ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

ジ アイリー ヴィンヤーズThe Eyrie Vineyards

ジ アイリー ヴィンヤーズ

ジ アイリー ヴィンヤーズの早わかりポイント

  • 創設者デイヴィッド・レットは、ウィラメット・ヴァレーに初めてピノノワールを植えたパイオニア
  • 世界にオレゴン・ピノを知らしめるきっかけとなったワインオリンピック10位入賞の快挙

オレゴンピノの立役者『オレゴン・パパピノ』

ジ アイリー ヴィンヤーズ創設者デイヴィッド・レット

”パパピノ”の愛称で親しまれていたジ・アイリー・ヴィンヤーズ創設者デイヴィッド・レットは、オレゴン州ウィラメット・ヴァレーに初めてピノノワールを植えたパイオニアとして、オレゴンワイン産業界の語り草となる象徴的人物です。

シカゴで生まれ、ユタ州ソルトレイク・シティで育ったデイヴィッドは大学で哲学を学んだ後、歯科医になるつもりでしたが、ある夏、ナパ・ヴァレーを訪れた際にワインの世界に惹かれ、ワインメーキングの道へ進むことを決意しました。

1964年、25歳でUCデイヴィス校を卒業したデイヴィッドは、在学中に授業で口にしたピノノワールに強いインスピレーションを受け、ピノノワールに適した産地を知るためヨーロッパへ渡り、ブルゴーニュとアルザスの生産者を尋ね廻りました。

帰国後、『ピノノワールを植えるのに最も適した産地は温暖で冷涼なオレゴンだ』と確信したデイヴィッドは、UCデイヴィス校教授陣の「オレゴン州はブドウ栽培に不向きである」という助言をよそに、同年の暮れに後に妻となるダイアナと3,000本のブドウの挿し木を携えてカリフォルニアからオレゴンへと向かいました。

翌1965年、ダンディー・ヒルズに南斜面となった緩やかな丘陵地のある理想的な9haの土地を見つけ、そこにナパ・ヴァレーの畑とUCデイヴィス校からかき集めたピノノワールとピノ・グリ、シャルドネの挿し木を植えました。これがウィラメット・ヴァレーにおける初めてのピノノワールの植え付けで、ピノ・グリはアメリカ初の植え付けとなりました。

1979年ワインオリンピックでの世界的快挙

前述のように、当時はまだ無名のオレゴンワインを世界に知らしめるきっかけとなったのがジ・アイリー・ヴィンヤーズの存在でした。

1979年、仏グルメ誌ゴー・ミヨが世界各国のワインを集めてパリで開催したワインオリンピックのピノノワール部門ブラインド試飲において、1975年ジ・アイリー・ピノノワール(現サウスブロック・リザーヴ)が10位に入賞したのです。これがきっかけとなり、オレゴン・ピノノワールの存在が世界へ知れ渡りました。

そしてこの話には、まだ続きがあります。

ワインオリンピックでの結果に疑いをもったブルゴーニュの有名メゾン、のジョセフ・ドルーアン社が翌年の1980年に、同社の手掛けるグラン・クリュ、プルミエ・クリュクラスのピノノワールとシャルドネを集め、ブラインド試飲の再試合を行います。そこでもジ・アイリー・ヴィンヤーズの同ワインが1位のシャンボール=ミュジニィにわずか0.2ポイント差で2位に入賞。オレゴン・ピノノワールの確固たる真価が認められました。

この時の結果に影響を受けたドルーアンは、デイヴィッド・レットらと交流を深め、のちにオレゴンにワイナリー『ドメーヌ・ドルーアン・オレゴン』を設立しました。

ワインオリンピックとジョセフ・ドルーアンとの対決、2つの快挙は全米で大きく報じられた後、デイヴィッドに続いて、何人ものパイオニアがオレゴンでワインを造りはじめました。さらに、90年代には第2グループと呼ばれる海外で経験を積んだ若手醸造家たちが牽引し、オレゴンワイン産業は大きく発展しました。

