ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

店内全品ポイント3倍店内全品ポイント3倍

価格帯別おすすめワイン

並び替え
73件中 1-20件表示
1 2 4
  • 赤ワイン

1000円台のおススメ!メルロー
ランチ32 メルロー [2019]

ワインに使われるメルローは、カリフォルニア州モントレーの南部の自社畑で栽培されています。2019年は、メルローのスタイリッシュで魅力的な特徴を、プラムとブラックベリーの鮮やかなフレーバーで表現しています。モカとバニラの香りが、エルダーベリー、ブルーベリー、プラム、ココアの複雑で統合された層へと広がり、しっかりとしたフレーバーでありながらソフトな印象です。

Ranch 32の葡萄畑は、モントレー内のサリナス・ヴァレーの西側にあります。この地域は毎日午後になると、モントレー湾から冷たい空気が流れ込み、しばしば翌日の午前中まで霧となって留まります。この自然の冷涼な気候が葡萄の生育シーズンを延ばし、フレーバーを複雑にして品種の特徴を際立たせています。

メルローは、夜のうちに、最適な熟度で収穫され、早朝にワイナリーに運ばれます。ワイナリーに到着後、丁寧に選果、除梗、破砕し、開放発酵槽で完全に発酵させます。次に、赤ワインの発酵中に泡立って表面に出来る皮や種の固いキャップを、1日に数回、優しくパンチングします。この作業により、皮が発酵中のワインと接触し、皮から色やフェノールが抽出されます。ステンレスタンクでの発酵後、澱引きし、フレンチオークとアメリカンオークで熟成します。


■ランチ32について
創設者アル・シャイドが、初めてカリフォルニア/モントレー郡の未開拓の可能性に気付いたのは、業界がまだ黎明期にあった1972年のことでした。当時は、栽培農家でそのブドウをすべて他のワイナリーに販売していましたが、現在では、自家風力発電100%で環境を守る本格的でエレガントなワインを造るファミリー・ビジネスへと発展しています。

ランチ32は、モントレーの容赦ない午後の冷たい風の通り道、アルが初めてブドウの木を植えた場所がランチ32の畑です。ランチ32は、モントレーの厳選されたAVAに位置する自社畑から最高のワインを紹介することを目的とした最強のコスト・パフォーマンスワインです。
  • アメリカ/カリフォルニア/モントレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • メルロー100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 1,958 のところ
販売価格 ¥ 1,739 税込
  • 白ワイン

1000円台のおススメ!シャルドネ
ランチ32 シャルドネ [2019]

明るく、さわやかでバランスのとれたシャルドネは、カリフォルニア/モントレーのアロヨ・セコAVAの個性を明確に表現しています。香りには、洋梨、柑橘類、トロピカルフルーツ、トーストしたバニラビーンズが含まれ、口に含むと、パイナップル、バタースコッチ、ミネラルなどの豊かで凝縮した味わいが広がります。アペリティフとしてはもちろん、家禽類や魚介類の料理にも合う万能なワインです。

シャルドネは、アロヨ・セコAVAの2つの自社畑ブドウを使用しています。2つの畑はサンタ・ルチア山脈の下、サリナス・ヴァレーの西側に位置する起伏のある地にあります。気候は、モントレー湾からサリナス・ヴァレーを吹き下ろす涼しい午後の風の影響を強く受け、栄養豊富なシャリーローム土壌は、シャルドネとピノ・ノワールの両方に適したテロワールとして知られています。

厳選されたロットのシャルドネを全房プレスし、ステンレス・タンクでゆっくりと低温で発酵する事によりアロマを強化しました。ワインの一部は、粘性と複雑性を高めるためにマロラクティック発酵を行っています。樽は100%フレンチ・オークを使用しています。


■ランチ32について
創設者アル・シャイドが、初めてカリフォルニア/モントレー郡の未開拓の可能性に気付いたのは、業界がまだ黎明期にあった1972年のことでした。当時は、栽培農家でそのブドウをすべて他のワイナリーに販売していましたが、現在では、自家風力発電100%で環境を守る本格的でエレガントなワインを造るファミリー・ビジネスへと発展しています。

