ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品

ロンバウアーRombauer

ロンバウアー

ロンバウアーの早わかりポイント

  • 豊かな風味のオールド・アメリカン・スタイルでワインを造る数少ないワイナリー
  • Wine Spectator TOP100に5回も選出される人気のカーネロス・シャルドネ
  • カーネロス・シャルドネは全米ソムリエが選ぶ年間人気シャルドネTOP10常連
  • ナパのカスタム・クラッシュ・ビジネスを確立し多くの有名生産者の第一歩に貢献
  • 積極的かつ徹底したサステイナブルへの取り組み

古き佳きアメリカの薫りただよう深く複雑な味わい

ロンバウアーの大叔母が手掛けたレシピ本『Joy of Cooking』

ロンバウアーは、元パイロットのカーナー・ロンバウアーと妻のジョアンが設立したカリフォルニアの老舗ワイナリー。

多くの造り手が市場トレンドに合わせてワインのスタイルを変化させてゆく中、ロンバウアーは一貫した古き佳き豊かな風味が漂うオールド・アメリカン・スタイルのワインを造り続けている数少ないワイナリーとなっています。

ロンバウアーのワインは、カリフォルニアの名に恥じることなく、リッチで、豊かで、甘美で、果実味が前面に出ており、リリースしてすぐに楽しむことができます。

ちなみに創業者のカーナー氏は、1800万部以上を売り上げたアメリカの人気料理本「Joy of Cooking」の著者イルマ・ロンバウアーの大甥。また、自身のルーツであるドイツ・ラインガウでは、ワインと食事は切っても切れない関係。

そのため、ロンバウアーのウェブサイトでは、ワインと相性の良い料理のレシピが紹介されています。なかには、「Joy of Cooking」に掲載されている料理も。ぜひ、おすすめの料理とともに、ロンバウアーのワインをお楽しみください。

ロンバウアーのアイコンはなんと言ってもシャルドネ

ロンバウアーのアイコン的存在のシャルドネ

ロンバウアーの手掛けるワインはどれも素晴らしいですが、特にシャルドネについてはワイナリーのアイコン的存在。『果実味があり、クリーミーな質感とバターのような後味の豊かなスタイルのワイン』として世界中のワイン愛好家に親しまれています。

評論家にも高い評価を受けており、1991年産のシャルドネが権威あるワインスペクテーターの年間TOP100にランクインしたことを皮切りに、現在までに5回もTOP100に選出されています。

またレストランでの人気も高く、2004年にロンバウアーのシャルドネが ワイン&スピリッツ誌“RESTAURANT POLL RANKING”シャルドネのトップ10に初めてランクイン。これは全米のソムリエを対象とした人気ランキングで、以降17年以上に渡って毎年のようにTOP10入り を果たしています。

ロンバウアーの歴史

ロンバウアー・ファミリー

1972年、空軍や民間航空会社のパイロットとして活躍していたカーナー・ロンバウアーは、妻ジョアンと2人の子供、2頭の馬、5匹の犬と共にナパ・ヴァレーへ移り住み、セント・ヘレナの丘の上に40エーカーの家を購入しました。

このときはまだ、ロンバウアー夫妻はワイナリーを始めるつもりはありませんでした。

夫妻がナパヴァレーに移り住んだ理由は、ナパヴァレーが自分たちが育ったカリフォルニアの小さな町『エスコンディード』のように農地が広がり、安全で子育てぴったりだと考えたからでした。

しかし、急成長を遂げるナパバレーのワイン産業を目の当たりにした夫妻は、すぐにワインに魅了されていきます。

1976年、民間航空会社のパイロットとして働くかたわら、ナパ・バレーのワイン・コミュニティで知り合ったビル・コリンズのパートナーとして、当時設立間もなかったコン・クリークワイナリーで働きはじめました。奇しくも、カリフォルニアワインが世界に知られるきかっけとなった有名な「パリスの審判」が行われたのと同じ年でした。

コーン・クリーク・ワイナリーでは、夫妻はゼロからワインビジネスを学ぶため、ワインメーカーと協力して、タンクの洗浄から瓶詰めラインの作業まで全て行いワイナリー運営の知識を得ました。

