ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

アンダー ザ ワイヤーUnder The Wire

アンダー・ザ・ワイヤー

アンダー・ザ・ワイヤーの早わかりポイント

  • 単一畑、単一ヴィンテージ(生産年)、単一品種にこだわったカリフォルニアのスパークリングワイン
  • 手掛けるモーガン・トウェイン・ピーターソンは、カリフォルニアワイン業界殿堂入りのジョエル・ピーターソンを父に持ち、自身もマスターオブワインの資格を持つサラブレッド

単一畑、単一ヴィンテージ、単一品種に特化したカルト的スパークリング

モーガン・トウェイン・ピーターソンとクリス・コトレル

アンダー・ザ・ワイヤーは、『カリフォルニアワイン名誉の殿堂』入りを果たすジョエル・ピーターソンを父に持ち、自らもマスター・オブ・ワイン保持者であるモーガン・トウェイン・ピーターソンと、その学生時代からの親友でワイン業界で働いていたクリス・コトレルが共同運営しています。

アンダー・ザ・ワイヤーの特徴は、単一畑、単一ヴィンテージ(生産年)、単一品種に特化したスパークリングワインであること。

カリフォルニアでも選び抜かれた特別な畑から、唯一無二の個性を持つスパークリングワインをごく少量生産しています。多くの評論家から絶賛を受けていますが、その生産量の少なさからカルト化しているワイナリーです。

影響を受けたのは、2000年代に起こった“グロワーズ・シャンパーニュ”のムーヴメント。小規模生産者によるテロワールを重視した職人的なワイン造りは、大手メゾンと違って毎年安定した味わいではありませんが、個性的なシャンパーニュばかり。

アンダー・ザ・ワイヤーでは、カリフォルニアでも同じようにユニークで美味しく、テロワールに基づいた素晴らしいスパークリングワインが作れることを証明するために生まれました。

名前から分かるブドウへのこだわり

アンダー・ザ・ワイヤーのスパークリングワイン

アンダー・ザ・ワイヤーの由来は二つ。

一つはそのままの意味でミュズレ(スパークリング・ワインのコルクと瓶を止める針金ワイヤー)の下にあるワインという意味。

そしてもう一つは、英語の表現で「期限にぎりぎりに間に合う」という意味から。

日照量の豊富なカリフォルニアでは、大手のスパークリング生産者は、ぶどうの酸味が落ちないよう、まだ青く糖度が低いうちから収穫してしまいます。しかしそれでは葡萄の成熟が十分ではなく、畑の個性は十分に現れません。

アンダー・ザ・ワイヤーでは、まさに「収穫のタイミングにぎりぎりに間に合わせる」ため、ブドウの酸味と成熟の丁度良いタイミングを見計らうのです。

アンダー・ザ・ワイヤーこだわりのぶどう畑

  • ベッドロック・ヴィンヤード(ソノマ・ヴァレーAVA)

    1954年から150年以上に渡ってブドウが栽培されている畑。

    1854年に南北戦争のシャーマン軍司令官と、フッカー少将により所有・開墾・葡萄が植樹され、現在まで続く歴史的な畑。ピーターソン家が2005年に取得した大切な自社畑でもあります。

    24種類栽培されている中から、アンダー・ザ・ワイヤーでは古樹のジンファンデルを使用しており、低糖度で複雑な奥行ある味わいと、強い自然な酸味の両方を兼ね備えています。

  • ブロッソー・ヴィンヤード(シャローンAVA)

    アンダー・ザ・ワイヤーとして初めて手掛けたのがここ、ブロッソー・ヴィンヤードのスパークリングワイン。

    ピナクルズ国立公園の影に隠れたサリナス・ヴァレーの高台に位置するブロッソー・ヴィンヤードは、人里離れたシャロンAVAにあります。有機農法で栽培しているこの葡萄畑からは、州内随一のシャルドネとピノ・ノワールが生まれます。

  • アルダー・スプリングス(メンドシーノ・カウンティAVA)