ランチ32は、モントレーの容赦ない午後の冷たい風の通り道、アルが初めてブドウの木を植えた場所がランチ32の畑です。ランチ32は、モントレーの厳選されたAVAに位置する自社畑から最高のワインを紹介することを目的とした最強のコスト・パフォーマンスワインです。
  • アメリカ/カリフォルニア/モントレー/アロヨセコ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 1,958 のところ
販売価格 ¥ 1,739 税込
  • 赤ワイン

1000円台のおススメ!カベルネ
ランチ32 カベルネソーヴィニヨン [2019]

このカベルネソーヴィニヨンは、モントレーの南部、風を遮る地域では、この品種が素晴らしい生育を見せることを証明しています。

ブラックベリー、プラム、スグリの香りにモカとスミレのニュアンスを持ち、味わいは深みがあり、みずみずしくフルーティーで、バランスのとれた酸味と完璧に溶け込んだタンニンがあります。力強さがありながらもしなやかで、複雑なレイヤーが、風味豊かでスモーキーなオークのフィニッシュへと発展していきます。グリルしたステーキ、バーベキューした子羊やシチューとよく合うでしょう。


■ランチ32について
創設者アル・シャイドが、初めてカリフォルニア/モントレー郡の未開拓の可能性に気付いたのは、業界がまだ黎明期にあった1972年のことでした。当時は、栽培農家でそのブドウをすべて他のワイナリーに販売していましたが、現在では、自家風力発電100%で環境を守る本格的でエレガントなワインを造るファミリー・ビジネスへと発展しています。

ランチ32は、モントレーの容赦ない午後の冷たい風の通り道、アルが初めてブドウの木を植えた場所がランチ32の畑です。ランチ32は、モントレーの厳選されたAVAに位置する自社畑から最高のワインを紹介することを目的とした最強のコスト・パフォーマンスワインです。
通常価格 ¥ 1,958 のところ
販売価格 ¥ 1,739 税込
  • 白ワイン

1000円台のおススメ!ソーヴィニヨン・ブラン
ランチ32 ソーヴィニヨン ブラン [2018]

昼間の暖かさと午後のモントレー湾から吹き込む冷涼な風によって、メロンとトロピカル・フルーツのフレーバーがより高められます。微かなフローラルなノートを伴った芳しい快活なシトラスのアロマ。青りんごとグアバの心地よいフレーバーのミディアム・ボディの味わい。華やかで爽快な余韻の長いフルーツ・フィニッシュ。アペリティフとしても最適なソーヴィニヨン・ブランです。


■ランチ32について
創設者アル・シャイドが、初めてカリフォルニア/モントレー郡の未開拓の可能性に気付いたのは、業界がまだ黎明期にあった1972年のことでした。当時は、栽培農家でそのブドウをすべて他のワイナリーに販売していましたが、現在では、自家風力発電100%で環境を守る本格的でエレガントなワインを造るファミリー・ビジネスへと発展しています。

ランチ32は、モントレーの容赦ない午後の冷たい風の通り道、アルが初めてブドウの木を植えた場所がランチ32の畑です。ランチ32は、モントレーの厳選されたAVAに位置する自社畑から最高のワインを紹介することを目的とした最強のコスト・パフォーマンスワインです。
通常価格 ¥ 1,958 のところ
販売価格 ¥ 1,739 税込
  • 白ワイン

ワシントン州を代表する生産者のシャルドネ
シャトー サン ミッシェル シャルドネ コロンビア ヴァレー [2019]

アメリカ/ワシントン州のコロンビア・ヴァレーの特長を表現しながら、デイリーに楽しめる気軽さと、幅広い料理との相性も良いスタンダード・シリーズです。

マロラクティック発酵により、リッチで複雑な味わいが表現されます。楽しみやすく、料理と合わせやすいスタイルのシャルドネです。明るい酸味と、かすかなスパイス、 オークのバランスが取れています。


■シャトー・サン・ミッシェルについて
20世紀前半からワイン造りを続け、1967年より、ワシントンにおける近代的ワイン産業のリーダーとして名を馳せるシャトー・サン・ミッシェル。管理する畑(総面積約1420ha)では、サステイナブル(持続可能)な手法によるブドウ栽培を実践しています。ワシントン州の豊かな自然との共存を図りながら、健全なブドウから品質の高いワインを生み出しています。

