ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

163件中 1-20件表示
1 2 9
  • 赤ワイン

オーパス・ワンのセカンドワイン
オーヴァーチュア ( オーパス ワン ) [NV]

このオーヴァチャーは、オーパス・ワンのセカンドワインです。

ボルドーの一流シャトーの伝統にならい、オーパスワンでは上質なセカンドワイン「オーヴァチャー」を生産しています。オーパスワンを造るにあたり、その延長として生まれるオーヴァチャーは、時を越えたエステートのぶどう畑を表現しています。

オーヴァチャーは、伝統的なボルドーの全5品種のぶどうをブレンドし、同一品種でありながらも異なる土壌で栽培された各ぶどうのテロワールの特徴を示すことで、ワインメーカーの芸術性を反映しています。オーヴァチャーは複数のヴィンテージをブレンドすることで、よりしなやかでふくよかなものとなり、リリース直後でもお楽しみいただけます。

オーヴァチャーは、ヴィンテージを越えたオーパスワンの自社畑のエッセンスを反映します。この素晴らしいテロワールは、複雑なアロマに風味、とりわけテクスチャーに表れ、カベルネ・ソーヴィニョンのクラシックなブラックベリーとカシスの特性は、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、マルベックの持つブラックチェリーや赤スグリ、そしてバイオレットの特性と滑らかに融合するのです。長期に渡る樽熟成と複数ヴィンテージをブレンドすることで、オーヴァチャーはしなやかなストラクチャーとシルクのような触感を醸し出します。


■オーパス・ワンについて
オーパス・ワンは、シャトー・ムートン・ロートシルトの伝説的当主フィリップ・ド・ロートシルト男爵およびナパヴァレーの有名醸造家ロバート・モンダヴィによって創立されました。創立者たちの唯一の目標は、両ファミリーの誇る偉大なワイン造りの伝統と革新的な精神を融合させて、ナパヴァレーから至高のワインを造り上げることでした。

オーパス・ワンは、偉大な芸術作品がそうであるように、彼らの情熱から誕生しました。決して品質で妥協しないオーパスワンの唯一の目的は、ビジョンと情熱を何世代にもわたって表現していくことです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニョン、メルロー、カベルネフラン、プティヴェルド、マルベック
  • 750ml
通常価格 ¥ 31,240 のところ
販売価格 ¥ 31,240 税込
  • 赤ワイン
  • WA98点
  • WS94点

オーパス ワン [2018]

オーパスワン2018は、ブラックベリー、カシス、ブラックチェリーの豊かな香りから、上品なスミレ、白胡椒、そしてバラの花びらへと続き、とても魅力的な芳香を放ちます。新鮮で瑞々しい黒果実の味わいがしなやかに幾層にも重なり、オレンジの皮、甘草、ダークチョコレートのニュアンスがアクセントとして感じられます。

美しくバランスのとれた滑らかでやわらかなタンニンは、フレッシュな酸味と相まってソフトでクリーミーな感触をもたらし、その味わいは引き続き長い余韻となって広がります。


■オーパス・ワンについて
オーパス・ワンは、シャトー・ムートン・ロートシルトの伝説的当主フィリップ・ド・ロートシルト男爵およびナパヴァレーの有名醸造家ロバート・モンダヴィによって創立されました。創立者たちの唯一の目標は、両ファミリーの誇る偉大なワイン造りの伝統と革新的な精神を融合させて、ナパヴァレーから至高のワインを造り上げることでした。

オーパス・ワンは、偉大な芸術作品がそうであるように、彼らの情熱から誕生しました。決して品質で妥協しないオーパスワンの唯一の目的は、ビジョンと情熱を何世代にもわたって表現していくことです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン84%、プティヴェルド6%、メルロー5%、カベルネ・フラン4%、マルベック1%
  • 750ml
通常価格 ¥ 72,490 のところ
販売価格 ¥ 72,490 税込
  • 赤ワイン
  • WA95点
  • WS92点

■お取寄せ イングルヌック ルビコン [2014]

