ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

ドン アンド キンデリDon & Kindeli

ニュージーランドのマタヒウィとアラナをスターダムに押し上げた醸造家アレックス・クレイグヘッド

ドン アンド キンデリを率いるシドニー生まれのアレックス・クレイグヘッドは、幼少期にニュージーランドに移住し、クライストチャーチで育った彼はキャリアを料理人としてスタートしました。

2001年にシェフとして、西オーストラリアのスワン・ヴァレーに移り住みましたが、同地で多くのワインを味わい、醸造家と密接な繋がりを持った事でワイン造りへの情熱が目覚め始めたそうです。

ワインへの熱い想いは、彼をキッチンから切り離し、ニュージーランドのリンカーン大学への誘います。そこで醸造学と栽培学を修め、フランス・イタリア・スペイン・アメリカ・カナダと各国で、ビンテージを含めた全プロセスを叩きこむ事になるのです。

世界各地を巡りながら様々なスタイルのワイン造りを体験し、2011年にようやく生まれ育ったニュージーランドへ戻って来たアレックスには一つの野心がありました。それは、ニュージーランド最高の「ピノ」ファミリーを作り上げる事でした。

ワイララパにあるマタヒウィ・ワイナリーを経て、若干32歳の若さでアラナ・エステートの醸造最高責任者に抜擢されたのは、情熱のみならず、マタヒウィを一躍スターダムに伸し上げた彼の手腕が評価された結果です。

ドン アンド キンデリは、マーティンボローの雄アラナ・エステートを率いつつ、アレックス自身が本当に自分の為に作りたいと願ってスタートしたレーベルです。居を南島のネルソンへと移し、また日本とスペインでも、ワイン作りに挑戦しながら更なる飛躍を遂げようとしています。

「Kindeli」と「GRAPEREPUBLIC」のコラボ・ワイン

輸入元であるワインダイヤモンズのスタッフが、当時サローネグループの統括マネージャーを務めていた藤巻一臣氏からの電話着信を受けたのは、今からまだ3年前の事だったそうです。「ワインダイヤモンズが輸入してる生産者の処に勉強行ってくるからさ」と半ば強引とも言える報告を受けた数日の後、藤巻氏の身体は南半球のニュージーランドに在りました。キンデリとドン、2ブランドのナチュラルワインを作るアレックスクレイグヘッドが当時居を構えていたマーティンボローでワイン作りを細胞レベルまで叩き込む為に。

当時藤巻氏は50歳。残された人生で一体何度のビンテージを過ごす事が出来るのか…北半球と南半球両方でワイン作りをする事でその回数を倍にしようという何とも単純明快なアイデアは、無尽蔵のエネルギーを搭載した氏によって即実現してしまったのでした。当時日本へのワイン輸出を始めたばかりのアレックス。巨大な野犬の様な藤巻氏に当初は面食らった様でしたが、その献身性と成果に深く感銘を受け無給で働いていた氏に一つのオファーを出す事を決心しました。それは彼が畑から受け取ったブドウをボーナスとしてプレゼントする事。そして更にそのフルーツでワインを作る事。インシエーメはこうして誕生する事になったのです。

5件中 1-5件表示
  • 赤ワイン

グレープ リパブリック アンド キンデリ インシエーメ ロッソ [2019]

今回もツイストが効いたブレンド。ピノ・ノワール/リースリングの70/30、しかも混醸です。

除梗した双方のフルーツをステンレスタンクで混醸。7日の発酵とマセラシオンの後にプレス。熟成も同じステンレスタンクで行っています。この組み合わせはAlex Craighead(アレックス クレイグヘッド)のアイディアで、彼自身、ピノ・ノワールと組み合わせて相性の良い白ブドウを何パターンも試してみたそうです。

特に、ピノ・ノワールと同時に収穫された、このリースリングは完熟度が高くスパイシー。スモークや松露、バタースコッチやハチミツ、白コショウや生姜、コリアンダーシードを想わせるアロマがあり素晴らしくセクシーです。ピノ・ノワールには土や腐葉土的なアーシーな個性がありますが、そのキャラクターと絶妙にマッチしてくれているんですね。

7日のマセラシオンですから、ボディ自体とてもライトなのですがアロマが実に深い。Alex自身「ピノ・ノワールと混醸するなら、リースリングこそが運命の組み合わせだよ。」と自身満々に語っておりました。ちょっと冷やしてガブ飲み...でも香りをしっかり楽しんで頂きたいですね。
  • ニュージーランド/ネルソン
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • ピノノワール70%、リースリング30%
  • 750ml
通常 ¥ 3,850 のところ
特価 ¥ 3,850 税込
  • 白ワイン

グレープ リパブリック アンド キンデリ インシエーメ ビアンコ [2019]

ソーヴィニヨン ブラン/ゲヴェルツトラミネール/ピノ グリの80/10/10ブレンド。古樽による樽発酵、ステンレス熟成。今年は短期のスキンコンタクト(4~5日)に留め、フレグラントでアロマに満ちつつもフレッシュさが楽しめるスタイルに仕上がっています。

