ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

カレラ・ワイン・カンパニーCalera Wine Company

カレラ

\バックヴィンテージあります/

カレラの商品一覧はこちら

\カレラを知るにはまずはこれ!/

生き生きとした果実味と滑らかさのあるカレラの入門的ピノノワール 生き生きとした果実味と滑らかさのあるカレラの入門的ピノノワール 豊かなコクと美しいミネラル感のあるカレラの入門的シャルドネ 豊かなコクと美しいミネラル感のあるカレラの入門的シャルドネ

カレラの早わかりポイント

  • ワイン評論家ロバート・パーカーが“カリフォルニアのロマネ・コンティ”と称賛
  • 創業者はワイン愛が強すぎた男、ジョシュ・ジャンセン
  • 探し出すまでに2年半!地図を片手に見つけた理想の石灰岩土壌
  • 辺境の地マウントハーランAVAで唯一の商業ワイナリー
  • “ロマネ・コンティがルーツ”と噂の秀逸ピノ・ノワール

ブルゴーニュワインを愛した男が作った“カリフォルニアのロマネコンティ”

カレラのピノノワールとシャルドネ

『カリフォルニアのロマネ・コンティ』というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は『カリフォルニアのロマネ・コンティ』という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。

記事の中でパーカー氏は『カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト』と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

カレラはロバート・パーカー以外にも、ザ・デイリー・ミールが選ぶ“アメリカ最高のワイナリー101”に3年連続上位入賞、ワイン&スピリッツ誌“ワイナリー・オブ・ザ・イヤー”に6度に渡り選出されるなど、ワイン専門家からの高い評価を受け、ワイン愛好家にも愛されてきました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。

しかし、ジョシュの手を離れたあとも、カレラのスタッフはワイナリーに留まり、2007年以来ジョシュと共にワイン造りを行ってきたマイク・ウォーラーが引き続きワインメーカーを務めるなど、ワインの品質に変わりはありません。

2021年には“ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー”に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。

カレラ創業者はワイン愛が強すぎた男、ジョシュ・ジャンセン

数々の雑誌で特集されたカレラの創業者ジョシュ・ジャンセン氏

カレラの創業者で、カリフォルニアワイン業界のレジェンドでありパイオニアでもあるジョシュ・ジャンセンは、それまでは見向きもされなかったカリフォルニア・ピノノワールを、世界的に評価される品種に押し上げた立役者です。

ジョシュは、当時『美味しいピノノワールを造ることは不可能だ』と言われてきたカリフォルニアの地で、素晴らしいピノノワールが造れることを証明してきました

その功績から、2013年には世界的に影響力のあるワイン雑誌“ワインスペクテイター誌”の表紙を飾り、2017年にはサンフランシスコ・クロニクル誌“ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー”の栄誉を手にしています。

ワインスペクテイター誌の記事によると、ジョシュ・ジャンセン氏は知的で経験豊か、すこし気難しい部分もあるが、ウィットに富んだ人柄。実際、ワッシーズに訪問いただいた際は、とても紳士的でダンディーな印象を受けました。

知的で華やかな経歴を持つジョシュ・ジャンセンですが、ここに来るまでには長きに渡る大変な苦労がありました。

理想の土地探しから始まったワイン造りが成し遂げられた理由の一つには、ジョシュのワインに対する深い愛と、犠牲をいとわないワイン造りへの執着があったのかもしれません。

  • 2018年カレラ ジョシュ・ジャンセン来店
  • 2015年カレラ ジョシュ・ジャンセン来店
  • 2012年カレラ ジョシュ・ジャンセン来店

理想の地を探す途方もない旅

ジョシュ・ジャンセンとロマネ・コンティセラー責任者アンドレ・ノブレ

歯科医の息子として育ったジョシュ・ジャンセン。彼をワインの世界へと導いたのは、父の歯科医仲間だったジョージ・セレックでした。

熱心なワインコレクターだったジョージ・セレックのおかげで、ジョシュは21歳になる頃までにはリシュブールやロマネコンティを始めとしたフランスの超一流ワインの数々を味わうことができたといいます。

ジョシュのワイン好きは、イェール大学に通う頃にはもはや趣味の域を超え、渡英してオックスフォード大学に進学する頃にはすっかりワインオタクになっていました。特に彼を深く魅了したのは、ブルゴーニュの赤ワインだったといいます。

しかし、人類学の修士号を取得したころ、卒業後の人生について思い悩むようになりました。

野心もなく、なりたいものも無かったジョシュ・ジャンセン。しまいには成りたくない職業をリストアップしていく始末・・・。何度も何度も自問自答しているうちに、ジョシュは『自分が本当に好きなことを追求しよう』と決意します。そして、それこそが“ワイン”だったのです。