1879年設立。一度はその品質に陰りをみせたものの、世界的な映画監督フランシスフォード コッポラ夫妻が1975年にシャトーを購入、大規模な投資を行い再びその名声を取り戻しました。ファーストヴィンテージは1978年。毎年所有畑の中で最良のロットから造られます。(2014年は5つの畑のブレンド)醸造責任者はシャトー マルゴーの支配人でもあるフィリップ バスコールが務めます。複雑さ、バランス、エレガンスという偉大なワインに必要な条件を兼ね備えたワイン。熟したチェリーやカシスに加えて広がるバニラやリコリスの香り。いきいきとした果実味と滑らかな口当たりに長い余韻が続きます。
アルコール度数:14.0%
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン97%、メルロ2%、プティヴェルド1%
  • 750ml
通常価格 ¥ 36,300 のところ
販売価格 ¥ 29,040 税込
  • 赤ワイン

アミューズ ブーシュ レッド ワイン ナパ ヴァレー [2019]

とろけるようなチョコレートとベリー類のアロマと味わいが感じられます。コクがあり、ジューシーかつクリーミーで、美しいバランスと魅力的なキャラクターを持ち、フィニッシュに、スミレやベリー類が感じられるゴージャスなワインです。

2019年は、近年では理想的な栽培期間に近いもので、アミューズ・ブーシュの中でも最高のものにランクされると期待しているそうです。


アミューズ・ブーシュの自社畑は、ナパ・ヴァレ/ラザフォードの東丘陵にあり、標高は約200m。ナパ・ヴァレーのヴァレー・フロアを見下ろす高台にあり、火山灰が凝固したトゥーファと呼ばれる気泡の空いた塊が点在する斜面の畑です。水はけがよく、森林や鉱物のミネラル感が現れ、ハーブやスパイス感も特徴的に表現されます。オーナー兼ワインメーカーのハイジ・バレットは、畑の場所を明確にせず、「シークレット・ヴィンヤード」と呼んでいます。


■ラベルについて
2019年のラベルを飾る「樹木の大聖堂」の制作をしたのは、1921年生まれのフランソワーズ・ジロー。その素晴らしさを伝えるために、リトグラフの代わりに一点物の木箱を制作しました。彼女は、パブロ・ピカソとの長く波乱に満ちた関係で知られているフランスの水彩画家、陶芸家で、ピカソとの間に二人の子供クロードとバロを設けました。ピカソを捨てた後の1964年に上梓した「ピカソとの日々」は数百万部のベストセラーとなり、2019年に再販売されました。現在は、ニューヨークのスタジオとパリを行き来しています。

フランソワーズ・ジローは、国際的な芸術家として高く評価されており、50年以上に渡り、欧州、アジア、北米の主要なアートセンターで作品を展示してきました。1988年にフランス芸術文化勲章、1990年にフランス・レジオン・ドヌール勲章、1996年にフランス大統領から国家功労勲章を受賞されています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • メルロ92%、カベルネフラン8%
  • 750ml
通常価格 ¥ 41,800 のところ
販売価格 ¥ 41,800 税込
  • 白ワイン

オーボンクリマの日本限定リリースのシャルドネ
オーボンクリマ シャルドネ ツバキ ラベル サンタ バーバラ [2020]

この「ツバキラベル」シリーズは、京都造形芸術大学の教授であり、コンテンポラリー・アーティストとして日本の第一人者である、椿昇(ツバキノボル)氏のデザインと、ジム・クレンデネンの素晴らしいワインメーキングが融合して生まれた、日本限定リリースのシリーズです。ジム・クレンデネンは大の日本びいき。今まで幾度となく来日し、ワインを通じて、様々な日本を経験、理解してきたジムがブレンドした、日本のためのワインです。

白桃、アプリコットなどの魅惑的な香りと、きれいな酸、長く印象的なフィニッシュという、サンタ・バーバラのシャルドネらしい味わいです。

このツバキラベル シャルドネのアペレーションは、サンタバーバラ郡で、郡内の素晴らしい畑の中でもジム・クレンデネンが、特別に厳選したもののみをブレンドしています。冷涼な太平洋の影響を強く受けるサンタバーバラは、日中の気温は温暖ですが、夜気温がかなり低くなるので、シャルドネの生育には理想的な場所です。

