ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

店内全品ポイント3倍店内全品ポイント3倍

セントラルオタゴCentral Otago

4件中 1-4件表示
4件中 1-4件表示
125件中 1-20件表示
1 2 7
  • 赤ワイン

NZの凄腕夫婦が造るオタゴ・ピノ!
ブランク キャンバス ウナ ヴォルタ ピノノワール セントラル オタゴ [2018]

著名なワイン醸造家でワイン・コンサルタントのマット・トムソンと、ワイン界で最高峰の資格である「マスター・オブ・ワイン」を取得したソフィー・パーカー・トムソンの凄腕夫婦が造るピノ・ノワール!

「Una Volta」とは「一回」という意味です。2018年ヴィンテージは、セントラル・オタゴ、ワナカとクロムウェルの中間に位置するクイーンズベリーからほど近い単一畑クイーンズ・ベリー・ヴィンヤードより、素晴らしく新鮮な果実が収穫されました。

セントラル・オタゴで育ったマット・トムソンとソフィー・パーカー・トムソンMW(マスター・オブ・ワイン)夫婦にとってこの地の恵みは常に魅力的なものでした。このヴィンテージは当たり年で、ブドウは暖かくて活発な性質を持ち、力強さと密度の高さから例外的にフリーランジュースのみを使用することにしました。

それは計り知れないほど絢爛豪華でブラック・フルーツのコンポート、ベーキング・スパイスの香り、豊かなビロードのようなテクスチャーがあります。最小限主義の哲学を貫くため、時間の経過によって自然の沈殿物などが起きることを承知の上、フィルターを使わずにボトリングしています。


■ブランク・キャンバスについて
ブランク・キャンバスは、マット・トムソン&ソフィー夫婦が立ち上げたワイナリーです。

マット・トムソンは、オタゴ大学で生物化学の修士号を取得したのち、1992年からマールボロでワイン造りに従事してきました。1997年にはワインコンサルタント会社を創設し、セント・クレア、マットハウス等のコンサルタントを務めています。

さらに、2000年には共同オーナーとしてデルタ・ヴィンヤードを創業。マールボロの象徴的なワイナリーの立ち上げに関わり、この地のワイン業界を牽引した人物とも言われています。2008年インターナショナル・ワインチャレンジにおいて、ワインメーカー・オブザイヤーを受賞し、世界的にも実力ある醸造家として名声を得ています。

また、妻であり、醸造家でもあるソフィー・パーカー・トムソンは、2021年に、ワイン界で最高峰の資格である「マスター・オブ・ワイン」を取得しています!

この二人の手によって造り出されるワインは、現地ニュージーランドだけでなく、イギリスやオーストラリアで需要が高まっているため、新ヴィンテージ・リリース後も即完売となるアイテムが続出しております。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,920 のところ
販売価格 ¥ 7,920 税込
  • 赤ワイン

NZの凄腕夫婦が造るオタゴ・ピノ!
ブランク キャンバス ピノノワール アンセム ヴィンヤード セントラル オタゴ [2018]

著名なワイン醸造家でワイン・コンサルタントのマット・トムソンと、ワイン界で最高峰の資格である「マスター・オブ・ワイン」を取得したソフィー・パーカー・トムソンの凄腕夫婦が造るピノ・ノワール!

マット・トムソンとソフィー・パーカー・トムソン夫婦は、セントラル・オタゴの活気に満ちた環境で育ったこともあり、敬愛するこの地のピノ・ノワールを育てるためのブドウ畑を長年探していました。そして辿り着いたのがギブストン・ヴァレーにあるアンセム・ヴィンヤードです。

伝統的に冷涼な産地であるこの地区にとってこの年は特別で、繊細なレッドチェリー、ラズベリー、スミレを表現するピノ・ノアールは、スイートな風味とすっきりとした下地を持ち合わせています。 天然発酵、50%の全房使用、低トーストのオークを使用することでワインにエレガンス、複雑性、ストラクチャーを与えています。最小限主義の哲学を貫くため、時間の経過によって自然の沈殿物などが起きることを承知の上でフィルターをかけず瓶詰めしています。


■ブランク・キャンバスについて
ブランク・キャンバスは、マット・トムソン&ソフィー夫婦が立ち上げたワイナリーです。

マット・トムソンは、オタゴ大学で生物化学の修士号を取得したのち、1992年からマールボロでワイン造りに従事してきました。1997年にはワインコンサルタント会社を創設し、セント・クレア、マットハウス等のコンサルタントを務めています。

さらに、2000年には共同オーナーとしてデルタ・ヴィンヤードを創業。マールボロの象徴的なワイナリーの立ち上げに関わり、この地のワイン業界を牽引した人物とも言われています。2008年インターナショナル・ワインチャレンジにおいて、ワインメーカー・オブザイヤーを受賞し、世界的にも実力ある醸造家として名声を得ています。

また、妻であり、醸造家でもあるソフィー・パーカー・トムソンは、2021年に、ワイン界で最高峰の資格である「マスター・オブ・ワイン」を取得しています!

