ようこそ、{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様
詳細検索

閉じる

絞り込み条件[絞り込み条件をクリア]

生産国
地域
ブドウ品種

※主要な品種のみ

生産年
高得点ワイン
サイズ
価格帯
円〜
お取寄せ商品
在庫切れ商品
サイトメンテナンスのお知らせ
サイトメンテナンスに伴い、2021年8月4日(水)午前01:00 - 午前07:00の期間、WEBサイトの閲覧・通販がご利用頂けません。お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

知ってるようで知らないオーストラリアワインの魅力

知ってるようで知らないオーストラリアワインの魅力『豪飲グ(Going) to オーストラリア』

オーストラリアワインってどんなワイン?

オーストラリアは南半球に位置し、日本からも多くの観光客が訪れる人気の観光地。そのオーストラリアの重要な産業のひとつがワインです。

オーストラリア最大の栽培量を誇る代表的品種といえばシラーズですが、他にもカベルネソーヴィニヨンやシャルドネと言った国際的に人気のブドウから、テンプラリーニョやネッビオーロなどの個性溢れるなブドウまで世界中のバラエティ豊かなブドウ品種が栽培されています。

多くのブドウ品種が栽培されている理由のひとつに、オーストラリアは移民の国である事が挙げられます。オーストラリアでは人口の4分の1近くが、イギリス、イタリア、ドイツ、ニュージーランド、中国などをルーツに持っています。それぞれが母国の味を求め、地元のブドウ品種を植え始めた事から多様なブドウ品種、ワインが楽しまれるようになりました。

このページでは、『A+ Australian Wine 認定トレード・スペシャリスト』であるスタッフ・トリイが、オーストラリアワインの特徴やワイン産地、最新のトレンドの情報から、ワッシーズのおすすめワインまで、オーストラリアワインの魅力をたっぷりとご紹介します。

『A+ Australian Wine 認定トレード・スペシャリスト』トリイ

スタッフ・トリイ

オンラインのアルバイトからはじめて、気付けば鷲谷商店でも古株スタッフ。オーストラリアワイン専門店"パシフィックワインセラーズ" の店長を経験したことから、オーストラリアワインへの造詣も深くA+ Australian Wine 認定トレード・スペシャリストとしても活躍。

参考サイト:https://www.wineaustralia.com/

オーストラリアワインの
3つの特徴

  • 南側に集まるワイン産地

    オーストラリアのワイン産地地図 オーストラリアのワイン産地

    ヨーロッパがすっぽりと入ってしまう程広大なオーストラリアですが、ブドウ栽培地域は大陸の南側に面した東西約3000kmの海沿いの地域に集まっています。

    その理由は、赤道に近い北側から内陸は大半が砂漠に覆われており気温が高く、ブドウ栽培には適していない為。一方ブドウ栽培が行われる南側は、南太平洋、インド洋と南極からの海流が流れ込み、風はかなり冷たく気温差が激しい地域。この地域は平地だけでなく最も高い所で標高1,000mの高地も多くあり、多彩な気候と環境がブドウの栽培に適しており、多種多様のワイン造りが行なわれます。

  • ワイン大国フランスも羨む長寿のブドウ

    オーストラリアの古樹ブドウ

    世界中のワイン生産者がブドウの栽培で頭を悩ますのが害虫による被害。オーストラリアでは気候や環境などの影響で害虫被害が非常に少なく、畑にブドウの苗木が植えられてから一度も植え替えや接木される事なく樹齢100年を超える樹が多く存在します。

    オーストラリアでは畑と畑の距離が他の諸外国と比べ非常に広い事で、もし一つの畑でフィロキセラなどの害虫が発生しても他の産地や畑に被害が及びにくいのです。

    最も樹齢の古い樹から作られるワインは、バロッサヴァレーのワイナリー、ラングメイルの畑で1843年に植えられたものとされています。ピーターレーマンやダーレングベルグなど大手ワイナリーでも樹齢50年を超えるブドウの樹から収穫されており、ヴィクトリア州にあるオーストラリア最古のワイナリーのひとつであるタービルグに至っては樹齢160年にもなる1860年の樹から収穫されたブドウで作るシラーズが今でも販売されています。

    フランス・ローヌ地方のワイナリー”M・シャプティエ”では、同地域から1831年にオーストラリアへ持ち込まれたルーツを持つシラーの樹を、病害を受けていない事から逆輸入の形でフランスに持ちかえった事があります。

  • オーストラリアでは美味しければなんでもアリ

    オーストラリアでのワイン造りにも、フランスやイタリアなどと同じようにワインの品質を管理したり、産地を保護する為の法律が存在します。しかし非常にそのルールは柔軟です。