そうと決めたら行動は早く、1970年にブルゴーニュで最も有名な生産者『ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ』の門を叩き、収穫作業を買って出ました。当時は、セラー責任者アンドレ・ノブレの英語通訳を兼ねていたので、来客に立会、試飲をする機会にも恵まれたといいます。また、翌年には設立されたばかりのドメーヌ・デュジャックで働き、オーナーのジャック・セイスと懇意に。偉大なピノノワールへの理解をさらに深めました。

ジョシュは、ブルゴーニュのドメーヌで働き、醸造家と出会う中で、『素晴らしいピノノワールやシャルドネの秘密は、石灰岩の豊富な土壌にある』と確信。このように偉大なブルゴーニュのワインスタイルを継承しつつ、世界で唯一のワインを造るという夢を実現するために、アメリカへ帰国しました。

1971年、アメリカに帰国したジョシュはフォルクスワーゲンのキャンピングカーを購入。カリフォルニアでの理想の石灰岩土壌を持った土地探しが始まりました。

しかし、ジョシュの突飛な計画を知った家族や友人たちは、一様に顔を見合わせたといいます。そこには2つの問題があったからです。

1つは土壌の問題。フランスでは豊富にあった石灰岩土壌でしたが、カリフォルニアにはほとんどなかったのです。あの銘醸地として有名なナパやソノマにも、です。

もう1つの問題は、ジョシュ自身にありました。彼には、ワイン醸造やビジネスの経験がなく、農業もしたことがありません。彼の唯一の資格は、ブルゴーニュを飲むのが好きなことと、ただそれだけでした。

マウントハーランにある石灰岩

誰もが失敗を確信する中、ジョシュは米国鉱山局の鉱物調査書や地形図を見ながら、車で候補地を巡りました。目的地に到着すると、土壌に塩酸を垂らして反応を見る。そんな日々が2年半も続いたある日、ようやく理想の土地が見つかりました。

1974年、ジョシュはついにブドウのための理想の土地を購入。サンフランシスコから南に150キロ、大西洋から40キロメートル内陸に入った、ガビラン山脈に位置するマウントハーランの急斜面。水も電気なく、道路も整備されていないような場所です。

この人里離れた場所で、妻と幼い子供とともにトレーラーで暮らしはじめました。

マウントハーランは19世紀に放棄された石灰岩の砕石場跡地でした。「カレラ」とはスペイン語で「石灰窯」の意味。当時、セメントやモルタルに加工するために石灰岩を焼成していた窯に由来し、ワイナリーのロゴにもこの窯が描かれています。

ちなみに、この辺鄙な場所はブドウにとっては最良の場所でしたが、家族にとっては必ずしもそうではなかったようで妻とは後に離婚してしまいます。

カレラのこだわりは土壌以外にも!

土壌ばかりがクローズアップされがちなカレラですが、ブドウの栽培や醸造にもこだわりをもって取り組んでおり、それぞれのブドウ畑の個性を引き出しています。

カレラ自慢のグラヴィティフロー式醸造施設

グラビティ・フロー式ワイナリー
最初の2年間は近くのワイナリー(シャローン)に間借りしていましたが、1977年にワイナリー設備のための土地を購入。

もともとは1950年代に急な斜面に建設された石灰岩の破砕工場だった場所で、建物は20年ほど放置されていたといいます。周りから見れば、廃墟同然の施設でしたが、ジョシュ自身は大喜び。というのも、斜面の勾配をそのまま利用したグラビティフロー(重力式ワイナリー)が半分実現していたから。この方法を取ることで、ポンプなどを使用することなくワイン造りが行えるため、ブドウの実やワインへのダメージを最小限に抑えることができます。

ボルドーでこの手法を取り入れたのは2000年代からですから、カレラでは、かなり早くから導入されていたことになります。

カレラのワイン造り

カレラのワイン造り
ピュアで焦点のあったワインに仕上げるため、グラヴィティシステムを始めとした『できる限り人が手をかけないワイン造り』を行っています。ワイン造りに毎年決まったレシピはありませんが、シングルヴィンヤードのピノノワールの場合、ブドウの活力を引き出すためにほとんどのブドウは全房発酵。天然酵母で発酵します。

こういったこだわりが、ブドウの本質とテロワールを表現することにつながっています。

オーガニックなブドウ畑で収穫されるピノノワール

オーガニック認証期間CCOF認証のブドウ畑
カレラの自社畑は、2008年に米国のオーガニック認証期間CCOFから有機農法認証を受けたオーガニックなブドウ畑。

害虫を減らすための益虫利用、カバークロップ(緑肥)を利用した土壌改良など自然な方法を使ったブドウ栽培が行われています。また、カレラのブドウは量より質を重視しているため、1エーカーあたりの収穫量が2トンを超えることはめったにありません。最高のブドウを実らせるため、ヴィンヤードスタッフは、一日に何度も畑の手入れを行いに畑に向かいます。