この二人の手によって造り出されるワインは、現地ニュージーランドだけでなく、イギリスやオーストラリアで需要が高まっているため、新ヴィンテージ・リリース後も即完売となるアイテムが続出しております。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,920 のところ
販売価格 ¥ 7,920 税込
  • 赤ワイン
  • WA91点

■お取寄せ マウント エドワード ピノ ノワール [2018]

ベリーや新鮮なプラム、チェリー、中国茶やオーク香のアロマを持ちます。熟した果実味と酸味、溶け込んだタンニンが素晴らしいバランスを保ち、長い余韻を持つ、味わい深いワインです。

20%全房で天然酵母醗酵 フレンチオーク樽12カ月(新樽15%)、ステンレスタンクで6カ月
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,710 のところ
販売価格 ¥ 5,753 税込
  • 赤ワイン

■お取寄せ マウント エドワード テッド ピノ ノワール [2020]

ブルーベリーやスパイス、ハーブのアロマを放ち、熟度の高い濃密な赤果実の風味を持ちます。滑らかで果実の凝縮度が高く、熟したタンニンとバランスの取れた酸味が魅力です。

100%除梗、天然酵母 フレンチオーク樽11カ月(新樽15%)
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,895 のところ
販売価格 ¥ 4,015 税込
  • 赤ワイン
  • WA90点

クォーツ リーフ ピノ ノワール シングル ヴィンヤード [2017]

深みのあるルビーレッド色をしており、チェリーやベリー類の香りが漂います。 口に含むと、ダークチェリー、繊細な花やハーブの香りが広がり、素晴らしい深み、繊細なタンニン、そして長く力強いフィニッシュが感じられます。

オーガニックとバイオダイナミックの認定を受けた畑のブドウを使用。手摘みで収穫後、7日間の低温マセレーションを経て、天然酵母が活動を開始。最大11日間、毎日丁寧に攪拌を行います。フレンチ・オーク(新樽28%)で12か月間の熟成期間中に、自然にマロラクテック発酵が発生します。


■クォーツ・リーフ(クウォーツ・リーフ)について
クォーツ・リーフは、ニュージーランド/セントラル・オタゴのサブリージョンであるベンディゴに、ニュージーランド・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーの名誉に2度も輝いたルーディー・バウワーが1996年に設立しました。

ブドウ畑の下に広がる石英地層(クォーツ・リーフ)をワイナリー名に冠し、1862年当時、金採掘で有名だった、この地をワインの有名産地に引き上げた先駆者で、30ヘクタールの畑は、バイオグロによりオーガニック認定を、デメテールによりバイオダイナミック認定を受けています。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ/ベンディゴ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 6,600 のところ
販売価格 ¥ 6,600 税込
  • 赤ワイン

マウント・ディフィカルティーのセカンド・ブランド
マウント ディフィカルティー ワインズ ローリング メグ ピノノワール [2019]

「ローリング メグ」は、マウント・ディフィカルティーのセカンド・ブランドです!

ニュージーランドのセントラル・オタゴ/クロムウェル盆地のピノ・ノワールの個性を活かすために除梗し、骨格を与えるために一部は全房を使用しています。野生のラズベリーやレッドチェリーが支配的で、シナモンやナツメグのニュアンスが細部に見られます。滋味深く、滑らかな口当たりです。細やかで上品なタンニン、寄り添うような繊細な酸味が感じられます。さわやかで魅力的なワインです。

ブランド名の「ローリング メグ」は、1860年代頃に、セントラル・オタゴの開拓者の中にいた一人の女性が非常に活発であったことから、セントラル・オタゴ/バノックバーン付近に位置するクロムウェルを流れる荒々しい川をローリング・メグと名づけたことに由来しています。


■マウント・ディフィカルティー・ワインズについて
ニュージーランドのセントラル・オタゴ地区にブティック・ワイナリーとして1998年、バノックバーンにあるブドウ栽培家ら4人によって設立されました。