2017年には、全米の食品店で最も売れたプレミアムワイン・ブランドの座を獲得。地元ワシントン州での信頼も厚く、地元経済誌「Puget Sound BusinessJournal」の読者投票では、あの世界的企業スターバックスやマイクロソフトを抜いて「ワシントンで最も尊敬されているブランド」に選出されたワシントンを代表するワイナリーです。
通常価格 ¥ 2,365 のところ
販売価格 ¥ 1,892 税込
  • 赤ワイン

ワシントン州を代表する生産者のシラー
シャトー サン ミッシェル シラー コロンビア ヴァレー [2017]

アメリカ/ワシントン州のコロンビア・ヴァレーの特長を表現しながら、デイリーに楽しめる気軽さと、幅広い料理との相性も良いスタンダード・シリーズです。

口当たりが柔らかく、熟した果実の味わいが豊かで果実味が前面に出たスタイルの親しみやすいシラーです。


■シャトー・サン・ミッシェルについて
20世紀前半からワイン造りを続け、1967年より、ワシントンにおける近代的ワイン産業のリーダーとして名を馳せるシャトー・サン・ミッシェル。管理する畑(総面積約1420ha)では、サステイナブル(持続可能)な手法によるブドウ栽培を実践しています。ワシントン州の豊かな自然との共存を図りながら、健全なブドウから品質の高いワインを生み出しています。

2017年には、全米の食品店で最も売れたプレミアムワイン・ブランドの座を獲得。地元ワシントン州での信頼も厚く、地元経済誌「Puget Sound BusinessJournal」の読者投票では、あの世界的企業スターバックスやマイクロソフトを抜いて「ワシントンで最も尊敬されているブランド」に選出されたワシントンを代表するワイナリーです。
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • シラー98%、ヴィオニエ2%
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,937 のところ
販売価格 ¥ 2,464 税込
  • 赤ワイン

ワシントン州を代表する生産者のレッドブレンド
シャトー サン ミッシェル レッド ブレンド コロンビア ヴァレー [2017]

アメリカ/ワシントン州のコロンビア・ヴァレーの特長を表現しながら、デイリーに楽しめる気軽さと、幅広い料理との相性も良いスタンダード・シリーズです。

発酵中の優しいパンプオーバーにより色合い、 アロマ、タンニンの抽出が行われます。アメリカン・チェリーにバニラ・クリームのヒント。味わいは黒系果実と、わずかにスペアミントを感じ、フルボディながらフィニッシュは柔らかさとエレガントさを兼ね備えます。


■シャトー・サン・ミッシェルについて
20世紀前半からワイン造りを続け、1967年より、ワシントンにおける近代的ワイン産業のリーダーとして名を馳せるシャトー・サン・ミッシェル。管理する畑(総面積約1420ha)では、サステイナブル(持続可能)な手法によるブドウ栽培を実践しています。ワシントン州の豊かな自然との共存を図りながら、健全なブドウから品質の高いワインを生み出しています。

2017年には、全米の食品店で最も売れたプレミアムワイン・ブランドの座を獲得。地元ワシントン州での信頼も厚く、地元経済誌「Puget Sound BusinessJournal」の読者投票では、あの世界的企業スターバックスやマイクロソフトを抜いて「ワシントンで最も尊敬されているブランド」に選出されたワシントンを代表するワイナリーです。
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • メルロ48%、カベルネソーヴィニヨン47%、シラー5%
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,937 のところ
販売価格 ¥ 2,350 税込
  • 赤ワイン

ワシントン州を代表する生産者のメルロー
シャトー サン ミッシェル メルロー コロンビア ヴァレー [2016]

アメリカ/ワシントン州のコロンビア・ヴァレーの特長を表現しながら、デイリーに楽しめる気軽さと、幅広い料理との相性も良いスタンダード・シリーズです。

醗酵中は優しくパンプオーバーがなされ、やわらかく、たっぷりしたタンニンを表現。複雑味がありながら、楽しみやすいメルローです。 色濃い果実を思わせるフレーバーやアロマに、滑らかで甘い余韻。シラーがジャミーな果実味を加えています。


■シャトー・サン・ミッシェルについて
20世紀前半からワイン造りを続け、1967年より、ワシントンにおける近代的ワイン産業のリーダーとして名を馳せるシャトー・サン・ミッシェル。管理する畑(総面積約1420ha)では、サステイナブル(持続可能)な手法によるブドウ栽培を実践しています。ワシントン州の豊かな自然との共存を図りながら、健全なブドウから品質の高いワインを生み出しています。

