ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

パトリック サリヴァンPatrick Sullivan

ヒースコートのブドウ農園で生まれたパトリック サリヴァン。ブドウやワインに囲まれて幼少記を過ごした彼は順風満帆でアカデミックな人生を送り、品行方正で行儀の良い青年となり、洗練の極みとも言えるワインを作る天才です…

なんて大嘘です。彼は我々日本のワイン業界人が考えも及ばないクソガキです 笑

アデレード大学とメルボルン大学を卒業し醸造学を学ぶに至るまで彼は牛や豚、羊の畜殺場で働いていました。ロンドンでワインにのめり込みオーストラリアへ帰国。学位を取得した現在、彼の口から飛び出てくるのは刺激的というか風刺的というか、とにかく衣が着せられていない剥き出しの感情です。

「醸造学なんて必要無いよ。畑で何を行うかが重要であって、栽培農学の方が余程大切なんだ。ワイン作りなんてシンプルなもんで、発酵槽にブドウをぶち込む。発酵が終わって不快な匂いがしなけりゃそれでオッケーさ。」とのたまいます。

現在は、サウザンド キャンドルズ農園でブドウの管理を全て一手に引き受け、自身の名前でもワイン作りを楽しみ、シーズンオフにはボージョレやシシリーでビンテージに参加。

彼が作るワインはロンドンのナチュラルワインバー テロワールでも大人気銘柄であり、いよいよ世界のスターダムに伸上って来た感さえあります。オーストラリアの風来坊。パトリックから目が離せません。

8件中 1-8件表示
  • 白ワイン

パトリック サリヴァン ミルストリーム シャルドネ [2018]

新しく手に入れた、もう一つの単一畑から生まれるChardonnay。

実は作り方は、Baw BawShire(ボー ボー シャイア)から作られるChardonnayと全く同じ。ハンドピックした後に1日半のコールド・マセラシオン、プレスした後は10年使用した古いフレンチオークの225L樽で発酵、3回のエレバージュを3いながら16ヶ月の熟成。MLFは放置している内に自然と毎年発生するそうです。バトナージュはしません。

Milstream(ミルストリーム)は、海抜が若干下がった350m。丘状に広がる牧草地帯よりも僅かばかり北側に位置するスロープ状のオーガニック畑です。

Patrick Sullivan(パトリック サリヴァン)曰く、「Milstereamは、Baw Baw Shiraよりも日当たりの時間が長くて、川に近いからスレート土壌なんだ」「だからよりエレガントで花の香りが目?ってるよ」との事。

シャブリを想わせる硬いミネラルが素晴らしい為、コントラストが鮮明な真実の姿を見せてくれるのは数年先かも知れません。

Baw BawShire(ボー ボー シャイア)から作られるChardonnayと同様に偉大なワインに育ちそうです。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ギップスランド
  • スティル ワイン色: 白ワイン
  • シャルドネ
  • 750ml
通常 ¥ 7,150 のところ
特価 ¥ 7,150 税込
  • 赤ワイン

パトリック サリヴァン レイン [2018]

ピノ・グリ、カベルネ・フランのブレンド。元々白ワインが好きだと公言していたPatrick Sullivan(パトリック サリヴァン)が「もう純然たる赤ワインは作らない。」と決めたのが2017年ビンテージ。

しかしながら後ろ髪引かれるファンに後押しされ、黒ブドウを白ブドウとブレンドして渋々「赤」を作る事となり誕生したのがこのキュヴェです。

ゲヴェルツトラミネールが、全く酸の感じられない状態だった為に、昨年とはブレンドする品種を変更しました。基本となるピノ・グリは約60%。除梗してからスキンコンタクトしながらステンレス発酵。カベルネ・フランは全房で大樽カルボニック発酵。プレス後にブレンドして、古い330Lの樽で18ヶ月の熟成。

カベルネ・フランが持つ繊細優美なタンニンと、ピノ・グリの桃感が絶妙にマッチ。今飲んでも充分美味しいんですが、数年の熟成で化け物みたいに美味しくなりそうな予感が致します。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ギップスランド
  • スティル ワイン色: 赤ワイン
  • ピノグリ、カベルネフラン
  • 750ml
通常 ¥ 7,700 のところ
特価 ¥ 7,700 税込
  • 白ワイン

パトリック サリヴァン ボー ボー シャイア シャルドネ [2018]