設立の翌年には、ニュージーランド航空・ワイン・アワードでピノ・ノワールがゴールドメダルを獲得し、一躍名を馳せました。


英国の評論家マシュー・ジュークスとオーストラリアの評論家タイソン・ステルツァーによる、ニュージーランドのピノ・ノワール生産者の格付け「グレート・ニュージーランド・ピノ・ノワール・クラシフィケーション」では、マウント・ディフィカルティは、第1回の格付けから5つ星を獲得し、常にトップに君臨しています。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,180 のところ
販売価格 ¥ 3,586 税込
  • 白ワイン

マウント・ディフィカルティーのセカンド・ブランド
マウント ディフィカルティー ワインズ ローリング メグ リースリング [2018]

「ローリング メグ」は、マウント・ディフィカルティーのセカンド・ブランドです!

ふくよかで、快活なマイヤーレモンと白桃のアロマ。酸味と糖分のバランスが理想の状態のときに、発酵を止めることにより、やや辛口のスタイルに仕上げています。自然な酸とアプリコットの核のようなフェノールによる骨格。万能で興味深いリースリングの上品さと繊細さを美しく表現しています。

ブランド名の「ローリング メグ」は、1860年代頃に、セントラル・オタゴの開拓者の中にいた一人の女性が非常に活発であったことから、セントラル・オタゴ/バノックバーン付近に位置するクロムウェルを流れる荒々しい川をローリング・メグと名づけたことに由来しています。


■マウント・ディフィカルティー・ワインズについて
ニュージーランドのセントラル・オタゴ地区にブティック・ワイナリーとして1998年、バノックバーンにあるブドウ栽培家ら4人によって設立されました。

設立の翌年には、ニュージーランド航空・ワイン・アワードでピノ・ノワールがゴールドメダルを獲得し、一躍名を馳せました。


英国の評論家マシュー・ジュークスとオーストラリアの評論家タイソン・ステルツァーによる、ニュージーランドのピノ・ノワール生産者の格付け「グレート・ニュージーランド・ピノ・ノワール・クラシフィケーション」では、マウント・ディフィカルティは、第1回の格付けから5つ星を獲得し、常にトップに君臨しています。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: やや辛口
  • リースリング
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,750 のところ
販売価格 ¥ 2,365 税込
  • 白ワイン

アミスフィールド ソーヴィニョンブラン [2018]

輝く淡い黄色のワインの香りは、パッションフルーツと緑の芝生の様な新鮮な個性と、上品なヴァニラの複雑さを合わせ持っています。味わいはしっかりとした酸味とミネラル感と共に、クリーミーな触感が特徴です。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ソーヴィニヨンブラン
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,850 のところ
販売価格 ¥ 2,695 税込
  • 白ワイン

プロフェッツ ロック ピノグリ [2019]

完熟したりんご、梨、スイカズラの力強いアロマとフレーバーが特徴的です。シーフードから白身の肉まで様々な料理にマッチし、またスパイスや強い風味の料理にも合わせることができます。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ピノグリ
  • 750ml
通常価格 ¥ 5,390 のところ
販売価格 ¥ 3,773 税込
  • 赤ワイン
  • WA92点

ブルゴーニュ、ヴォギュエの醸造長フランソワ・ミエとのコラボ
プロフェッツ ロック キュヴェ オー アンティポード 赤 [2015]

このプロフェッツ ロックのキュヴェ オー アンティポードは、シャンボール・ミュジニィのコント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエの醸造責任者フランソワ・ミエ氏と、ニュージーランド/セントラル・オタゴのプロフェッツ・ロックとのコラボレーション・キュヴェです。

この特別なコラボ・ワインは、「地球の反対側にある2つの地点」という意味の「Antipodes(アンティポード)」という名でリリースされています。フランソワ・ミエ氏が、ブルゴーニュ以外の場所でワインを造ることが、初めてということもあり、世界的な注目の的となっています。


■プロフェッツ・ロックについて
プロフェッツ・ロックは、ニュージーランド/セントラルオタゴで唯一無二のワインを造るため、1999年に創業しました。その実力は、ミシュランガイド全世界版において、トップ 50のレストラン中 15以上のレストランがプロフェッツ・ロックのワインを採用していることからもうかがい知ることができます。

また、醸造家ポール・プジョル氏は、英国の著名評論家ジャンシス・ロビンソンから、いずれ世界のワイン界をリードするだろうをいう逸材ワインメーカー5人の内の1人と評価されています。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ/ベンディゴ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 19,800 のところ
販売価格 ¥ 16,830 税込
  • 赤ワイン

