ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品
サイトメンテナンスのお知らせ
サイトメンテナンスに伴い、2021年8月4日(水)午前01:00 - 午前07:00の期間、WEBサイトの閲覧・通販がご利用頂けません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

フラワーズFlowers

フラワーズ

フラワーズの早わかりポイント

  • 唯一無二な厳しい環境で極上のシャルドネとピノ・ノワールを造る孤高の生産者
  • カリフォルニア・シャルドネの王『キスラー』に見出され、瞬く間に世界的ワイナリーに。
  • 有機栽培、ビオディナミを実践し、野生酵母100%の発酵。畑の特徴をストレートに表現したワイン造り。

ソノマコーストを切り開いた孤高の生産者

フラワーズ・シャルドネ

フラワーズは、ソノマ・コーストの険しい海岸沿いの尾根で、ピノ・ノワールとシャルドネに特化したワイン造りを行う生産者です。海からの冷涼な風と、高い標高の影響を受けた、非常に複雑でエレガントなワインを生み出します。

当時「寒すぎる」ことで長らくブドウ栽培には適さないとされてきたソノマコーストを切り開いた数少ない生産者のひとつです。

実は、フラワーズの名を初めて有名にしたのは、彼ら自身のワインではありません。

フラワーズの自社畑『キャンプミーティング・リッジ』の名を冠したワインを最初にリリースし、世界にフラワーズのクオリティを知らしめたのは、カリフォルニア・シャルドネの王として有名なあの『キスラーでした。

現在、ご高齢のため惜しまれつつ引退したフラワーズ夫妻に変わってワイナリーを引き継いでいるのは、チリ最大のワイナリー『コンチャイトロ』隆盛の立役者アグスティン・フネアスとその家族。

ワイナリーは創業者フラワーズ夫妻の手を離れましたが、初めて夫妻がこの地に足を踏み入れた30年前から現在に至るまで、“土地本来の良さを生かしたピノノワールとシャルドネを造る”というこだわりは変わっていません。

フラワーズの歴史

ウォルト&ジョアン・フラワーズ夫妻

フラワーズの創業者は、ペンシルバニア州で苗木屋を営んできた“フラワーズ家”のウォルト&ジョアン・フラワーズ夫妻。そう、“フラワーズ”という素敵なワイナリー名は創業者の名字に由来します。

1980年代、フラワーズ夫妻は当時営んでいた苗木業で種子の買付けや視察を行うため、年に2回カリフォルニアを訪れていました。一方で、夫妻はカリフォルニアに訪れる度に、ここで造られるワインへの興味を募らせていきました。やがて夫妻のワインへの情熱は、自分たちのブドウ畑を所有し、“苗木業で培った豊富な農業知識を活かした優れたワイン造りたい”という夢へと変わっていきました。

1989年、フラワーズ夫妻は夢を実現させるための土地を、ワイン・スペクテイター誌の巻末に掲載されたたった3行の小さな広告から見つけました。

そこは、当時ワイン造りでは無名のソノマ・コースト。しかも夫妻の見つけた土地は、僻地と言っても過言ではない、ソノマ・コーストの曲がりくねった山道の先にある尾根に位置していました。周囲からは、ブドウ栽培にとって未開の地である、この場所でのワイン造りに嘲笑の声も上がったといいます。

しかし、職業柄ブドウという植物の特性をよく知っていたフラワーズ夫妻は、この土地で農業ができることを確信していました。1991年、夫妻はこの土地の土壌、歴史、気候などを綿密に調査し、当時ワイン産地としてはほとんど見向きもされなかった海に非常に近く標高の高い山奥に、自らの畑『キャンプミーティング・リッジ』を拓き初めてシャルドネとピノノワールを植えました。

そんなフラワーズ夫妻の行動に、最初に目をつけたのがスティーヴ・キスラー。彼は、カリフォルニア・シャルドネの王として有名な『キスラー』を手掛け、シャルドネだけでなくピノノワールにも精通したカリスマです。

