商品検索/ITEM SEARCH







CALENDAR

=定休日
営業時間:9:00〜18:00

TOPページ > オーストラリアワイン



528 件中 61-80 件表示  先頭のページへ前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ

■【お取寄せ】レッドバンク ロング パドック ピノ グリージョ(スクリュー)[2018]

■【お取寄せ】レッドバンク ロング パドック ピノ グリージョ(スクリュー)[2018]

通常2,365円のところ
特価1,980円(税込)

名門ヒルスミス家により1973年に設立。ヴィクトリア州東部アルパインエリアの高標高地に広がる栽培地域キングヴァレーに自社畑を所有しています。フレッシュでエレガントな味わいのワイン造りを行っています。グレート ディヴァイディング レンジ(豪州東部を二分する大分水嶺)の麓。畑は海抜700-860mの地に位置し、とても冷涼。この涼しさがブドウが過熟することなく、果実に酸を蓄えます。熟した洋梨やフレッシュピーチのフレーバーがあり、たっぷりとした果実の味わいを感じるが、同時にグレープフルーツのようなきれのよい酸によって絶妙な味わいのバランスがとれています。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ダルリンプル ピノ ノワール(スクリュー)[2017]

■【お取寄せ】ダルリンプル ピノ ノワール(スクリュー)[2017]

通常6,490円のところ
特価5,412円(税込)

1985年設立。タスマニアの北西部、夏でも最高気温が30度を超えない最も冷涼な地域パイパーズリヴァーで、酸味と、長い日照による果実味のバランスを表現することをフィロソフィーにワイン造りを行っています。パイパーズ リヴァー、中部ビチェロ、南部コールリヴァーヴァレーからのブドウをブレンドすることで、複雑味をもったスタイルに仕上げます。開放式の発酵槽で発酵を行った後、マセレーションを実施。色調は濃いガーネット。ダークプラム、ブラックベリー、ラズベリーのアロマ。口に含むと熟した果物と繊細なタンニンがワインのストラクチャーを支え、長い余韻へと導きます。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ジャンツ プレミアム キュヴェ (ボトルカバー)[NV]

■【お取寄せ】ジャンツ プレミアム キュヴェ (ボトルカバー)[NV]

通常5,071円のところ
特価4,048円(税込)

1986年設立。タスマニアで初めて瓶内二次発酵のスパークリングワインを造り、以降その製法は「メトドタスマノワーズ」と呼ばれ、ジャンツはプレミアムスパークリングの造り手として知られるようになりました。ブドウはタスマニア全域の冷涼なエリアにある選ばれた畑から収穫。ワインに複雑味をもたらすため1回の収穫ごとに分けて醸造。瓶内二次発酵。長く澱に触れさせ、味わいの深みが増します。グラスに注ぐとスイカズラと柑橘系果実、ヌガーや煎ったナッツ、ピノノワール由来のイチゴの香りを感じます。上品なフルーツとクリーミーな味わいが口いっぱいに広がります

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ジャンツ ヴィンテージ キュヴェ[2014]

■【お取寄せ】ジャンツ ヴィンテージ キュヴェ[2014]

通常6,930円のところ
特価5,742円(税込)

1986年設立。タスマニアで初めて瓶内二次発酵のスパークリングワインを造り、以降その製法は「メトドタスマノワーズ」と呼ばれ、ジャンツはプレミアムスパークリングの造り手として知られるようになりました。区画ごとに手摘みで収穫。丁寧にプレスを行い、樽での発酵を行ってからアッサンブラージュ。4年半、澱に触れさせながら熟成させることで、煎ったヘーゼルナッツやハチミツのようなニュアンスをもたらします。レモンカード、白い花のアロマに加え、クリームやブリオッシュの香り。エレガントかつ力強く、クレームブリュレと砂糖漬けにしたレモンの皮のニュアンス。香り豊かなストロベリー、バラの香り。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ヘギーズ ヴィンヤード エステート シャルドネ (スクリュー)[2016]

■【お取寄せ】ヘギーズ ヴィンヤード エステート シャルドネ (スクリュー)[2016]

通常4,345円のところ
特価4,345円(税込)