マウントハーランにあるカレラの自社畑

カレラの自社畑はモントレーの東25マイル、ガビラン山脈のマウント・ハーラン山中にあります。標高670mのマウントハーラン山中にという立地と、モントレー湾から流れ込む冷たい風の影響もあって、平均気温はCarnerosよりも5~6℃低く、カリフォルニアでも随一の冷涼場所でブドウが栽培されています。

マウントハーランは1990年にAVA認定を受けていますが、現在のところAVAマウントハーランを名乗る商業ワイナリーは唯一カレラのみ。

ちなみにジャンセンの畑に最初に植えられたピノノワールの樹は、ジョシュがDRCから持ち帰ったものではないかとひそかに噂されています。

カレラの自社畑地図
  • JENSEN(ジャンセン)

    1975年に植樹した13.8エーカーのそれぞれ向きの違う4つの区画からなる畑。石灰質土壌。畑名は、ジョシュの父ステファン・ジャンセンに由来。バランスに秀でていて、リッチ且つまろやか。長期の熟成に適したピノノワールを生み出します。このワインを探す

  • SELLECK(セレック)

    1975年に植樹した4.8エーカーの南/南西向きの畑。畑名は、ジョシュをワインの世界に導いてくれた父の友人であり歯科医のジョージ・セレックに由来。 花崗岩が風化した砂状の地質と、石灰岩が露出した岩の多い畑。濃厚で複雑味があり、ブルゴーニュスタイルの素晴らしい香りと長期熟成の可能性を秘めたピノノワールを生み出す。このワインを探す

  • REED(リード)

    1975年に植樹した6.4エーカー北/北西向きの畑。畑名は、ジョシュの最初のビジネスパートナーであり親しい友人ウィリアム・ビル・G・リードに由来。 他のブドウ畑よりも粘土質が多い土壌。香り高く軽やかで、どこかエキゾチックな雰囲気を持ち、若いうちから楽しめるソフトな口当たりのピノノワールを生み出す。このワインを探す

  • MILLS(ミルズ)

    1984年、ハーラン・クリークに向かって傾斜する南東向きの山腹に植樹した14.4エーカーの畑。石灰質土壌。畑名は、ジョシュがワイン造りを始めたころに、いつも見守ってくれていた隣人であり友人エヴェレット・ミルズに由来。香り高くスパイシーで、丸みのあるタンニンと長い余韻のあるピノノワールを生み出す。このワインを探す

  • DE VILLIERS(ド・ヴィリエ)

    1997年、ミルズとジャンセンの間に植えられた15.6エーカーある東向きの畑。石灰質土壌。畑名は、ジョシュのワイン造りについての著書「 ロマネコンティに挑む~カレラ・ワイナリーの物語~(原題the Heartbreak grape)」の著者マルク・ド・ヴィリエに由来。噛み応えのあるジューシーな果実の特徴が全面に出た華やかなワイン。リッチでまろやかな口当たりが特徴。このワインを探す

  • RYAN(ライアン)

    1998年に植樹した13.1エーカーの西/南西向きの畑。カレラの自社畑の中でも、海抜約760mの最も高い場所に位置する石灰質土壌の畑です。ブドウ畑1979年以来ヴィンヤード・マネージャーを務めるジム・ライアンにちなんでつけられました。若木からは、明るく生き生きとした赤い果実のワインが生まれ、マウント・ハーランの特徴であるミネラルをほのかに感じさせます。このワインを探す

  • VIGONIER(ヴィオニエ)

    南西向きの斜面にある2.2エーカーの石灰質土壌の畑。1983年に植えられたこのヴィオニエの畑は、カリフォルニアで最も早く植えられたヴィオニエの一つ。収穫量が少ないため、凝縮感と強烈なアロマを持ち、カリフォルニアの他の地域ではほとんど見られない特徴的なミネラル感をもっています。このワインを探す

  • アリゴテ

    南西と北向きのわずか0.2エーカーの区画。ブドウの樹はわずか330本のみ。1998に植樹されたこのアリゴテの畑は、カリフォルニアで最も早く植えられたアリゴテの一つ

  • CHARDONNAY(シャルドネ)

    シャルドネの畑は2箇所。南/南西向き、緩やかな斜面にある6.1エーカーの石灰質土壌の畑からは、石灰岩土壌ならではの無駄のなさが特徴的な締まった印象でミネラル感とクリーミーなテクスチャーのあるシャルドネ。

    1998年に植樹された4.3エーカーのヤングシャルドネの区画からは、マウント・ハーランの特徴である石灰岩のミネラルをアクセントにして、クリーミーな質感が口いっぱいに広がる、豊かなフレーバーのシャルドネを生み出します。このワインを探す

14件中 1-14件表示
  • 白ワイン
  • WA92点

カレラの自社畑ヴィオニエ
カレラ ヴィオニエ マウントハーラン [2017]

カレラの自社畑マウント・ハーランのヴィオニエ!