    アルダー・スプリングス・ヴィンヤードはメンドシーノ群の北、周りには葡萄畑はほとんどない場所にあります。オーナーのスチュアート・ブリューリー以外にはこの場所で良質な葡萄ができるとはだれも思っていませんでしたが、今ではアンダー・ザ・ワイヤーをはじめ、パッツ&ホールやリース、アルノー・ロバーツなど、こだわりを持つ生産者が認めるぶどう畑となっています。

    アンダー・ザ・ワイヤーでは、アルダースプリングスのシャルドネとピノ・ノワールから白とロゼを造っています。また、アンダー・ザ・ワイヤーのためにピノムニエを栽培するというアイデアもあり、数年後には素晴らしいブドウ畑から新しいワインが生まれる予定です。

  • ハーシュ(フォートロス・シーヴューAVA)

    ハーシュは言わずとしれた超一流畑。誰もがハーシュの葡萄でワインを造りたいと思う、まさに宝石のようなぶどう畑。

    広大なソノマ・コーストの中でも「トゥルー・ソノマ・コースト」の一つ、中央部にある「フォート・ロスシーヴュー」サブAVAの中に位置します。1980年初頭ディヴィッド・ハーシュが開墾し、土壌も気候条件も異なる幾つもの区画に分けて、様々なクローンが植樹されています。

5件中 1-5件表示
  • スパークリング

アンダー ザ ワイヤー オールド ヴァイン ジンファンデル スパークリング ワイン [2016]

AVA/畑:ソノマ・ヴァレーザ・ベッドロック・ヴィンヤード
品種:ジンファンデル100%
製法:シャンパーニュ方式(瓶内2次醗酵)

畑:62haのソノマ・ヴァレーの中心にある、1854年に南北戦争のシャーマン軍司令官と、フッカー少将により所有・開墾・葡萄が植樹され、現在まで続く歴史的な畑(開墾より約150年が経過)。

ピーターソン家が2005年に取得した大切な自社畑で、ジンファンデル、カリニャン、マタロ、その他計27品種が、岩がばらまかれた様に混じる赤土の火山性堆積粘土質土壌に混植されているが、このスパークリングの為に、古木のジンファンデルを選択しました。

ジンファンデルは、濃厚な果実味の赤ワインとして認識されているが、ベッドロック・ヴィンヤードの特別に選抜された古木のジンファンデルは、低糖度で複雑な奥行きのある味わいと、強い自然な酸味の両方を兼ね備えており、収穫のタイミングを見計らい(早摘みするのではなく)、味わいと酸のバランスを見て、最適な葡萄をこのスパークリン用に収穫しました。

醸造:葡萄を足で踏んで潰した後、皮種と共に2時間浸潤することにより、味わいの個性が引き出されます。優しくプレスし、天然酵母のみで醗酵、数年使いの仏産樽で約1年半熟成、2017年夏に瓶詰し瓶内2次醗酵を行い澱と共に約2年半瓶熟。2020年1月にディゴルジュマンを行い、ドサージュは4g/L以下。2020年春リリース。

味わい:ジンファンデルかと疑うほどクリアーな色合い。白胡椒のようなスパイシーなニュアンス、果実味には白桃、マンゴー、パンのイーストの香。ジンファンデルの個性を探すのが楽しい希少なスパークリングです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマヴァレー
  • スパークリング ワイン色: 白甘-辛: 辛口
  • ジンファンデル
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,900 のところ
販売価格 ¥ 9,620 税込
  • スパークリング
  • WA95点

アンダー ザ ワイヤー ピノノワール ロゼ スパークリング ハーシュ ヴィンヤード [2016]

畑:ソノマ・コーストを象徴する銘醸畑ハーシュ・ヴィンヤードは、広大なソノマ・コーストの中、「トゥルー・ソノマ・コースト」の一つ、中央部にある「フォート ロス シーヴュー」サブAVAの中に位置します。この地区には、カリフォルニアを代表するピノ・ノワールの銘醸畑が点在しています。

ハーシュ・ヴィンヤードは、「フォート ロス シーヴュー」の一番北にあり、冷たい寒流が流れる太平洋沿岸から切り立った崖を昇り、二つの丘を越えた標高470m、海からは約5kmと近いです。サン・アンドレアス断層が造った様々な年代の個性ある土壌が隆起しています。1980年初頭ディヴィッド・ハーシュ氏が開墾し、土壌も気候条件も違う、幾つもの区画に分けて様々なクローンが植樹されています。

