ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品
お盆期間の弊社業務について
8月12日~15日の期間は夏季休業のため、商品のお届け・お問い合わせへの返信に、通常より日数を頂戴しております。ご注意くださいませ。

●8月10日(水) 13 時~8月 16日(火) 13 時のご注文は、8月17日(水)以降順次出荷いたします。

●休業中につき、8月11日(木) 17時~8月 15日(月)までのお問い合わせは、8月16日(火)以降のご対応となります。

オーストラリアその他Other Australia

4件中 1-4件表示
4件中 1-4件表示
並び替え
52件中 1-20件表示
1 2 3
  • 赤ワイン

近年、世界から注目される産地タスマニアのピノ
デヴィルズ コーナー レゾリューション ピノノワール [2017]

近年世界から注目を集めている産地、オーストラリアの「タスマニア」で造られるピノ。自社畑「ザ・ハザーズ・ヴィンヤード」から造られるデヴィルズ・コーナーの上位レンジです。
通常価格 ¥ 5,720 のところ
販売価格 ¥ 3,718 税込
  • 赤ワイン

スタッフ一押し!タスマニア島のピノノワール
ムーリラ プラクシス ピノノワール [2019]

ルビー色で、オレンジのニュアンスがあり、ダークフルーツとバニラの香りは、熟したチェリー、ブルーベリー、ブリオッシュの上のベリーのコンポートを思わせ、さらにルバーブの焼いた香りが心地よく漂います。味わいはスパイスが効いていて香ばしく(生肉、シナモン、ナツメグの樽香、スモーキー)、シルキーなタンニンと鮮やかな酸味が相まって、とても飲みやすいワインに仕上がっています。

ワイン名にあるPRAXIS(プラクシス)は、練習や実習などの意味があります。ムーリラの数あるワインの中でも、「まずは、このレンジから。」というメッセージが込められています。


■ムーリラについて
オーストラリア/タスマニア島にあるムーリラのオーナーは、プロのギャンブラーであり、ポーカーで稼ぎに稼ぎ、巨万の富を手に入れた大富豪デイビット・ウォルシュ氏です。自閉症だったデイビット・ウォルシュ氏は特異な記憶力を持ち、トム・クルーズとダスティン・ホフマンの主演する映画「レイン・マン」さながらに、出されたカードを全て記憶し、頭の中で勝率を導き出し、大勝ちを続けるという信じられない逸話を持っています。

また、アートに興味を持ち、オーストラリア/タスマニア島に住み、美術館「Museum of Old and New Art」(通称MONA)を所有しています。「Cult&Sex」をテーマとした、この美術館は、今もっともクールな場所と言われているそうです。ワインのラベルにもアート性があり、クールなものが多いのは、この美術館に由来しています。

1995年に、デビッド・ウォルシュ氏は、ムーリラを購入し再建します。2007年には、ジェームズ・ハリデイから紹介されたカナダ出身の醸造家コナー・ヴァン・デル・リースト氏を説得して、ムーリラの舵取りを任せることにします。コナー氏のワイン造は、新世界の果実味と旧世界の複雑さを合せ持つワインに加え、ムーリラのテロワールを表現するように仕上げられています。
通常価格 ¥ 3,740 のところ
販売価格 ¥ 3,740 税込
  • 白ワイン

スタッフ一押し!タスマニア島のシャルドネ
ムーリラ プラクシス シャルドネ ムスク [2020]

スタッフ一押し!オーストラリア/タスマニア島で造られるシャルドネ!
通常価格 ¥ 3,300 のところ
販売価格 ¥ 3,300 税込
  • 白ワイン

スタッフ一押し!タスマニア島のソーヴィニヨン・ブラン
ムーリラ プラクシス ソーヴィニヨン ブラン [2021]

夏らしい、トロピカルな饗宴。草原に咲く花々(芝生、スグリ、新鮮なイチジク)の香りに、トロピカルなキャラクターと白スグリの豊かな香りが、爽やかでキリッとした酸味と共に広がります。温度帯により味わいが変わるので、最初は良く冷やしてから徐々に変化を楽しみながら飲むのがお勧めです!!