カリフォルニアで植えられた最初に植えられたヴィオニエのひとつです。

■生産者のコメント
2017年ヴィンテージは、白桃、スイカズラの花、柑橘類の魅惑的な香りが口に広がり、レモンのメレンゲとジャスミンの贅沢な香りと混ざり合い、明るく爽やかなフィニッシュへ続きます。

■畑について
カレラのマウント・ハーランの自社畑は、モントレー湾から東に40kmにあるガビラン山脈に位置します。このエリアは、石灰岩が豊富で、気候がブドウ栽培に適しています。カリフォルニアにあるぶどう畑の中では最も標高が高く(平均660m)、涼しい場所にある畑です。

このワインに使われるヴィオニエは、カリフォルニアで最初に植えられたもののひとつで、1983年に、南向きの石灰岩土壌の斜面に植樹されました。低収量で、凝縮味と芳香豊かでありながらも、他のカリフォルニアのヴィオニエには無いミネラル感豊かなワインを生産しています。

■醸造について
収穫されたブドウは、発酵を行い、涼しい気候に育つヴィオニオの複雑な魅力を際立たせる為に、フレンチオーク古樽(60%)、ステンレスタンク(20%)、コンクリートタンク(20%)を組み合わせて、14ヶ月間の樽熟成をおこなっています。マロラクティック発酵(100%)。アルコール度14.1%。


■カレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は「カリフォルニアのロマネ・コンティ」という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。記事の中でパーカー氏は「カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト」と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。2021年には「ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー」に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。
  • Calera Viognier Mt. Harlan[2017]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンベニート/マウントハーラン
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ヴィオニエ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,600 のところ
販売価格 ¥ 5,412 税込
(0)
  • 赤ワイン

カレラの自社畑マウントハーランの葡萄もブレンドされた赤
カレラ ジョシュ ジェンセン セレクション セントラルコースト ピノノワール [2022]

【 日本限定販売 】!!

カレラのジョシュ・ジェンセン・セレクションは、カレラ自慢の自社畑のブドウと、厳選されたセントラル・コースト・エリアの選りすぐりの畑のブドウから造られます。

■テイスティング・コメント
ブラックチェリー、熟したプラム、木苺のフレッシュな香りが、非常に魅力的です。味わいは、ブラックチェリー、リコリス、ハーブの生き生きとしたニュアンスが、まるで口の中でダンスをしているかのように広がります。

喉越しは滑らかできめ細かく、リッチで深い味わい。しっかりとしたタンニンが、明るいチェリーを思わせる爽やかな酸味のアクセントを作り出します。フィニッシュは長く印象的です。アルコール度14.5%。

■畑について
カレラの自社畑、マウント・ハーラン(10%)のブドウと、カリフォルニア/セントラル・コーストから厳選された畑(Damm Vineyard 30%、Greengate Vineyard 20%、Norgrove Vineyard 20%、Rio Vista Vineyard 20%)のブドウを使用しています。

■ラベルについて
書が印象的なこのラベルは、NHKの番組などに作品を提供している女性書道家 紫舟(シシュー)氏が書いたものです。彼女は書を中心に、書画・立体造形・メディアアートなど幅広く手がけ、日本の思想と伝統文化を全く新しい表現で世界に発信しつづけています。

「文化の限界をアートの力で超えていく」挑戦は海外でも高く評価され、フランスではLaval Virtual「設計文化芸術賞」を受賞、またフランスのZOOM Japonが選ぶ「明日の日本を創る50人」に選ばれています。日本国内では、政府・NHK・神社仏閣などに作品を提供しています。


■カレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は「カリフォルニアのロマネ・コンティ」という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。記事の中でパーカー氏は「カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト」と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。2021年には「ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー」に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。
  • Calera Josh Jensen Selection Central Coast Pinot Noir[2022]
  • アメリカ/カリフォルニア/セントラルコースト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,380 のところ
販売価格 ¥ 5,231 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA90点

カレラ・ライアンの希少な熟成ワイン
【正規品】 カレラ ピノノワール ライアン マウント ハーラン [2005]

カレラの自社畑ライアン・ヴィンヤードのピノノワールから造られた希少な熟成ワイン!