ワインメーカーはヒルスミスファミリーで11年以上シニアワインメーカーとして働くテレサ ハーゼンローダーが務め、栽培責任者は40年以上の経験を持ちピュージーヴェイルの畑の責任者も務めるダレル クリュガー。3種類のブルゴーニュのクローンを使用し、複雑なフレーバーを表現。畑内の古い区画のシャルドネで造られます。淡い緑がかった黄金色。フレッシュなピーチやネクタリンのアロマと、柑橘系、ヘーゼルナッツの香り。いきいきとしたミネラルを感じさせ、クリーミーさとしっかりとした骨格を兼ね備える。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ピュージー ヴェイル ザ コンツアーズ リースリング(スクリュー)[2013]

■【お取寄せ】ピュージー ヴェイル ザ コンツアーズ リースリング(スクリュー)[2013]

通常5,346円のところ
特価3,927円(税込)

ピュージーヴェイルの畑は、1847年英国からやって来たジョセフ ギルバート氏がイーデン ヴァレーでブドウを植えたことに始まります。これがオーストラリアに植えられているブドウの先祖に当たるといわれます。イーデンヴァレーに145haを所有、うち50haがブドウ畑。区画ごとに土壌や斜面の向きが異なり、細かく分けて収穫、醸造を実施。この地で20年以上に渡りサステイナブルなブドウ栽培を続けている。リッチで凝縮した味わい。芳醇だが、レモンや花のような落ち着いた香りに焦がしたトーストやレモングラス、クローヴオイルのようなニュアンスが感じられます。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ピュージー ヴェイル イーデン ヴァレー リースリング(スクリュー)[2018]

■【お取寄せ】ピュージー ヴェイル イーデン ヴァレー リースリング(スクリュー)[2018]

通常3,938円のところ
特価3,140円(税込)

ピュージーヴェイルの畑は、1847年英国からやって来たジョセフ ギルバート氏がイーデン ヴァレーでブドウを植えたことに始まります。これがオーストラリアに植えられているブドウの先祖に当たるといわれます。イーデンヴァレーに145haを所有、うち50haがブドウ畑。区画ごとに土壌や斜面の向きが異なり、細かく分けて収穫、醸造を実施。この地で20年以上に渡りサステイナブルなブドウ栽培を続けている。凝縮したレモン、ライムや滑石の香りに、パイナップルやドライハーブの香り。口に含むとすぐにその余韻の長さと味わいの深みが感じられ、その中に白い花やフレッシュローズマリーなど、果物やハーブのフレーバー。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】アースワークス バロッサ カベルネ ソーヴィニヨン (スクリュー)[2018]

■【お取寄せ】アースワークス バロッサ カベルネ ソーヴィニヨン (スクリュー)[2018]

通常2,365円のところ
特価1,980円(税込)

160年以上のワイン造りの歴史があるバロッサで、歴史がある小規模ブドウ栽培家より購入。彼らの長年かけて得た知識、技術に敬意を表し、アースワークス=畑作業という名をつけました。バロッサで長く続く家族経営のブドウ農家よりブドウを調達。収穫後、除梗し醸造。フレンチ、ハンガリー、アメリカンオークで9ヶ月熟成。明るい紫がかったルビー色。ブルーベリーのアロマに、モカチョコレート、スギ、プラムやカシス、樽由来のトースト香やバニラの香り。ビッグで、柔らかくゴージャス。なめらかな口当たり。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ショブルック ワインズ サムシング エルス[2016]

ショブルック ワインズ サムシング エルス[2016]

通常4,840円のところ
特価4,840円(税込)

「SyrahにMourvedreをブレンドする事でTommy Ruff(トミーラフ)が出来たみたいに、また何か別の新しいブレンドワインを作って見たかったんだよね。」とTom Shobbrook(トム ショブルック)の言葉。Something ElseはSyrah/Merlotのブレンドなのですが、バックラベルにはMerlotの表記しかありません。これにはリリース当初、輸入社であるワインダイヤモンズも大いに混乱しました。

原因はシンプルで、Shobbrookではラベルデザインを全て奥様のEmma(エマ)が担当しているのですが、彼女から、「Something Elseのブドウって何?」と聞かれた際に何故か「Merlot!」としか返答しなかったとの事。バックラベルにMerlotとしか表記が無い旨を伝えた際には、Tomも裏ラベルのデザイン確認をサボっていた事を公開しつつも豪快に笑い飛ばしておりました。