■お取寄せ フェルトン ロード ピノ ノワール バノックバーン [2019]

しっかり熟したラズベリー、森の下草にほのかに杉が香り、凝縮した果実の風味にきめ細かく丸みを帯びたタンニンが滑らかに溶け込んでいる。例年よりも夏の気温が高かった年で、小粒で果皮が厚く種まで十分に熟したブドウが収穫できた。バイオダイナミック栽培の4つの自社畑のブドウを手摘みし、自然発酵(20%全房)、フレンチオーク樽で13ヶ月間熟成。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,920 のところ
販売価格 ¥ 6,336 税込
  • 赤ワイン
  • WA93点

■お取寄せ フェルトン ロード ピノ ノワール コーニッシュ ポイント [2019]

黒い果実やラズベリーにバラ、ハーブが品よく香り、口に含むとそれぞれの要素はより濃厚に調和して広がる。洗練されたテクスチャーと豊かで深みのある果実の均衡の奥から湧き出す力強さは傑出した年の特徴と言える。バイオダイナミック栽培の単一畑で手摘みしたブドウを自然発酵(23%全房)、フレンチオーク樽で13ヶ月間熟成(新樽30%)。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,350 のところ
販売価格 ¥ 7,480 税込
  • 赤ワイン

■お取寄せ フェルトン ロード ピノ ノワール カルヴァート [2019]

カルヴァートに特徴的な華やかでフローラルなアロマ。緻密に凝縮し、複雑な旨みに満ちた果実はかすかにスパイシーで滑らかなタンニンに途切れなく支えられ、優美なフィネスを備えている。バイオダイナミック栽培の単一畑で手摘みしたブドウを自然発酵(25%全房)、フレンチオーク樽で16ヶ月間熟成(新樽30%)。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,350 のところ
販売価格 ¥ 7,480 税込
  • 白ワイン

■お取寄せ フェルトン ロード シャルドネ ブロック6 [2019]

レモンの花、白桃に砕いた岩塩のニュアンスが伴い、ブロック2に比べ豊潤、丸みのあるストーンフルーツの果実が特徴で、豊かな酸が爽やかな余韻に導く。ブロック6はフェルトン ロードのトップ ピノが生まれるブロック5の南に隣接、標高約282-300mの日当たりのよい北向きの斜面で、手摘みしたブドウをフレンチオーク旧樽で自然発酵、16ヶ月間熟成。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 白ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,150 のところ
販売価格 ¥ 5,720 税込
  • 白ワイン

■お取寄せ フェルトン ロード シャルドネ ブロック2 [2019]

白い花、青肉メロンに砕いた貝殻やミネラルが伴い、繊細で複雑。果実を貫くピンと張り詰めた酸と塩味を帯びたミネラルはあくまでも純粋で、シスト土壌で育まれた高樹齢のシャルドネから生まれる余韻は精緻で非常に長い。1992年に植え付けたエルムズ ヴィンヤードの単一区画ブドウをフレンチオーク樽旧樽で自然発酵、16ヶ月間熟成。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 白ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,150 のところ
販売価格 ¥ 5,720 税込
  • 白ワイン

■お取寄せ オスラー ヴィンヤーズ ノース オタゴ レイクサイド リースリング [2016]

エキゾチックフルーツの濃縮した味わいが印象的で、かつスパイシー。酸とのバランスも良い。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ/ノースオタゴ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • リースリング
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,740 のところ
販売価格 ¥ 3,148 税込
  • 白ワイン

■お取寄せ フェルトン ロード シャルドネ ブロック2 S [2013]

エルダフラワー、シトラスフルーツに濡れた石のニュアンスが混じり、ミネラリー。穏やかな口当たりで、伸びやかな酸が持続し、エレガントにまとまっている。エルムズ ヴィンヤード北側、東向きの緩斜面にあるブロック2のブドウ(植え付け1992年)から造られる。
  • ニュージーランド/セントラルオタゴ
  • スティル ワイン色: 白ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,020 のところ
販売価格 ¥ 9,020 税込
  • 赤ワイン
  • WA94点
  • WS95点

バーン コテージ ピノ ノワール バーン コテージ ヴィンヤード [2018]

コロセウム状の土地にビオディナミ農法によって拓かれた「バーン・コテージ ヴィンヤード」のピノノワールから造られています。全房比率16%、野生酵母によって醗酵(ステンレスおよびオーク樽)しています。樽熟成(新樽比率23%%、フランス産)後に、最小限の酸化防止剤と共にボトリング。ノンフィルター、清澄剤不使用。