ワイン名にあるPRAXIS(プラクシス)は、練習や実習などの意味があります。ムーリラの数あるワインの中でも、「まずは、このレンジから。」というメッセージが込められています。


■ムーリラについて
オーストラリア/タスマニア島にあるムーリラのオーナーは、プロのギャンブラーであり、ポーカーで稼ぎに稼ぎ、巨万の富を手に入れた大富豪デイビット・ウォルシュ氏です。自閉症だったデイビット・ウォルシュ氏は特異な記憶力を持ち、トム・クルーズとダスティン・ホフマンの主演する映画「レイン・マン」さながらに、出されたカードを全て記憶し、頭の中で勝率を導き出し、大勝ちを続けるという信じられない逸話を持っています。

また、アートに興味を持ち、オーストラリア/タスマニア島に住み、美術館「Museum of Old and New Art」(通称MONA)を所有しています。「Cult&Sex」をテーマとした、この美術館は、今もっともクールな場所と言われているそうです。ワインのラベルにもアート性があり、クールなものが多いのは、この美術館に由来しています。

1995年に、デビッド・ウォルシュ氏は、ムーリラを購入し再建します。2007年には、ジェームズ・ハリデイから紹介されたカナダ出身の醸造家コナー・ヴァン・デル・リースト氏を説得して、ムーリラの舵取りを任せることにします。コナー氏のワイン造は、新世界の果実味と旧世界の複雑さを合せ持つワインに加え、ムーリラのテロワールを表現するように仕上げられています。
通常価格 ¥ 3,300 のところ
販売価格 ¥ 3,300 税込
  • 赤ワイン
  • WA93点
  • WS95点

ペンフォールズ セント アンリ シラーズ [2015]

このセント・アンリは、数十年使用する1460Lの大樽で熟成させることで果実味を最大限まで引き出します。ペンフォールズのグランジとは、同等のブドウを使いますが、熟成方法の違いにより、和食にも合うエレガントなシラーズとなっています。ワインメーカーのライバル魂から生まれた、グランジとは異なるスタイルのワインです。

鹿肉のローストやジビエ肉のような香ばしい香り、砕いたコラナッツ、スターアニス、ブラックリコリス、カリン・ペーストの香りが広がります。また、ダーク・チョコレート・ガナッシュとビスコッティのナッツのような香りも感じられます。

さらに一口飲むと、ダーク・チョコレート・ガナッシュとビスコッティのようなナッツの香りが広がり、滑らかなタンニンがあり、ボイセンベリー、ローガンベリー、ブラックベリーのような森の果実が感じられます。しかし、魅力的な果実味、親しみやすいタンニン、バランスだけでなく、もっと多くのもの感じらえるワインです。


■ペンフォールズについて
世界最高峰ワイナリーの一つ、ペンフォールズ!!1844年、イギリスから移住してきた医師クリストファー・ローソン・ペンフォールド博士が南オーストラリア州マギルで、妻メアリー夫人と共に医療用として酒精強化ワイン造りを開始したのが、ペンフォールズの始まりです。

1950年代、消費者の嗜好の変化を反映してスティルワインにフォーカスしたワイン造りへ転向したペンフォールズは、「グランジ」を生み出したマックス・シューバートなど、熱意あふれる偉大なワインメーカーたちに支えられ、格別かつ大胆なワイナリーへと発展しました。

創設から長い月日を経て、ペンフォールズは、比類なき傑出したニューワールドワインとして世界中で認められ、ワイン&スピリッツ誌の「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を歴代最多の28回受賞するなど多数の受賞歴とともに、世界最高峰のワイナリーの一つとして知られるようになりました。
  • オーストラリア
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • シラーズ93%、カベルネソーヴィニヨン7%
  • 750ml
通常価格 ¥ 16,500 のところ
販売価格 ¥ 13,200 税込
  • ロゼワイン

エレガントな赤ワインのようなロゼワイン?!
スモール フォレスト ロゼ シラーズ アッパー ハンター [2016]

色はオレンジがかった濃いピンク色。赤いベリーの果実香・ラズベリーやほのかにいちご・トマトの風合い。口に含むと透き通ったスムーズなタンニン、そしてボディを感じます。フルーティーさだけでな無くドライな後口のため、生姜や八角・胡椒などのスパイスとも好相性です。

