現在では100以上の受賞歴を誇る、ソノマ・カウンティで訪問者最多の人気ワイナリーとなっています。

フランシス・コッポラ・ワイナリーに対する評価とこれから

フランシス・フォード・コッポラ・クラレット

フランシス・コッポラ・ワイナリーは観光ワイナリーとしての一面も持ち合わせていますが、手掛けるワインにはしっかりとした実力が備わっています。

フラッグシップシリーズのダイヤモンド・コレクションは、米国内スーパープレミアムブランド部門(11ドル~15ドル)売上Top3。ダイヤモンド・コレクション・クラレットは、米国内15ドル以上カベルネソーヴィニヨン部門で販売金額Top3の人気を誇っています。

※IRI調べ“US Multi-Outlet + Convenience, 52 weeks ending11/6/22

また、ワイナリー自体も2017年にサンフランシスコ・インターナショナル・ワイン・コンペティションにおいて、ワイナリー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2017年、第89回アカデミー賞授賞式にてディレクターズ・カット・リミテッド・エディションがオフィシャルワインに選ばれ、2022年までアカデミー賞関連のイベントでコッポラのワインが振る舞われました。

そして2021年、フランシス・コッポラ・ワイナリーは、アメリカのワイングループ大手のデリカート・ファミリーの一員に。しかしながら、コッポラ監督はデリカート・ファミリー取締役に就任、長年ワイン造りを担ってきたチーフ・ワインメーカーも続投しています。大手傘下となったこれからも、ワイン造りに対するチャレンジを忘れず前進し続けるでしょう。

ワイン造りを通して未来のためにでできること

畑の風景

ワイナリーではコッポラ監督の「今よりも良い地球環境を後世に残したい」という想いから、環境に配慮したワイン造りを実施しています。

取り組み事例

  • 再生可能エネルギー利用の割合を、使用するエネルギーの36%に
  • 灌漑にリサイクル/リユースされた水を利用するなど、畑での水資源を効率化
  • 生物多様性保持のためにバードハウス・養蜂箱・被覆作物を活用
  • ロシアン・リヴァー流域における生態系を保護するための土壌改善
  • 150を超える栽培農家と長期的な関係を築き、サステナブル認証取得を支援

その結果、2012年にフランシス・コッポラ・ワイナリーはカリフォルニア・サステナブル・ワイングローイング・アライアンスのサステナブル認証(CCSW)取得。2017年「持続可能型ワイン生産リーダーシップ・グリーン・メダル」を受賞しています。

また、2019年にはワイナリーとして100%サステナブル認証を取得。この取り組みを継続しています。

フランシス・コッポラ・ワイナリーのラインナップ

  • ロッソ&ビアンコ
    イタリアにルーツを持つコッポラが子供の頃、家族の食卓に登っていた様なワインをイメージして造られたデイリーワインシリーズ。普段の食事と合わせても、そのままでも楽しむことのできるワインです。
  • ダイヤモンド コレクション
    カリフォルニアのワインメイキングをクラシックに表現したフラッグシップシリーズ。なかでもボルドースタイルのブレンドで造るクラレットは、品種・畑・土壌の多様性を表した深みのある味わいで、同シリーズのシグネチャーワインです。
  • ソフィア
    コッポラ監督が愛娘ソフィアの結婚祝いに造ったスパークリング・ワインが始まり。スパークリング・ワインのラベルには、父フランシスが、自由奔放で且つ魅惑的な魅力を持つソフィアを表現した数々の形容詞が書き連ねてあり、父愛情がたっぷり詰まっています。
  • エレノア
    長年に渡りコッポラ監督を公私ともに支えてきた妻のエレノアを称え、結婚50年を記念して造られたワイン。ラベルはテキスタイル好きのエレノア氏がデザインしたもので、彼女のお気に入りであるアール・デコ調の花模様のデザインには、ワイン、アート、テキスタイルへの情熱が表現されています。
  • アルキメデス
    数学の天才として知られるアルキメデス同様、数学や機械力学が得意だったコッポラの叔父アルキメデスの名を冠したワイン。毎年収穫される最高のカベルネのロットを使用し、数量限定のワインを造り上げました。
  • ディレクターズ カット
    「ディレクターズ・カット」とは映画監督が自分の表現したい形に自ら編集した映像のこと。このブランドにおけるディレクターズ・カット・シリーズでは、ワインメーカーがソノマという産地の特性を、自らが考える最高の方法で品種ごとに表現しています。ラベルは、映画の起源とも言えるゾーエトロープからデザインされたもの。ワインも映画もカリフォルニアが発信したアートであると言う想いが込められたワインです。
  • スパークリング