スティーヴ・キスラーは高品質で強い個性を持つフラワーズのブドウをとても気に入り、フラワーズからブドウを購入。まだ自身のワイン造りには手を出していなかったフラワーズに先駆けて、キスラーから『キャンプミーティング・リッジ』名でワインをリリースしました。このワインが評判を呼び、瞬く間にフラワーズの畑の名はアメリカのみならず世界に広まることになります。

その後、フラワーズ自身もワインを手掛けるようになり、1998年にはワインスペクテイター誌の“カリフォルニアのシャルドネ生産者に関するレポート”で、シャルドネの際立った出来が評価され「注目すべきワイナリー」のひとつに選ばれました。

素晴らしいワインを世に送り出し、多くのワインファンを魅了してきたフラワーズ夫妻ですが、2008年にご高齢のため引退。

現在は、フラワーズのワイン哲学を引き継ぎ、醸造家アグスティン・フネアスとそのファミリーがワイナリーを運営しています。

女性醸造家シャンタル・フォーサン

アグスティンは、チリ最大のワイナリー『コンチャイトロ』隆盛の立役者であり、現在はナパのトップワイナリーの一つクィンテッサも手掛けるなど、しっかりとした実力を備えています。この山奥の畑の素晴らしい可能性に気付いていた彼らは、オーガニック農法やバイオダイナミクス農法を徹底して取り入れ、今まで以上にフラワーズの可能性を追求しています。

2012年からは、女性醸造家シャンタル・フォーサンが着任。バイオ・ダイナミクスを追求するボニー・ドゥーンのランドール・グラハム氏の元でバイオダイナミック農法と自然なワイン作りを学び、ニュージーランドのクォーツ・リーフでピノノワールとシャルドネへの情熱に火をつけた彼女のもと、フラワーズはかつてないクオリティを体現しています。醸造責任者として就任した現在は、より畑の特徴を反映しテロワールを表現したワイン造りを行なっています。

フラワーズが所有する2つの自社畑

フラワーズの2つの自社畑は、ナビゲーションシステムが無かった時代はワイナリーにたどり着けない人が続出した、辺鄙な場所にあります。ここは、冷たい寒流が流れる太平洋に近いソノマ・コーストの山中に位置し、山岳地で標高も緯度も高く『本当にこんな場所でブドウは育つのか』と疑問に思われるほどに気温が低いことが特徴。

通常このエリアでは、カリフォルニア名物の「霧」の影響を強く受け、ブドウの成熟が足りません。そのためフラワーズの自社畑は共に霧の及ばない約400メートルの高地にあります。

厚い雲と太平洋からの霧に覆われブドウ畑は冷やされ、霧の晴れた朝から昼にかけ豊かな日光を浴びる独特な気候条件。

海風によってブドウに豊かな酸味が保たれ、長い日照時間によりブドウの果皮は厚くなりタンニンなどフェノール分の豊かな骨格のあるワインとなります。カリフォルニアの強い日差しと低い気温、この相反する要素が他のどこにもない独特な風味を与えるようになります。

キャンプ・ミーティング・リッジ

フラワーズ夫妻が1991年に拓いたキャンプ・ミーティング・リッジは、かつてポモ・インディアンの避暑地として、またロシア人毛皮商人との交易の場として利用されていた場所で、農業としては全くの手付かずの土地でした。

太平洋からは約3.5km距離にあり、標高が約350~440mと霧より上に位置するため、ブドウの生育期には十分な日光を浴びることができる場所。130haから成るこの場所には、シャルドネが約7ha、ピノ・ノワールが約4haしか植えられていません。ピノノワールは魅惑的なスパイス、しっかりとした果実味、引き締まったタンニンが特徴。シャルドネは、豊かなレモンカードのフレーバーと繊細なミネラルが特徴。

キャンプ・ミーティング・リッジ

シー・ヴュー・リッジ

1998年に土地を購入し植樹したシー・ヴュー・リッジは、太平洋からは約2.9kmの距離、標高が約430~570mに位置しています。これは、キャンプ・ミーティング・リッジより高く、海から近い場所です。若い火山性の土壌が多く含まれているため、口当たりが良く、丸みを帯びています。