こちらも畑は、Shobbrook一族が所有していたファミリー ヴィンヤード。Syrahはコンクリート発酵、Merlotは古樽発酵。ラッキングの後にブレンドしてボトリングされています。

ジューシーで優しくて、色調は濃ゆいのにソフトで染み入る感覚は相変らずのShobrook節。もう2度と、この畑から得られるフルーツで、Tomがワインを作る事はありませんが、ワインがこうして健在な事に思わず感謝してしまいます。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ショブルック ワインズ サンソー[2017]

ショブルック ワインズ サンソー[2017]

通常5,390円のところ
特価5,390円(税込)

南オーストラリアのバロッサ ヴァレーは、かつては国内の他生産地区と同様に政府が主導して、適合品種の実験的栽培を繰り返し行って来た為に多くの南フランス品種が散見されていました。

いつしかアメリカと中国が、バロッサ ヴァレーにとって最大のクライアント市場となってしまい、Shirazが、黒ブドウのメインストリームとなってしまい実験品種は次々と引き抜かれてしまいました。

そんな最中でも古いものに価値を見出す人は居るもので、僅か数畝だけ、バロッサ ヴァレーにも、サンソーが存在しています。しかも完全なるオーガニック農法で。

トム ショブルック氏は、26本の樹からフルーツを収穫する権利を獲得。彼なりのクラシックな方法で毎年1樽だけサンソーを作り続けて来ました。

醸造プロセスは非常にシンプル。ハンドピックしたフルーツをワイナリーの最も涼しい場所に一昼夜置いてからフットクラッシュ。10年以上、使用した古樽で野生発酵。1年熟成してからボトリングという単純極まりないフローチャートです。

赤スグリやラズベリーの可愛らしいニュアンスと軽やかで舌を軽く撫でる様な優しいタンニン。軽く冷やして、可能であれば少しだけセラーで寝かせてから召し上がって下さい。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ショブルック ワインズ トミー ラフ[2016]

ショブルック ワインズ トミー ラフ[2016]

通常4,950円のところ
特価4,950円(税込)

Tommy Ruffとはオーストラリアでよく食べられる鰊(ニシン)の名前。野生児の様に育ったTom Shobbrook(トム ショブルック)が幼少期に友人達が付けてくれたニックネームでもあります。

Barossa Valley(バロッサ ヴァレー)では致し方無い事なのですが、いつもShirazにばかり脚光が当たってMourvedreは、月見草の様な存在。でもそんな控えめなブドウ品種が大好きだったTomは、Mourvedreを使ってワインを作ると決めた際に、ワインの名前をTommy Ruffとする事に決めていたそうです。

畑はShobbrookファミリー30年以上もケアを続けていたファミリー ヴィンヤード。Shiraz、Mourvedreは50:50のブレンドです。収穫期に2週間以上のズレがありますので、発酵は別々。ラッキング(澱引)を終えてからブレンドしています。

フルーツは共に全房発酵。ShirazはTomが自分で作ったコンクリートの開放槽、Mourvedreは古樽での野生発酵。上面だけは雑菌の繁殖を防ぐ為に毎日軽く素手でプランジしますが、基本的には何もテクニックは駆使しません。半年でラッキングを終え、更に古樽で10カ月の熟成を行っています。

このワインは、元々Poolsideを作る何年も前から、Shirazを柔らかく飲んで楽しんで貰う為に作り始めたとの事。「自転車に乗りながら目的地に辿り着く前に無くなってしまう様なワインだよ。」とはトムの言葉です。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

パトリック サリヴァン ウォータースキン[2018]

パトリック サリヴァン ウォータースキン[2018]

通常7,700円のところ
特価7,700円(税込)

Patrick Sullivan(パトリック サリヴァン)はある種人を寄せ付けない空気感を持つ天才肌。

このワインの説明を求めた時も彼独特の言葉で語ってくれたのですが・・・「Sauvignon BlancもSemillonも土地の味を凄く反映するブドウなんだって事に気付いて作り始めたキュヴェなんだ。どちらも水分を貪欲に摂取する品種で、近くを流れてる河の水と同じ味がすんだよ」と言われた時は思わず閉口してしまいました。