2017年には、全米の食品店で最も売れたプレミアムワイン・ブランドの座を獲得。地元ワシントン州での信頼も厚く、地元経済誌「Puget Sound BusinessJournal」の読者投票では、あの世界的企業スターバックスやマイクロソフトを抜いて「ワシントンで最も尊敬されているブランド」に選出されたワシントンを代表するワイナリーです。
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • メルロ85%、シラー10%、カベルネソーヴィニヨン5%
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,937 のところ
販売価格 ¥ 2,350 税込
  • スパークリング

ワシントン州を代表する生産者の泡
ドメーヌ サン ミッシェル ミッシェル ブリュット [NV]

ドメーヌ・サン ミッシェル・ミッシェルは、1970年代より、アメリカ/ワシントン州のワインの先駆者として名実ともにアメリカでも屈指のワイン生産者となった「シャトー・サン・ミッシェルが造り出すスパークリング部門」です。
  • アメリカ/ワシントン/コロンビアヴァレー
  • スパークリング ワイン色: 白甘-辛: 辛口
  • シャルドネ、ピノノワール、ムニエ
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,739 のところ
販売価格 ¥ 2,060 税込
  • 白ワイン
  • WS92点

2020年ワイン・スペクテイターTOP100【第23位】
アラン スコット ソーヴィニヨン ブラン マールボロ [2020]

2020年ワイン・スペクテイターTOP100にて、【第23位】に選ばれています!!
通常価格 ¥ 2,178 のところ
販売価格 ¥ 2,178 税込
  • 赤ワイン

シラーとカベルネのブレンドが絶妙!
オッド ロット シラー カベルネ [2019]

ボトルのラベルがコミック調で印象的な、このワインはシラーとカベルネ・ソーヴィニヨンのブレンドが絶妙です!!

完熟したブラックベリー、チェリー、ジューシーなプラムの大胆なアロマに、タラゴンやトーストしたバニラの香りが加わります。味わいはなめらかで、よく溶け込んだタンニンとブラックフルーツの長いフィニッシュが特徴です。グリルした肉、牛肉の照り焼き、ラムラックのロースト、パルメザンチーズを添えたフレッシュマッシュルームなどと相性が良いです。

ラベルは、カラフルですが、このワインは決してコミカルではありません。オッド・ロットのワイン造りのゴールは、真面目さに好奇心と探求心を加え、美味しいものを造る事です。カベルネにはしっかりとしたタンニンと骨格、シラーには肉厚な果実味とジューシーな明るさがあります。この2つのダイナミックな組み合わせは、ハッピーを生み出し、オッドロットらしいクオリティ、つまり、普通じゃない、大胆、そして親しみやすいワインに辿り着いたのです。


■オッド・ロットについて
オッド・ロットは、シャイド・ヴィンヤードがプロデュースするワイン・ブランドです。

ワイナリー用語でいうところの「オッドロット」とは、まだ落ち着き先が決まっていないワインのことです。「オッドロット」は、100万年以上も前からワイン界を支配してきた、堅苦しいルールや伝統から脱却するチャンスでもあります。最初にデビューした「オッドロット Petite&Petit」は、プティ・シラーとプティ・ヴェルドの異例のブレンドで、大きな反響を呼びました。

そして今! 次のオッドロットの出番がやってきました。今度はカベルネ・ソーヴィニヨンとシラーです。フランスのアペラシオン法では、同じAOCワインに入れることができない有名なフランスの2つの品種カベルネとシラーは、それぞれが全く異なる個性を持ち、そして、同じように確立した壮大な能力を持つ2つキャラクターです。

(コミックで人気の)マットとジェフのように、ミスマッチな組み合わせですが、楽しく、親しみやすく、驚くほど相性が良いのです。ワインは政治と同じように、ときに奇妙な相棒を作ることがあるということを改めて証明しています。
  • アメリカ/カリフォルニア/モントレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • シラー62%、カベルネソーヴィニヨン38%
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,970 のところ
販売価格 ¥ 2,571 税込
  • 赤ワイン

珍しい!プティシラー&プティヴェルドのブレンド
オッド ロット レッド ブレンド [2019]

ボトルのラベルが、コミック調でとても印象的ですが、このワインはプティ・シラーとプティ・ヴェルドの型破りなブレンドが絶妙です!!