    世界中のブドウ品種がここにはある

    世界中のブドウ品種がここにはある

    ヨーロッパなど古くからのワイン産地では、厳しい法律の下で地域ごとに栽培できるブドウが管理されています。

    しかしオーストラリアではワインの法律が比較的緩やかな事もあり、地域を問わず生産者が自由に様々なブドウ品種を植える事が出来ます。その為シラーズ、カベルネソーヴィニヨン、シャルドネの他にもイタリアのネッビオーロやサンジョベーゼ、スペインのテンプラリーニョなど現在120種を超えるブドウ品種が植えられています。

    美味しくなるなら混ぜてもOK

    美味しくなるなら混ぜてもOK

    フランスやイタリアなどの地域ではワイン法でブレンドに使用するブドウ品種も厳しく制限されています。

    しかし、自由な気風のオーストラリアワインではワインが美味しければ混ぜてもOK。シラーズとカベルネソーヴィニヨンのブレンド、セミヨンとシャルドネのブレンドといったオーストラリア独自の個性的なブレンドワインが楽しまれています。

    無いのなら作ってしまえばいい

    無いのなら作ってしまえばいい

    オーストラリアは元々ブドウが生息していなかった土地の為、全てのブドウはヨーロッパから輸入され植えられたもの。ヨーロッパとの大きな環境の違いもあり、オーストラリアの環境に合いやすい品種やクローンの研究がおこなわれてきました。近年では最適なブドウ品種を自分たちで生みだそうと、完全なオリジナル品種を作り出す研究も盛んになっています。

    中でもヴィクトリア州にある『ブラウンブラザーズ』は研究に熱心で、ワイナリー内にキンダーガーデン・ワイナリーを設立し小ロットの実験品種を作成、タランゴ、シエナと言ったオーストラリア・オリジナルの新種を生み出しています。

オーストラリアの主要ワイン産地とワインの特徴

オーストラリアは6つの州と1つの準州と呼ばれる特別区で分けられています。

ブドウ栽培がおこなわれているのは、西オーストラリア州、南オーストラリア州、ヴィクトリア州、ニューサウスウェールズ州と本土から離れたタスマニア州(タスマニア島)の5つの州です。 ここでは州ごとの主要なワイン産地と特徴、有名生産者を地域の地図とともにご紹介します。

  • 南オーストラリア州South Australia 南オーストラリア州の地図

    オーストラリアのワイン生産量の約50%を占めるワイン産地。シラーズが多く栽培されるバロッサヴァレーが有名ですが、カベルネソーヴィニヨンの評価が高いクナワラや良質なリースリングが多く作られるクレアヴァレーと多彩な産地が点在します。この産地を探す

    • クレアヴァレーClare Valley

      ドイツからの移民が多く住み、400mを超える標高で涼しく穏やかな気候から、ドイツとゆかりの深いブドウ品種であるリースリングが多く作られています。この産地を探す

    • バロッサヴァレーBarossa Valley

      オーストラリアを代表するブドウ品種シラーズが、栽培面積の半分を占めている産地。大手のワイナリーから家族経営の小さなワイナリーまで多くのワイナリーが存在します。温暖で雨が少なく湿度が低い気候の為、健全で上質なブドウを育てることが出来ます。この産地を探す

    • マクラーレンヴェイルMcLaren Vale

      南オーストラリアでは最も古い産地です。温暖な気温と吹き込む冷涼な風の影響を受け、濃厚できめ細かいシラーズやグルナッシュと言った黒ブドウが、この地域で栽培されるブドウの約90%を占めています。この産地を探す

      代表的生産者ダーレンベルグ、ハーディーズ、モリードゥーカー
    • クナワラCoonawarra

      テラロッサと呼ばれる石灰岩に赤土が乗った独自の土壌を持ち、海洋性の気候でボルドーに近い環境と言う事もあり、ボルドーの主要品種と同じカベルネソーヴィニヨンを使ったワインの評価が非常に高い地域です。この産地を探す

      代表的生産者ボーエン エステート
  • 西オーストラリア州Western Australia 西オーストラリア州の地図

    オーストラリアワイン生産量のわずか2%と小さな産地ですが、世界中で評価の高いワイナリーが多く存在するプレミアムワイン産地です。この産地を探す

    • マーガレットリヴァーMargaret River

      西オーストラリアを代表する高級ワイン産地でありリゾート地としても人気のエリア。インド洋に突き出し、三方向が海に面した小さな半島です。ここで収穫されるシャルドネは高得点評価を多く獲得しており、この地を代表するブドウ品種です。この産地を探す

