商品検索/ITEM SEARCH







CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

TOPページ > ワイナリー > ニュージーランド > カ行 > グレイ ワッキ

グレイワッキ

グレイ ワッキはクラウディベイの元ワインメーカーが作る『クラウディベイ+α』なワイン!?

グレイワッキーのケヴィン・ジュッド氏

ニュージーランドのソービニヨン・ブランを世に知らしめたマールボロ地区屈指のワイナリー「クラウディ・ベイ」。

その「クラウディ・ベイ」で創業から約25年チーフ・ワイン・メーカーを務めてきたケヴィン・ジュッド氏が 「価格はクラウディ・ベイと同等で品質はそれ以上」 を目標に掲げて2009年にスタートさせたのが、グレイワッキです。

ケヴィン・ジュッド氏と言えばクラウディ・ベイのオーナーであるデヴィッド・ホーネン氏と共に クラウディ・ベイを創立した人物といっても過言ではない人物で、ニュージーランドのソービニヨン・ブランを世界に広めたうちの一人と言っても良いでしょう。

そんな大物醸造家が100%自分のやりたいように造ったワインがグレイワッキーなんです。

クラウディ・ベイで約25年間品質を支え続けた確かな技術力と、小規模生産者だからこそ可能な丁寧な作業により、クラウディ・ベイより更に一段高い完成度合いのワインを産み出しています。

ブランド名のグレイワッキ(Greywacke)とは、ケヴィンと妻キンバリーが初めて取得した畑につけた名前。畑にはニュージーランドの山、川、海とあらゆるところで見つける事の出来るGrey岩という堆積岩が多く含まれており、「いつか自分のブランドを造ったら、ニュージーランドを代表するワインになるようにこの名前にしたいな」と考えていたケヴィンが、1993年の終わりに「グレイワッキ」の名前を登録しておりましたが、2009年にようやく念願叶って「グレイワッキ」をリリースする事となりました。

NZのソーヴィニョンを世に知らしめた素晴らしい葡萄畑

グレイワッキーの畑

グレイワッキはワイラウ・ヴァレーにあるブランコット地区の自社畑と同じく、ワイラウ・ヴァレーのクラウディ・ベイと同じ契約農家より畑を借りてワイン造りを行っております。

畑の管理を自ら行うのは勿論の事、ドック・ポイントのオーナーでありニュージーランドきっての有名栽培家アイヴァン・サザーランド氏によって、完璧に管理されております。 アイヴァン・サザーランドもケヴィンと同じく元クラウディ・ベイ出身。クラウディ・ベイに高品質な葡萄畑を貸し出しながら、クラウディ・ベイの栽培責任者を行っていた人物です。

ワイラウ・ヴァレーはニュージーランドでも日照時間に恵まれ、海洋性気候に属し、夏から秋にかけてが穏やかな気候な為、暑さによって葡萄の酸やアロマティックな風味を奪われることなく、ゆっくりと完熟に向かうソーヴィニョン・ブランにとって理想の産地です。

ケヴィンが葡萄栽培にあたり最もこだわる点は「収穫のタイミング」です。クラウディ・ベイではフレッシュでハーバルなスタイルのワインを目指していたのに対し、グレイワッキでは「フレッシュ+奥行」のあるもう一段上の完成度を目指しクラウディ・ベイよりもやや遅めの収穫を行っております。

Kevin Judd(ケヴィン・ジュッド)氏 プロフィール

グレイワッキーをスタートさせたケヴィンジュッド氏

イングランドで生まれ、オーストラリア育ち。世界的にハイレベルなワイン醸造学部として名高いローズワーシー大学(現アデレード大学の一部)でワイン造りを学び卒業後はオーストラリア最古のワイナリーとしても知られるシャトー・レイネラで醸造家として働き始めます。

1983年になるとニュージーランドへ移り住みセラックスでワイン造りに携わります。 そして1985年にクラウディ・ベイの創立と同時に同ワイナリーのチーフ・ワイン・メーカーに就任。マールボロ最高峰のソーヴィニョンの品質を約25年間支えます。

そして2009年、50歳という人生の節目にクラウディ・ベイから独立。自らのブランGREYWACKE(グレイワッキー)をスタートしました。


ケヴィンジュッドは写真家でもあります。

ケヴィンは醸造家の傍らニュージーランドのワイン造りに関わる風景を20年間取り続けた 「プロのカメラマン」としての顔を持っています。

マールボロを舞台としたフォトグラフィック・エッセイ 「The Colour of Wine」をはじめ「Wine Dogs」、「Vineyards of NZ Calendar」 は世界中で称賛されております。