完全なるオーガニックの自社畑Baw Baw Shire(ボー ボー シャイア)からのChardonnay。灌漑を止めて3年目になる樹齢40年の、海抜450mに位置するPenfoldsクローン中心の畑となります。

ハンドピックした後に1日半のコールド・マセラシオン、プレスした後は10年使用した古いフレンチオークの225L樽で発酵、3回のエレバージュを行いながら16ヶ月の熟成。MLFは放置している内に自然と毎年発生するそうです。バトナージュはしません。

身震いする様な硬いミネラルとフリント香。この先20年近い熟成をしそうなポテンシャルをピリピリと感じます。味わいは正にシャブリ的。硬さと還元を若い内に保持する眉目秀麗なワインを愛する方に心からおススメさせて頂きます。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ギップスランド
  • スティル ワイン色: 白ワイン
  • シャルドネ
  • 750ml
通常 ¥ 7,700 のところ
特価 ¥ 7,700 税込
  • ロゼワイン

パトリック サリヴァン ジャンピン ジュース サンセット [2019]

Patrick Sullivan(パトリック サリヴァン)曰く、

「時々単なるジュースを飲みたくなるんだよな」

「それと時々ブドウから?まれる錬?術みたいなワインを何も考えずに飲みたくもなるんだよな」

ルール無用で結果が美味しければ何も気にしない、これはJumpin’ Juice(ジャンピン ジュース)のコンセプトが誕生した時から何も変わらない哲学。

Half Full Red(ハーフ フル レッド)から更にバリエーションが増えた現在でも彼の想いは不変です。

これまたMike Sleggers(マイク スレッガース)のビオディナミ ヴィンヤードからのフルーツを使用。スキンコンタクトをたっぷり施したソーヴィニヨンブランをベースに、ゲヴェルツトラミネール/カベルネソーヴィニヨンをブレンド。エッグタンクで熟成しています。

表記上ロゼとしていますが、その味わいは正に玉虫色。果実味も酸も溌溂としており、ジュース感が弾け飛んでしまいそうな美味しさに溢れています。
  • オーストラリア/西オーストラリア
  • スティル ワイン色: ロゼワイン
  • ソーヴィニヨンブラン、ゲヴェルツトラミネール、カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常 ¥ 3,850 のところ
特価 ¥ 3,850 税込
  • 白ワイン

パトリック サリヴァン ジャンピン ジュース ジー ダブ [2019]

Gee Dub(ジー ダブ)とはGreat White(グレート ホワイト)の略。2018ビンテージからJumpin’ Juice(ジャンビン ジュース)の生産拠点を西オーストラリアに移しに当たって、ホオジロサメを意味するこの言葉を、白ワインに冠する事を前々から頭の中に描いていたそうです。

ブドウは、セミヨン。このフルーツもMargaretRiver(マーガレット リヴァー)でビオディナミを貫くMike Sleggers(マイク スレッガース)の畑から。実はこの畑、かつてはPatrickSullivan(パトリック サリヴァン)の大親友、Si(スィ)のIwo Jakimowicz(イーウォ ヤキモウィッツ)が契約していたオーガニック ヴィンヤード。Siが完全自社畑に移行するタイミングで新たな借主を探していた為、Patrickがその権利を得たという訳です。

早摘みせずに完熟を超えて数日、ギリギリの酸が残っている状態で速やかに収穫。低温マセラシオンの後にプレス、ステンレスタンクで3週間のスキンコンタクト。同じくステンレスの意ノックスでシュール リ熟成。フレッシュで、潮風を感じさせるミネラル感、エネルギーに満ちた爽快さがあり、熱の入っていない「生」の味わいが満載です。

これぞ正にシー ブリーズと言ったところでしょうか。
  • オーストラリア/西オーストラリア
  • スティル ワイン色: 白ワイン
  • セミヨン
  • 750ml
通常 ¥ 3,850 のところ
特価 ¥ 3,850 税込
  • 赤ワイン

パトリック サリヴァン ジャンピン ジュース ハーフ フル [2019]

ワイナリー創設以来9ビンテージ目に突入したPatrick Sullivan (パトリック サリヴァン)の代名詞的存在とも言えるバッチ。2019年からはメインで使用するブドウ品種を、西オーストラリアのMargaret River(マーガレット リヴァー)産にスイッチ。

完全なるオーガニックの畑を盟友Mike Sleggers(マイク スレッガース)から手に入れ、そのシラー種を中心に複数の黒ブドウと白ブドウを混醸して作られています。