オーストラリアの代表的な品種、シラーズを100%使用したロゼワイン。ブドウの特徴(皮が厚い)をしっかりと活かした造りで、骨格とタンニンを感じる珍しいロゼです。温度帯を少し上げるとまるでエレガントな赤ワインのように楽しめます。日本国内では、中華料理あるいは焼き鳥の名店でペアリングによく使用されています。
  • オーストラリア/ニューサウスウェールズ/アッパーハンター
  • スティル ワイン色: ロゼワイン甘-辛: 辛口
  • シラーズ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,080 のところ
販売価格 ¥ 2,772 税込
  • 白ワイン

ペンフォールズ マックス シャルドネ [2019]

マックスは、1948年~1975年に初代チーフワインメーカーを務めた、ペンフォールズの伝説的な存在であるマックス・シューバートに敬意を表して造られたワインです。卓越したものを絶えず追い求める彼の姿勢は、後継者に道を開くだけでなく、ペンフォールズの地位と伝統をはぐくみました。

黄桃、ネクタリン、柑橘類の香り、ジャスミンと白いバラ、ジンジャーなどの香りが感じられます。フレンチオークのニュアンスと、きれいな酸味が相まって、魅力的なフィニッシュへと導きます。
通常価格 ¥ 3,850 のところ
販売価格 ¥ 3,080 税込
  • 白ワイン
  • WA92点
  • WS91点

ペンフォールズ ビン311 シャルドネ [2018]

ビン311に使われるシャルドネは、冷涼な地「タンバランバ」などから生み出されます。毎年、こうした冷涼な地域の果実を厳選し、独自のスタイルを形造ります。

ビン311は、レモンやライムのアロマとミネラル感のある酸のバックボーンがあり、樽発酵とフレンチオーク樽での熟成によって補完されています。濾過は最小限に抑えており、エレガントな果実味が保たれています。


■ペンフォールズについて
世界最高峰ワイナリーの一つ、ペンフォールズ!!1844年、イギリスから移住してきた医師クリストファー・ローソン・ペンフォールド博士が南オーストラリア州マギルで、妻メアリー夫人と共に医療用として酒精強化ワイン造りを開始したのが、ペンフォールズの始まりです。

1950年代、消費者の嗜好の変化を反映してスティルワインにフォーカスしたワイン造りへ転向したペンフォールズは、「グランジ」を生み出したマックス・シューバートなど、熱意あふれる偉大なワインメーカーたちに支えられ、格別かつ大胆なワイナリーへと発展しました。

創設から長い月日を経て、ペンフォールズは、比類なき傑出したニューワールドワインとして世界中で認められ、ワイン&スピリッツ誌の「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を歴代最多の28回受賞するなど多数の受賞歴とともに、世界最高峰のワイナリーの一つとして知られるようになりました。
通常価格 ¥ 6,600 のところ
販売価格 ¥ 5,293 税込
  • 赤ワイン

■お取寄せ ドリームタイム パス メルロ [2018]

フルーティーなベリーの果実味にスパイス、バニラ、ダークチョコが混じり、程よいコクとタンニンがある。オーストラリア南東部の農業地帯として知られるマレー ダ―リングから。
  • オーストラリア/南東オーストラリア
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • メルロ
  • 750ml
通常価格 ¥ 1,485 のところ
販売価格 ¥ 1,458 税込
  • 赤ワイン
  • WA92点
  • WS90点

モリードゥーカー ギグルポット [2018]

野生の果実の生き生きとしたアロマが、エレガントなフレーバーの豊かさを引き立てる。洗練されたタンニンがルバーブとブラックベリーの豊かな果実味をまとめ上げる。濃厚かつエレガント、まさにグラスの中の喜び!