そして1980年、ロンバウアー夫妻は、コン・クリーク・ワイナリーの株式を売却。自分たちのワイン造りに投資することを決め、その年に最初のブドウを収穫。ロンバウアーとしてのワイン造りがスタートしました。

ロンバウアーの手掛けるワイン

はじめて収穫したブドウは、スタッグス・リープ・ディストリクトのカベルネ・ソーヴィニヨン。シェーファーのワイナリーと自宅ガレージで最初醸造を行い瓶詰めは、スタッグス・リープ・ワインセラーズで行いました。

このとき、ロンバウアーの初代ワインメーカーとして共にワインを造ったのがロバート(ボブ)・レヴィ氏。のちにメリーヴェールハーランボンドの創設ワインメーカーを務める敏腕ワインメーカーです。

時を同じくして、妻のジョアンは今まで以上にワイン業界で多くの知識と経験を積むため、スタッグス・リープ・ワインセラーズの営業チームに加わりました。ジョアンはのちに、スタッグス・リープ・ワインセラーズで12年ものキャリアを積み、ナショナル・セールス・ディレクターを務めました。

1982年になると、ロンバウアーはセント・ヘレナの所有地でワイナリー建設に着手しました。夫妻は、建設資金を捻出するために、自分たちが必要な規模よりも大きなワイナリーを建設し、醸造施設を持たない生産者を支援する『カスタム・クラッシュ・ビジネス』を展開します。ナパでカスタム・クラッシュ・ビジネスを行ったのはロンバウアーが初めてでした。

ロンバウアーの醸造施設

ドミナススポッツウッドダックホーンメリーヴェールコリソンエチュードといった、今やカリフォルニアを代表するワイナリーに成長した新進気鋭ワイナリーの拠点としてロンバウアーの醸造施設は活躍。カスタム・クラッシュ・ビジネスは、1982年から2008年まで続けられました。

このように、ロンバウアーはナパの錚々たるワイナリーと共に、この時代を支え合って成長してきました。

2008年にはインターンとして働いていた現ワインメーカーのリッチー・アレンがヘッドワインメーカーに就任。従来の方法に加えてオプティカル・ソーティング・マシン(光学選別機)や赤ワインの樽発酵など、今となっては当たり前となった技術も率先して導入しました。

現在では3種のオプティカル・ソーティング・マシンを使い分け、熟度以外にも色や形、サイズも選別してより完成度の高いワインを造ることに力を注いでいます。

ナパ・ヴァレー興盛の時代を生き抜いたカーナー・ロンバウアーは、2018年に83歳で他界。ナパ・ヴァレーのワインビジネスへの貢献、環境への取り組みは次世代へと継承され、現在も飲み手に愛されるワイン造りを生み出し続けています。

サステイナブルへの取り組み

ロンバウアーのサスティナブルへの取り組み

ナパ郡はカリフォルニア州の中でも、環境への配慮や農業用地の保護を積極的に取り組むエリア。そのためナパでは、ナパ・グリーン認証プログラムという持続可能な農法や土壌保護、病害虫管理を行うプログラムを、地域や州、環境団体と協力して開発しています。

ロンバウアーも例外ではありません。ここでは最高のワインを造る事と同じくらい、ぶどう畑の環境保全を大切にしています。将来を担う世代のために可能な限りサスティナブルな方法を採用しており、ブドウ畑とワイナリーに対するナパ・グリーン認証を受けたワイン造りを続けています。

これ以外にも、魚や野生動物の生息地を守り水質改善に取り組む“Fish Friendly Farming Certified”の認証も受けています。

取り組みの一部

  • 太陽光発電
    ナパヴァレーにある施設で消費される電力の60%を太陽光発電で賄っています。
  • 鳥の巣箱設置
    ロンバウアーの畑の中には、鳥の巣箱が設置されています。ブドウの根や茎を食い荒らすネズミなどのげっ歯類を捕食する、フクロウの住処となり、ブドウ樹を守っています。
  • 羊の放牧
    ぶどう畑に羊を放牧すると、雑草を食べることにより除草剤の使用を抑えることが出来ます。また草刈りのためにトラクターを使用する頻度も抑えられ、畑の土を固められる心配もなく、CO2排出量削減にもつながっています。
  • 節水
    一般的に1ガロンのワインを製造するのに6~14ガロンもの水が使用されますが、ロンバウアーでは2.4ガロンの使用に抑えています。灌漑の水は全て再生処理水を使用し、樽はスチームで洗浄。ブドウの木はセンサーにより水の必要度を測り、灌漑も最小限に抑えています。