エレガントな香り、フレッシュな果実味、軽快な泡立ち
フランシス フォード コッポラ ソフィア ブリュット ロゼ [NV]

エレガントな香り、フレッシュな果実味、軽快な泡立ちが特徴的なブリュット・ロゼ !!

ソフィアは、数多くの受賞歴を誇る映画界の巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督が、愛娘ソフィアの結婚のお祝いに造ったスパークリング・ワインから始まったブランドです。

■生産者のコメント
フランスのスパークリング・ロゼに倣ったブリュット・ロゼ。泡は繊細で、キレのある自然な酸味と、軽いながらもクリーミーな質感があります。ショート・ブレッド、シトラス、ベルガモットの香りに、ラズベリーやイチゴ、マンダリンを思わせる果実味が感じられます。軽快かつ活き活きとした爽やかな味わいです。

■栽培について
カリフォルニア/モントレーで栽培されたブドウが使われており、Brix糖度18-20で、低いpHで収穫されます。

モントレーは、涼しい気候で、昼夜の気温差が大きく、昼間は温かく、夕方には約10℃にまで下がります。こうした条件は、生育シーズンを伸ばし、ブドウがゆっくりと成熟することを促進してくれます。

■醸造について
収穫したブドウは圧搾され、ステンレスタンクで一次発酵が行われます。マロラクティック発酵を行いません。

二次発酵用のステンレス・タンクに移され、ガス圧調整のため糖分が加えられます。CO2をワインに閉じ込めるため、ステンレス・タンクで加圧下で再度発酵。ワインは濾過され、加圧下で瓶詰めされます。アルコール度12%。


■フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーについて
フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーは、6度のアカデミー賞受賞歴を誇る映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏が、「全てのシーンに寄り添い、飲む人の人生に喜びをもたらすワインを届けたい。」という想いのもと、カリフォルニアのソノマ・カウンティに設立されました。

デイリーからプレミアムなワインまで、それぞれのボトルに、映画とワインを愛するコッポラ氏のオリジナル・ストーリーが込められています。
  • Francis Ford Coppola Sofia Brut Rose[NV]
  • アメリカ/カリフォルニア/モントレー
  • スパークリング ワイン色: ロゼ甘-辛: 辛口
  • ピノノワール93%、グルナッシュ3%、その他品種4%
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,290 のところ
販売価格 ¥ 3,978 税込
(0)
  • スパークリング

軽快な泡と、熟した果実とスパイスの風味
フランシス フォード コッポラ ソフィア ブラン ド ブラン [NV]

エレガントで、軽快な泡と、熟した果実とスパイスの風味が感じられるブラン・ド・ブラン!!

ソフィアは、数多くの受賞歴を誇る映画界の巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督が、愛娘ソフィアの結婚のお祝いに造ったスパークリング・ワインから始まったブランドです。

■生産者のコメント
活き活きしていてエレガント。柔らかくフルーティーで、柑橘類の花の香りがあり、熟した果実とスパイスの香りへと続いていきます。爽やかな酸味が、バランスのとれた、しなやかで丸みのある仕上がりを支えています。

■栽培について
カリフォルニア/モントレーで栽培されたブドウが使われており、Brix糖度18-20で、低いpHで収穫されます。

モントレーは、涼しい気候で、昼夜の気温差が大きく、昼間は温かく、夕方には約10℃にまで下がります。こうした条件は、生育シーズンを伸ばし、ブドウがゆっくりと成熟することを促進してくれます。

