ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

フレデリック スティーヴンソンFrederick Stevenson

フレデリック スティーヴンソンは、突如として南オーストラリアのアデレードに販売され始めた謎のワインでした。一体誰がこのワインを作っているのか誰も知らず、そしてどこに醸造所があるかも不明だったのです。

それもその筈フレデリック スティーヴンソンとは仮名であり、その正体はスティーヴン クロフォード。フランスでワイン作りを学んで故郷に戻ったばかりの青年だったからなのです。スティーヴンはワイン作りを始めるに当たり、先ず自身のアイデンティティを全てひた隠しにしました。

スパイダーマンやバットマンの様にエイリアスを作った事には理由があり、自身が望むスタイルを作り続ける事で周囲から敵視されたり、家族が後ろ指を指されるのではないかと考えたのです。ルーシー マルゴーやショブルックのワインが、当時は殆ど流通しておらず、スティーヴンはオーストラリアに於ける自分を異端として捉えていた訳です。

偽名を使用し、複数の無名アーティストをラベルデザイナーに据え、突如としてサンプルボトルをワインショップに送りつける事でビジネスの礎を築いたスティーヴン。つい数ヶ月前迄は無名の存在であり、アデレードの街中にある古ぼけたガレージでワインを作っている事など誰も露知らず。ミステリアスでアンビシャス。インポーターのワインダイヤモンズとの邂逅はまるで運命であったかの様に思えるそうです。

3件中 1-3件表示
  • 赤ワイン

フレデリック スティーヴンソン サンジョヴェーゼ [2017]

2017年は、FrederickStevenson(フレデリック・スティーヴンソン)にとって初めてのリリースとなるSangiovese(サンジョヴェーゼ)。しかも地元BarossaValley(バロッサヴァレー)ではなく、冷涼なAdelaideHills(アデレードヒルズ)から収穫したフルーツを使用しています。

畑はUraidla(ウレイドラ)にあるParishHill(パリッシュヒル)。海抜500mの位置に、イタリアに家族のルーツを持つ一族が所有しており、VermentinoやNero d’Avola、ProseccoやLambruscoまで栽培している稀有な存在です。2000年初冬からAlberto Antonini(アルベルト アントニーニ)に師事し、テラコッタでワインも作る小さな農園です。

一部を全房発酵で、古い大樽で仕上げられたこのキュヴェは冷涼気候故にChianti Classico(キャンティ クラシコ)よりも明らかにライトでチャーミングなスタイルは、ベリーのフレーヴァーが増幅したVino Nobiledi Montepulciano(ヴィーノ ノービレ)を彷彿とさせてくれます。

タンニンの触感は品種に忠実ですが、イタリアのそれよりも果実味が豊かで別の品種を飲んでいるかの様です。現地のソムリエ達の間でも大きな話題になっていて、瞬く間に完売してしまいました。今後、彼のワインを代表するキュヴェとなっていきそうです。
  • オーストラリア/南オーストラリア/バロッサヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン
  • サンジョヴェーゼ
  • 750ml
通常 ¥ 5,720 のところ
特価 ¥ 5,720 税込
  • 赤ワイン

フレデリック スティーヴンソン ホンゲル グルナッシュ [2018]

Hongel Vineyard(ホンゲル ヴィンヤード)は、バロッサ ヴァレー最大のオーガニック ファームであるVine Vale(ヴァインヴェール)の単一畑。Steven Crawford(スティーブン クロフォード)が作る最上質のグルナッシュ・キュヴェとなります。

フルーツの40%を全房発酵。4000Lの古い大樽に投入した後、手除梗したフルーツを上から投入します。まだ茎が残った全房部分は人間が体重を掛けてもクラッシュ出来ませんが、その隙間を除梗されて、足踏みされたフルーツから流れ出るジュースが埋めていく訳です。

後はじっくりと時間を掛けながら発酵熟成。澱引きを経て、更にバスケットプレスからボトリングという実に単純なプロセスです。

著名ワインジャーナリストであるマイク・ビニーが「ピノ・ノワールと勘違いするところだった。」と、そのエレガンスを称賛した美しきグルナッシュです。バラの香りやチェリーのアロマが生き生きしていて、マイクの言わんとしている可憐な表情が全開です。
  • オーストラリア/南オーストラリア/マクラーレンヴェイル
  • スティル ワイン色: 赤ワイン
  • グルナッシュ
  • 750ml
通常 ¥ 4,840 のところ
特価 ¥ 4,840 税込
  • 赤ワイン

フレデリック スティーヴンソン ドライ レッド [2018]

このDry Redは、Steven Crawford(スティーヴン クロフォード)流のテーブルワイン。スルスルと飲み心地良く、夜通し飲んでも疲れない、アプローチしやすいカジュアリティが身上です。

フルーツは、Vine Vale(ヴァイン ヴェール) Vineyardから収穫。オーガニックの畑が全作付面積の5%程度しか存在していないBarossa Valleyで最も良質で健全な畑です。

サンソー、シラーズ、グルナッシュ、ムールヴェドルを46:36:11:7の割合でブレンドしています。品種毎に収穫期のずれがありますので、ワイナリーへの運搬とコールドソークを終えたブドウを順次同じステンレスタンクに投入して混醸しています。大部分をステンレス熟成、一部を古い大樽で熟成。果実感がピチピチしております。

「兎に角、飲み手が蘊蓄なんて語る事無く無心でガブ飲み出来るワインにしたかったんだ。」とはStevenの弁。ラズベリーやクランベリー、イチゴやフレッシュプラム、チャーミングな赤いフルーツ総動員といったニュアンスが堪りません。灼熱の地Barossa Valley(バロッサ ヴァレー)で作られたワインとは到底思えないキュートな飲み心地は正に「既成概念の破壊者」を模索している輸入元・ワイン・ダイヤモンズのポートフォリオ哲学にピタリと嵌っております。

冷やし目で楽しんで下さいませ。
  • オーストラリア/南オーストラリア/バロッサヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン
  • サンソー46%、シラーズ36%、グルナッシュ11%、ムールヴェドル7%
  • 750ml
通常 ¥ 4,180 のところ
特価 ¥ 4,180 税込
3件中 1-3件表示