受け継がれるサクセス・ストーリー

2008年9月にデイヴィッド・レットが享年69歳で逝去した後、次男のジェイソン・レットがワイナリー経営と栽培・醸造を受け継ぎ、それまでと変わりないスタイルで、ニュアンスに富み、長期の熟成に持ちこたえるワインが造られています。

ジ・アイリーの名は最初にブドウを植えた畑に高くそびえる松の木に鷹の家族が巣を作り、宿ったことに由来しています(eyrie=高巣)。 醸造所は60年代、マクミンヴィル市街地の七面鳥の加工処理所を改築したもので、近い将来、ダンディ・ヒルズの畑に隣に新しいワイナリーが完成する予定です。

ダンディ・ヒルズの5つの自社畑

ジ アイリー ヴィンヤーズの畑

自然に徹した造りダンディー・ヒルズに5つある自社畑はすべて有機栽培により育成されています。

開墾当初に植え付けた葡萄の樹齢が高まり、それぞれ畑の個性がワインに映し出されるようになったことから、2012年から単一畑のピノノワールがリリースされています。

  • オリジナル・ヴィンヤード
    植付け:1965-74年/2.8ha/標高88-140m/南西・南東向き 品種:ピノ・グリ、シャルドネ、ピノノワール(クローン:ポマール、ヴェイデンスヴィル、アップライト)、ピノ・ムニエ
  • ダフネ・ヴィンヤード
    植付け:1974年/0.6ha/標高246-260m/南西向き 品種:ピノノワール(クローン:ポマール)、ピノ・ムニエ
  • シスターズ・ヴィンヤード
    植付け:1987年/1.6ha/標高67-110m/南向き 品種:ピノ・グリ、ピノ・ブラン、ピノノワール(クローン:ポマー ル、ヴェイデンスヴィル)
  • アウトクロップ・ヴィンヤード
    植付け:1988年/2.0ha/標高85-108m/南向き 品種:ピノノワール(クローン:ヴェイデンスヴィル)
  • ローランド・グリーン・ヴィンヤード
    植付け:1988年/2.0ha/標高162-216m/南向き 品種:ピノノワール(クローン:ポマール、ヴェイデンスヴィル)
ジ・アイリー・ヴィンヤーズの2代目『ジェイソン レット氏』がワッシーズにご来店

DATE: 2015.7.12

ジ・アイリー・ヴィンヤーズ
オーナー兼ワインメーカー
ジェイソン レット氏
がワッシーズにご来店♪

ジ・アイリー・ヴィンヤーズのジェイソンさん(写真右)とドメーヌ・ドルーアン・オレゴンをデイヴィッドさん(写真左)招いて行われたセミナーに店長ハダノリが通訳として参加させていただきました!

通訳させていただいて”得な事!”といえば他の誰よりも詳しく生産者さんの事知れることです。

ジ・アイリー・ヴィンヤーズの2代目:ジェイソン レットさんはアメリカのみならず、世界に名を知られたピノパパ、レット氏のご子息!とは言えまったく飾らない、穏やかな方。小さいころからお父様と共にワイン造りが日常だったサラブレッド!ワインとそっくりの優しさがにじんでいます。(時々ウィットに富むエッジ―さも(笑)

創設者デイヴィット・レットといえばピノパパ!この人なしでニューワールドの ピノノワールはありえなかったんです。 UCデイヴィス校でフランス語の古い書物を自力で翻訳、ピノノワールを研究した時のノートを今も息子のジェイソンさんが持ってます。そのフランスの書物にはピノノワールは冷涼な地域で作る物。とあったそう。それを原動力としディヴィットレットはオレゴンにたどり着いたのです。

ちなみに、ピノグリをヨーロッパ以外に持ち出したのもピノパパが 最初。そして、話を聞いてピノパパ偉いなーー。と思ったのは ロマネコンティやら、なんやらのスーツケースクローンや長靴クローン なんて実際は使っていない事!そんなん”やってはいけない事” 以前に、危険性がものすごーーーく高い事なんです。