グレイワッキーの醸造家兼写真家、ケヴィン・ジュッドの作品

\コチラのワイナリーもおすすめ!/

ニュージーランドのソーヴィニヨンブランを世界に広めたクラウディベイ 元クラウディベイのチーフ・ワイン・メーカー&ブドウ栽培者のチーフイヴァン氏とジェームス氏が手掛けるドッグポイント

6 件中 1-6 件表示 

グレイワッキ ピノ ノワール マールボロ[2016]

グレイワッキ ピノ ノワール マールボロ[2016]  [ ワイン 赤ワイン ニュージーランドワイン マールボロ ]

NEW!!

通常7,414円のところ
特価5,302円(税込)

果実の熟した香りと花の甘い香りが混じり、樹上で熟したブラックチェリーや自家製のプラムジャムなどを連想させます。口蓋に甘くスモーキーなバニラや黒い果実が感じられ、乾いたオレガノとシナモンのニュアンスと混ざり合います。きめ細かく上品なストラクチャーと豊かな香りなど、ピノ・ノワールという品種を強烈に表現した味わいです。

醸造:収穫はピノ・ノワールの果皮のアロマティックさを失わないよう夜の涼しいうちに行い、コールドセッティング。20%は除梗せずに発酵。

上面開放型の発酵槽にてアルコール発酵。毎日手作業のピジャージュ。

フレンチオークにて18ヶ月熟成(新樽率40%)。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

グレイワッキ ピノ グリ[2016]

≪高得点≫
グレイワッキ ピノ グリ[2016] [ ワイン 白ワイン ニュージーランドワイン マールボロ ]

通常4,774円のところ
特価3,410円(税込)

ふくよかかつ複雑味のあるアロマ。白桃やライチ、洋ナシに白胡椒やハーブのニュアンス。アタックの印象は柔らかく温かみのあるふわふわとした果実味が感じられその後クリスピーな酸味が味わいを引き締めます。ボリュームはありながらもバランスがよく仕上がっております。

品種:ピノ・グリ100%(ブランコット・ヴァレーの単一畑より収獲)

醸造:完熟した状態にて収穫され、除梗せずにプレス。その後コールドセッティング。ステンレスタンク(培養酵母使用)とフレンチバリック(野生酵母使用)にて発酵。フレンチオーク樽にて澱とともに4ヶ月熟成。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

グレイワッキ シャルドネ[2015]

≪高得点≫
グレイワッキ シャルドネ[2015] [ ワイン 白ワイン ニュージーランドワイン マールボロ ]

通常6,974円のところ
特価4,890円(税込)

完熟したレモンやカシューナッツ、ショートブレッドの香り。スモーク、ラノリンのような香りも。口の中では複雑な味わいが広がり、リッチな完熟感のある柑橘類の果実味や硬質なミネラル感が全体を支え余韻まで長く続きます。

醸造:完熟した状態にて収穫され、除梗せずにプレス。フレンチバリック(新樽率20%)にて野生酵母のみを使い発酵。発酵は約12ヶ月間続き、その間、時々バトナージュを行い、MLF後、更に2ヶ月澱とともに熟成を行い、2015年11月に瓶詰めしました。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

グレイワッキ ソーヴィニヨンブラン[2018]

≪高得点≫
グレイワッキ ソーヴィニヨンブラン[2018] [ ワイン 白ワイン ニュージーランドワイン マールボロ ]

通常4,510円のところ
特価2,948円(税込)

「クラウディ・ベイ」で創業から約25年チーフ・ワイン・メーカーを務めてきたケヴィン・ジュッド氏が 「価格はクラウディベイと同等で品質はそれ以上」 を目標に掲げて2009年にスタートさせたグレイワッキのソーヴィニヨンブランです。

わずかに糖分を残して造る事により、華やかな香りに奥行きがあります。しかし果実の華 やかな風味が前面に出ており残 糖感を強く感じる事はありません。グレープフルー ツやレモンの爽やかな柑橘系の 香りに桃やマンゴー、白胡椒に更にハーバルな ニュアンス等、フレッシュさの 中に適度な複雑味があります。口の中でも柑橘 系のフレーバーとふくよかな果実の膨らみをきりっとした酸ミネラルが支えバランスを保 ちながら余韻にまで続きます。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る




6 件中 1-6 件表示