アメリカンオーク樽83%、フレンチオーク樽17%(新樽52%)にて熟成しています。

ラベルについて:モリードゥーカーのマーキーズ夫妻の愛娘「ホリー」はこの黒い眼鏡をかけたときの自分の姿がおかしくて、笑いが止まりませんでした。
  • オーストラリア/南オーストラリア/マクラレンヴェール
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,535 のところ
販売価格 ¥ 7,535 税込
  • 白ワイン

和食のお供に。日本人らしさを感じるバランスの良さ
スモール フォレスト シャルドネ アッパー ハンター [2016]

グラスに注ぐとバターたっぷりの甘酸っぱいレモンタルト・りんごなどのふくよかなフルーツの香りが広がります。舌触りは柔らかく、クリーミーで繊細です。ほのかに樽を使用し、果実味をサポートするように余韻の最後まで質の良い香りが感じられます。決して重いワインではありませんが、十分な飲みごたえを感じ、樽シャルドネの好きな方にも満足して頂ける仕上がりになっています。

収穫されたシャルドネは直ちに破砕せずに搾汁します。一部は樽発酵(約14~5%)、残りはステンレスタンクでの発酵を行います。マロラクティック発酵(乳酸発酵)は自然に任せ、そこまでボリュームを持たせない造りを。最終的にそれぞれをブレンドし、バランスを整えます。
  • オーストラリア/ニューサウスウェールズ/アッパーハンター
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: やや辛口
  • シャルドネ100% おすすめのシャルドネを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,180 のところ
販売価格 ¥ 3,762 税込
  • 白ワイン

食事に寄り添う吟醸酒を思わせる白ワイン
スモール フォレスト ヴァデーロ アッパー ハンター [2017]

溌溂とした青みがかった黄色。香りは、甘いジャックフルーツ・果物のサラダのよう。適度なボリュームと爽やかでドライな後口。レモンやライムの皮のような青さのある余韻が長く続き、山椒や柚子胡椒・ワサビなどとの相性が非常に良く、食事に寄り添う吟醸酒を思わせる白ワインです。

ヴァデーロは、ヴェルデホやヴェルデ―リョとも呼ばれ、甘口の酒精強化ワインにも使用される品種ですが、ここアッパーハンター地区では昔から辛口の綺麗なワインを造っています。現地セラードアでは、最も人気がある品種です。ブドウは収穫後ただちに除梗され、軽く破砕して搾汁します。冷却をして2日後に澱引きし、その翌々日に酵母を添加しゆっくりと発酵を開始。発酵温度は10℃前半で、低温で行います。発酵後は酵母としばらく接触攪拌し、口当たりを滑らかにしています。
  • オーストラリア/ニューサウスウェールズ/アッパーハンター
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • ヴァデーロ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,080 のところ
販売価格 ¥ 3,001 税込
  • 白ワイン

ジリー ワインズ ローン レンジャー シャルドネ [2018]

オーストリア/ニュー サウス ウェールズ/ニュー イングランドで唯一人ミニマルなワイン作りに挑戦しているジャレッド ディクソン氏。材木業を稼業としているディクソン一族のバックグラウンドに孤独な闘いを挑む自分自身を、彼はいつしかローンレンジャーとなぞらえる様になりました。

フルーツは、すべて良き友でもあり、狩人でもあり、ブドウ栽培のスペシャリストであるマーク カービィと共にケアするトッパーマウンテンの「放棄されていた」畑。自根のゴブレットが未だ沢山根付くジリーの宝物です。

シャルドネという品種は玉虫色と言いますか、実に様々なスタイルに、トランスフォームする不思議なブドウです。一口飲んだ人間が思わず黙考してしまう様なシャルドネもあれば、長期熟成を念頭に置いて醸造されクローズしたシャルドネもあり、時として、シャルドネとはかけ離れたニュートラルな味わいにも仕上がます。

ジリーが目指したシャルドネはこれらのどのスタイルとも違い、思わずガブ飲みしてしまう様な飲みやすさと複雑さが同居している独自のスタイルです。

醸造プロセスはセミヨンやゲヴュルツトラミネール、他白品種と全く同様。あくまでブドウ品種の個性によって味わいに差異を生じさせようとする試みがジリーの特徴です。
通常価格 ¥ 4,840 のところ
販売価格 ¥ 4,840 税込
  • 赤ワイン

ジリー ワインズ ローン レンジャー トゥリーガ ナシオナル [2018]

ニュー・イングランドで唯一人ミニマルなワイン作りに挑戦しているジャレッド ディクソン。材木業を稼業としているディクソン一族のバックグラウンドに孤独な闘いを挑む自分自身を、彼はいつしかローンレンジャーとなぞらえる様になりました。