■醸造について
収穫したブドウは圧搾され、ステンレスタンクで一次発酵が行われます。マロラクティック発酵を行いません。

二次発酵用のステンレス・タンクに移され、ガス圧調整のため糖分が加えられます。CO2をワインに閉じ込めるため、ステンレス・タンクで加圧下で再度発酵。ワインは濾過され、加圧下で瓶詰めされます。アルコール度12%。


■フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーについて
フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーは、6度のアカデミー賞受賞歴を誇る映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏が、「全てのシーンに寄り添い、飲む人の人生に喜びをもたらすワインを届けたい。」という想いのもと、カリフォルニアのソノマ・カウンティに設立されました。

デイリーからプレミアムなワインまで、それぞれのボトルに、映画とワインを愛するコッポラ氏のオリジナル・ストーリーが込められています。
  • Francis Ford Coppola Sofia Blanc De Blans[NV]
  • アメリカ/カリフォルニア/モントレー
  • スパークリング ワイン色: 白甘-辛: 辛口
  • シャルドネ92%、ピノノワール7%、その他品種1%
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,070 のところ
販売価格 ¥ 3,792 税込
(0)
  • ロゼワイン

フレッシュな果実味と酸味のバランス
フランシス フォード コッポラ ソフィア ロゼ [2022]

明るくフレッシュな果実味と輝きのある酸味のバランスが素晴らしい。いきいきとした風味が口の中に広がり、綺麗な余韻が続くロゼ・ワイン!!

ソフィアは、数多くの受賞歴を誇る映画界の巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督が、愛娘ソフィアの結婚のお祝いに造ったスパークリング・ワインから始まったブランドです。

■生産者のコメント
イチゴやブラッドオレンジ、アカシアの香りが広がります。レッドチェリー、タンジェリン、リンゴ、火打石を思わせる、いきいきとした風味が口の中に広がり、きれいな余韻が続きます。

■栽培について
ソフィアのロゼには、カリフォルニア/モントレーで栽培されたブドウが使われており、低いBrix糖度で収穫されます。

モントレーは、涼しい気候で、昼夜の気温差が大きく、昼間は温かく、夕方には約10℃にまで下がります。こうした条件は、生育シーズンを伸ばし、ブドウがゆっくりと成熟することを促進してくれます。

■醸造について
エレガントなサーモンピンクの色合いにするために、果汁に程よく色づくまで短時間圧搾機に入れます。香りを強く保つために、ワインはステンレス製の発酵樽で低温発酵されます。また、ブレンドの一部はオーク樽で1か月熟成したワインがつかわれています。アルコール度13%。


■フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーについて
フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーは、6度のアカデミー賞受賞歴を誇る映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏が、「全てのシーンに寄り添い、飲む人の人生に喜びをもたらすワインを届けたい。」という想いのもと、カリフォルニアのソノマ・カウンティに設立されました。

デイリーからプレミアムなワインまで、それぞれのボトルに、映画とワインを愛するコッポラ氏のオリジナル・ストーリーが込められています。
  • Francis Ford Coppola Sofia Rose[2022]
  • アメリカ/カリフォルニア/モントレー
  • スティル ワイン色: ロゼワイン甘-辛: 辛口
  • ピノノワール48%、グルナッシュ40%、シラー12%
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,290 のところ
販売価格 ¥ 3,978 税込
(0)
  • 赤ワイン

ジューシーな果実味を備えた味わい
フランシス フォード コッポラ ダイヤモンド コレクション カベルネソーヴィニヨン [2020]

ジューシーな果実味を備えた味わいが魅力の赤ワイン!!

■生産者のコメント
赤紫の色調。ブラックベリーやアメリカンチェリーの香りに、ドライハーブやトーストのニュアンスが重なります。口に含むと、凝縮感のある果実味に、しなやかなタンニンが感じられる力強いスタイル。奥行きのある味わいながらも、すぐに飲めるフードフレンドリーなワインです。

ビーフタコスやプライム・リブ、トマトソース・パスタなどと相性が良いです。

■ヴィンテージについて
カリフォルニアのほとんどの産地で萌芽の時期は暖かく、早めの萌芽となりました。涼しく、気温も変わりやすい時期でしたが、その後も安定した気温が続きました。6~7月は一貫して暖かくなりました。収穫期に小ロットの発酵試験を行ったところ、2020年は並外れた素晴らしい出来となることがわかりました。