熟成期を短めに抑え、残糖度が2g/lの時点で瓶詰。意図的に微かなガスを楽しめるスーパー ライト スタイル。ピノ・グリ由来のピーチ感、ゲヴェルツトラミネール由来のジャスミン香とライチ香、そして、ソーヴィニヨン ブランのライミーでトロピカリティ全開の爽快な果実感がムンムンする素晴らしい仕上がりとなりました。

スパイスやハーブを効かせた料理とは抜群の相性。ビシ冷えにしてお楽しみ下さい。
  • ニュージーランド/ネルソン
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ソーヴィニヨンブラン80%、ゲヴェルツトラミネール10%、ピノグリ10%
  • 750ml
通常 ¥ 3,850 のところ
特価 ¥ 3,850 税込
  • 赤ワイン

キンデリ ティント (アレックス クレイグヘッド) [2018]

Nelson(ネルソン)へ移り住んで以降、Alex Craighead(アレックス クレイグヘッド)が作る一連のワインは、以前に増して明確なビジョンとプランに基づいて作られる様になりました。

気軽に飲めるハウスワイン的存在としてスタートしたTintoですが、スタート時と明確に違ったスタイルで、しかしながらBlancoと並立する様に確固たる哲学を染みつかせる様なりました。

Blanco同様に使用したブドウは2品種。ピノノワール/シラーを、50/50でブレンドしています。カルボニック マセラシオンと全房発酵、樽とアンフォラをタペストリーの様に駆使して果実の素直な美しさとフレッシュな爽快さ、更には単調ではない奥深さを兼ね備えたスタイルに仕上がっており、Alexの聡明かつブレない姿勢が顕著に反映されています。

ブラックベリーやラズベリー、サワーチェリーの味わいに薄く振られたコショウの風味。微かに感じる揮発酸は逆説的にポジティヴなリフレッシュメントとなっており、適度に感じるタンニンと相まって飲み疲れは皆無です。

彼のハウスキュヴェは2品種のブレンド、樽とアンフォラの共生がキーワードとなっています。
  • ニュージーランド/ネルソン
  • スティル ワイン色: 赤ワイン
  • ピノノワール50%、シラー50%
  • 750ml
通常 ¥ 4,290 のところ
特価 ¥ 4,290 税込
  • 白ワイン

キンデリ ブランコ (アレックス クレイグヘッド) [2018]

キンデリ ブランコはAlex Craigehead(アレックス クレイグヘッド)が初めて来日した5年前から想い描いていたハウス ワイン シリーズ。

当時北島にベースを置いていたアレックスですが、恋人ホセフィーナと共に根を張る場所を南島のNelson(ネルソン)に決意を固めつつある時にコンセプトを考え始めたそうです。

ワイナリーは、Nelsonの中でも標高の高いTasman(タスマン)地区にあるUpper Moutere(アッパー モウテレ)。歴史的にオーガニックの農業が盛んであったNelson故に、全てのフルーツは完全なるオーガニックです。

かつては多岐に渡る生産地区から多様なフルーツを収穫して醸造していた彼ですが、Nelsonに根を張って以降地元で自身がケアした畑からの収穫に拘る様になりました。フルーツは、ソーヴィニヨン・ブラン/シャルドネを50/50のブレンド。全房プレスした後にスキンコンタクトを施したソーヴィニヨン・ブランと、アンフォラで発酵熟成したシャルドネをアッサンブラージュしています。

微かに香るシェリーの様な奥行きに、綺麗なミネラルたっぷりの骨格、ハーバルでスパイシーなアロマが複雑でありながら飲み易さを兼ね備えた欲張りなスタイルです。
  • ニュージーランド/ネルソン
  • スティル ワイン色: 白ワイン
  • ソーヴィニヨンブラン50%、シャルドネ50%
  • 750ml
通常 ¥ 4,290 のところ
特価 ¥ 4,290 税込
  • 赤ワイン

ドン アンド キンデリ キンデリ エル ジャバリ シラー[2015]

キンデリとは母なる自然を表す言葉。全てのプロセスで一切の添加物を拒絶するラベルとしてアレックスが新しく作ったブランド コンセプトです。スペイン語で「猪」を表すエル ジャバリはアレックスが居を構えるマーティンボローから遥か北東に位置するホークス ベイにあるオーガニックヴィンヤードとして名高いウィリアム マードックで収穫されたシラーから作られています。

ナイトピックされたフルーツは速やかに収穫箱のまま冷却車両へと運ばれ、上部を密閉しつつ6日間のマセラシオン カルボニックに突入します。そして更にアンフォラへと移動。14日間スキンンタクトをしながら発酵を終えて行く訳です。熟成はステンレス槽で2ヶ月。更に7年使用の小樽で4ヶ月。最終的には改めてアンフォラで4ヶ月熟成させつつ澱引きしています。

猪突猛進とはかけ離れたデリケートで考えを巡らせつつ到達したプロセス。口の中でプチプチと若干感じさせる微かなガスの食感と、シラー種独特のベーコンの様な野性味が絶妙なバランスで楽しめるアレックス 渾身の新作が登場です。
  • ニュージーランド/ワイララパ/マーティンボロ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン
  • シラー
  • 750ml
通常 ¥ 5,500 のところ
特価 ¥ 5,500 税込
5件中 1-5件表示