フルーツは、全て良き友人でもあり、狩人でもあり、ブドウ栽培のスペシャリストであるマーク カービィと共にケアするトッパー マウンテンの「放棄されていた」畑。自根のゴブレットが未だ沢山根付くジリーの宝物です。

トゥリーガ ナシオナルも過去にオーストラリアで最も愛され消費されていたワインカテゴリーがポートワインだった時代からの名残。オールドイングランドでは樹齢50年を超える株仕立ての畑が未だ散見されますが、近年は、その品種としての不人気が影響してほぼ全量が格安のバッグ・イン・ボックス用として使用されていた悲しいビンテージが続いていました。

ジャレッドが心掛けたのは、ポートにも影響を与える、その完熟したフレーバーを殺さない事。そして同時にアルコールが高くなり過ぎない程度にデリカシーをワインに表現する事でした。

収穫後にコールドマセラシオンを経て、古樽による野生全房発酵。ただ時間を掛けながら放置する事で優しくエキスを馴染ませる事に注力したそうです。フローラルで官能的な花の香り、残糖が無いのにポートの様な独特の甘美なアロマがあります。ミネラルの高さと品種個性を考えると熟成のポテンシャルは相当ありそうです。
  • オーストラリア/ニューサウスウェールズ/ニューイングランド
  • スティル ワイン色: 赤ワイン
  • トゥリーガナシオナル
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,840 のところ
販売価格 ¥ 4,840 税込
  • 白ワイン

ジリー ワインズ ローン レンジャー プティ マンサン [2018]

ニュー・イングランドで唯一人ミニマルなワイン作りに挑戦しているジャレッド ディクソン。材木業を稼業としているディクソン一族のバックグラウンドに孤独な闘いを挑む自分自身を、彼はいつしかローンレンジャーとなぞらえる様になりました。

フルーツは、全て良き友人でもあり、狩人でもあり、ブドウ栽培のスペシャリストであるマーク カービィと共にケアするトッパー マウンテンの「放棄されていた」畑。自根のゴブレットが未だ沢山根付くジリーの宝物です。

プティ マンサンは半世紀以上昔、かつてオーストラリアで最も愛され消費されていたワイン・カテゴリーがポートワインだった時代からの名残。半甘口に仕上げるジュランソンのスタイルとは違い、ジャレッドはこの品種を古樽で作るオールドファッションなシャブリの様に仕立てました。品種固有のマンダリンの様な果実味と酸が、そのスタイルにマッチすると考えたからです。

古樽による野生発酵と4週間のスキンコンタクト。バスケットプレスを経てから再び同じ樽に戻されたワインは10ヶ月のシュールリーを経て瓶詰されています。アンズやミカンのフレーバーにキンモクセイのニュアンス。クリーミーでタニックなテクスチャーと相まって、バランスの良いオレンジ・スタイルに仕上がりました。
  • オーストラリア/ニューサウスウェールズ/ニューイングランド
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • プティマンサン
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,840 のところ
販売価格 ¥ 4,840 税込
  • 赤ワイン

スモール フォレスト シラーズ アッパーハンター [2016]

明るいガーネット。グラスに注ぐと香りが立ち上がります。プラム、チェリー、ラズベリーやザクロなどの赤い果実。また、シナモン、カルダモン、白胡椒、また沈香さえ思わせるスパイスの香りもあります。軽くしなやかで、柔らかい舌触りに加え適度な重みがあります。ワイン単独でももちろん、お料理と合わせていただくことで、お料理もワインも、より一層美味しいものになります。軽いワインなので、様々なお料理に合うでしょう。
  • オーストラリア/ニューサウスウエールズ/アッパーハンター
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • シラーズ
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,180 のところ
販売価格 ¥ 3,762 税込
  • 白ワイン
  • WA95点
  • WS93点

白ワインのグランジを目指し造られた逸品
ペンフォールズ ヤッターナ シャルドネ [2015]

去る1998年、ヤッターナの1995年ヴィンテージがリリースされました。それは、かつてオーストラリアで様々なワインがリリースされた中でも、大々的に報じられ、極めて広く世間の関心を集めました。ペンフォールズのワインメーカーに脈々と受け継がれてきた、野心と独立心。そのような精神がワイナリーを奮い立たせ、グランジに匹敵する白ワインを造るという計画に着手させたのです。