■畑について
このワインに使用されるカベルネ・ソーヴィニヨンは、カリフォルニアの、北のエル・ドラドと南のパソ・ロブレスに位置する2つの理想的な地区で栽培されたものです。そのうちのいくつかの畑は、昼夜の寒暖差が非常に激しいのが特徴で、その気候により、ゆっくりと成熟したブドウは、リッチで肉厚な風味を生み出し、複雑な味わいが生まれます。

■醸造について
ブドウを発酵後はフレンチオークとアメリカンオークの樽を用い、3~8ヵ月熟成させることで、ワインにスパイスやスモークのニュアンスを付与。タンニンは良く溶け込んでいて、豊かな果実味が、リッチな余韻へと導きます。アルコール度14.5%。

■ダイヤモンド・コレクション・シリーズについて
カリフォルニア各地のブドウを用いて造られるダイヤモンド・コレクションは、フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーが「これぞカリフォルニアのワインメイキング」と誇るフラッグシップ・シリーズです。

カリフォルニアの優れたワイン産地と各品種の可能性を見極めてきたフランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーの強みが、いかんなく発揮されています。

全てのシーンに寄り添い飲む人に喜びをもたらす、ワイナリーの威信をかけて生み出された銘柄の数々。中でもボルドー・スタイルのブレンドにより造られる「クラレット」は、品種・畑・土壌の多様性を表した深みのある味わいで、ダイヤモンド・コレクション・シリーズの「シグネチャー・ワイン」です。


■フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーについて
フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーは、6度のアカデミー賞受賞歴を誇る映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏が、「全てのシーンに寄り添い、飲む人の人生に喜びをもたらすワインを届けたい。」という想いのもと、カリフォルニアのソノマ・カウンティに設立されました。

デイリーからプレミアムなワインまで、それぞれのボトルに、映画とワインを愛するコッポラ氏のオリジナル・ストーリーが込められています。
  • Francis Ford Coppola Diamond Collection Cabernet Sauvignon[2020]
  • アメリカ/カリフォルニア
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口甘-辛: 辛口
  • カベルネソーヴィニヨン80.4%、プティシラー12.8%、プティヴェルド4.5%、その他2.3% おすすめカベルネソーヴィニヨンを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,630 のところ
販売価格 ¥ 3,249 税込
4.00
(1)
  • 白ワイン

しっかりとした果実の香りとクリーミーな舌触り
フランシス フォード コッポラ ダイヤモンド コレクション シャルドネ [2022]

しっかりとした果実の香りとクリーミーな舌触りが魅力の白ワイン!!

■生産者のコメント
輝きのあるイエローゴールドの外観。グレープフルーツやレモンなどの柑橘系果実、ジューシーなリンゴから、メロンやグァヴァまで、様々な果実のアロマがグラスから漂います。また、花の香りもあり若々しい印象も感じられます。

口に含むと、クリーミーな舌触りが特徴です。樽由来のキャラメルのような香ばしい風味がありながらも、ピュアな果実味が全面に出ている調和の取れた味わいで、爽やかな酸味によって長い余韻へと導かれます。

貝類、チキングリル、ポークショップなどと相性が良いです。

■ヴィンテージについて
2022年のは早く始まり、春に恵みの雨が土壌を満たし、ブドウの木に水と成長に必要な養分を与えました。日中は暖かく、夜は涼しい全体的に穏やかな夏はブドウの成熟に理想的でした。全体的に、収穫量は平均より少なかったが、品質は素晴らしくなりました。

■畑について
ダイアモンド・コレクションのワインは、カリフォルニア全土で栽培されたブドウから造られ、あらゆるシーンに最適なワインを造るために慎重に組み合わされています。

■醸造について
フレンチオーク(ワインの一部)とアメリカンオークの樽にて5ヵ月熟成しています。アルコール度13.5%。

■ダイヤモンド・コレクション・シリーズについて
カリフォルニア各地のブドウを用いて造られるダイヤモンド・コレクションは、フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーが「これぞカリフォルニアのワインメイキング」と誇るフラッグシップ・シリーズです。