■ラベルについて
ラベルに描かれているキャラクターは、ワインを作る過程で欠かせない酵母から着想した「酵母の精霊」です。私たちに豊かな恵みをもたらす酵母の詩学を、みなさまとご一緒に堪能できますことを光栄におもいます。椿昇(ツバキノボル)
  • アメリカ/カリフォルニア/サンタバーバラ
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • シャルドネ
  • 750ml
通常価格 ¥ 3,520 のところ
販売価格 ¥ 2,816 税込
  • 赤ワイン

アッシュ & ダイヤモンド カベルネ ソーヴィニヨン No.1 レッド ヘン ヴィンヤード [2016]

アッシュ&ダイヤモンドのカベルネソーヴィニヨン レッドヘンヴィンヤードは、カリフォルニアワインの歴史を語る上で重要なバート&ダフネ・アロウホの主有するナパヴァレーのオークノル地区にある畑のカベルネソーヴィニヨン100%で造ったワインです。

ワイナリーから29号線を渡り、マヤカマスマウンテンの麓に位置した畑です。大変水はけの良い砂利の多いローム層の土壌はスポンジのように近隣の山々からの雨水を吸い上げるので灌漑はほとんど必要ありません。このレッドヘンヴィンヤードの4つの異なったブロックのカベルネソーヴィニヨンを9月9日に収穫後、自然酵母を用い17日間ステンレス鋼のタンクで醸しました。その後、Seguin Moreau 社製フレンチオーク樽(新樽35%)に移し20か月間樽熟成しました。このワインのワインメーカーはダイアナ・スノーデン女氏です。

物静かで大変バランスのとれた印象、フレッシュな果実とシルキーで程よいタンニンがあり、土壌由来の香り、味わいも重なり、幾度となく、さざ波のように長い余韻へと続きます。単一畑ならではの素晴らしい味わいはアロウホ夫妻の環境保全に努め、ビオデナミ農法を実践した努力の賜物です。この質の高いビオデナミ農法、健全な醸造環境はテロワールを如実に反映したワイン造りを可能にしているのです。レッドヘンヴィンヤードならではの味わいをお楽しみいただける事でしょう。

度数:13.7%
総ケース数:850ケース
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 17,600 のところ
販売価格 ¥ 17,600 税込
  • 赤ワイン
  • WA96点
  • WS95点

【ワイン・アドヴォケイト:96+点】
オーベール ピノノワール UV-SL ヴィンヤード ソノマ コースト [2019]

UV-SLヴィンヤードのUVは、畑のオーナーだった故ユリシス・ヴァルデスの頭文字で、SLは、ヴァルデス・ヴィンヤードの区画の一つStoetzLane(ストーツ・レーン)のことです。ユリシス・ヴァルデスは、ソノマで最も有名な栽培家の1人で2018年に49歳の若さで急死。UVヴィンヤードは現在ヴァルデス&サンズ・ヴィンヤード管理会社が所有しています。ユリシス・ヴァルデスとマーク・オーベールは互いの能力を認め合う盟友で、ユリシスの栽培管理能力を信頼したマークはその独立創業を出資することで支えました。

UV-SLヴィンヤードはオキシデンタルの町より北、ロシアン・リヴァー・ヴァレーの中央部西端に位置し、畑内をグリーン・ヴァレーの境界線が通り、海に近い為非常に涼しい地域にあります。その品質の高さから多くの生産者がブドウを求め、この地区のピノ・ノワール優良畑と言われています。

区画により丘陵の高い部分は火山性土壌で、そのほかはローム質のゴールドリッジが散りばめられており、鉄の多い火山性土壌は強い個性の長期熟成に向くブドウを、ゴールド・リッジ土壌はリッチで肉感的なテクスチャーを持つブドウを作り出します。

オーベールの契約する区画ではそのユニークな土壌の特色を生かすようにオーベールが吟味したクローン・セレクションで植樹されており、収量は自然に絞られ、1エーカーあたり2トンになります。UV-SLのブドウはそのテロワールの個性を十分表し、芯のしっかりとした高品質なオーベール・ワインができあがります。