その他に、ワインメーカーのリッチー・アレンが考案したステンレスの発酵槽「アポロ型タンク」にも注目。この発酵槽は、タンクの底部分になるにつれて、やや広がった形になっています。これにより、ポンプオーバーの回数が少なく済み、結果的にエネルギーの節約に繋がります。

また、機械の使用を減らすことによりタンク自体の寿命も長くなります。畑や醸造においてのエネルギーの節約や環境への配慮は想像以上で、頭が下がる一方です。

5件中 1-5件表示
  • 赤ワイン

1980年の創業から造り続けるスタンダード・キュヴェ
ロンバウアー カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー [2018]

1980年の創業時から造り続けるスタンダード・キュヴェです。全てのブドウは手摘みされヴィンヤード内でソーティング(選果)され、最良の果実のみが使われています。セント・ヘレナ、カリストガ 、オークヴィル、スタッグス・リープ、アトラス・ピーク、カーネロスなどナパの複数のAVAのブドウ(自社畑と契約畑)をブレンドをブレンドしています。

レッドチェリーやセージ、スパイス、スミレなど様々な風味に溢れ、全体を心地よいオークの香りが包み込みます。ラズベリーやブラックチェリーの豊かな果実、しなやかで上質なタンニンが心地よく、長く続く余韻に癒されます。フレンチオーク(60%新樽)で16ヶ月熟成しています。アルコール度14.8%。


■ロンバウアーについて
ロンバウアーは、1980年には最初のブドウであるカベルネ・ソーヴィニヨンを、スタッグス・リープ・ディストリクトから収穫し、ワインメーカーのボブ・レヴィ(ハーラン、ボンドなどで活躍)と共にシェーファーのワイナリーと自宅ガレージで最初のヴィンテージを醸造しました。1982年、ロンバウアーはセント・ヘレナの所有地で自身のヴィンヤードを開拓。自身最初のワインは1984年にリリースされた1980年のカベルネ・ソーヴィニヨンと1982年のシャルドネでした。

さらに、醸造施設を持たない生産者を支援するカスタム・クラッシュ・ビジネスを始めました。1982~2008年まで続け、今やカリフォルニアを代表するワイナリーに成長したドミナスやスポッツウッド、ダックホーン、メリーヴェール、コリソン、エチュードなどの拠点として、ロンバウアーの設立した醸造所は活躍していました。

2004年、ロンバウアーのシャルドネはワイン&スピリッツ誌のRESTAURANT POLL RANKING(Wine&Spirits誌による全米ソムリエを対象に行われる年間人気ランキング)のTOP10に初めてランクイン。それからは毎年のようにオンリストされています。

ナパ・ヴァレー興盛の時代を生き抜いたカーナー・ロンバウアーは、2018年に83歳で他界。ナパ・ヴァレーのワインビジネスへの貢献、環境への取り組みは次世代へと継承され、現在も飲み手に愛されるワイン造りを生み出し続けています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • カベルネソーヴィニヨン90%、プティヴェルド3%、カベルネフラン4%、メルロー3% おすすめカベルネソーヴィニヨンを見る
  • 750ml
通常価格 ¥ 12,760 のところ
販売価格 ¥ 10,890 税込
  • 赤ワイン

リッチなスタイルながら甘味を抑えた本格的な味わい
ロンバウアー ジンファンデル [2019]

古き良きスタイルを標榜するロンバウアーならではの凝縮した果実感とアメリカンオークがもたらす豊かな味わい。これぞ、ジンファンデルと思わせるリッチなスタイルながら、甘味を抑えた本格的な味わい。