    • グレートサザンGreat Southern

      西オーストラリア最南端に位置し非常に冷涼な気候。冷涼な気候に適したリースリング種は非常に評価が高く、高い酸と強いミネラル感が特徴です。この産地を探す

      代表的生産者ロッククリフ
  • ヴィクトリア州Victoria ヴィクトリア州の地図

    海側と山側それぞれに中小規模のワイナリーが点在しています。オーストラリアの中でも冷涼な地域が多く、ピノノワールとシャルドネの評価が高い地域です。冷涼な気候からシャンパーニュのモエ・シャンドンもこの地でスパークリングワインを生産・リリースしています。この産地を探す

    • ヤラヴァレーYarra Valley

      標高100mから360mの間にブドウ畑が点在し、それぞれの標高にあわせてバラエティに富んだブドウ品種が栽培されています。高い標高で収穫されるピノノワールとシャルドネの品質は素晴らしく、中腹で収穫されるカベルネソーヴィニヨンやシラーズは酸味を持ったエレガントな味わいが特徴。ワイナリー観光も盛んな人気産地です。この産地を探す

    • ギップスランドGippsland

      ヴィクトリア州の海沿いに位置するワイン産地で、天候や湿度などブルゴーニュに近いと言われていることもあり、最良のピノノワールやシャルドネが作られます。小規模でこだわりの強いワイナリーが点在しています。この産地を探す

    • モーニントン半島Mornington Peninsula

      メルボルンからほど近い半島で、オーストラリアとしては比較的新しく、年々注目度を増している産地。海に面している事から冷涼な気候で、ピノノワールはこの地域の代表品種です。またクラフトビールの作り手も多く存在する地域でもあります。この産地を探す

  • ニューサウスウェールズ州New South Wales ニューサウスウェールズ州の地図

    オーストラリアのワイン産業発祥の地。ヨーロッパから持ち込まれたブドウの樹は最初シドニーで植えられ、その後ハンターヴァレーでワイン産業として広がり、徐々にオーストラリア全土に拡大していきました。白ブドウのセミヨン種が多く親しまれています。この産地を探す

    • ハンターヴァレーHunter Valley

      オーストラリア最古のワイン産地。ここで作られる辛口のセミヨンは食事と合いやすく人気が高い。この産地を探す

      代表的生産者スモール フォレスト
    • カウラCowra

      内陸に位置し夏場は非常に気温が高く乾燥していますが、夜の冷え込みとの寒暖差がブドウ栽培に適しています。この産地を探す

      代表的生産者ウィンダウリ
  • タスマニア州New South Wales タスマニア州の地図

    オーストラリア最南端のワイン産地で南極海からの海流と風の影響で非常に冷涼な気候です。シャルドネ、リースリング、ピノノワールの栽培に適しており、フランスのシャンパン生産者もこの地でスパークリングワインを生産するなど注目されています。この産地を探す

オーストラリア独自の真っ赤なスパークリングワイン

スパークリングレッドワイン スパークリングレッドワイン スパークリングレッドワイン

オーストラリア独特のワイン文化の中にスパークリングレッドワインがあります。このワインはシラーズなど赤ワイン用のブドウで作られた個性的なスパークリングワインです。

イタリアにもランブルスコと呼ばれる、軽やかな甘さの赤いスパークリングワインが存在しますが、オーストラリアの赤いスパークリングワインは赤ワインのように濃くしっかりとした味わい。スパークリングレッドワインの大半が、フランスのシャンパンと同様の特別な製法“シャンパン方式”で作られています。

この赤いスパークリングワインの誕生は、過剰供給となり余ったブドウを活用する為に作られたのがきっかけと言われています。オーストラリアの人々が日常的にビール代わりとして消費されていたものが次第に広まって行き、様々な場所で愛されるスパークリングワインとなりました。

ワインの赤と泡の白が織りなすコントラストが美しく、きめ細かいクリーミーな泡と甘く熟したフルーティーで芳醇な味わい。オーストラリアでは、バーベキューパーティーやクリスマスなどのお祝い事で多く楽しまれおり、日本の食事では焼き鳥や焼肉、プリの照り焼きなどの濃い目のタレの食事ともよく合います。

レッドスパークリングの商品一覧はこちら

オーストラリアはスクリューキャップの先進国

スクリューキャップを使用したワイン

ワインの栓として多く利用されているコルクとスクリューキャップ。コルクは古くからワインの栓として利用されていますが、スクリューキャップの歴史が始まったのはごく最近。このスクリューキャップをいち早く導入し研究、改良を推し進めたのがオーストラリアワインです。

1970年代オーストラリアでは質のいいコルク素材はヨーロッパ諸国に独占され入手が困難だった事から、ニュージーランドとともに、新たなワイン栓としてスクリューキャップに注目し積極的に導入をすすめてきました。しかし、当時はスクリューキャップを使ってワインを長期保管することに対して不安視する声も多く、安いワインにだけ利用されていました。