デイヴィットレット氏は、大学の研究室できっちりと管理され 病原菌が全く含まれていない、健全なブドウ苗木しか使っていません。 せっかく見つけた、ピノノワール最上の地オレゴンを どこか他の国からやってきた耐性のない病原菌で 汚す事なんてあってはイケない事と考えていたんですね♪ 苗木なんて菌だらけなんですよー。 だから野生酵母での発酵も可能なわけで・・・

やっぱり、この方なしでは今のピノノワールの発展は無かった!

  • イベントでお話するジェイソン氏
  • サインを書くジェイソン氏
  • ランチ
9件中 1-9件表示
  • 白ワイン
  • WA98点

自社畑の希少な古樹シャルドネの樽セレクト
ジ アイリー ヴィンヤーズ ジ アイリー シャルドネ [2019]

ジ・アイリー シャルドネは、ワイナリー設立当初1966~1974年にかけて植えられた最も古い畑のシャルドネ(自根の古樹)から造られ、そのヴィンテージの最良の樽からセレクトされている希少なワインです!!

■生産者のコメント
樹齢の高いブドウの木は、ワインに土壌のミネラルと明確に結びついています。しっかりとした酸が、花や海草の香りが際立つリッチなテクスチャーの中盤を引き立てています。

■畑について
1966~1974年にかけて植えられた最も古い自社畑ジ・アイリーのシャルドネ(自根の古樹)がつかわれています。クローンは、主にドレイパー・セレクション。火山性粘土質。有機栽培認証をうけています。

■醸造について
ジ・アイリー・シャルドネは、その個性と品質に相応しい樽を選び出し造られるバレル・セレクションです。各樽は独自の自生酵母で発酵し、それぞれが独自の速度で熟成するため、各樽の違いは非常に明確で、瓶詰めする前に、ジェイソン・レットは各樽のワインを味見して決定します。最も長い熟成のポテンシャルがある樽が、このジ・アイリー シャルドネに使われます。

フレンチオーク樽(新樽9.5%)で、滓の上で11か月熟成しています。自生酵母でマロラクティツク発酵100%。アルコール度12.74%。


■ジ・アイリー・ヴィンヤーズについて
「パパ・ピノ」の愛称で親しまれていたジ・アイリー・ヴィンヤーズ創設者デイヴィッド・レットは、オレゴン州ウィラメット・ヴァレーに初めてピノノワールを植えたパイオニアとして、オレゴンワイン産業界の語り草となる象徴的人物です。

2005年から、経営・栽培・醸造のすべてを次男ジェイソン・レットが指揮しています。開墾当初の畑ジ・アイリー(旧オリジナル・ヴァインズ)に加え、シスターズ、アウトクロップ、ローランド・グリーン、ダフニーの合計5つのヴィンヤードでは、すべて有機栽培が実践されています。

また、ジ・アイリーでは自生酵母による自然発酵と極力人的介入を避けた自然な造りを基本とし、低温浸漬や過度な抽出をせず小ロットごとにワインは仕込まれています。

ジ・アイリーのパイオニア精神と哲学は、ジェイソン・レットの緻密な仕事ぶりと共に、2世代にわたって、畑やワイナリーを支えるメキシコ人家族ら長年働くスタッフに支えられています。
  • The Eyrie Vineyards The Eyrie Chardonnay[2019]
  • アメリカ/オレゴン/ウィラメットヴァレー/ダンディヒルズ
  • スティル ワイン色: 白ワイン軽-重: やや重口甘-辛: 辛口
  • シャルドネ おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 16,500 のところ
販売価格 ¥ 13,365 税込
(0)
  • 赤ワイン

■お取寄せ ジ アイリー ヴィンヤーズ エステート トリフォリウム [2020]