鮮やかな赤い果実、ほのかな柑橘類、ワーム・スパイス(シナモン、ナツメグなどのような暖かさや心地よさを感じるスパイス)に、美しいドライ・ハーブと黒い土などが加わります。最初は控えめだったワインが、エネルギーや凝縮感、複雑性の層を伴って広がります。また、絹のように熟したタンニンと繊細なミネラルの酸味が口の中に広がります。このワインは、素晴らしい質感、層、完成度を持ちます。

■バーン・コテージについて
世界屈指のピノ・ノワール銘醸地のひとつであるニュージーランド南島セントラル・オタゴに、2003年設立されたBurn Cottage(バーン・コテージ)。セントラル・オタゴのピサ・レンジに広がる24haの牧草地と、創業者 Marquis Sauvage(マルキス・ソヴァージュ)氏との出会いが全ての始まりでした。そして、マルキス・ソヴァージュ氏に請われ、設立当初からコンサルタントとして関わるカリフォルニア・ソノマのLittorai Wines (リトライ)のオーナーワインメーカーTed Lemon(テッド・レモン)氏の指揮の元、バイオダイナミック農法によって自社畑が拓かれました。
通常価格 ¥ 9,900 のところ
販売価格 ¥ 8,470 税込
  • 赤ワイン
  • WS95点

バーン コテージ ピノ ノワール ソヴァージュ ヴィンヤード [2018]

新たにワイナリーが取得した自社畑「ソヴァージュヴィンヤード」からのファーストリリースです。バノックバーンに位置し、フェルトンロードの畑と隣接する好立地。全房比率8%、野生酵母によって醗酵(ステンレスおよびオーク樽)。樽熟成(新樽比率23%、フランス産)後に最小限の酸化防止剤と共にボトリング。ノンフィルター、清澄剤不使用。

スパイス、マッシュルーム、ダークレッドフルーツの魅力的なアロマに、土やハーブのトーンが加わります。味わいは、素晴らしいエレガンスと凝縮感があり、質感のあるコアに支えられ、繊細で長いタンニンが持続します。

■バーン・コテージについて
世界屈指のピノ・ノワール銘醸地のひとつであるニュージーランド南島セントラル・オタゴに、2003年設立されたBurn Cottage(バーン・コテージ)。セントラル・オタゴのピサ・レンジに広がる24haの牧草地と、創業者 Marquis Sauvage(マルキス・ソヴァージュ)氏との出会いが全ての始まりでした。そして、マルキス・ソヴァージュ氏に請われ、設立当初からコンサルタントとして関わるカリフォルニア・ソノマのLittorai Wines (リトライ)のオーナーワインメーカーTed Lemon(テッド・レモン)氏の指揮の元、バイオダイナミック農法によって自社畑が拓かれました。
通常価格 ¥ 9,900 のところ
販売価格 ¥ 8,470 税込
  • 赤ワイン
  • WA92点
  • WS93点

バーン コテージ ムーンライト レース ピノ ノワール [2018]

自社畑「バーン・コテージ ヴィンヤード」と「ソヴァージュ ヴィンヤード」のブレンド(50:50)となったファースト・ヴィンテージです。全房比率15%、野生酵母によって醗酵(ステンレスおよびオーク樽)。樽熟成(新樽比率19%、フランス産)後に、最小限の酸化防止剤と共にボトリング。ノンフィルター、清澄剤不使用。

素晴らしく香ばしいハーブの香りに、スパイス、レッドフルーツ、ペッパー、ミネラルの複雑さが加わります。しなやかでエレガントなこのワインは、美しい新鮮さと繊細で滑らかなタンニンが口の中に広がります。

■バーン・コテージについて
世界屈指のピノ・ノワール銘醸地のひとつであるニュージーランド南島セントラル・オタゴに、2003年設立されたBurn Cottage(バーン・コテージ)。セントラル・オタゴのピサ・レンジに広がる24haの牧草地と、創業者 Marquis Sauvage(マルキス・ソヴァージュ)氏との出会いが全ての始まりでした。そして、マルキス・ソヴァージュ氏に請われ、設立当初からコンサルタントとして関わるカリフォルニア・ソノマのLittorai Wines (リトライ)のオーナーワインメーカーTed Lemon(テッド・レモン)氏の指揮の元、バイオダイナミック農法によって自社畑が拓かれました。
通常価格 ¥ 7,150 のところ
販売価格 ¥ 7,150 税込
125件中 1-20件表示
1 2 7