■生産者のコメント
プラム、ブラックチェリー、スパイス、杉の香りが、ライアン・ヴィンヤードの4番目のヴィンテージを紹介します。西向きの斜面と高い標高が、この畑にユニークな個性を与えていますが、すでにマウント・ハーランの典型的なミネラル、凝縮感、骨格を備えています。ベリー、コーラ、プラム、アジアン・スパイスが感じられ、肉付きが良く、長く続く余韻が楽しめます。

■畑について
カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤード内にあるライアン・ヴィンヤードは、1998年(9.4エーカー)と2001年(3.7エーカー)に植樹された畑で、明るく生き生きとした赤系果実のワインが造られ、マウント・ハーラン特有のミネラルがほのかに感じられることが特徴です。

カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤーズは、モントレー湾の東25マイル(約40km)のガヴィラン山脈に位置しています。この場所は、石灰岩の土壌とワイン造りには理想的な気候です。平均標高は2200フィート(約670m)で、カリフォルニアで最も標高が高く、最も涼しい場所にある葡萄畑の一つです。

■醸造について
収穫したブドウは、小型の開放式発酵槽で土着酵母を用いて発酵させます。ワインは14日後にプレスした後、澱引きし、樽に移動させます。フレンチオーク樽(新樽18%、フランソワ・フレール社)で16か月間、澱引きせずに熟成させ、瓶詰め前に各ロットをブレンドし、無濾過で瓶詰めしました。マロラクティック発酵100%。アルコール度14.2%。


■カレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は「カリフォルニアのロマネ・コンティ」という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。記事の中でパーカー氏は「カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト」と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。2021年には「ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー」に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。
  • Calera Pinot Noir Ryan Mt.Harlan[2005]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンベニート/マウントハーラン
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100% おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 20,350 のところ
販売価格 ¥ 20,350 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA92点
  • WS90点

カレラ・ミルズの希少な熟成ワイン
【正規品】 カレラ ピノノワール ミルズ マウント ハーラン (マグナムボトル) [2011] 1500ml

カレラの自社畑ミルズ・ヴィンヤードのピノノワールから造られた希少なマグナムボトル(1500ml)です!!

■生産者のコメント
2011年ミルス・ヴィンヤード ピノノワールは、力強いですが澄んだルビー色。ダークチェリー、ボイセンベリー、フレッシュなプルーン、野生の草木の深みのある魅力的な香りで幕を開け、美しいアンティークの杉で造られた収納箱のほのかな香りが漂います。

ブラックベリー、チョコレート、プラム、岩、ピンク・ペッパーコーン、レッドウッドの樹皮、バニラ、ホアハウンドの濃厚で深みのある風味が、際立ったタンニンによる滑らかでありながら、しっかりとした骨格を際立たせ、鮮やかなラズベリーの生き生きとした風味を伴う長い余韻へと続きます。

■ヴィンテージついて
2011年も冷涼な年でした。春先は雨が多く寒かったため、芽吹きが数週間遅れました。夏の平均気温が21度以下と寒かったため、例年より1ヶ月遅く果実を吊るすことを余儀なくされたが、驚いたことに、その待ち時間が鮮やかな酸味と低糖度の豊かなワインをもたらしました。

■畑について
カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤード内にあるミルズ・ヴィンヤードは、1984年に植樹された660~780mの高地の南向き斜面にある14.4エーカーの畑で、香り高くスパイシーで、丸いタンニンと長い余韻を持つワインを生み出すことが特徴です。

カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤーズは、モントレー湾の東25マイル(約40km)のガヴィラン山脈に位置しています。この場所は、石灰岩の土壌とワイン造りには理想的な気候です。平均標高は2200フィート(約670m)で、カリフォルニアで最も標高が高く、最も涼しい場所にある葡萄畑の一つです。

■醸造について
収穫したブドウは、小型の開放式発酵槽で土着酵母を用いて発酵させます。ワインは14日後にプレスした後、澱引きし、樽に移動させます。フレンチオーク樽(新樽30%)で18か月間、澱引きせずに熟成させ、瓶詰め前に各ロットをブレンドし、無濾過で瓶詰めしました。マロラクティック発酵100%。アルコール度14.5%。


■カレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は「カリフォルニアのロマネ・コンティ」という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。記事の中でパーカー氏は「カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト」と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。2021年には「ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー」に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。
  • Calera Pinot Noir Mills Mt.Harlan[2011]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンベニート/マウントハーラン
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100% おすすめピノノワールを見る
  • 1500ml
通常価格 ¥ 41,250 のところ
販売価格 ¥ 41,250 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WS92点

カレラの自社畑ド ヴィリエのピノ
【正規品】 カレラ ピノノワール ド ヴィリエ マウント ハーラン [2018]

カレラの自社畑ド ヴィリエ・ヴィンヤードのピノノワールから造られるワイン!

