商品検索/ITEM SEARCH







CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

TOPページ > ワイナリー > ニュージーランド > マ行 > マッド ハウス

マッドハウス

マッドハウス / Mud House

世界で評価されるニュージーランドの急成長ワイナリー

マッドハウスの設立と同時にCEOとしてブランディング、マーケティングを手がけているのが「バーデン・ヌゥアン・キー氏(Baden Ngan Kee)」バーデン氏は10年間NZのみならず世界各国のワインブランドに携わり、テイラー(ポルトガル)、コンチャイトロ(チリ)、ドルーアン、ショプティエ、ポル・ロジェ(仏)、フレシネ(スペイン)、デボルトリ、ブラウン・ブラザーズ、ローズマウント、ペンフォールド(豪州)、デレガト、オイスターベイ(NZ)の発展に起因しています。

こうしてこれまでの経験や人脈を活かし"たったの2年"でマッドハウスをニュージーランドを代表するワイナリーに育てました。

マッドハウス

マッドハウスは、ニュージーランドでもっとも大きなワイン産地として知られている「マールボロ地区」に、250エーカーの畑と300エーカーのコントラクト・ヴィンヤードを所有。ソービニヨンブラン、ピノノワールに力を注ぎ栽培している。また、ニュージーランドの最高級ピノノワール産地として世界的に有名な「セントラル・オタゴ地区/ベンディゴ地区」には、250エーカーの畑(ピノノワールのみ)を所有、この地区では2番目の生産量を誇るピノノワール生産者となっている。

また、ニュージーランドで最もアロマティックなワイン生産地(リースリング、ピノグリ等)として急激に成長している「ワイパラ地区」には500エーカーの畑を所有しNZで2番目の規模となるリースリングを生産、最大規模のピノグリも生産してます。

これらの生産地で作られるワインは、現在、ニュージーランドのみならず諸外国のワイン・コンペティションにおいて多数の金賞を受賞している実力派。

また、"ワイパラの緑化"を推進しており、より自然な葡萄栽培を行うために土着品種でもあるブドウ畑の各通りには「マオリ・ジャスミン」が列をなして植えられおり、オーガニック・マルチシステム(土壌改良)が行なわれています。

5 件中 1-5 件表示 

マッドハウス リースリング ワイパラ ヴァレー[2016]

マッドハウス リースリング ワイパラ ヴァレー[2016]

NEW!!

通常1,993円のところ
特価1,993円(税込)

薄い金色。シトラス、ジンジャー、春の花を感じさせる素晴らしいアロマ。果実の凝縮感に満ちたいきいきとした味わい。フィニッシュには自然の甘さが感じられます。

ブドウはワイパラにある自社ヴィンヤード、ディーンズとマウンド・ヴィンヤードから収穫しています。ワイパラは砂利の多い土壌が沖積土に重なっており、ミネラル感のあるエレガントなストラクチャのワインを生み出します。

醸造について:ぶどうを丁寧に圧搾し、一部はスキンコンタクト(6-12時間)を行い品種の特長を引き出し骨格と深みを生み出します。フリーラン果汁は様々な種類の酵母を用いて3週間低温発酵を行います。その後澱引きを行い、ブレンド前にさらに3週間低温に保ちます。

ヴィンテージについて:生育期は温暖な気候が長く続いたため、完璧なタイミングまで果実を成熟させることができました。その結果、熟したアロマと骨格のあるリースリングとなりました。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

マッドハウス へイメーカー ソーヴィニヨンブラン[2018]

マッドハウス へイメーカー ソーヴィニヨンブラン[2018]

NEW!!

通常1,773円のところ
特価1,089円(税込)

新鮮で生き生きとした、口中を潤す酸を持つソーヴィニヨン・ブラン

淡いレモン色。新鮮なグレープフルーツやグァバ、イラクサのアロマが立ち昇ります。味わいは爽やかで、凝縮した果実味が感じられます。グレープフルーツとトロピカルのニュアンスが続いて口中に広がると、生き生きとした酸がワインにきりっとした、口中を潤すようなフィニッシュをもたらします。

畑:このワインに使われる果実は、マールボロのサブ・リージョンであるワイラウ・ヴァレーやワイパラ・ヴァレーにある選ばれた栽培農家から調達しています。

ヴィンテージについて:2018年は素晴らしい生育期でした。春の温暖な気候が開花に良い影響を与え、素晴らしい果実の成長を促しました。ブドウの成熟期には葉も程よく生茂り、通常より少し早い収穫期を迎えました。

醸造にについて:冷涼な夜間に収穫を終えると、ブドウはワイナリーへと運ばれ、丁寧に破砕・圧縮されます。ブドウは低温に保たれることで酸化を防止します。低温で落ち着かせた後、まとまり毎にステンレスタンクにて低温発酵をおこない、様々な培養酵母を使用することで、ブレンドに複雑味を与え、新鮮な果実の特徴を残すようにします。

低温発酵は約2週間続き、ワインは冷やされ、その後すぐに澱引きが行われました。ワインは発酵が完了するとブレンドされ、その後ボトリングに向けてゆっくりとバランスを整えて準備に入ります。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

マッド ハウス セントラルオタゴ ピノノワール[2018]

マッド ハウス セントラルオタゴ ピノノワール[2018]

通常2,722円のところ
特価1,980円(税込)

色:ルビー色。

アロマ:熟したレッドチェリー、ブラックチェリーに、ほのかなスパイスのアロマ。

味わい:ジューシーなチェリーが滑らかな口当たりを導き、酸とタンニンの素晴らしいバランスとともに、 長いフィニッシュが続きます。

セントラル・オタゴのベンディゴ地区にある自社ヴィンヤードで収穫したブドウのみを使用した、シングル ヴィンヤード ワイン。ローム土と片岩土の水はけのよい土壌はピノ・ ノワールの栽培に 最適です。昼間の大きな温度差がストラクチャと凝縮感を与えます。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

マッド ハウス マールボロ ソーヴィニヨンブラン[2018]

マッド ハウス マールボロ ソーヴィニヨンブラン[2018]

通常2,208円のところ
特価1,628円(税込)

色:淡い小麦色。

アロマ:サヤエンドウやシトラス、パッションフルーツ

味わい:素晴らしくバランスのとれたワイン。最初に新 鮮なメロン、シトラス、グレープフルーツの風 味が感じられ、フィニッシュにはグレープフル ーツのような爽やかな酸が口いっぱいに広がります。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る



5 件中 1-5 件表示