2016年にWilliam Downieと共同購入/運営を始めたWild Dog Vineyard(ワイルド ドッグ ヴィンヤード)のフルーツを使用しているんですが、 Sauvignon Blanc、Semillon、Cabernet Sauvignonの野心的ブレンドです。

一般的に公開した資料にはSauvignon Blanc、Semillonとしか表記しなかったとの事。説明が面倒くさかったと語っておりました。

白品種は混醸。Cabernet Sauvignonはまだ青さが残る程度、通常よりも2週間前に収穫してセラミックのエッグタンク1/5程度にダイレクト プレスして放置、ベースとなるSauvignon Blanc、Semillonをステンレスタンクで4週間のスキンコンタクトをしながら発酵。マロラクティックが終わる前にエッグタンクに投入したそうです。そのまま10カ月の熟成、何もせずにボトリングされています。

青みが少し残ったプラムやパイナップル、メロンやグレープフルーツ、カボスのニュアンスがあり実に食欲が湧きます。微かに塩味があって、旨味が濃過ぎずに絶妙。Patrickらしいシニカルで挑戦的な仕上がりになりました。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ジリー ワイン ローン レンジャー トゥリーガ ナシオナル[2018]

ジリー ワインズ ローン レンジャー トゥリーガ ナシオナル[2018]

通常4,840円のところ
特価4,840円(税込)

ニュー・イングランドで唯一人ミニマルなワイン作りに挑戦しているジャレッド ディクソン。材木業を稼業としているディクソン一族のバックグラウンドに孤独な闘いを挑む自分自身を、彼はいつしかローンレンジャーとなぞらえる様になりました。

フルーツは、全て良き友人でもあり、狩人でもあり、ブドウ栽培のスペシャリストであるマーク カービィと共にケアするトッパー マウンテンの「放棄されていた」畑。自根のゴブレットが未だ沢山根付くジリーの宝物です。

トゥリーガ ナシオナルも過去にオーストラリアで最も愛され消費されていたワインカテゴリーがポートワインだった時代からの名残。オールドイングランドでは樹齢50年を超える株仕立ての畑が未だ散見されますが、近年は、その品種としての不人気が影響してほぼ全量が格安のバッグ・イン・ボックス用として使用されていた悲しいビンテージが続いていました。

ジャレッドが心掛けたのは、ポートにも影響を与える、その完熟したフレーバーを殺さない事。そして同時にアルコールが高くなり過ぎない程度にデリカシーをワインに表現する事でした。

収穫後にコールドマセラシオンを経て、古樽による野生全房発酵。ただ時間を掛けながら放置する事で優しくエキスを馴染ませる事に注力したそうです。フローラルで官能的な花の香り、残糖が無いのにポートの様な独特の甘美なアロマがあります。ミネラルの高さと品種個性を考えると熟成のポテンシャルは相当ありそうです。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ジリー ワイン ローン レンジャー プティ マンサン[2018]

ジリー ワインズ ローン レンジャー プティ マンサン[2018]

通常4,840円のところ
特価4,840円(税込)

ニュー・イングランドで唯一人ミニマルなワイン作りに挑戦しているジャレッド ディクソン。材木業を稼業としているディクソン一族のバックグラウンドに孤独な闘いを挑む自分自身を、彼はいつしかローンレンジャーとなぞらえる様になりました。

フルーツは、全て良き友人でもあり、狩人でもあり、ブドウ栽培のスペシャリストであるマーク カービィと共にケアするトッパー マウンテンの「放棄されていた」畑。自根のゴブレットが未だ沢山根付くジリーの宝物です。

プティ マンサンは半世紀以上昔、かつてオーストラリアで最も愛され消費されていたワイン・カテゴリーがポートワインだった時代からの名残。半甘口に仕上げるジュランソンのスタイルとは違い、ジャレッドはこの品種を古樽で作るオールドファッションなシャブリの様に仕立てました。品種固有のマンダリンの様な果実味と酸が、そのスタイルにマッチすると考えたからです。

