ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

ラッドRudd

ラッド

1960年代にフランスを訪れたレスリー・ラッド(Leslie Rudd)は、伝統を守りながら何世代にも渡って続く、ボルドーのシャトー・オー・ブリオンを訪問し、このような形で「自分の娘やその後何代も続く次世代への遺産を残したい・・・」その思いからワイナリーを立ち上げます。

1996年、レスリーはナパ・ヴァレーに55エーカーの土地を購入し、自身の名を冠したワイナリー、ラッドを設立。その土地は最高級のカベルネ・ソーヴィニョンとボルドー・ブレンドのワイン地域として認識されているナパ・ヴァレー屈指のアペレーション、オークヴィル(Oakville)です。

赤く岩の多い土地には、新しいブドウの樹が植え替えられ、約2000㎡の地下のカーヴを備えた石造りのワイナリーを建てました。絵のように美しいこの場所は、ダラ・ヴァレ、プランプジャック、ハーラン・エステートボンド、セント・エデン・ヴィンヤード、スクリーミング・イーグルフェルペス・バッカス等の著名な畑に囲まれています。

レスリーはカンザスのウィチタの出身です。彼の故郷で最大のワイン&スピリッツのホールセラーであるスタンダード・ビバレージ・コーポレーションの経営に加え、高級食品の世界でもキャリアを構築し、スペシャリティ・フードやキッチン用品、カリフォルニア・ワインを揃える高級ショップであるディーン&デルーカの会長としても有名です。最近では、カリフォルニアワインの古酒を数多く取り揃えたステーキハウス、プレス(PRESS)の経営や、全米で最初のスーパーマーケットとして知られる、オークヴィル・グローサリー(Oakville Grocery)の買収など、ワインだけでなく、人々の食文化を豊かに楽しくする、常に新しいライフスタイルの発信元となるビジネスを幅広く繰り広げています。

ラッドでは、彼の名前の付く唯一のそして始めての冒険を手助けするために、手工芸的な細部にこだわる物造りに専念しています。卓越性の探求と資金のサポートがこのオークヴィルのラッドを前途有望なワイナリーに造り上げました。

このワイナリーの素晴しい資源であるオークヴィルのブドウを最良の方法で生かすために、ディヴィッド・エイブリュー(Davie Abreu)がヴィンヤード・マネージャーとして指導。 最近では、オーパス・ワンやプランプジャックで従事していたフレデリック・アモンズ(Frederick Ammons)がワインメーカーとして、マスター・ソムリエのドゥルー・ヘンドリクス(Drew Hendricks)が副社長としてラッドのチームに入りました。

2000年にファースト・ヴィンテージをリリースしたラッドは、植え替えをしたオークヴィルの自社畑からカベルネ・ファミリーのワインと、マウント・ヴィーダーAVAから少量のナパ・ヴァレー・ソーヴィニョン・ブランを造っています。

2件中 1-2件表示
  • 赤ワイン
  • WA98点

≪高得点≫
ラッド エステート レッド ワイン オークヴィル エステート [2015]

オーパス・ワンと同じくナパヴァレー/オークヴィル地区に自社畑を持つ老舗ワイナリー

赤土の火山性土壌、白っぽい川の堆積土壌、粘土と砂の混じる土壌と3つの違った土壌から多様性のある品種の個性が生み出されます。オーガニック栽培。数種の醗酵槽と使い、仏産樽約2年熟成(新樽率50%) 森林の香、鉛筆の芯、メントール、中華のスパイスなど魅惑的なアロマが立ち、ミドル~フルボディで驚くようなフレッシュさも持ち合わせます。細かくこなれたタンニンがスパイスの印象を持って長く余韻が残ります。

ラッド・エステートは創業者・故レスリー・ラッド氏が、1996年にオークヴィルの国道より東側のオークヴィル・クロスロードとシルヴァラード・トレイルが交差するナパ・ヴァレーでも特級のワイナリーが結集する地区に自社畑を購入。ボルドーのシャトー・オー・ブリオンを目標に、素晴らしいテロワールと名立たるワインメーカーのバトンリレーにより高い評価を受けてきました。

ワインは自社畑のみから造られ、赤ワインは銘醸地オークヴィルから、白ワインはオークヴィルの西側山麗マウント・ヴィーダーに自社畑を持ち、オーガニック栽培を行っています。2015年にシャトー・マルゴーのインターンを終え、ワイナリーに戻ったレスリーの娘サマンサが、父レスリーの情熱と宝物である自社畑のワインを継承し、新たな息吹を新しいチームと共に吹き込んでいます。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/オークヴィル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン94%、カベルネフラン3%、プティヴェルド2%、マルベック1%
  • 750ml
通常 ¥ 39,600 のところ
特価 ¥ 33,660 税込
  • 赤ワイン

ラッド クロスローズ カベルネソーヴィニヨン オークヴィル ナパヴァレー [2016]

畑:ナパ・ヴァレー、オークヴィルの国道29号線より東側のヴァレーフロアから、シルヴァラード・トレイルを越えて西側の丘陵までの土地は、ナパ・ヴァレーのメッカとも言うべき、超有名ワイナリーがひしめく。スクリーミング・イーグル、ボンドのひとつセント・エデン、ダラ・ヴァレ、ピーター・マイケルのオー・パラディなど。

ラッドは、そのほぼ真ん中に自社畑を1996年に入手しました。母岩は硬い火山岩で、3つの違った土壌を持つ。ワイナリーを取り囲む23haは赤土が混じる火山性土壌、ワイナリーの北側16haはなだらかな斜面で小石が混じる川の堆積土壌で水はけが良いです。

オークヴィル・クロスロードの南にある3haの区画は粘土質と砂が混じった東向き斜面。三つの違う種類の土壌により、多様性のある葡萄が栽培されています。カベルネ・ソーヴィニヨン主体に、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、マルベックが植樹されている。オーガニック栽培で、羊が放たれ動き回ることにより土が柔らかく保たれ、益鳥、益虫により自然を生かした生態系を作り、葡萄畑を健全な状態にすることに注力しています。

2016年について:長く続く乾燥した生育期間の年であったが、冬には十分な雨があり、葡萄の樹は生き生きとしていました。夏に熱波が数回来たが調度良い成熟をもたらし、9月前半の収穫からフレッシュで酸が保たれた葡萄が、最後の10月初めの収穫では果皮が厚くなり深みのある色合いと複雑な味わいの要素を含む葡萄を収穫。長い収穫期間が取れたことにより、区画ごとにじっくりと成熟を見極めることができたヴィンテージです。

醸造:土壌・葡萄の個性に合わせた形の違うステンレス・タンク、自社畑の岩を砕いで混ぜたコンクリート・タンク、小樽醗酵(225L―500L、葡萄の撹拌を回転させて行う)など、数種類の醗酵槽を使い分けています。熟成は仏産樽にて約2年(新樽率50%)。

味わい:鉄分を多く含んだ赤土土壌の個性がワインの味わいにも現れ、土っぽさ、赤味の肉などのオークヴィルのカベルネ・ソーヴィニヨンらしさが葡萄の持つ本来の果実味(ブルベリーやストロベリーのニュアンス)と共に楽しめます。フルボディ、濃い色合い、凝縮感のあるタンニン。今直ぐにも楽しめ、熟成も十分に期待できます。ステーキ、焼き肉、すき焼き、ハンバーグステーキ、煮込み料理全般と素晴らしい相性です。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー/オークヴィル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨンほぼ100%、カベルネフラン、プティヴェルド少々
  • 750ml
通常 ¥ 13,750 のところ
特価 ¥ 11,000 税込
2件中 1-2件表示