ブラックベリー、熟したプラム、ジューシーなイチジク、甘いバニラ、スモーキーなオークの魅惑的な香りが感じられます。味わいは、フルボディで、柔らかなタンニンとブラック・フルーツの余韻が長く続くフィニッシュが特徴です。このオッドロット・プティ&プティは、どんな場面にもぴったりです。牛肉のショートリブ、ラムチョップ、焼きナス、熟成したマンチェゴチーズなどと相性が良いです。

オッドロット レッド ブレンドは、プティ・シラーとプティ・ヴェルドの型破りなブレンドです。ラベルは、カラフルですが、ワインは決してコミカルではありません。オッド・ロットのワイン造りの姿勢は、真面目さに好奇心と探求心を加えたもので、美味しいものを造るという目的に導かれています。オッドロットが獲得した賞やメダル、ポイントを誇りに思う一方で、ただ、オッドロットをブレンドし、「普通」とは違う、大胆だけど親しみやすいワインを造ることに喜びを感じているそうです。


■オッド・ロットについて
オッド・ロットは、シャイド・ヴィンヤードがプロデュースするワイン・ブランドです。

ワイナリー用語でいうところの「オッドロット」とは、まだ落ち着き先が決まっていないワインのことです。「オッドロット」は、100万年以上も前からワイン界を支配してきた、堅苦しいルールや伝統から脱却するチャンスでもあります。最初にデビューした「オッドロット Petite&Petit」は、プティ・シラーとプティ・ヴェルドの異例のブレンドで、大きな反響を呼びました。

まるでマットとジェフ(米国の新聞連載漫画の主人公)のように、ミスマッチな、はみだしものを組み合わせでですが、楽しく、親しみやすく、驚くほど相性が良いのです。ワインは政治と同じように、ときに奇妙な相棒を作ることがあるということを改めて証明しています。
  • アメリカ/カリフォルニア/モントレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • プティットシラー80%、プティヴェルド20%
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,970 のところ
販売価格 ¥ 2,571 税込
  • 赤ワイン

トルブレックの創業者が息子と造るワイン
パウエル &サン リバーサイド GMS グルナッシュ マタロ シラーズ [2017]

1800年代から続く1000エーカーの牧場の一画に育つ樹齢20年程の若木から収穫されたグルナッシュ、マタロ、シラーズを品種ごとに別個に醸造し、瓶詰前にブレンド。年間生産量は3000ケースでドメーヌの全生産量の半分を占めています。

2017年のリバーサイドは、熟れたキルシュや砂糖漬けのチェリーやプラムのアロマが際立つ。味わいは柔らかく濃厚で、繊細なテクスチャーを持ち、マタロならではの独特なタンニンがしっかりとした骨格を保持しています。

土壌は、地層の深い茶褐色のローム土壌。醸造は、バスケット・プレスで優しく圧搾し、品種ごとにルモンタージュしながら、コンクリート・タンクで発酵します。その後、グルナッシュの50%は、ステンレスタンクで熟成。残りのグルナッシュ50%とマタロ、シラーズは容量4500Lのフレンチオークのフードルで15カ月熟成させ、無ろ過・無清澄で瓶詰しています。


■パウエル&サンについて
オーストラリアワインの大人気ワイナリー「トルブレック」のワイン・ビジネスをゼロから立ち上げた伝説の男「デヴィッド・パウエル」。2013年にトルブレックを去ったパウエルは、2014年に息子のカラムと共にワイナリーを立ち上げ、パウエル&サンと名付けました。パウエル&サンでも、以前と同じように、高い評価を受けるワインを造って続けています。
  • オーストラリア/南オーストラリア/バロッサヴァレー/リンドック
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • グルナッシュ70%、マタロ20%、シラーズ10%
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,410 のところ
販売価格 ¥ 2,728 税込
  • 赤ワイン

オーストラリアの実力派が造るワイン
トルブレック GMS グルナッシュ ムールヴェードル シラーズ オールド ヴァインズ [2017]

起伏の多い赤土の大地が広がる南オーストラリア/バロッサ北西部の畑から収穫するグルナッシュ、シラーズ、ムールヴェードルは、バロッサならではの円熟した濃厚な果実味が特徴で、グルナッシュ由来の赤果実の浮き立つようなアロマに、ムールヴェードルの旨味のあるアロマがバランス良く感じられます。シルキーな口当たりと柔らかく熟れたタンニンは、ローヌワインを彷彿とさせます。