製法:シャンパーニュ方式(瓶内2次醗酵)

味わい:日照量が十分にありながら、夕方から朝にかけて立ち込める冷たい霧の影響で十分に冷却され、 素晴らしい酸と「ハーシュらしさ」=野生のラズベリーが砕けたニュアンスが鉱物的なミネラル感と合わさり魅力溢れる味わいです。
  • アメリカ/カリフォルニア/ソノマ/ソノマコースト
  • スパークリング ワイン色: ロゼ甘-辛: 辛口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 13,200 のところ
販売価格 ¥ 10,560 税込
  • スパークリング
  • WA96点

ベッドロックの造るスパークリング・ワイン
アンダー ザ ワイヤー シャルドネ スパークリング ワイン ブロッソー ヴィンヤード [2016]

製法シャンパーニュ方式(瓶内2次醗酵)

畑:ブロッソー・ヴィンヤード(シャローンAVA)は、標高550mの急斜面にあり、土壌は岩がちで石灰質が多く含まれ、風化した花崗岩も入り混じるカリフォルニアでは希少な畑です。

サンフランシスコの南・モントレーの南に続くサンタ・ルチア・ハイランドAVAの対岸のガビラン山脈にあり、近くには同じく石灰岩土壌のカレラのマウント・ハーランがあります。

シャトー・シャローンが、1976年のパリ・テイスティングでドメーヌ・ラモネのバタール・モンラッシェ、ドルーアンのボーヌ・クロ・デ・ムーシュなどの並み居るブルゴーニュを抑えて堂々3位となったことで、AVAシャローンを一躍有名にしました。

涼しい海洋性気候の影響と類まれなる土壌から酸と岩石のニュアンスとカリフォルニアの果実が合いまった特別な個性を生み出しています。ドライ・ファーミング、葡萄は自根です。

醸造:優しくプレスし、天然酵母のみで醗酵、数年使いの仏産樽で約8か月熟成(マロラクティック醗酵させない)、2017年初夏に瓶詰し、瓶内2次醗酵を行い、澱と共に23か月瓶熟。2019年春にディゴルジュマンを行い、ドサージュは1g/L以下。1年間の瓶熟の後、2020年春リリースしました。

味わい:この畑の特徴である石灰岩とこなれた花崗岩由来の硬い石を思わせるミネラル感と秀逸な酸、凝縮した厚みのある口当たりが繊細な泡の中に溶け込みテロワールをしっかりと認識できるスパークリングです。
  • アメリカ/カリフォルニア/モントレー/シャローン
  • スパークリング ワイン色: 白甘-辛: 辛口
  • シャルドネ100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,900 のところ
販売価格 ¥ 8,415 税込
  • スパークリング
  • WA96点

ベッドロックの造るスパークリング・ワイン
アンダー ザ ワイヤー ピノノワール スパークリング ワイン アルダー スプリングス [2016]

製法:シャンパーニュ方式(瓶内2次醗酵)

畑:アルダー・スプリングス・ヴィンヤードは、メンドシーノ群の北、周りには葡萄畑はほとんどない場所にあり、オーナーのスチュアート・ブリューリー以外には、この場所で良質な葡萄ができるとはだれも思っていませんでした。

1993年から供給をはじめ、57haの広大な畑に85区画があり、台木、クローン、品種の組み合わせが多数あり、オーナーのこだわりと何事も受け入れてくれる柔軟な個性が畑に現れています。

標高は520mから820mの山岳地帯で非常に涼しく、栽培はチャレンジの連続ながら、その成果はブドウに反映され、収量が少なく、酸が秀逸で、複雑でしっかりと土地の個性鉱質感)が反映された強い個性を各品種が表し、こだわりを持つ生産者が認め、葡萄を調達しています。

パッツ&ホール、リース、アルノー・ロバーツ、ケスナー、アガタ、ベッドロック、エリック・ロス、カルドウェル、カルト・ブランシュ、Yルソー・ワインズ、タウンリーなど。