カリフォルニアの優れたワイン産地と各品種の可能性を見極めてきたフランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーの強みが、いかんなく発揮されています。

全てのシーンに寄り添い飲む人に喜びをもたらす、ワイナリーの威信をかけて生み出された銘柄の数々。中でもボルドー・スタイルのブレンドにより造られる「クラレット」は、品種・畑・土壌の多様性を表した深みのある味わいで、ダイヤモンド・コレクション・シリーズの「シグネチャー・ワイン」です。


■フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーについて
フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーは、6度のアカデミー賞受賞歴を誇る映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏が、「全てのシーンに寄り添い、飲む人の人生に喜びをもたらすワインを届けたい。」という想いのもと、カリフォルニアのソノマ・カウンティに設立されました。

デイリーからプレミアムなワインまで、それぞれのボトルに、映画とワインを愛するコッポラ氏のオリジナル・ストーリーが込められています。
  • Francis Ford Coppola Diamond Collection Chardonnay[2022]
  • アメリカ/カリフォルニア
  • スティル ワイン色: 白ワイン軽-重: 重口甘-辛: 辛口
  • シャルドネ96.4%、その他3.6% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,630 のところ
販売価格 ¥ 3,249 税込
4.00
(1)
  • 赤ワイン

濃厚でまろやかな口当たり
フランシス フォード コッポラ ディレクターズ カット カベルネソーヴィニヨン アレキサンダー ヴァレー [2020]

濃厚でまろやかな口当たりの赤ワイン!!

■テイスティング・コメント
外観は紫がかった深みのあるガーネット色。ジューシーで熟したブラックベリー、ブラックチェリー、オールスパイス、スターアニス、ココナッツのバランスの取れた豊かな風味が漂います。

凝縮感のある果実味としっかりとしたタンニンが、厚みのあるテクスチャーを演出しています。黒系果実のフレーバーや樽由来の香ばしい風味が溶け合った、甘美な余韻が残ります。

■畑について
ソノマ/アレキサンダー・ヴァレーは細長い地区で、2つの特徴的な気候と、東部の丘陵地帯の火山性土壌、西端の岩石の混じったの粘土ローム、谷底の沖積砂利沖積土壌など、さまざまな土壌構成を持ちます。ブドウ畑は、海岸に近い地区の南部は涼しく、北部は日中は暖かく、夕方には冷え込みます。

カベルネ・ソーヴィニヨンはアレキサンダー・ヴァレー各所の複数の畑から仕入れ、それぞれがユニークな風味を生み出しています。

■醸造について
オーク樽(新樽50%)にて24ヵ月熟成し、うち10%はアメリカンオークを使用しています。アルコール度数14.5%。

■ディレクターズ・カット・シリーズについて
ディレクターズ・カットとは、映画監督が自分の表現したい形に自ら編集した映像のことです。フランシス・フォード・コッポラのワイナリーにおけるディレクターズ・カット・シリーズでは、ワインメーカーがソノマという産地の特性を、自らが考える最高の方法で品種ごとに表現しています。厳しい選果を経て、幾度もブレンドを試み完成される、ワインメーカーの自信作です。

ユニークなラベルは、等間隔にスリットをつけた円筒の内側に、連続する動きのある絵を帯状にして貼り付けた回転覗き絵「ゾートロープ」からデザインされたもの。コッポラ氏のゾートロープコレクションのレプリカがラベルにデザインされています。


■フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーについて
フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーは、6度のアカデミー賞受賞歴を誇る映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏が、「全てのシーンに寄り添い、飲む人の人生に喜びをもたらすワインを届けたい。」という想いのもと、カリフォルニアのソノマ・カウンティに設立されました。

デイリーからプレミアムなワインまで、それぞれのボトルに、映画とワインを愛するコッポラ氏のオリジナル・ストーリーが込められています。
  • Francis Ford Coppola Director's Cut Cabernet Sauvignon Alexander Valley[2020]
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/アレキサンダーヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン88%、プティヴェルド5.6%、メルロー3.4%、その他3% おすすめカベルネソーヴィニヨンを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,490 のところ
販売価格 ¥ 5,321 税込
(0)
  • 赤ワイン

複雑なニュアンスと濃厚な果実のアロマ
フランシス フォード コッポラ ダイヤモンド コレクション クラレット [2020]

フランシス・フォード・コッポラのダイヤモンド・コレクション・シリーズの中でも「シグネチャー・ワイン」として知られているのが、この「クラレット」。複雑なニュアンスと濃厚な果実のアロマが特徴の赤ワインです!!