赤い果実の芳醇なアロマが広がり、ジューシーで快活な果実を噛み応えのあるタンニンと一貫して伸びやかな酸が支える。手摘みブドウを除梗し自然発酵、フレンチオーク樽(新樽率17%)で28ヶ月間熟成。5つの有機栽培自社畑で栽培する赤3品種すべてをブレンドすることから、三つ葉を意味するトリフォリウムと名付けた。2020年が初リリース。
  • The Eyrie Vineyards Estate Trifolium[2020]
  • アメリカ/オレゴン/ウィラメットヴァレー/ヴァンダザーコリドー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン甘-辛: 辛口
  • ピノノワール77%、トゥルソー15%、ピノムニエ8%
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,700 のところ
販売価格 ¥ 6,526 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA92点

■お取寄せ ジ アイリー ヴィンヤーズ オリジナル ヴァインズ ピノ ノワール [2013]

ワイナリー設立時に植えられた自根の畑から造られるアイリーのフラグシップ。淡い色調で、透明感のある赤い果実のアロマにミネラルが混じる。中間から後半にかけ膨らみが増し、ほのかな塩っぽさが最後に伴う。2013年はきめ細やかなテクスチャーのもと、エレガントな長い余韻を残す。
  • The Eyrie Vineyards Original Vines Pinot Noir[2013]
  • アメリカ/オレゴン/ウィラメットヴァレー/ダンディヒルズ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 16,500 のところ
販売価格 ¥ 13,566 税込
(0)
  • 白ワイン
  • WA96点

■お取寄せ ジ アイリー ヴィンヤーズ エステート シャルドネ [2021]

果実のアロマは控えめながらも、口内にはスパイスのかかった洋ナシとミネラルが中心となって、層となって滋味深く広がる。ジ アイリーとシスターズの畑のブドウを使用しているが、そのうち約6割はデイヴィッド レットが1964年に植えた樹のマサルセレクション。
  • The Eyrie Vineyards Estate Chardonnay[2021]
  • アメリカ/オレゴン/ウィラメットヴァレー/ダンディヒルズ
  • スティル ワイン色: 白ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,900 のところ
販売価格 ¥ 8,286 税込
(0)
  • 赤ワイン

■お取寄せ ジ アイリー ヴィンヤーズ ジ アイリー ピノ ノワール [2017]

赤いベリーのピュアなアロマに森林の芳香な香りが縁取り、ニュアンスに富んだ複雑なプロフィール。舌には瑞々しいレッドチェリーの果実がミディアムな重量感のもとで、フィニッシュまで甘く熟した純粋な果実が心地よく広がる。ワイナリー設立時、最初に植えられた自根の畑から造られるアイリーのフラグシップ。
  • The Eyrie Vineyards The Eyrie Pinot Noir[2017]
  • アメリカ/オレゴン/ウィラメットヴァレー/ダンディヒルズ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 15,950 のところ
販売価格 ¥ 13,126 税込
(0)
  • 赤ワイン

酒販ニュースの元ワイン編集責任者、佐藤吉司氏のワイン
キュヴェ ガーディアン ピノ ノワール ( ジ アイリー ヴィンヤーズ ) [2018]

酒類専門紙「酒販ニュース」ワイン編集責任者を2018年までの長きに渡って務め、日本ソムリエ協会教本の編纂にも携わったワインライター佐藤吉司さんが、世界を回って惚れ込んだオレゴンピノのパイオニア『ジ アイリー ヴィンヤーズ』で特別なワインを醸造しました。

造ったのはたった2樽のピノノワール。目指したのは「アイリー以上に、アイリーらしい繊細で優美なワイン」

ラベルは、佐藤氏自身により描かれた『ブドウ畑を野ネズミから守るコヨーテ』と、その背後にアイリー・ヴィンヤード。カリグラフ(飾り文字)は地元作家に依頼したアイリー調の文字となっています。

佐藤氏は『もしこのワインご興味をもっていただけたら、是非ジ・アイリーのピノ・ノワールと一緒に楽しんでもらいたい。同じブドウ、ワイナリーで生まれたワイン、共通点と相違点を発見し、あれこれ話しながら飲むのが、この上なく楽しく貴重な体験になると思います。』と語っています。