■生産者のコメント
2018年ド・ヴィリエ・ヴィンヤード ピノノワールは、マウント・ハーランのピノノワールの中でも最も豪華で濃い果実味を表現したワインを造るというドゥ・ヴィリエの伝統を引き継いでいます。

香りはブラック・チェリー、ブラック・ベリー、サルサパリラのドラマチックな香りが広がります。ダーク・ベリーの風味は口の中でも続き、果実味を縁取り、長く豊かなチェリーとスパイスのフィニッシュへとワインを運ぶ、しっかりとした熟成に値するタンニンに支えられています。

■ヴィンテージついて
マウント・ハーランの2018年の生育シーズンの品質は素晴らしかった。春先の暖かな天候が早期の芽吹きをもたらした後、晩春には気温が下がり、その後は夏の間中、穏やかな気温の晴天が続きました。その結果、ブドウの成熟度が非常に高く、自然な酸味が保たれました。ひとつだけマイナスだったのは、開花初期の冷涼な天候のために飛散が多く、収量が減少したことです。

収穫量は少なくなりましたが、品質は傑出しており、美しく複雑で、美しい骨格を持ち、純粋な品種の風味を持つワインができました。

■畑について
カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤード内にあるヴィリエ・ヴィンヤードは、1997年に植樹された15.6エーカーの畑で、華やかな外交的なワインで、濃厚でジューシーな果実味と、リッチで豊潤な丸みのある口当たりが特徴です。

カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤーズは、モントレー湾の東25マイル(約40km)のガヴィラン山脈に位置しています。この場所は、石灰岩の土壌とワイン造りには理想的な気候です。平均標高は2200フィート(約670m)で、カリフォルニアで最も標高が高く、最も涼しい場所にある葡萄畑の一つです。

■醸造について
土着酵母を用いて全房発酵。フレンチオーク樽(新樽30%)で18か月間熟成させています。アルコール度14.3%。


■カレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は「カリフォルニアのロマネ・コンティ」という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。記事の中でパーカー氏は「カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト」と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。2021年には「ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー」に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。
  • Calera Pinot Noir De Villiers Mt.Harlan[2018]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンベニート/マウントハーラン
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100% おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 12,650 のところ
販売価格 ¥ 10,373 税込
(0)
  • 白ワイン

カレラの自社畑マウントハーランの葡萄もブレンドされた白
カレラ ジョシュ ジェンセン セレクション セントラルコースト シャルドネ [2021]

【日本限定販売!】カレラの誇る自社畑マウントハーランの葡萄もブレンドされた、このワインは、オレンジの皮や洋梨の香りが真っ先に現れます。次第に濡れた石を思わせるミネラル感やレモンの皮、オークの香りも感じられます。フィニッシュは絹のように非常にしなやかですが、芯の強さも感じられます。


■カレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は「カリフォルニアのロマネ・コンティ」という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。記事の中でパーカー氏は『カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト』と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。2021年には「ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー」に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。
  • Calera Josh Jensen Selection Central Coast Chardonnay[2021]
  • アメリカ/カリフォルニア/セントラルコースト
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,170 のところ
販売価格 ¥ 4,239 税込
(0)
  • 白ワイン

カレラの入門的シャルドネ
【正規品】 カレラ セントラル コースト シャルドネ [2021]

カレラの入門的なシャルドネです。冷たい風が吹くカリフォルニア/セントラル・コーストで育ったシャルドネの生き生きとした魅力を表現しています。
  • Calera Central Coast Chardonnay[2021]
  • アメリカ/カリフォルニア
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,060 のところ
販売価格 ¥ 3,740 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA93点

カレラ・リードの希少なバック・ヴィンテージ
【正規品】 カレラ ピノノワール リード マウント ハーラン [2017]

カレラ・リードの希少なバック・ヴィンテージ2017年。リード・ヴィンヤードは、1975年に植樹された4.4エーカーの一番小さな畑。生産量が最も少ないワインでもあります。香りが華やかで、フィネスと口に含んだ時に柔らかさが感じられるワイン。最も香り高く外向的と言われ、若い内から十分楽しめます。

■ワインメーカーのコメント

1975年に植樹されたリード・ヴィンヤードは、北側に位置するため、マウント・ハーランでは常に最後に収穫される畑で、魅力的なアロマの複雑さを持つワインを生み出します。香りは、レッドチェリーやルバーブに加えて、燻製したジビエやドライハーブ、スパイスのニュアンスも感じられます。口に含むと、豊かな赤い果実の風味が、しなやかで流れるようなタンニンによって強調され、その風味は長く、魅力的なフィニッシュへと続きます。

フレンチオーク樽(新樽30%)にて17か月熟成しています。アルコール度数14.4%。

カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤーズは、モントレー湾の東25マイルのガヴィラン・マウンテンズに位置しています。この場所は、石灰岩の土壌とワイン造りには理想的な気候です。平均標高は2200フィート(約670m)で、カリフォルニアで最も標高が高く、最も涼しい場所にある葡萄畑の一つです。


■カレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は「カリフォルニアのロマネ・コンティ」という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。記事の中でパーカー氏は『カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト』と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。2021年には「ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー」に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。
  • Calera Pinot Noir REED Mt.Harlan[2017]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンベニート/マウントハーラン
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 20,900 のところ
販売価格 ¥ 20,900 税込
(0)
  • 赤ワイン

カレラの入門的ピノノワール
【正規品】 カレラ ピノ ノワール セントラル コースト [2021]

カレラの入門的ピノノワール!カリフォルニア/セントラルコーストの厳選されたブドウ畑で栽培されたブドウを使用しています。
  • Calera Pinot Noir Central Coast[2021]
  • アメリカ/カリフォルニア/セントラルコースト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100% おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,270 のところ
販売価格 ¥ 4,890 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA90点
  • WS92点

カレラの自社畑ピノ
【正規品】 カレラ ピノノワール ミルズ マウント ハーラン [2017]

カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤード内にあるミルズ・ヴィンヤードは、1984年に植樹した14.4エーカーの4番目に造られた自社畑。660~780mの高地にある南向きの斜面。珍しい接ぎ木をしていないオリジナルのぶどう樹のままで栽培されています。丸いタンニンと長い余韻を持つ香り豊かでスパイシーなワイン。

■ワインメーカーのコメント
1984年に植樹されたミルズ・ヴィンヤードは、いつも美しく香り高い、レッドベリー主体のピノ・ノワールの表現を生み出し、この2017年もその例外ではありません。熟したブラックラズベリー、ザクロ、マーマレード、ワイルドマッシュルーム、新鮮なブラックペッパーの華麗な層を表現し、ジューシーで口当たりが良く、口に含むごとに進化する複雑性を持ち合わせています。

フレンチオーク樽(新樽30%、2年使用樽20%、古樽50%)にて17か月熟成しています。アルコール度数14.5%。

カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤードは、モントレー湾の東25マイルのガヴィラン・マウンテンズに位置しています。この場所は、石灰岩の土壌とワイン造りには理想的な気候です。平均標高は2200フィート(約670m)で、カリフォルニアで最も標高が高く、最も涼しい場所にある葡萄畑の一つです。


■カレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は「カリフォルニアのロマネ・コンティ」という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。記事の中でパーカー氏は『カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト』と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。2021年には「ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー」に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。
  • Calera Pinot Noir Mills Mt.Harlan[2017]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンベニート/マウントハーラン
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 13,200 のところ
販売価格 ¥ 10,824 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA92点
  • WS91点

カレラの自社畑ピノ
【正規品】 カレラ ピノ ノワール ド ヴィリエ マウント ハーラン [2016]

カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤード内にあるド・ヴィリエ・ヴィンヤードは、1997年に植樹されたジェンセン・ヴィンヤードのすぐ下にある15.6エーカーの畑です。みずみずしい果実味が前面に出た、リッチで、外交的なワインです。樹齢の若いライアンを先にリリースし、満を待して2007年に発表した最新の畑です。

■ワインメーカーのコメント
またしてもド・ヴィリエは、ブラックベリー、カシス、シガーボックスの魅力的なアロマを持つ、カレラのピノ・ノワールの中で最も官能的で濃い果実味の表現の一つを造り出しました。口の中では、豊かなダークベリーとブラックカラントのフレーバーが、果実を縁取る、しっかりとしたタンニンのバックボーンに支えられ、長くエネルギッシュなフィニッシュへとワインを運んでいきます。

フレンチオーク樽(新樽30%、2年使用樽20%、古樽50%)にて17か月熟成しています。アルコール度数13.95%。

カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤードは、モントレー湾の東25マイルのガヴィラン・マウンテンズに位置しています。この場所は、石灰岩の土壌とワイン造りには理想的な気候です。平均標高は2200フィート(約670m)で、カリフォルニアで最も標高が高く、最も涼しい場所にある葡萄畑の一つです。


■カレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は「カリフォルニアのロマネ・コンティ」という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。記事の中でパーカー氏は『カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト』と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。2021年には「ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー」に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。
  • Calera Pinot Noir DE VILLIERS Mt.Harlan[2016]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンベニート/マウントハーラン
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100% おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 11,000 のところ
販売価格 ¥ 9,020 税込
(0)
  • 白ワイン
  • WA93点
  • WS91点

自社畑マウント・ハーランのシャルドネ
カレラ シャルドネ マウント ハーラン [2017]

カレラの自社畑マウント・ハーランのシャルドネから造られた白ワイン!!