シー・ヴュー・リッジも133haという広大な土地を有していますが、ブドウが植えられているのは、たった17haだけ。シャルドネ0.8haとピノ・ムニエ0.7haを除き、ほとんどピノノワールが植えられています。ピノノワールは、鮮やかな果実味、柔らかいタンニン、香り高いアロマが特徴。シャルドネは、はっきりしたアロマ、爽やかな果実味、エレガントなボディが特徴。

シー・ヴュー・リッジ

ソノマ・コーストAVAについて

ソノマ・コーストの畑

この20年で最高品質のシャルドネやピノ・ノワールの産地として不動の地位を勝ち得てきたソノマ・コースト。

現在もカリフォルニアを代表する素晴らしいワインが次々と生み出されていますが、かつては多くの醸造家達から「あんなところ寒すぎてせいぜいスパークリングワインの材料ブドウぐらいしかできないだろう」と思われていました。

しかしフラワーズを始めとする志の高い造り手達の長年の努力で、高品質かつ個性を持つワインがソノマ・コーストで造られることが判ってくると、シャルドネとピノノワールの生産者達から熱い視線を集めることとなっていきました。

しかしそれによって弊害も起きます。Sonoma Coastと記されたワインがワイン愛好家の間で大流行すると、様々な利害の関係から認定エリアが広く設定されてしまうという問題が起き、消費者の間で混乱が生じるようになっていきました。

この結果、人々は混乱を避けるために、フラワーズが位置する独特の風土を持つエリアをいつしか“True Sonoma Coast”という非公式な名称で呼ぶようになりました。その後“Fort Ross-Seaview”という正式なサブAVA(小区画)が認定され、現在は海側の個性的な風土を持つエリアを限定するためにWest Sonoma Coast AVA策定の動きが進んでいます。

並び替え
5件中 1-5件表示
  • ロゼワイン

フラワーズ ロゼ ワイン ソノマ コースト [2020]

【たおやかで美しい辛口のロゼ】
良質なソノマコーストのピノを100%使用。野花のブーケやシトラス、いちごのフレッシュな香りが広がります。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: ロゼワイン甘-辛: 辛口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,930 のところ
販売価格 ¥ 6,237 税込
  • 赤ワイン

フラワーズ ピノ ノワール ソノマ コースト [2018]

スタンダード品とは思えないクオリティ。厳しいソノマ・コーストの気候、特殊なテロワールを体現するスタイルです。強い日差しによる凝縮した果実味と冷たい気候がもたらす酸味との絶妙のバランス。他の産地にはない個性的な味わいです。

クランベリーやチェリーの熟した赤いフルーツ香、豊かで伸びのある酸、きめ細かなタンニン。クローヴなどのかすかなスパイスがアクセントとなり、ワインに複雑味を与えています。中盤はしっかりとした果実味を感じ、華やかな香りの余韻が楽しめます。旨味もしっかりとあり、スケールの大きさを感じるワインです。

ソノマ・コーストの優良な契約栽培家と自社畑シー・ヴュー・リッジのピノ・ノワールから厳選して使用しています。フレンチオーク100%(18%新樽)にて10ヶ月熟成しています。アルコール度数14.1%。


■フラワーズについて
ウォルト&ジョアン・フラワーズは、「ソノマ沿岸の気候は、ピノやシャルドネ相応しい」との信念を持ち、1989年にソノマ沿岸の斜面の畑でブドウ栽培をはじめました。当時、太平洋の寒流の影響を強く受けるソノマ沿岸のソノマ・コーストは、ブドウ栽培には適さない土地と言われ、ワイン産地としては、ほとんど見向きもされませんでしたが、最初に、フラワーズの畑の素晴らしい可能性に気づいたのはキスラーでした。