古樽による野生発酵と4週間のスキンコンタクト。バスケットプレスを経てから再び同じ樽に戻されたワインは10ヶ月のシュールリーを経て瓶詰されています。アンズやミカンのフレーバーにキンモクセイのニュアンス。クリーミーでタニックなテクスチャーと相まって、バランスの良いオレンジ・スタイルに仕上がりました。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ヤウマ フジ サン シュナン スピッツ[2018] 微発泡

ヤウマ フジ サン シュナン スピッツ[2018] 微発泡

通常4,840円のところ
特価4,840円(税込)

JAUMA(ヤウマ)の魂とも言えるブドウ品種と言えばGrenacheとChenin Blancである事に異論を挿む余地はございません。McLaren Vale(マクラーレン ヴェール)に点在するビーチと変わらない真っ白い砂に覆われたシスト土壌の古い畑から生まれる2種に魅入られたJames Erskine(ジェームス アースキン)はワイナリー創設期から一貫して、これらからワイン作りを行って来ました。

2018年はAdelaide Hills(アデレードヒルズ)のLenswood(レンズウッド)に念願の自社ファームを購入。順風満帆に見えたビンテージでしたが、Jamesが最も愛した畑のオーナーから突如契約を打ち切られてしまいました。周囲の畑を所有する人々へ農薬の使用を禁止する定例の話合いを行った結果、一部から批判めいた拒絶を受けてしまった為です。

よって2018からJAUMAは、古木のChenin Blancを収穫出来なくなってしまい、樹齢が30年に満たない比較的若い畑に頼る事となりました。過去にリリースしていたSand on Schist(サンド オン シスト)や、キリッと引き締まったPet Nat(ペット ナット)は暫くは作れない可能性大です。

Fuji San(フジ サン)は、ミネラルが大らかになり、酸が若干低くなったブドウの特性が生きる様に作ったJamesの新しいSpitz(微発泡)スタイル。青リンゴや洋梨のニュアンスが豊かでシードル的な個性があります。酸が穏やかになった為、飲み易さが倍増した印象ですね。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

ヤウマ ダンビー カルボニック グルナッシュ[2018]

ヤウマ ダンビー カルボニック グルナッシュ[2018]

通常4,950円のところ
特価4,950円(税込)

James Erskine(ジェームス アースキン)の愛すべき息子Danby(ダンビー)の名を冠したキュヴェ。作り始めた2011年当初はゴツゴツしたマンリーなスタイルでしたが、年を重ねる毎にライトでチャーミングなスタイルを踏襲。今ではJAUMA(ヤウマ)で最も薄旨な赤の代表格となりました。

JAUMA流のカルボニックは炭酸ガスやドライアイスに頼るのではなく、収穫したフルーツの大部分をコールドマセラシオンしながら一部をフットクラッシュして先に発酵をスタートさせる事で行います。僅か数Lのマストですが、発酵によって炭酸ガスが発酵、醸しを行っている収穫タンクに投入してカルボニック マセラシオンとなる訳です。

2017のDanbyは非常に軽く、まるでクランベリージュースの様な清涼飲料水感がたっぷりでしたが、2018はよりエキスの旨味を感じて貰える様に通常の古樽野生発酵を行った古木のグルナッシュを10%ブレンドしています。弾ける様な果実感はさながらチェリー味のバブルガム。ちょっぴりシナモンやファイヴスパイスの個性がありつつも、イージーでグビグビ飲めてしまいます。是非軽く冷やして飲んで下さい。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

フレデリック スティーヴンソン サンジョヴェーゼ[2017]

フレデリック スティーヴンソン サンジョヴェーゼ[2017]

通常5,720円のところ
特価5,720円(税込)

2017年は、FrederickStevenson(フレデリック・スティーヴンソン)にとって初めてのリリースとなるSangiovese(サンジョヴェーゼ)。しかも地元BarossaValley(バロッサヴァレー)ではなく、冷涼なAdelaideHills(アデレードヒルズ)から収穫したフルーツを使用しています。

畑はUraidla(ウレイドラ)にあるParishHill(パリッシュヒル)。海抜500mの位置に、イタリアに家族のルーツを持つ一族が所有しており、VermentinoやNero d’Avola、ProseccoやLambruscoまで栽培している稀有な存在です。2000年初冬からAlberto Antonini(アルベルト アントニーニ)に師事し、テラコッタでワインも作る小さな農園です。