オーナーのスチュワート・ブリューリーは、アンダー・ザ・ワイヤーの挑戦に大いに賛同してくれ、こだわりのスパークリングならばと、ピノ・ムニエの栽培を始めてくれました。数年後には、カリフォルニア初のピノ・ムニエのスパークリングが誕生するそうです。

醸造:アルダー・スプリングのピノ・ノワールは、低めの糖度で収穫しても、ワインの味わいは決して成熟が足りないと思わせないのがこの畑のピノの大きな特徴です。

葡萄を足で踏んで潰した後、皮種と共に2時間浸潤。淡い色合いと、味わいの個性が引き出されれます。優しくプレスし、天然酵母のみで醗酵、数年使いの仏産樽で、約1年弱熟成、2017年夏に瓶詰し瓶内2次醗酵を行い澱と共に約2年半月瓶熟。2020年1月にディゴルジュマンを行い、ドサージュは4g/L以下。2020年春リリースしました。

味わい:2016年の色合いは、ほんのりと淡くブラン・ド・ノワールに近いスタイル。それでも赤い果実のアロマは顕著でストロベリー、クランベリー、クインス(西洋カリン)や柑橘類のアロマが満載。素晴らしく生き生きとした果実感が溢れ出します。

ピノ・ノワールであっても、塩味とフリント(火打ち石)が僅かに香り、アルダー・スプリングスのテロワールが持つ海のニュアンスときっちりとした酸が存在します。

エネルギーと生命力にあふれ湧き上がるような細かい泡立ちが印象的です。飲む前早くからの抜栓とデカンタージュもより味わいを引き立てます。
  • アメリカ/カリフォルニア/メンドシーノ
  • スパークリング ワイン色: ロゼ甘-辛: 辛口
  • ピノノワール100%
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,900 のところ
販売価格 ¥ 8,778 税込
  • スパークリング

アンダー ザ ワイヤー ウェンツェル ヴィンヤード ブラン ド ノワール ピノノワール ブリュット スパークリング[2014]

ベッドロックのオーナー・ワインメーカーのモーガン・トゥワイン・ピーターソンと共同オーナーのクリス・コトレルが造る別ブランド「アンダー・ザ・ワイヤー」はこだわりの少量生産のカリフォルニア・ファイン・スパークリング・ワイン。

レコルタン・マニュピュランのシャンパーニュ(自社畑・自社醸造)の中でも特別な生産者が特別な区画から造る、メゾン物でないシャンパーニュの素晴らしさに影響を受けて、カリフォルニアでも特別な畑からそのテロワール・ヴィンテージ・品種の個性を描き出したファイン・スパークリング・ワインを造ろうと始めたプロジェクト。

ナパ・ソノマの北・冷涼なンドシーノ郡・アンダーソン・ヴァレーの中心部フィロの町の南西標高275mの急斜面の畑で、砂岩と岩が混じる土壌。周囲を森林が取り囲む。このテロワールを反映し、葡萄の粒は小さく、果実味がしっかりと凝縮する。アンダー・ザ・ワイヤーで採用する畑はどこも味わいに深みがあり、糖度が上がりすぎない(過熟しない)ことがポイントであるが、このウェンツェルは特にそこが素晴らしい。

まさにアンンダーソン・ヴァレーのピノ・ノワールらしい凝縮したミネラル感と赤系ベリーの瑞々しさ、野生ハーブ、赤リンゴ、クインスのニュアンスが溢れ出す。仕上がった色合いは、白よりは濃い目、ロゼまでいかない色合い。シャンパーニュで言えば、ユリス・コランがピノ・ノワールで造る「レ・マイオン」と同じようなイメージだと思っている。このスパークリングは素晴らしく熟成していく可能性を持っています。

醸造:ソフトにプレス後、皮種と共にしばらく浸潤。仏産樽で約6か月熟成、瓶内2次醗酵・澱と共に約26か月瓶熟、2017年5月にディゴルジュマン、ドサージュは2g/l以下。
  • アメリカ/カリフォルニア
  • スパークリング ワイン色: 白甘-辛: 辛口
  • ピノノワール
  • 750ml
通常価格 ¥ 11,000 のところ
販売価格 ¥ 11,000 税込
5件中 1-5件表示