ブドウは夜間に手摘みし、冷たいうちにワイナリーに保冷車で運び込みました。ピノ・ノワールのロットは小さな開放式タンクで発酵させました。瓶熟1年を経てリリース。

マーク・オーベールのコメント:砕いたブルーベリー、イチジク、ラベンダーやローズマリー、カルダモンと松林の香りがアクセントとなってグラスから立ち昇ります。黒い果実、ベリー類の味わいに鉄分を含んだ土壌由来のエステル香がほのかにあります。熟して洗練されたタンニンを持ち、ヴィンテージのエレガンスとエネルギーが余すところなく表現されています。これは優れたピノ・ノワールであり、各要素が良く調和し、バランスすることで長期熟成のポテンシャルを約束しています。少しだけ霞がかったような透明感があるのはノン・フイルターでうまみが削られていない証拠です。飲み頃は2021年から2034年。


■オーベールについて
マーク・オーベール氏は25年以上にわたり、カルトワインのワインメーカーとして活躍し、ピーター・マイケル、スローン、コルギン、ブライアント・ファミリーなど名実ともに有名ブランドを手がけてきました。オーベール・ワインズは1999年設立。2010年に自身の醸造設備を持ち、ナパ・ヴァレー、カーネロス、ソノマ・コーストの単一畑から、シャルドネとピノ・ノワールを造っています。彼が求めるシャルドネとは100%フレンチオーク樽発酵・熟成(高い新樽率)、贅沢なフル・ボディながらバランスがとれ、フィネスとエレガンスを体現するワインです。マーカッシン、コングスガード、ピーター・マイケル、キスラーと並び、カリフォルニアのシャルドネの頂点に位置し、10年の熟成の可能性を持つワインとの評価を受けています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 24,200 のところ
販売価格 ¥ 21,000 税込
  • 赤ワイン
  • WA96点
  • WS93点

【ワイン・アドヴォケイト:96+点】
オーベール ピノノワール UV ヴィンヤード ソノマ コースト [2019]

UVヴィンヤードは、畑のオーナーだった故ユリシス・ヴァルデスの頭文字です。ユリシス・ヴァルデスは、ソノマで最も有名な栽培家の1人で2018年に49歳の若さで急死。UVヴィンヤードは、現在ヴァルデス&サンズ・ヴィンヤード管理会社が所有しています。ユリシス・ヴァルデスとマーク・オーベールは、互いの能力を認め合う盟友で、ユリシスの栽培管理能力を信頼したマークはその独立創業を出資することで支えました。

UVヴィンヤードはソノマ・コースト中西部オキシデンタル地区にあり、オーベールが契約するブロックの土壌は保水性があり、ワインにしなやかさとあまやかなタンニンをもたらすセバストポル粘土質土壌で、そこにクローン、台木を厳選して2001年に植えられています。UVヴィンヤードはオーベールが造るピノ・ノワールの中で最も樹齢が高く、複雑な味わいを作りだします。

ブドウは夜間に手摘みし、冷たいうちにワイナリーに保冷車で運び込みました。ピノ・ノワールのロットは小さな開放式タンクで発酵させました。瓶熟1年後にリリース。

■マーク・オーベールのコメント
温かみのあるブラックベリー、ストロベリーパウダー、キルシュ、オレンジティーと香ばしいニュアンスのアロマ。ザクロの実や粘土質の土壌の香りに縁取られながら、堂々とした黒い果実の味わいが軽やかに広がっていきます。熟したビロードのようなタンニンが、凝縮された素晴らしい赤い果実の核と溶け合い、長くジューシーなフィニッシュへとつながります。少しだけ霞がかったような透明感があるのはノン・フイルターでうまみが削られていない証拠です。飲み頃は2021年から2034年です。


■オーベールについて
マーク・オーベール氏は25年以上にわたり、カルトワインのワインメーカーとして活躍し、ピーター・マイケル、スローン、コルギン、ブライアント・ファミリーなど名実ともに有名ブランドを手がけてきました。オーベール・ワインズは1999年設立。2010年に自身の醸造設備を持ち、ナパ・ヴァレー、カーネロス、ソノマ・コーストの単一畑から、シャルドネとピノ・ノワールを造っています。彼が求めるシャルドネとは100%フレンチオーク樽発酵・熟成(高い新樽率)、贅沢なフル・ボディながらバランスがとれ、フィネスとエレガンスを体現するワインです。マーカッシン、コングスガード、ピーター・マイケル、キスラーと並び、カリフォルニアのシャルドネの頂点に位置し、10年の熟成の可能性を持つワインとの評価を受けています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 24,200 のところ
販売価格 ¥ 20,500 税込
  • 赤ワイン