一部を全房発酵で、古い大樽で仕上げられたこのキュヴェは冷涼気候故にChianti Classico(キャンティ クラシコ)よりも明らかにライトでチャーミングなスタイルは、ベリーのフレーヴァーが増幅したVino Nobiledi Montepulciano(ヴィーノ ノービレ)を彷彿とさせてくれます。

タンニンの触感は品種に忠実ですが、イタリアのそれよりも果実味が豊かで別の品種を飲んでいるかの様です。現地のソムリエ達の間でも大きな話題になっていて、瞬く間に完売してしまいました。今後、彼のワインを代表するキュヴェとなっていきそうです。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

フレデリック スティーヴンソン ホンゲル グルナッシュ[2018]

フレデリック スティーヴンソン ホンゲル グルナッシュ[2018]

通常4,840円のところ
特価4,840円(税込)

Hongel Vineyard(ホンゲル ヴィンヤード)は、バロッサ ヴァレー最大のオーガニック ファームであるVine Vale(ヴァインヴェール)の単一畑。Steven Crawford(スティーブン クロフォード)が作る最上質のグルナッシュ・キュヴェとなります。

フルーツの40%を全房発酵。4000Lの古い大樽に投入した後、手除梗したフルーツを上から投入します。まだ茎が残った全房部分は人間が体重を掛けてもクラッシュ出来ませんが、その隙間を除梗されて、足踏みされたフルーツから流れ出るジュースが埋めていく訳です。

後はじっくりと時間を掛けながら発酵熟成。澱引きを経て、更にバスケットプレスからボトリングという実に単純なプロセスです。

著名ワインジャーナリストであるマイク・ビニーが「ピノ・ノワールと勘違いするところだった。」と、そのエレガンスを称賛した美しきグルナッシュです。バラの香りやチェリーのアロマが生き生きしていて、マイクの言わんとしている可憐な表情が全開です。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

フレデリック スティーヴンソン ドライ レッド[2018]

フレデリック スティーヴンソン ドライ レッド[2018]

通常4,180円のところ
特価4,180円(税込)

このDry Redは、Steven Crawford(スティーヴン クロフォード)流のテーブルワイン。スルスルと飲み心地良く、夜通し飲んでも疲れない、アプローチしやすいカジュアリティが身上です。

フルーツは、Vine Vale(ヴァイン ヴェール) Vineyardから収穫。オーガニックの畑が全作付面積の5%程度しか存在していないBarossa Valleyで最も良質で健全な畑です。

サンソー、シラーズ、グルナッシュ、ムールヴェドルを46:36:11:7の割合でブレンドしています。品種毎に収穫期のずれがありますので、ワイナリーへの運搬とコールドソークを終えたブドウを順次同じステンレスタンクに投入して混醸しています。大部分をステンレス熟成、一部を古い大樽で熟成。果実感がピチピチしております。

「兎に角、飲み手が蘊蓄なんて語る事無く無心でガブ飲み出来るワインにしたかったんだ。」とはStevenの弁。ラズベリーやクランベリー、イチゴやフレッシュプラム、チャーミングな赤いフルーツ総動員といったニュアンスが堪りません。灼熱の地Barossa Valley(バロッサ ヴァレー)で作られたワインとは到底思えないキュートな飲み心地は正に「既成概念の破壊者」を模索している輸入元・ワイン・ダイヤモンズのポートフォリオ哲学にピタリと嵌っております。

冷やし目で楽しんで下さいませ。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

■【お取寄せ】ライジング ガメイ S[2018]

■【お取寄せ】ライジング ガメイ S[2018]

通常4,180円のところ
特価3,212円(税込)

抜栓後すぐは控えめな香り立ちながら、開いてくると滑らかな質感で広がるチェリーとラズベリーの果実に茶葉、森の下草、鉛筆の芯のニュアンスが層をなし、程よいミディアムボディで口中を満たす。全房でタンクに入れて足踏みで破砕したブドウ(20%)の上に破砕しない果実を置いて10日間浸漬し、風味を引き出す。生産量250ダース。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る


528 件中 61-80 件表示  先頭のページへ前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページへ最後のページへ