ドライチェリーやスパイス、モカやヴァニラの香り、熟したプラムやラズベリージャムの味わいが溢れ、ダークチョコレートの風味が豊かに漂います。繊細で丸みのあるタンニンが心地よく、フレッシュかつ魅力的な余韻が続きます。

畑の産地は、エル・ドラド(42%)、アマドール(38%)、レイク(12%)、ロダイ(6%)、ナパ(2%)のブレンドです。アメリカンオーク(10%新樽)とフレンチオークで16ヶ月熟成しています。アルコール度15.9%。


■ロンバウアーについて
ロンバウアーは、1980年には最初のブドウであるカベルネ・ソーヴィニヨンを、スタッグス・リープ・ディストリクトから収穫し、ワインメーカーのボブ・レヴィ(ハーラン、ボンドなどで活躍)と共にシェーファーのワイナリーと自宅ガレージで最初のヴィンテージを醸造しました。1982年、ロンバウアーはセント・ヘレナの所有地で自身のヴィンヤードを開拓。自身最初のワインは1984年にリリースされた1980年のカベルネ・ソーヴィニヨンと1982年のシャルドネでした。

さらに、醸造施設を持たない生産者を支援するカスタム・クラッシュ・ビジネスを始めました。1982~2008年まで続け、今やカリフォルニアを代表するワイナリーに成長したドミナスやスポッツウッド、ダックホーン、メリーヴェール、コリソン、エチュードなどの拠点として、ロンバウアーの設立した醸造所は活躍していました。

2004年、ロンバウアーのシャルドネはワイン&スピリッツ誌のRESTAURANT POLL RANKING(Wine&Spirits誌による全米ソムリエを対象に行われる年間人気ランキング)のTOP10に初めてランクイン。それからは毎年のようにオンリストされています。

ナパ・ヴァレー興盛の時代を生き抜いたカーナー・ロンバウアーは、2018年に83歳で他界。ナパ・ヴァレーのワインビジネスへの貢献、環境への取り組みは次世代へと継承され、現在も飲み手に愛されるワイン造りを生み出し続けています。
  • アメリカ/カリフォルニア
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: 重口
  • ジンファンデル93%、プティシラー7%
  • 750ml
通常価格 ¥ 7,040 のところ
販売価格 ¥ 5,632 税込
  • 赤ワイン

これまで造ったメルローの中で最高のメルロー
ロンバウアー メルロー ナパ ヴァレー [2018]

この2018年は、ワインメーカーのリッチー・アレン氏自身が、「これまで造ったメルローの中で最高のメルロー」と語っており、納得にできだったようです。

カーネロスの自社畑及び契約畑。冷涼な粘土質土壌から収穫されるブドウを使用し、リッチで洗練されたワインに。ブラックチェリーや熟したプラム、モカのアロマが、すみれやハーブの香りと絡み合い豊かに香ります。ジューシーなレッドカラントやイチジクの果実味に溢れ、爽やかな酸味と上質なタンニンが全体をまとめます。芳醇かつエレガントなミディアム・フルボディです。フレンチオーク(40%新樽)で15ヶ月熟成しています。アルコール度14.5%。


■ロンバウアーについて
ロンバウアーは、1980年には最初のブドウであるカベルネ・ソーヴィニヨンを、スタッグス・リープ・ディストリクトから収穫し、ワインメーカーのボブ・レヴィ(ハーラン、ボンドなどで活躍)と共にシェーファーのワイナリーと自宅ガレージで最初のヴィンテージを醸造しました。1982年、ロンバウアーはセント・ヘレナの所有地で自身のヴィンヤードを開拓。自身最初のワインは1984年にリリースされた1980年のカベルネ・ソーヴィニヨンと1982年のシャルドネでした。

さらに、醸造施設を持たない生産者を支援するカスタム・クラッシュ・ビジネスを始めました。1982~2008年まで続け、今やカリフォルニアを代表するワイナリーに成長したドミナスやスポッツウッド、ダックホーン、メリーヴェール、コリソン、エチュードなどの拠点として、ロンバウアーの設立した醸造所は活躍していました。

2004年、ロンバウアーのシャルドネはワイン&スピリッツ誌のRESTAURANT POLL RANKING(Wine&Spirits誌による全米ソムリエを対象に行われる年間人気ランキング)のTOP10に初めてランクイン。それからは毎年のようにオンリストされています。