イーター カベルネソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2018]

エレガントなアロマが幾層にも重なり、ブラックベリー、黒すぐり、ブラックチェリーなど黒系果実が華やかに香り、ココアのニュアンスも感じられます。舌触りは、とてもスムースで、生き生きとしたフレッシュな果実が心地良く、優しくこなれたタンニンが口の中に広がります。

ナパ・ヴァレーの果実味の豊かさをしっかりと表現しながら、極端に強調せず、ミディアム・ボディに抑え、多様なジャンルの食事とのバランスを考えた抑制された仕上りです。イタリアン、フレンチ、ステーキ、中華、和食、エスニックなど様々な食事との相乗効果の可能性が楽しめます。

畑は、ラザフォード&ヨントヴィルのヴァレー・フロアから、ソフトなタンニン、ジューシーな果実味を引き出しています。また、アトラス・ピークの丘陵から、しっかりとしたタンニンとエレガントな酸を加味しています。ヴィンテージに合わせて、ナパ・ヴァレーの各地から個性ある葡萄を調達してブレンドします。

ステンレス・タンク醗酵(20日間マセラシオン)し、、オリと共にフレンチオーク樽で3か月熟成後、オリ引きして、更に9か月熟成しています。

「イーター」はラテン語で、道を辿る、旅路を意味します。ラベルに描かれている「うずまき模様」は、予測しがたく、変化に富む、人生の辿る道の象徴です。

裏ラベルにはワイナリーからのメッセージが書かれています。「グラスを掲げて乾杯しましょう。曲がりくねった人生に。笑い、怒り、悲しみ、楽しさ溢れる道は、やがて原点にもどっていくことでしょう・・・。」

■オーナー/ワインメーカー:ダリオ・ディ・コンティ(イタリア出身)のコメント
ナパ・ヴァレーのテロワールは計り知れない可能性を秘め、まだまだ解き明かされない真実が隠されいます。それを探求するのも一つの旅路であることからこのワインを「イーター」と名付けました。高騰するナパ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニヨンの価格ですが、長年の経験と人脈により、そのヴィンテージ毎に最適な味わいと適切な価格の葡萄を調達し、食事に合うワインを造ることは、私のルーツであるイタリアのワインと食文化に根差しています。
通常価格 ¥ 4,180 のところ
販売価格 ¥ 3,478 税込
  • 赤ワイン
  • WA95点
  • WS92点

≪高得点≫ ■お取寄せ イングルヌック ルビコン [2016]

1879年設立。一度はその品質に陰りをみせたものの、世界的な映画監督フランシスフォード コッポラ夫妻が1975年にシャトーを購入、大規模な投資を行い再びその名声を取り戻しました。ファーストヴィンテージは1978年。毎年所有畑の中で最良のロットから造られます。(2016年は8つの畑のブレンド)醸造責任者はシャトー マルゴーの支配人でもあるフィリップ バスコールが務めます。複雑さ、バランス、エレガンスという偉大なワインに必要な条件を兼ね備えたワイン。熟したチェリーやカシスに加えて広がるバニラやリコリスの香り。いきいきとした果実味と滑らかな口当たりに長い余韻が続きます。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン93%、カベルネフラン7%
  • 750ml
通常価格 ¥ 36,300 のところ
販売価格 ¥ 31,119 税込
  • 赤ワイン

■お取寄せ イントゥ カベルネ ソーヴィニョン ロダイ [2018]

イントゥは友達や家族と一緒に楽しむ為に造られたワインです。皆で集まる事によって、喜びや感動は強く大きくなります。仲の良い友人と美味しいワインを飲みながら過ごす楽しい時間。気が付くとあっと言う間に2本目のボトルが開いていることでしょう!
  • アメリカ/カリフォルニア/ロダイ
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口甘-辛: 辛口
  • カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常価格 ¥ 2,090 のところ
販売価格 ¥ 1,911 税込
  • 白ワイン

■お取寄せ アイ ブランド&ファミリー ラ マレーア アルバリーニョ クリスティ ヴィンヤード [2020]