余談ですが、このダイヤモンド・コレクション・クラレットは、アメリカにおける15ドル以上のカベルネ・ソーヴィニヨン部門で販売金額トップ3を誇り、本国アメリカで多くの人々に愛されています。(IRI調べUS Multi Outlet + Convenience、52 weeks ending 11/6/22)

外観は輝きのあるルビーレッドの色調。プラムやブルーベリーのアロマに、バニラやクローブのニュアンスが香り立ちます。口に含むと濃厚な果実味に円みを帯びた酸味としっかりとしたタンニンが融合する、洗練されたスタイル。黒コショウやココアの風味を纏った長い余韻が続きます。子羊のローストやポルチーニ茸のリゾットなどと合わせてお楽しみください。

フレンチオークとアメリカンオークの樽にて最長12ヵ月熟成されたワインは、濃密な味わいで洗練されたスタイルに仕上がっています。

■ダイヤモンド・コレクション・シリーズについて
カリフォルニア各地のブドウを用いて造られるダイヤモンド・コレクションは、フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーが「これぞカリフォルニアのワインメイキング」と誇るフラッグシップ・シリーズです。

カリフォルニアの優れたワイン産地と各品種の可能性を見極めてきたフランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーの強みが、いかんなく発揮されています。

全てのシーンに寄り添い飲む人に喜びをもたらす、ワイナリーの威信をかけて生み出された銘柄の数々。中でもボルドー・スタイルのブレンドにより造られる「クラレット」は、品種・畑・土壌の多様性を表した深みのある味わいで、ダイヤモンド・コレクション・シリーズの「シグネチャー・ワイン」です。


■フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーについて
フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーは、6度のアカデミー賞受賞歴を誇る映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏が、「全てのシーンに寄り添い、飲む人の人生に喜びをもたらすワインを届けたい。」という想いのもと、カリフォルニアのソノマ・カウンティに設立されました。

デイリーからプレミアムなワインまで、それぞれのボトルに、映画とワインを愛するコッポラ氏のオリジナル・ストーリーが込められています。
  • Francis Ford Coppola Diamond Collection Claret[2020]
  • アメリカ/カリフォルニア
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン76.5%、プティヴェルド11.3%、プティシラー10.2%、セガリン2%
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,290 のところ
販売価格 ¥ 3,675 税込
(0)
  • 赤ワイン

複雑なアロマ、バランスの取れた味わいの骨格
フランシス フォード コッポラ ディレクターズ カット ジンファンデル ドライ クリーク ヴァレー [2019]

複雑なアロマを備えた、バランスの取れた味わいの骨格が特徴!!

グラスに注ぐと、熟したブラックベリーやフルーツクッキー、黒イチジクのアロマに、温かみのあるベーキングスパイス、ジャム、キャラメルなど、複雑な香りが漂います。口に含むと感じられる、バランスの取れたストラクチャーが特徴。ショウガやクローブなどのスパイス、木イチゴのジャムのニュアンスも感じられ、濃厚な味わいをお愉しみいただける1本です。

ブドウは、カリフォルニアのソノマ/ドライ・クリーク・ヴァレー地区の畑から収穫されています。

ドライ・クリーク・ヴァレーのジンファンデルには2種類の栽培方法を採用しています。1つ目は伝統的で、一定の樹齢に達したブドウ樹に対し、ドライ・ファーミング(灌漑を行わず、雨などの自然の降水のみで水分を供給すること)、株仕立て、短梢剪定を実施するため、低収量となります。2つ目は垣根仕立て、ワイヤートレリス、点滴灌漑を用いる方法です。これらを組み合わせて生み出されるワインは、豊かで複雑なアロマと、バランスの取れたストラクチャーを備えるそうです。