外観は、深紅の赤。チェリーやザクロ、赤スグリのアロマに旨味のある肉や濡れた大地の香りが感じられます。味わいは、柔らかなタンニンと伸びのある酸を湛え、円やかな赤い果実の風味を核とする余韻の長い後味が広がります。ラム肉やジビエなどと抜群の相性を持つワインです。

樹齢50~80年のブドウが、ワインにつかわれています。よく乾燥させたフレンチ・オークのホッグス・ヘッド(容量230L樽)で24か月熟成しています。


■トルブレックについて
世界的に有名なワイン・メディア「ワイン・アドヴォケイト」での不動の高得点で、多方面から注目を集めるオーストラリア最高の作り手トルブレック。

創立者デイヴィッド・パウエルにより、1994年に設立されました。2008年より、トルブレックは、新オーナーのピート・ナイトの下、醸造所を最新設備に一新し、生産ラインを瓶詰まで一貫して管理することにより、トルブレックの新たなスタンダードを築いています。2013年に、創立者デイヴィッド・パウエルがワイナリーを去りましたが、それ以降も、高い評価を獲得し続けています。
  • オーストラリア/南オーストラリア/バロッサヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • グルナッシュ62%、シラーズ26%、ムールヴェードル12%
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,190 のところ
販売価格 ¥ 2,552 税込
  • 赤ワイン

絵本作家・谷口智則さんデザイン 牛ラベル 丑年
オーバー ザ レインボー PF シラーズ 保存料無添加 [2020]

オーストラリアのウィンダウリ・エステートで醸造・ブレンドされたワインに、絵本作家 谷口智則 氏がラベルのデザインを担当しています。
  • オーストラリア/ニューサウスウェールズ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • シラーズ
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,750 のところ
販売価格 ¥ 2,600 税込
  • 白ワイン

絵本作家・谷口智則さんデザイン 牛ラベル 丑年
オーバー ザ レインボー シャルドネ [2019]

オーストラリアのウィンダウリ・エステートで醸造・ブレンドされたワインに、絵本作家 谷口智則 氏がラベルのデザインを担当しています。
通常価格 ¥ 2,750 のところ
販売価格 ¥ 2,600 税込
  • 赤ワイン

娘の誕生日8月15日に因んだ売れ筋カベルネ
ジョエル ゴット 815 カベルネ ソーヴィニヨン カリフォルニア [2018]

カベルネ・ソーヴィニヨンは、ナパ、ソノマ、パソ ロブルス、モントレー、メンドシーノ、ロダイより、多くのエリアをブレンドすることで複雑な深い味わいを生み出し、結果としてコストパフォーマンスの高いワインとなります。

ワイン名にある815は、ジョエルの娘のバースデーです。このワインへの思い入れが窺えます。

2018年のジョエル ゴット 815 カベルネ ソーヴィニヨンは、ブラックベリーとブラックチェリーに加えて、クローブ、バニラ、ブラウンシュガーの香りがあり、濃厚で凝縮した果実味が広がり、中盤にはベルベットのようなタンニン、長く質感のあるフィニッシュにベイキング・スパイスの香りが感じられます。

契約畑、発酵:ステンレスタンク、熟成: 25%アメリカンオーク (新樽) にて18ヶ月。


■ジョエル・ゴットについて
ジョエル・ゴットは、「有名醸造家に会いたければ、ワイナリーではなくランチタイムにここに行け!」と言われる、ナパの人気レストラン「Gott's Roadside」のオーナーであるジョエル・ゴット氏と、クインテッサやジョセフ・フェルプスなど超一流ワイナリーの元敏腕ワインメーカーであるサラ・ゴット夫人の夫婦が手掛けるコストパフォーマンス抜群のワインです。
通常価格 ¥ 3,520 のところ
販売価格 ¥ 2,992 税込
  • 白ワイン

Kヴィントナーズのオーナーが手掛けるワイン・ブランド
ワインズ オブ サブスタンス シャルドネ [2019]

美しい。香り高い。層が重なる。花束の香り。口に含みすぐに浮かび上がるのは、みかん、リンゴ、洋ナシ、藤の花。そしてイタリアンメロン、クローブ、レモンメレンゲが口の中を和ませます。繊細なミネラルの小さな滝が口の中で流れていきます。複雑で完成された味わいでうっとりする満足感があります。