ラ・マレーアはスペイン語で「潮の流れ」を意味します。昨今のカリフォルニア(特にモントレー地方)において、果実味と樽が全面的に出過ぎていてテロワールが感じられるワインが少ないと感じたイアンが、自身のワインで「流れ」を変えたいと考える決意が、このワインの名前になっています。
  • アメリカ/カリフォルニア/モントレー
  • スティル ワイン色: 白ワイン甘-辛: 辛口
  • アルバリ―ニョ
  • 750ml
通常価格 ¥ 4,180 のところ
販売価格 ¥ 3,478 税込
  • 赤ワイン
  • WA94点
  • WS92点

■お取寄せ アイズリー ヴィンヤード アルタグラシア カベルネ ソーヴィニョン ナパ ヴァレー [2015]

アルタグラシアは、前オーナーであるバート・アローホの祖母の名前を付けた、ボルドースタイルの赤ワインです。2015年のヴィンテージのワインは、エネルギーに満ち溢れています。アメリカンチェリー、ラズベリー、ボイゼンベリーなどの夏の果実の香りに溢れ、そこにバニラとシナモンも香りも感じられます。ボリュームがあり丸みを帯びたアタックにはブルーベリーなどの果実と黒鉛などが重なり、長いフィニッシュへと続き、ミネラル感とフレッシュさも感じます。タンニンは非常に繊細で緻密。果実の完熟感から、凝縮されて濃厚な土のようなニュアンスへとスムーズに移ります。とても外向的な印象の、素晴らしいワインです。

気温が穏やかでほとんど雨が降らなかった冬のお陰で萌芽は早く、開花も4月上旬と記録的に早かった2015年。どの区画でも実の付きがとてもよく均一で、樹齢の高さとテロワールの安定感を物語っていました。5月の気温は低めだったためにナパ・ヴァレー全体では収量が低めになりそうでしたが、早めの開花とバランスの取れたキャノピーのお陰で、アイズリー・ヴィンヤードの樹は安定していました。夏の気温の高さが均等な成熟を促したため、素晴らしい品質のカベルネ・ソーヴィニョンの収穫は2001年以来の早さで9月5日に始まり、9月15日に終了しました。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口甘-辛: 辛口
  • カベルネソーヴィニヨン
  • 750ml
通常価格 ¥ 24,750 のところ
販売価格 ¥ 19,800 税込
  • 赤ワイン
  • WS93点

【ヴィノス:98点】
オーヴィッド ヘクサメーター レッド ワイン ナパ ヴァレー [2018]

プラム、ブラックチェリー、スミレ、インク、林床のアロマがコーラ、ボイセンベリー、糖蜜、オレンジの花へと変化していきます。黒い果実の味わいに堂々とした骨格。この先何十年にもわたって語り継がれる物語をお楽しみください。フレンチ・オーク(新樽65%)で22か月熟成しています。

アントニ・ガッローニは、「カベルネ・フランをベースにした 2018 年はその岩の多い赤土で、フランがどれほど見事な存在であるかを示しています。溢れんばかりのアロマと塩分由来のミネラルが感じられます。砕いた岩、バラの花びら、スパイス、リコリス、新しい革などのアロマがグラスから立ちあがる、最初から最後まで目を見張るような素晴らしいワイン。」と述べております。ヴィノス(アントニ・ガッローニ) 98点 (Vinous December, 2020)


■オーヴィッドについて
マーク・ネルソンとダナ・ジョンソン夫妻は、PCソフトウェア業界で、検索プラットフォームのメーカーとして著名なオーヴィッド社を80年代後半に設立し、その成功で得た資産をつぎ込み、標高427メートルのヒルサイドにある土地を開墾し、オーヴィッドを設立しました。初ヴィンテージは、2004年です。

プレミアム・ワイナリーがひしめき注目される、ナパ・ヴァレーの東側ヴォカ山脈の麓にあるプリチャード・ヒル地区に自社畑があり、栽培管理はデヴィッド・エイブリュー、醸造家は元スクリーミング・イーグルのアンディ・エリクソンという錚々たるメンバーで、ボルドー・スタイルのプレミアム・ワインを造っています。