「このワインはカンパリと同じで厳密なレシピは公開していなんだ」

とブドウ品種に関する質問に対してPatrickは口を閉ざしますが、それは各品種の重さを一切測らずに感覚で構成を決めているからこそ。

シラー、ソーヴィニヨンブラン、ゲヴェルツトラミネール、カベルネソーヴィニヨン、ピノノワール、ピノグリを無作為にブレンド。相変わらずの飲み易さに加え、若干のファンクが戻って来た様に感じます。

フレッシュで食べて美味しいフルーツをスロープレスに掛けてガブガブと飲む感覚。このワインには正にそれがあります。
  • オーストラリア/西オーストラリア
  • スティル ワイン色: 赤ワイン
  • シラー、ソーヴィニヨンブラン、ゲヴェルツトラミネール、カベルネソーヴィニヨン、ピノノワール、ピノグリ
  • 750ml
通常 ¥ 3,850 のところ
特価 ¥ 3,850 税込
  • オレンジワイン

パトリック サリヴァン ウォータースキン [2018]

Patrick Sullivan(パトリック サリヴァン)はある種人を寄せ付けない空気感を持つ天才肌。

このワインの説明を求めた時も彼独特の言葉で語ってくれたのですが・・・「Sauvignon BlancもSemillonも土地の味を凄く反映するブドウなんだって事に気付いて作り始めたキュヴェなんだ。どちらも水分を貪欲に摂取する品種で、近くを流れてる河の水と同じ味がすんだよ」と言われた時は思わず閉口してしまいました。

2016年にWilliam Downieと共同購入/運営を始めたWild Dog Vineyard(ワイルド ドッグ ヴィンヤード)のフルーツを使用しているんですが、 Sauvignon Blanc、Semillon、Cabernet Sauvignonの野心的ブレンドです。

一般的に公開した資料にはSauvignon Blanc、Semillonとしか表記しなかったとの事。説明が面倒くさかったと語っておりました。

白品種は混醸。Cabernet Sauvignonはまだ青さが残る程度、通常よりも2週間前に収穫してセラミックのエッグタンク1/5程度にダイレクト プレスして放置、ベースとなるSauvignon Blanc、Semillonをステンレスタンクで4週間のスキンコンタクトをしながら発酵。マロラクティックが終わる前にエッグタンクに投入したそうです。そのまま10カ月の熟成、何もせずにボトリングされています。

青みが少し残ったプラムやパイナップル、メロンやグレープフルーツ、カボスのニュアンスがあり実に食欲が湧きます。微かに塩味があって、旨味が濃過ぎずに絶妙。Patrickらしいシニカルで挑戦的な仕上がりになりました。
  • オーストラリア/ヴィクトリア/ギップスランド
  • スティル ワイン色: オレンジワイン甘-辛: 辛口
  • ソーヴィニヨンブラン、セミヨン、カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常 ¥ 7,700 のところ
特価 ¥ 7,700 税込
  • 白ワイン

パトリック サリヴァン ジャンピン ジュース イエロー [2018]

2017年に念願叶って漸く自身の農園を手に入れたPatrick Sullivan【パトリック サリヴァン】。根を下ろす土地として彼が決めたのは盟友William Downie【ウィリアム ダウニー】が住む辺境の地Gippsland【ギプスランド】でした。

同時に彼は自身が作るワインに関する思慮を深く巡らせる様になりました。特に全てのフルーツをオーガニック100%とする事に変わりはないものの、契約畑から収穫された所謂「買い葡萄」を主としたJumpin’ Juice【ジャンピンジュース】のシリーズに関しては、収穫地を地元に拘らず、西オーストラリアにまで求める様になりました。「安くて美味い物作るんだから拘りは少なくて良いよな?」って訳です。

Yellow【イエロー】はモスカートジャッロ、シャルドネ、ソーヴィニヨンブランを使った長期スキンコンタクトの醸しワイン。エッグタンクも駆使しますが、酸化を極端に防ぎながら仕上げる為に「オレンジ」ではない「イエロー」の状態に仕上がっています。モスカート由来故にローズウォーターの香りが顕著で実にアロマティック。パイナップルやパッションフルーの様な華やかな果実味と相まって、非常に飲み口スムースです。
  • オーストラリア
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • モスカートジャッロ、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン
  • 750ml
通常 ¥ 4,620 のところ
特価 ¥ 4,620 税込
8件中 1-8件表示