送料無料ワイン 30%OFF売り切りワイン



商品検索/ITEM SEARCH









CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

いらっしゃいませ ゲストさん

Home > ワイナリー > ワシントン > カ行 > グラマシー セラーズ

グラマシー セラーズ
GRAMERCY CELLARS

マスター・ソムリエのグレック・ハリントンが造るワイン

オーナー・グレック・ハリントン(Greg Harrington)が、2005年より、ワシントン・コロンビア・ヴァレー、ワラワラ・ヴァレーを中心に、「土地の個性を表現し、新樽が強く出過ぎない、酸のバランスが良く、食事と共にあるワイン」を造りたいと設立。グラマシーとは「驚き」や「感謝」の気持ちを表す古語で、ラベルは現代モダンアートで知られるドロール・ベンシェトリットのデザインを採用しています。

グレッグ・ハリントン/Greg Harrington
グレッグは1996年、25歳の時、最年少で、「コート・オブ・マスター・ソムリエ」協会の最高位「マスター・ソムリエ」を取得しています。ニュー・ヨーク、ラスベガス、シカゴなど全米各地でソムリエ、ワイン・ディレクターとして辣腕を振るい、有名レストラン・グループのトップや各ワイン団体の主宰を務めてきた。アメリカでは知る人ぞ知るワイン業界のキー・パーソン。カリフォルニア、オレゴン、ワシントンのみならず、世界中のワイナリーからも一目置かれる存在です。

グレッグのキャリアの一部:BR Guest Restaurants & James Hotelsの飲料ディレクター、ニューヨーク、ラス・ベガス、スコットデール、シカゴの15のレストランとホテルの飲料監修、Wolfgang Puck Groupのワインディレクター(Spago、Postrio、Chinoisを含む)、様々なレストランのワインを監修指導し、ワイン・スペクテーターのベスト・グループ・レストランの最優秀賞を取得など数えきれない輝かしいキャリアを持ちます。

グラマシー・パーク/Gramercy Park
ニューヨークにある唯一のプライベート・パーク。柵に囲まれ、近隣の居住者のみこの公園に入れる鍵を持つ。近隣は歴史的な建物と独特の雰囲気を持つ街。グレッグの祖父母はここに住み、グレッグと妻のパムが最初のデートをしたのがこの近くの有名レストラン。二人もこの近隣に住んでいました。思い入れの強いこの「グラマシー」をワイナリー名に。ラベルはこの公園回りの柵のデザインです。

グレック・ハリントンが魅せられたワシントン/ワラ・ワラ・ヴァレー
ワラワラのワインほど、グレッグ好みであり、アメリカ中でも、これ程将来性に優れたところはないと確信すると、レストラン・ビジネスを辞め、ワイン造り、ワシントンへの移住を決めた。早くも2005年よりグラマシー・セラーが設立されることになります。

ワシントンワイン産地の中でも別格の感のあるワラワラ・ヴァレーは非常に痩せた土地、日照量の多さ、夜の冷涼さ、雨がほとんど降らない長い生育期間、複雑な土壌構成・・・と最良の小粒な葡萄を産する絶対条件が整っており、すでに評価の高いクウィルシーダ・クリーク、レオネッティ、カユース、Kヴィントナーズなどが素晴らしいワインを産しています。

ここにグレッグが参入することにより、すでに新しい若手ワインメーカーたちのコミュニティーや意見交換の場、コラボレーションなどが始まっており、今後グレッグの経験豊富なレストラン業界でのキャリアや理想とする食と共にあるべきバランスの取れたワイン造りがワシントンワインの将来をけん引していくことであろうと思われます。

既にワイン造りを始めて数年の2008年度に、シアトルのワイン雑誌からグレッグはベスト・ニュー・ワインメーカーを、グラマシー・セラーズはWine & Spirits誌から、2010, 2011, 2012, 2013, 2014年度の世界Top100ワイナリーに選出されています。

グレッグは現在も、コーネル・ホテル・スクールにおいて客員講師を務めており、コート・オブ・マスター・ソムリエ協会の議長、ワシントンワイン協会の要職、ワラワラ地区のワイン・トレードの講師でもある。自社畑グラマシー・エステートをワラ・ワラ・ヴァレーに取得し進化を続けています。