2017年4月に、創業者の友人であるシルバー・オークのデヴィッド・ダンカンが、オーヴィッドを買収し「スタッフごと引継ぎ、今まで通りのワイン造りを行い、新たに開墾も行う予定である。」と述べました。元クリフ・レイディ社長のジャック・ビットナーがマネージング・パートナーとしてワイナリーを切り盛りし、今後の動向が注目される生産者です。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネフラン51%、カベルネソーヴィニヨン45%、プティヴェルド4%
  • 750ml
通常価格 ¥ 59,400 のところ
販売価格 ¥ 47,520 税込
  • 赤ワイン
  • WS95点

【ヴィノス:96+点】
オーヴィッド レッド ワイン ナパ ヴァレー [2018]

マルベリー、月桂樹、コーラ、リコリスの根、セージ、白檀のアロマ。カシスやフレッシュなブラックベリーの味わいが力強く感じられます。完成度の高いこのワインは、この先何十年も楽しめるでしょう。フレンチ・オーク(新樽58%)で22か月熟成しています。

アントニ・ガッローニは「過去の OVID のワインと比べても、非常に繊細でエレガント。絹のように滑らかで香り高く、優しさが溢れている 2018 年は、味わい豊かです。鮮やかな花の香り、レッドチェリー、プラム、スパイスの香りのすべてが美しく表現されており、エネルギーと緊張感のあるワイン。瓶熟してどのように発展していくのか、興味深い。」と述べております。ヴィノス(アントニ・ガッローニ) 96+点 (Vinous December 2020)


■オーヴィッドについて
マーク・ネルソンとダナ・ジョンソン夫妻は、PCソフトウェア業界で、検索プラットフォームのメーカーとして著名なオーヴィッド社を80年代後半に設立し、その成功で得た資産をつぎ込み、標高427メートルのヒルサイドにある土地を開墾し、オーヴィッドを設立しました。初ヴィンテージは、2004年です。

プレミアム・ワイナリーがひしめき注目される、ナパ・ヴァレーの東側ヴォカ山脈の麓にあるプリチャード・ヒル地区に自社畑があり、栽培管理はデヴィッド・エイブリュー、醸造家は元スクリーミング・イーグルのアンディ・エリクソンという錚々たるメンバーで、ボルドー・スタイルのプレミアム・ワインを造っています。

2017年4月に、創業者の友人であるシルバー・オークのデヴィッド・ダンカンが、オーヴィッドを買収し「スタッフごと引継ぎ、今まで通りのワイン造りを行い、新たに開墾も行う予定である。」と述べました。元クリフ・レイディ社長のジャック・ビットナーがマネージング・パートナーとしてワイナリーを切り盛りし、今後の動向が注目される生産者です。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン78%、カベルネフラン18%、プティヴェルド4%
  • 750ml
通常価格 ¥ 59,400 のところ
販売価格 ¥ 47,520 税込
  • 赤ワイン

ナパ・カベルネの名手シュレーダーが造るピノ・ノワール
アストン エステイト ピノ ノワール ソノマ コースト [2018]

ウルトラ・プレミアムなナパ・カベルネを造るシュレーダー・セラーズがソノマ・コースト(アナポリス地区)で手掛けるピノ・ノワール!!


色調は、赤紫の濃厚な色合い。香りは、ラスベリー、ザクロの果肉の様な赤系の甘酸っぱさがタップリ。味わいには、ブラック・ベリー・ジャム、プラムなどの濃厚な黒系ベリーとクランベリー、オレンジの皮の内側の白い部分の様な酸と苦みを併せ持ったニュアンスが現れます。

ペイキング・スパイスのひとつ、ナツメグが心地よく残り、クリーミーでシルクの様な滑らかな口当たり、口の中で広がるフル・ボディで濃厚な果実味に、ディジョン・クローンの特徴が最大限に発揮されています。果実味だけでなく、土っぽさやラベンダー、ミントのようなハーブのニュアンスが清涼感も加えます。今飲んでも、そのエネルギーと、ソノマ・コーストのアナポリス地区の更なる可能性を感じることでできる仕上がりです。

フレンチ・オーク樽(新樽10%)で約10か月間熟成後、瓶で約2年間熟成しています。


■アストン・エステイトについて
ウルトラ・プレミアムなナパ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニヨンを造るシュレイダー・セラーズのオーナーであるフレッド・シュレイダーは、ウルトラ・プレミアムなピノ・ノワールを求めていました。