ちなみに、佐藤氏はその後、長野県諏訪郡富士見町に移住し、ブドウ畑を拓いています。植えたのはもちろん、ピノノワールとのこと。

■ワインを造ったきっかけ
きっかけはオレゴン取材中の2017年夏のこと。「オレゴン・パパ・ピノ」である父デイヴィッド・レットから次男ジェイソンが継いでからもジ・アイリー・ヴィンヤーズの繊細・優美なピノ・ノワ-ルのスタイルは変わらず、むしろ表現力は高まり、精緻になっていることをとても不思議に思っていました。

代を継いでスタイルを維持する造り手は、米国では非常に珍しく、是非ともワインが出来るまでの過程を見てみたい、観察してみたい。「何週間か滞在させてほしい」と2代目当主ジェイソンに頼んでみました。

するとジェイソンは、「滞在するなら自分のワインを造ることが条件だ」と言うのです。「ワインジャーナリストは、ワインを評価したり、ワインづくりについて説明したりするけれど、ほとんどのジャーナリストは現場を知らない。以前、あるジャーナリストにここでワインを造りなよ。たぶんジャーナリストとして、見えてくるものが大きく変わるよ、と提案したことがある。しかし、実現しなかった」と。

そのまたとない提案に佐藤氏は飛びつき、この特別なワインが生まれました。

■畑について
畑は、ジ・アイリーの自社畑ローランド・グリーン(Roland Green、ダンディ・ヒルズ AVA)。佐藤氏によると、ローランド・グリーンの特徴は男性的な筋肉質で緻密な酒質。

この畑の土壌は、風化玄武岩由来。1988年植栽した自根の畑で、有機栽培によってブドウが育てられています。クローンは、ヴェーデンスヴィル70%、ポマール30%。

■醸造について
全房比率7%。自然発酵。1日3回のピジャージュのうち、1回は足踏み。発酵期間16日程度。発酵温度のピーク28℃程度。古樽による熟成16ヶ月。無清澄無濾過。2020年3月5日、550本を瓶詰め。
  • Cuvee Guardian Pinot Noir (The Eyrie Vineyards)[2018]
  • アメリカ/オレゴン/ウィラメットヴァレー/ダンディーヒルズ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール99%、ピノグリ1% おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 8,250 のところ
販売価格 ¥ 8,250 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA93点

入荷数極少。単一畑シスターズ・ヴィンヤードのピノノワール
ジ アイリー ヴィンヤーズ シスターズ ピノ ノワール [2016]

入荷数極少。単一畑シスターズ・ヴィンヤードのピノ・ノワール

アイリーでは、オレゴン州ウィラメット・ヴァレー/ダンディ・ヒルズに位置する5つの畑(ダフニー、ローランド グリーン、アウトクロップ、シスターズ、ジ・アイリー)の樹齢が、それぞれ25年を超え、ワインにも畑の個性が顕著に現れてきたことから、2012年に初めて畑名を冠した単一畑ピノ・ノワールのリリースを開始しました。当主ジェイソン・レットが樽を一つ一つテイスティングし、畑の個性が示されたワインのみを単一畑名でボトリングしています。

このワインは、その単一畑のひとつ「シスターズ・ヴィンヤード」のピノ・ノワールです。シスターズ・ヴィンヤードは、1981年~現在までに、標高75~112mにある南向きの畑(21.6ha)。クローンは、ポマール、ヴェイデンスヴィル。

比較的樹齢が若く、オリジナル・ヴィンヤードの北東350m、アーチェリー・サミットの畑の真下に位置しています。「シスターズ」の名はこの畑にピノ・ノワールの姉妹であるピノ・グリとピノ・ブランが植えられていることに因みます。チェリー、ラズベリーの果実は芳香で、エレガントにまとまり、しなやかさと快活な酸が調和しています。生産量は200ケースと少量。アルコール度13.0%。
  • The Eyrie Vineyards Sisters Pinot Noir[2016]
  • アメリカ/オレゴン/ウィラメットヴァレー/ダンディヒルズ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • ピノノワール おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 10,450 のところ
販売価格 ¥ 10,450 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA94点