マウント・ハーランの石灰岩を多く含む土壌で栽培されたこのワインは、冷涼気候のシャルドネの洗練された表現であり、グアバ、マンダリンオレンジ、フェンネル、杉のヒントの魅力的なアロマが感じられます。口に含むと、美しい厚みと豊かなテクスチャーが生き生きとした自然な酸味と調和し、白桃とパッションフルーツのフレーバーにピュアさと上品さを添えています。

カレラの自社畑マウント・ハーラン・ヴィンヤードは、モントレー湾の東25マイルのガヴィラン・マウンテンズに位置しています。この場所は、石灰岩の土壌とワイン造りには理想的な気候です。平均標高は2200フィート(約670m)で、カリフォルニアで最も標高が高く、最も涼しい場所にある葡萄畑の一つです。

フレンチオーク樽(新樽30%)にて15か月間熟成されています。マロラクティック醗酵100%。アルコール度数14.5%。


■カレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は「カリフォルニアのロマネ・コンティ」という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。記事の中でパーカー氏は「カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト」と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。2021年には「ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー」に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。
  • Calera Chardonnay Mount Harlan[2017]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンベニート/マウントハーラン
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 8,580 のところ
販売価格 ¥ 7,700 税込
(0)
  • 赤ワイン

【正規品】 カレラ ピノ ノワール ド ヴィリエ マウント ハーラン [2015]

ド ヴィリエ・ヴィンヤードは、1997年に植樹されたジェンセン・ヴィンヤードのすぐ下にある15.6エーカーの畑。みずみずしい果実味が前面に出た、リッチで、外交的なワインです。樹齢の若いライアンを先にリリースし、満を待して2007年に発表した最新の畑です。

ブラックベリー、ココア、カモミールのアロマはこのワインの爆発的な深みをほのめかしています。口に含むと、豊かで口いっぱいに広がるテクスチャーと熟成に適したタンニンが、ブラックチェリーとシルキーなレッドカラントの華やかな層を縁取り、長い余韻が広がります。
  • Calera Pinot Noir DE VILLIERS Mt.Harlan[2015]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンベニート/マウントハーラン
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 10,120 のところ
販売価格 ¥ 10,120 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA93点

自社畑ライアンの希少な熟成ワイン
【正規品】 カレラ ピノ ノワール ライアン マウント ハーラン [2009]

カレラの自社畑ライアン・ヴィンヤードのピノノワールから造られた希少な熟成ワイン!!

■生産者のコメント
2009年ライアン ピノノワールはリッチでエレガント。カシス、ブラックベリー、火打石のようなミネラル、ドライ・フェンネルの香りが広がります。このワインは豊かな味わいですが抑制が効いており、きめ細かいタンニン、素晴らしい森林の特徴、僅かなアニス、ほのかなトースト香、深みのあるベリーの果実味が感じられます。

■畑について
ライアン・ヴィンヤードは、カレラのマウント・ハーランにある自社畑に、1998年(9.4エーカー)と2001年(3.7エーカー)に植樹された5番目の畑です。一番高い所で約750mの西向きの畑。他の畑よりもより密集して植樹されています。

■ヴィンテージついて
2009年は穏やかな夏の気温のおかげで理想的な生育期となり、果実を希望する熟度まで熟すことができました。ライアン・ヴィンヤードでは9月26日から10月11日まで3回に分けて収穫を行いました。

■醸造について
3回に分けて収穫したブドウは、3つのロットに分けて、開放式発酵槽に入れ野生酵母で発酵しています。収穫後14日目に圧搾され、フレンチオーク樽に移し、新樽30%で約18ヶ月間熟成しています。その後、3つのロットをブレンドし、濾過せずに瓶詰めしています。アルコール度14.1%。


■カレラについて
「カリフォルニアのロマネ・コンティ」というキャッチフレーズが有名なカレラ。創業者ジョシュ・ジャンセンが、ブルゴーニュの生産者から影響を受け設立したワイナリーで、エレガントなピノノワールやシャルドネが世界中で愛されています。

実は「カリフォルニアのロマネ・コンティ」という言葉は、ワイン評論家のロバート・パーカー jr.氏によるもの。2003年に、カレラのピノノワールを垂直試飲した際に記事つけたタイトルでした。記事の中でパーカー氏は『カレラは新世界のみならず地球上で最も魅力的なピノ・ノワールのスペシャリスト』と大絶賛したことから、カレラの人気に火が付きました。

長きに渡って人気を誇るカレラですが、創業者のジョシュ・ジャンセンに後継者が居なかったことから、2017年、友人でワイナリーを所有するダックホーン夫妻にワイナリーを譲渡しました。2021年には「ワイン&スピリッツ誌のTOP100 ワイナリー」に選出されており、カレラはますます私達を楽しませてくれるはずです。
  • Calera Pinot Noir Ryan Mt.Harlan[2009]
  • アメリカ/カリフォルニア/サンベニート/マウントハーラン
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100% おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 19,250 のところ
販売価格 ¥ 19,250 税込
(0)
14件中 1-14件表示