2000年より、シュレイダー・セラーズのワインメーカーに就任したトーマス・リヴァース・ブラウンが、2001年にソノマ・コーストの最北アナポリスに近い未開墾の土地をみつけ、フレッド・シュレイダーと共に共同経営者として「アストン・エステイト」を創業しました。

畑は、最北アナポリス地区にあり、海からは8km、二つの丘陵を越えた森林に囲まれた位置にあり、土壌はゴールドリッジ堆積土壌、水はけがとても良いです。標高は約300m、栽培面積16ha、霧は、ぎりぎり畑にはかからず、涼しい風が入り込みます。畑は、南西向き海を臨むが、日照量は十分で日中は非常に暑く、夜から朝にかけては気温が大きく下がります。収量を極端に抑え、小粒で果皮が厚い粒となり、非常に凝縮した果実が得られます。アストンの特徴の要素は、3つのディジョン・クローン(115、667、777)の個性が大きく現れます。

2021年に、ワインメーカーのトーマス・リヴァース・ブラウンが、アストン・エステイトの単独オーナーとなりました。今後、「トーマスは植替えを行うのか?」「造りは変えていくのか?」、他にはないアナポリス北(ソノマ・コースト最北)のテロワールがどのように表現されるようになるか楽しみです!
通常価格 ¥ 11,000 のところ
販売価格 ¥ 10,230 税込
  • 赤ワイン

アメリカ現代アートの象徴の生誕100年を記念したワイン
リロイ ニーマン レッド ワイン ナパ ヴァレー ( アミューズ ブーシュ ) [2019]

ナパの女神ハイジ・バレットが、アメリカ現代アートの象徴であるリロイ・ニーマンの生誕100年を記念して醸すレッド・ブレンドです!!

ナパ・ヴァレーのAu Sommet(アトラス・ピーク)、Amuse Bouche (セント・ヘレナ東斜面)、La Sirena(カリストガ)の畑のブドウを使用しワインメーカーのハイジ・バレットが、見事にブレンドし、「リロイ・ニーマン 2019 年」を完成させました。

カシス、ブラックベリー、黒鉛などの力強く濃厚なアロマ。黒い果実のみずみずしさがあり、味わいは深みがあり、豊かでしなやか。継ぎ目がなく、信じられないほどエレガントです。


ワインと芸術が融合し、多くのワインコレクターがセラーに寝かせたいと思う逸品、それがアミューズ・ブーシュです。同社は、タイムマガジンに「ナパ・ヴァレーの女神」と称されたスクリーミング・イーグルの元ワインメーカー、ハイジ・バレットとレストラン事業展開会社のオーナー、ジョン・シュワルツのジョイント・ベンチャーにより生み出されました。

「コレクターが希少価値のあるワインを年代ごとに集め、芸術作品として鑑賞する時の楽しみと感動。そしてそれを上回るワイン自体の美味しさの感動が芸術となり、双方の芸術が繋がる。」をモットーに、旗艦のアミューズ・ブーシュレッド・ワインはムートンと同様、毎年違う芸術家を選び、その作品をエチケットにしてきました。

2007年と2013年ヴィンテージに、作品を提供したのは20世紀現代アートのアイコンであるリロイ・ニーマン(1921~2012)。アメリカの印象派と称され、その指先から繰り出されるきらびやかな色彩は、おのずから物語とムードを造りだすと言われています。その作品はスミソニアン協会の美術館(ワシントンDC)を始めとする多くの美術館に所蔵されています。彼は豊かな生活を表現した絵画で人気を博しましたが、彼が描いた「良い生活」とは、「豊かさや豪華さではなく、生きる喜びそのもの」であると述べていました。

リロイ・ニーマンの生誕100年に際し、財団法人リロイ・ニーマンと一緒に、リロイ・ニーマンを記念するワインを造りました。エチケットは「シナトラの歌にあわせて躍る」と題された版画で、20世紀アメリカを代表するエンターティナー、フランク・シナトラとの生涯にわたる友情を称えたもので、この版画が初出で過去に市場に出ていないオリジナル版画です。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン63.8%、シラー15.6%、プティシラー10.1%、プティヴェルド8.4%、カベルネフラン2.1%
  • 750ml
通常価格 ¥ 33,000 のところ
販売価格 ¥ 29,700 税込
163件中 1-20件表示
1 2 9