キスラーは、フラワーズの自社畑のブドウを買い、素晴らしいシャルドネを造ったことで、フラワーズの名は一躍世に知られるところとなりました。

そして、2008年、引退したフラワーズ夫妻から、畑とワイナリーを引き継いだのは、チリの名門「コンチャイトロ」の立役者である醸造家アグスティン・フネアスとそのファミリーでした。2012年には、ボニー・ドゥーンやリースなどで経験を積んだ醸造家シャンタル・フォーサンが着任し、献身的な働きによってフラワーズは、かつてないクオリティを体現し、現在は、より畑の特徴を反映しテロワールを表現したワイン造りを行なっています。
通常価格 ¥ 9,570 のところ
販売価格 ¥ 7,656 税込
  • 赤ワイン
  • WA93点

フラワーズ ピノ ノワール シー ヴュー リッジ ヴィンヤード [2016]

太平洋から、わずか3キロにも満たない沿岸に近いエリアで、自社畑キャンプ・ミーティング・リッジより、さらに海に近く、100m近く標高が高い標高600mの、この畑(シービュー・リッジ)は、冷たい海風を受け、非常にエレガントで骨格のあるスタイルとなります。

強い日差しによる凝縮した果実味と、しっかりとしたタンニン、冷たい気候がもたらす酸味との絶妙のバランス。他の畑より標高が高いため、やや明るいフルーツ感と強い酸味を感じます。

ラズベリーやクランベリーの凝縮した果実味と、ローズマリーやタイムなどのハーブ香が感じられ、豊かなタンニンと酸を併せ持つ、エレガントかつ芯のある味わいです。非常に寒いエリアながら、熟度もしっかりあり、類まれなバランスを持つワインに仕上がっています。果実味豊かで美しい、このワインは、シービュー・リッジ・エステート・ヴィンヤードのエレガンスを見事に表現しています。

畑は、自社畑シービュー・リッジのピノ・ノワールから厳選して使用しています。ステンレス・タンク(95%除梗、5%全房)にて発酵し、フレンチオーク (25% 新樽) にて15ヶ月熟成しています。アルコール度数13.5%。


■フラワーズについて
ウォルト&ジョアン・フラワーズは、「ソノマ沿岸の気候は、ピノやシャルドネ相応しい」との信念を持ち、1989年にソノマ沿岸の斜面の畑でブドウ栽培をはじめました。当時、太平洋の寒流の影響を強く受けるソノマ沿岸のソノマ・コーストは、ブドウ栽培には適さない土地と言われ、ワイン産地としては、ほとんど見向きもされませんでしたが、最初に、フラワーズの畑の素晴らしい可能性に気づいたのはキスラーでした。

キスラーは、フラワーズの自社畑のブドウを買い、素晴らしいシャルドネを造ったことで、フラワーズの名は一躍世に知られるところとなりました。

そして、2008年、引退したフラワーズ夫妻から、畑とワイナリーを引き継いだのは、チリの名門「コンチャイトロ」の立役者である醸造家アグスティン・フネアスとそのファミリーでした。2012年には、ボニー・ドゥーンやリースなどで経験を積んだ醸造家シャンタル・フォーサンが着任し、献身的な働きによってフラワーズは、かつてないクオリティを体現し、現在は、より畑の特徴を反映しテロワールを表現したワイン造りを行なっています。
通常価格 ¥ 14,080 のところ
販売価格 ¥ 12,600 税込
  • 白ワイン
  • WA90点

フラワーズ シャルドネ ソノマ コースト [2017]

スタンダード品とは思えないクオリティ。厳しいソノマ・コーストの気候、特殊なテロワールを体現するスタイルです。強い日差しによる凝縮した果実味と冷たい気候がもたらす酸味との絶妙のバランス。他の産地にはない個性的な味わいです。

オレンジやマイヤーレモン、新鮮なパイナップルなどの果実味にほのかに白胡椒などのスパイスが加わった洗練された辛口です。冷涼なエリアらしい爽やかな酸味がありながらも、豊かな果実と骨格が基盤にあり、非常に豊かな味わいです。スタンダードのキュヴェでありながら、完成度の高さに驚かされます。