■葡萄畑
・フレンチマン・ヒルズ(33%)
この畑は1998年に植樹、ワシントン州コロンビア・ヴァレーの中でも最も温暖な地域の一つであるワルーク・スロープから北へ車で約30分のところにあります。しかし、フレンチマン・ヒルズ・ヴィンヤードは標高が503mと高いこともあり、より冷涼な場所です。また、霜が降りにくく、畑の上部には石灰岩と砕けた玄武岩の土壌があります。

・ローザ・ヒルズ(32%)
標高411m、ワシントン州コロンビア・ヴァレーのヤキマ・バレーにあるラトルスネーク・ヒルズの南斜面に位置する自然な南傾斜のボウルにあるローザ・ヒルズは1977年に植えられました。畑の大部分は、割れた玄武岩の塊が散在しているシルトロームから石灰質土壌に植えられています。

・ハイ・リバー(28%)
コロンビア・リバーの東側に位置するハイ・リバーは、火山岩を含む砂質土壌で、温暖な地域にあります。

・モクシー(7%)
1973年植樹、ワシントン州コロンビア・ヴァレーのヤキマの東側、モクシーの町の北側に位置。西向きの斜面は標高約442m。土壌はモクシー・シルトロームで、砕けた石灰岩が混じっています。

■醸造
ブドウは全房プレス100%、野生酵母で、樽発酵100%(新樽25%)、11ヶ月間澱の上でフレンチオーク樽熟成しています。


■ワインズ・オブ・サブスタンスについて
ワインズ・オブ・サブスタンスは、Kヴィントナーズを手掛けるチャールズ・スミスが2006年に設立したワイン・ブランドです。

化学記号のようなラベルが印象的なこのブランドは、立ち上げ当初「アメリカで一番コストパフォーマンスの高いカベルネ・ソーヴィニヨン」を目指して造られました。現在では、メルローやソーヴィニヨンブランなど、他品種もも手掛けています。
通常価格 ¥ 3,190 のところ
販売価格 ¥ 2,736 税込
  • 白ワイン

爽やかさで人気のメイソンのセカンド・ブランド
メイソン セラーズ ポメロ ソーヴィニヨン ブラン [2017]

ポメロ(柑橘類の王様と言われる東南アジア原産のザボンや分担の仲間)の香りに、桃の花のような優しい香りも感じられます。口に含むと、完熟した柑橘系の果実や、熟したメロンのようなジューシーで爽やかな香りが広がります。すっきりとしていて、クリーンな味わいのワインです。

■ポメロについて
ポメロは、メイソン・セラーズのセカンド・ブランドです。ポメロとは「柑橘類の王様」と呼ばれることもある東南アジア原産のザボンや文旦の仲間です。ランディの妻メーガンがこのフルーツの香りをソーヴィニヨン・ブランのワインの中に見つけ、すぐに名前が決まりました。2004年ヴィンテージからメイソン・セラーズのセカンド・ブランドとして発売され、透明感があり爽やかで、フレッシュなポメロを頬張ったような豊かな果実味で大人気のワインです。
通常価格 ¥ 2,750 のところ
販売価格 ¥ 2,200 税込
  • 白ワイン

爽やかさで人気のメイソンのセカンド・ブランド
メイソン セラーズ ポメロ シャルドネ [2016]

熟れたリンゴや完熟した水蜜桃のふくよかな香りです。樽熟成はしていないので、よりピュアなシャルドネ本来の果実の香りに包まれます。桃やアプリコットなどの味わいと柔らかな舌触りです。

■ポメロについて
ポメロは、メイソン・セラーズのセカンド・ブランドです。ポメロとは「柑橘類の王様」と呼ばれることもある東南アジア原産のザボンや文旦の仲間です。ランディの妻メーガンがこのフルーツの香りをソーヴィニヨン・ブランのワインの中に見つけ、すぐに名前が決まりました。2004年ヴィンテージからメイソン・セラーズのセカンド・ブランドとして発売され、透明感があり爽やかで、フレッシュなポメロを頬張ったような豊かな果実味で大人気のワインです。
通常価格 ¥ 2,750 のところ
販売価格 ¥ 2,200 税込
並び替え
73件中 1-20件表示
1 2 4