入荷数極少。単一畑ローランド・グリーン・ヴィンヤードのピノノワール
ジ アイリー ヴィンヤーズ ローランド グリーン ピノ ノワール [2016]

入荷数極少。単一畑ローランド・グリーン・ヴィンヤードのピノ・ノワール

アイリーでは、オレゴン州ウィラメット・ヴァレー/ダンディ・ヒルズに位置する5つの畑(ダフニー、ローランド グリーン、アウトクロップ、シスターズ、ジ・アイリー)の樹齢が、それぞれ25年を超え、ワインにも畑の個性が顕著に現れてきたことから、2012年に初めて畑名を冠した単一畑ピノ・ノワールのリリースを開始しました。当主ジェイソン・レットが樽を一つ一つテイスティングし、畑の個性が示されたワインのみを単一畑名でボトリングしています。

このワインは、その単一畑のひとつ「ローランド・グリーン・ヴィンヤード」のピノ・ノワールです。ローランド・グリーン・ヴィンヤードは、1974年~現在までに、標高184~245mにある南向きの畑(2.0ha)。クローンは、ポマール、ヴェイデンスヴィル。

オリジナル・ヴィンヤードの北西に位置し、表土が浅く、痩せた赤土土壌。畑の名はデイヴィッド・レットの父、ロナルド・グリーンの名に因みます。土っぽく、ヨードやミネラルがラズベリーの果実に溶け込み、全房発酵由来の芳香とシルキーなテクスチュアが際立ちます。生産量は200ケースと少量。アルコール度13.0%。
  • The Eyrie Vineyards Roland Green Pinot Noir[2016]
  • アメリカ/オレゴン/ウィラメットヴァレー/ダンディヒルズ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • ピノノワール おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 12,100 のところ
販売価格 ¥ 12,100 税込
(0)
  • 赤ワイン
  • WA95点

入荷数極少。単一畑ダフニー・ヴィンヤードのピノ・ノワール
ジ アイリー ヴィンヤーズ ダフニー ピノ ノワール [2016]

入荷数極少。単一畑ダフニー・ヴィンヤードのピノ・ノワール!

アイリーでは、オレゴン州ウィラメット・ヴァレー/ダンディ・ヒルズに位置する5つの畑(ダフニー、ローランド グリーン、アウトクロップ、シスターズ、ジ・アイリー)の樹齢が、それぞれ25年を超え、ワインにも畑の個性が顕著に現れてきたことから、2012年に初めて畑名を冠した単一畑ピノ・ノワールのリリースを開始しました。当主ジェイソン・レットが樽を一つ一つテイスティングし、畑の個性が示されたワインのみを単一畑名でボトリングしています。

このワインは、その単一畑のひとつ「ダフニー・ヴィンヤード」のピノ・ノワールです。ダフニー・ヴィンヤードは、1974~84年に標高279~292mにある西向きの密植した畑(0.6ha)。クローンは、ポマール。

ダンディ・ヒルズで最も高台に位置し、岩石が混じる火山性土壌。南西向きで西風の影響を直接受けるため、ブドウの成熟が緩やかで収穫はいつも最後となります。1974年にブドウを植えたジョン・シェツキーの妻ダフニーの名に因んでいます。フローラルな香りに包まれ、清らかでフェミニンです。生産量は150ケースと少量。アルコール度13.0%。
  • The Eyrie Vineyards Daphne Pinot Noir[2016]
  • アメリカ/オレゴン/ウィラメットヴァレー/ダンディヒルズ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • ピノノワール おすすめピノノワールを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 15,950 のところ
販売価格 ¥ 15,950 税込
(0)
9件中 1-9件表示