寒冷な気候の地域から、最高級のシャルドネの果実のみを慎重に選び出して用いるというスタイルは、繊細なワイン造りと一体化し、さらなる進化を続けています。ヤッターナは、ペンフォールズの根気強さと、その名前に秘められた本来の目的へ向けた不断の努力を映し出したワインです。ヤッターナの由来はオーストラリア先住民の言葉にあり、「少しずつ、徐々に」を意味しています。つまり、ヴィンテージがつくられる度に、品質を向上させていくワインなのです。


■ペンフォールズについて
世界最高峰ワイナリーの一つ、ペンフォールズ!!1844年、イギリスから移住してきた医師クリストファー・ローソン・ペンフォールド博士が南オーストラリア州マギルで、妻メアリー夫人と共に医療用として酒精強化ワイン造りを開始したのが、ペンフォールズの始まりです。

1950年代、消費者の嗜好の変化を反映してスティルワインにフォーカスしたワイン造りへ転向したペンフォールズは、「グランジ」を生み出したマックス・シューバートなど、熱意あふれる偉大なワインメーカーたちに支えられ、格別かつ大胆なワイナリーへと発展しました。

創設から長い月日を経て、ペンフォールズは、比類なき傑出したニューワールドワインとして世界中で認められ、ワイン&スピリッツ誌の「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」を歴代最多の28回受賞するなど多数の受賞歴とともに、世界最高峰のワイナリーの一つとして知られるようになりました。
通常価格 ¥ 27,500 のところ
販売価格 ¥ 22,000 税込
  • スパークリング

■お取寄せ イエローグレン イエロー ブリュット キュヴェ [NV]

クリーミーな泡立ち。メロン、パイナップル、シトラスなどの果実風味が豊かで、ほのかにトースト、バター、ナッツなどのニュアンス。セミ ドライ程度のやさしい辛口。オーストラリア南東部数ヶ所の畑で栽培されたシャルドネを使用。雑味のないクリーンな味わいと爽やかな酸味が魅力。
  • オーストラリア/南東オーストラリア
  • スパークリング ワイン色: 白軽-重: 中口甘-辛: やや辛口
  • シャルドネ72%、ピノノワール25%、その他3%
  • 750ml
通常価格 ¥ 1,705 のところ
販売価格 ¥ 1,622 税込
在庫切れ
詳細を見る
  • 白ワイン

■お取寄せ ダルリンプル ケーヴ ブロック シャルドネ (スクリュー) [2019]

1985年設立。タスマニアの北西部、夏でも最高気温が30度を超えない最も冷涼な地域パイパーズリヴァーで、酸味と、長い日照による果実味のバランスを表現することをフィロソフィーにワイン造りを行っています。ケーヴブロックとは、このワイン用のブドウを収穫する区画に由来。水はけがよく急斜面に位置する畑は自然に収量が少なくなり、凝縮したブドウが収穫できます。収穫は全て手摘み。リンゴの花、白桃のアロマの中に砕いたケーパーとシナモンが香ります。シトラスとメロンのフレーバーが溢れ、上品な酸や樽由来のスパイスのニュアンスに支えられて絶妙なバランスのとれた味わいとなります。
アルコール度数:13.0%
  • オーストラリア/タスマニア
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,700 のところ
販売価格 ¥ 6,391 税込
在庫切れ
詳細を見る
  • 赤ワイン

■お取寄せ マウント プレザント ローズヒル ヴィンヤード シラーズ [2018]

赤い果実やプラムにほのかなスパイスとフローラルな香りが伴い、芳醇。ふくよかなミディアムボディで、熟した赤い果実を引き締まったタンニンのストラクチャーが支え、スパイスの風味とまろやかに調和。設立者のモーリス オーシェアが1945年に購入したローズ ヒル ヴィンヤードの手摘みブドウをフレンチオーク樽で9ヶ月間熟成(新樽20%)。
  • オーストラリア/ニューサウスウェールズ/ハンターヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 中口甘-辛: 辛口
  • シラーズ
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,150 のところ
販売価格 ¥ 5,720 税込
在庫切れ
詳細を見る
並び替え
52件中 1-20件表示
1 2 3