その後もスクリューキャップの研究と改良が進められ、コルクに劣らないワイン栓としてひとつの完成となった2000年、最良のワイン栓としてスクリューキャップの良さを世界中に知ってもらおうとクレアヴァレーにある5つのリースリング生産ワイナリーが一斉にスクリューに切り替えました。当時一斉切り替えというプロモーションは大きな話題となりスクリューキャップは大きく注目を浴びる事になりました。

このプロモーションの先陣を切ったのが世界的にリースリングで高い評価を得ている『グロセット ワイナリー』のジェフリー・グロセット。リースリングはとりわけコルク不良の際に香りの影響を受けやすい事から、コルク不良の問題を回避できるスクリューキャップが「リースリングの本当の美味しさを確実に伝えられる手段である。」と確信し積極的に導入を行いました。

白ワイン以上に熟成を求められる赤ワインは、プレミアムワイナリーを中心に長年研究が進められてきました。近年、熟成結果や効果も見られだし、スクリューキャップがコルク以上に密閉度が高く、品質に変化がない事が解ってきた為、プレミアムクラスの赤ワインでも導入するワイナリーも徐々に増えてきています。

オーストラリアの最新トレンドは“ナチュラルワイン”

オーガニック栽培のブドウ畑 バイオダイナミックのコンポスト

オーストラリアでは中小規模のワイナリー、中でもナチュラルワイン(自然派ワイン)を手掛ける若い生産者が増えています。オーストラリアワインのイメージを覆すとも言われる最新のナチュラルワインは、限りなくワイン造りに人の手を加えず、添加物は使用しないかごく少量だけ。

一部の作り手は、古くから続くワインの醸造方法や醸造学などに囚われない革新的なワイン造りをおこなっており、それに対して批判的な声もあがっています。しかし既成概念にこだわらない製法や味わい、目を引く個性的なラベルデザインで若い消費者を中心に、世界各国で一大ブームとなっています。

\オーストラリアのナチュラルワイン中心に輸入/

ワインダイヤモンズの
商品一覧はこちら

ワッシーズのおすすめオーストラリアワイン

オーストラリア代表品種“シラーズ”おすすめ

オーストラリアを代表する赤ワイン用のブドウ品種がシラーズ。温暖な気候から生まれるシラーズはベリー系の香りと凝縮した味わい。柔らかいタンニンとスパイシーなアクセントが特徴。しかし現在は温暖な地域だけでなく冷涼な地域でも栽培されており酸味がありエレガントさを兼ね備えたシラーズも味わえます。

おすすめオーストラリア白ワイン

おすすめオーストラリア・スパークリングワイン

オーストラリアのおすすめワイナリー一覧

オーストラリアで長く愛される定番の人気生産者

ダーレンベルグ
ダーレンベルグ
ワイン誌で「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」に選出された、100年以上の歴史を持つ家族経営のワイナリー
ピーター レーマン
ピーター レーマン
バロッサヴァレーのブドウ農家を廃業の危機から救った地元で愛されるワイナリー
コールドストリーム ヒルズ
コールドストリーム ヒルズ
オーストラリアの有名ワインジャーナリストが立ち上げたヤラヴァレーを代表するワイナリー

オーストラリアを代表する高級プレミアムワイナリー

ペンフォールズ
ペンフォールズ
グランジを最高峰とする世界で最も有名なオーストラリアワイン生産者
バス フィリップ
バス フィリップ
オーストラリアのロマネコンティとも例えられる豪州ピノの代表格

オーストラリアの若手生産者が活躍!新時代のナチュラルワイン

ルーシーマルゴー
ルーシーマルゴー
オーストラリアの最新トレンド『自然派ワイン』ブームの火付け役
ヤウマ
ヤウマ
ナチュラルワインに目覚めたオーストラリアTOPソムリエがワインメーカーに転身して立ち上げたワイナリー
フリーマン
スカイワイン
イタリアやフランスで古くから使われていた醸造方法を取入れ新旧の融合したワイン造りを目指します。

日本とゆかりあるオーストラリアワイン

スモールフォレスト
スモールフォレスト
日本酒への憧れがきっかけでワイン造りを始めた小林敦子さんが手がけるワイナリー
オーバーザレインボー
オーバーザレインボー
絵本作家 谷口智則さんが毎年、干支にちなんだオリジナルラベルをリリースする人気ワイン。
ウィンダウリ サクラ シラーズ
ウィンダウリ サクラ シラーズ
オーストラリアと日本の友好を深める為、植えられた桜をモチーフにしたワイン
現在登録されている商品はありません。