100%樽熟成を行っており、うち30%はフレンチオークの新樽、10%はアメリカンオーク樽にて15ヵ月間熟成しています。アルコール度数15.5%。

■ディレクターズ・カット・シリーズについて
ディレクターズ・カットとは、映画監督が自分の表現したい形に自ら編集した映像のことです。フランシス・フォード・コッポラのワイナリーにおけるディレクターズ・カット・シリーズでは、ワインメーカーがソノマという産地の特性を、自らが考える最高の方法で品種ごとに表現しています。厳しい選果を経て、幾度もブレンドを試み完成される、ワインメーカーの自信作です。

ユニークなラベルは、等間隔にスリットをつけた円筒の内側に、連続する動きのある絵を帯状にして貼り付けた回転覗き絵「ゾートロープ」からデザインされたもの。コッポラ氏のゾートロープコレクションのレプリカがラベルにデザインされています。


■フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーについて
フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーは、6度のアカデミー賞受賞歴を誇る映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏が、「全てのシーンに寄り添い、飲む人の人生に喜びをもたらすワインを届けたい。」という想いのもと、カリフォルニアのソノマ・カウンティに設立されました。

デイリーからプレミアムなワインまで、それぞれのボトルに、映画とワインを愛するコッポラ氏のオリジナル・ストーリーが込められています。
  • Francis Ford Coppola Director's Cut Zinfandel Dry Creek Valley[2019]
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ドライクリークヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ジンファンデル81.7%、プティシラー11%、カベルネソーヴィニヨン3.8%、その他品種3.5%
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,940 のところ
販売価格 ¥ 4,990 税込
(0)
  • 白ワイン

洗練されたスタイル
フランシス フォード コッポラ ディレクターズ カット シャルドネ ソノマ コースト [2021]

バニラやパイナップル、バターのニュアンスが魅力の洗練されたスタイル!!

グラスに注ぐと、黄色いリンゴやパイナップルの豊かなアロマに、ほのかなバターの香りが立ち上ります。口に含むと感じられる、しっかりとした酸と、オーク樽由来のバニラのニュアンスが印象的。ワイン単体としてお愉しみいただけるだけでなく、白身魚のムニエルやグラタン、クリームパスタといったお食事とも相性が良い1本です。

ブドウは、カリフォルニアのソノマ/ソノマコースト地区の畑から収穫されています。ソノマ・コーストは、南部のカーネロスから北東部のロシアン・リヴァー・ヴァレーまで、ソノマ郡の海岸線全体を含みます。ソノマ・コーストの気候は、太平洋の影響を強く受けているため、生育期を通じて気温は比較的冷涼です。

新樽率35%のフレンチオーク樽で9ヵ月間熟成しています。アルコール度数14.5%。

■ディレクターズ・カット・シリーズについて
ディレクターズ・カットとは、映画監督が自分の表現したい形に自ら編集した映像のことです。フランシス・フォード・コッポラのワイナリーにおけるディレクターズ・カット・シリーズでは、ワインメーカーがソノマという産地の特性を、自らが考える最高の方法で品種ごとに表現しています。厳しい選果を経て、幾度もブレンドを試み完成される、ワインメーカーの自信作です。

ユニークなラベルは、等間隔にスリットをつけた円筒の内側に、連続する動きのある絵を帯状にして貼り付けた回転覗き絵「ゾートロープ」からデザインされたもの。コッポラ氏のゾートロープコレクションのレプリカがラベルにデザインされています。


■フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーについて
フランシス・フォード・コッポラ・ワイナリーは、6度のアカデミー賞受賞歴を誇る映画監督フランシス・フォード・コッポラ氏が、「全てのシーンに寄り添い、飲む人の人生に喜びをもたらすワインを届けたい。」という想いのもと、カリフォルニアのソノマ・カウンティに設立されました。

デイリーからプレミアムなワインまで、それぞれのボトルに、映画とワインを愛するコッポラ氏のオリジナル・ストーリーが込められています。
  • Francis Ford Coppola Director's Cut Chardonnay Sonoma Coast[2021]
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ99%、その他品種1% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,610 のところ
販売価格 ¥ 5,452 税込
(0)