ソノマ・コーストの優良な契約栽培家および自社畑キャンプ・ミーティング・リッジのシャルドネから厳選して使用しています。フレンチ・オーク100%(18%新樽)で11ヶ月間熟成し、ボトリング前に3ヶ月間、ステンレスタンクで澱とともに熟成します。アルコール度数13.5%。


■フラワーズについて
ウォルト&ジョアン・フラワーズは、「ソノマ沿岸の気候は、ピノやシャルドネ相応しい」との信念を持ち、1989年にソノマ沿岸の斜面の畑でブドウ栽培をはじめました。当時、太平洋の寒流の影響を強く受けるソノマ沿岸のソノマ・コーストは、ブドウ栽培には適さない土地と言われ、ワイン産地としては、ほとんど見向きもされませんでしたが、最初に、フラワーズの畑の素晴らしい可能性に気づいたのはキスラーでした。

キスラーは、フラワーズの自社畑のブドウを買い、素晴らしいシャルドネを造ったことで、フラワーズの名は一躍世に知られるところとなりました。

そして、2008年、引退したフラワーズ夫妻から、畑とワイナリーを引き継いだのは、チリの名門「コンチャイトロ」の立役者である醸造家アグスティン・フネアスとそのファミリーでした。2012年には、ボニー・ドゥーンやリースなどで経験を積んだ醸造家シャンタル・フォーサンが着任し、献身的な働きによってフラワーズは、かつてないクオリティを体現し、現在は、より畑の特徴を反映しテロワールを表現したワイン造りを行なっています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,130 のところ
販売価格 ¥ 7,304 税込
  • 白ワイン

フラワーズ シャルドネ キャンプ ミーティング リッジ ヴィンヤード [2014]

暑いカリフォルニアの夏、その昔、先住民達が避暑のために、この地に集まっていた事からその名がつきました。キャンプ・ミーティング・リッジは、無名だったソノマコーストの名を世界に広めた愛好家垂涎の最高級ヴィンヤードです。生産量が非常に少ない希少品です。

強い日差しによる凝縮した果実味と冷たい気候がもたらす酸味との絶妙のバランスです。

鮮やかな黄金色の色調。レモンオイル、スイートウォーター、アプリコットの魅力的なアロマに、火打ち石や砕いた石の香りが加わります。広がりのあるテクスチャー、鮮やかなシトラス、クレームブリュレ、そしてキャンプ ミーティング リッジの特徴である海塩のミネラル感が層になっています。

洗練されたバランスと生き生きとした酸味が口の中に広がり、余韻の長いフィニッシュへと続き、エステート・ヴィンヤードを鮮やかに表現しています。

畑は自社畑キャンプ・ミーティング・リッジのシャルドネから厳選して使用しています。フレンチオーク (30%新樽) にて17ヶ月熟成しています。アルコール度数13.7%。


■フラワーズについて
ウォルト&ジョアン・フラワーズは、「ソノマ沿岸の気候は、ピノやシャルドネ相応しい」との信念を持ち、1989年にソノマ沿岸の斜面の畑でブドウ栽培をはじめました。当時、太平洋の寒流の影響を強く受けるソノマ沿岸のソノマ・コーストは、ブドウ栽培には適さない土地と言われ、ワイン産地としては、ほとんど見向きもされませんでしたが、最初に、フラワーズの畑の素晴らしい可能性に気づいたのはキスラーでした。

キスラーは、フラワーズの自社畑のブドウを買い、素晴らしいシャルドネを造ったことで、フラワーズの名は一躍世に知られるところとなりました。

そして、2008年、引退したフラワーズ夫妻から、畑とワイナリーを引き継いだのは、チリの名門「コンチャイトロ」の立役者である醸造家アグスティン・フネアスとそのファミリーでした。2012年には、ボニー・ドゥーンやリースなどで経験を積んだ醸造家シャンタル・フォーサンが着任し、献身的な働きによってフラワーズは、かつてないクオリティを体現し、現在は、より畑の特徴を反映しテロワールを表現したワイン造りを行なっています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 14,740 のところ
販売価格 ¥ 12,610 税込
並び替え
5件中 1-5件表示