ナパ・ヴァレー興盛の時代を生き抜いたカーナー・ロンバウアーは、2018年に83歳で他界。ナパ・ヴァレーのワインビジネスへの貢献、環境への取り組みは次世代へと継承され、現在も飲み手に愛されるワイン造りを生み出し続けています。
  • アメリカ/カリフォルニア/ナパ/ナパヴァレー
  • スティル ワイン色: 赤ワイン軽-重: やや重口
  • メルロー83%、カベルネソーヴィニヨン13%、プティヴェルド4%
  • 750ml
通常価格 ¥ 9,240 のところ
販売価格 ¥ 7,392 税込
  • 白ワイン
  • WS92点

ロンバウアー ソーヴィニヨン ブラン [2020]

緑がかった淡い黄色。 ピンク・グレープフルーツ、ライム、ハチミツ入りアプリコットの生き生きとしたフレーバーがあふれ、フィニッシュにはバニラの温かい香りが漂います。フレッシュで生き生きとした味わいで、ライムの香りが際立ち、鮮やかな酸味が口の中を満たす後味となって、後を引きます。

ブドウはナパ、ソノマ各地の優良畑から集められ、発酵、熟成はステンレスタンクを中心に、一部古樽を使います。シャルドネとは、全く違うアプローチで造られる、このワインにはナパらしい複雑さとフレッシュ感がバランスよく存在しています。契約畑、88%ステンレスタンク、9%フレンチオーク、3%コンクリートタンクにて発酵、熟成。


■ロンバウアーについて
ロンバウアーのカーナー・ロンバウアー氏は1972年、ナパ・ヴァレーに移り住み、セントヘレナに40エーカーの土地を買いました。その後、コン・クリーク・ワイナリーで働き、1980年に自らのワインを造りましたが、初ヴィンテージはシェーファーのワイナリーと自宅のガレージで造られたものでした。

1984年に、初ヴィンテージをリリースし、その後も、ナパのみならず、ソノマやシエラ・フットヒルズなどに自社畑を広げながらカリフォルニアを代表するワイナリーとして、多くのワイナリーから尊敬を集めています。

カリフォルニアの多くの造り手が市場トレンドに合わせ変化してゆく中、ロンバウアーは一貫した古きよき豊かな風味が漂うオールド・アメリカン・スタイルのワインを造り続けている数少ない高品質な生産者です。
通常価格 ¥ 5,170 のところ
販売価格 ¥ 4,653 税込
  • 白ワイン

ロンバウアー シャルドネ カーネロス [2020]

熟した桃やトロピカルな果実味に溢れクリーミなテクスチャーを持ち、ほんのりとバターやヴァニラが薫るリッチなオールド・スタイル。豊かな余韻が長く続く高品質なシャルドネです。

1990年から手掛けるカーネロスのシャルドネ。サンパブロ・ベイに面する冷涼な気候で育てられる自社畑のブドウに、サンジャコモ・ファミリーなど著名な契約畑をブレンドしています。自社及び契約畑、アメリカン&フレンチオーク(33%新樽)にて発酵、9ヶ月熟成しています。


■ロンバウアーについて
ロンバウアーのカーナー・ロンバウアー氏は1972年、ナパ・ヴァレーに移り住み、セントヘレナに40エーカーの土地を買いました。その後、コン・クリーク・ワイナリーで働き、1980年に自らのワインを造りましたが、初ヴィンテージはシェーファーのワイナリーと自宅のガレージで造られたものでした。

1984年に、初ヴィンテージをリリースし、その後も、ナパのみならず、ソノマやシエラ・フットヒルズなどに自社畑を広げながらカリフォルニアを代表するワイナリーとして、多くのワイナリーから尊敬を集めています。

カリフォルニアの多くの造り手が市場トレンドに合わせ変化してゆく中、ロンバウアーは一貫した古きよき豊かな風味が漂うオールド・アメリカン・スタイルのワインを造り続けている数少ない高品質な生産者です。
通常価格 ¥ 7,920 のところ
販売価格 ¥ 6,336 税込
5件中 1-5件表示